学園前にある大和文華館の「ささゆり招待デー」で、見に行って来ました。
とても、暑かったこともあり、学園前まで往復電車利用。

昨年は5月31日でした。
去年より、全体に開花が遅く、目当てのささゆりは、笹の中に数輪しか咲いていませんでした。

他の花も遅く、アジサイはまだまだという感じ。
変わった花でも咲いているかな?と期待していましたが、珍しい花もなく、ちょっと期待外れ。

17030a
深紅のシャクナゲ、この色は珍しい

17030b
遊歩道脇に咲くアザミ

17030c
ザクロの花ですが、よく見かける花とは違います

17030d
我が家にもユスラウメ

17030e
サツキ、種類は分かりません

17030f
卯の花

17030g
アジサイ、文華館にはアジサイ園があります

17030k
ササの中に咲く本日主役のササユリ

17030j
ササユリアップ

17030h
三春滝桜は森のよう

いつもは歩いて帰るところを、暑さのせいもあり、帰りも電車利用でした。

2017.05.30 / Top↑
研修所時代の同窓会打合で梅田へ。
前回、同窓会を行ったのは、5年前。

その時の資料や、経験が残っています。
10月実施で日にち、内容、役割分担など、すんなり決まって1時間余りで済みました。
今回も、案内状発送役。

皆、年相応に年齢を重ねて、果たして、何人の同窓と会えるかな。
お互い元気で、顔が合わせられるといいのですが…。

打合が終わってから、梅三小路の中を歩きました。
しばらく、行っていませんでした。
随分、変わっていました。
入口を入って右側にあったソフマップはなくなり、アウトドアショップが並んでいます。
広いスペースのゲーセンもありました。

すっかり様変わりです。
2017.05.29 / Top↑
京都市綾部市の北東部にある弥仙山(みせんさん)に登ってきました。
弥仙山は、三角峰の姿から、別名「丹波槍」とか「丹波富士」とも呼ばれています。
関西百名山の一つでもあり、今回は相方さんとゆっくり山歩きをしてきました。

1705misen1
於与岐の集落から弥仙山を見る

行程
8:20於与岐登山口(駐車場)8:31ー8:33水分神社8:34ー9:07於成(おなり)神社9:09ー9:38日置谷(へきだに)分岐ー9:42弥仙山(金峰神社・標高664m)9:55ー10:50日置谷周回コース分岐ー元権現跡展望所ー11:18ピーク557.3峰ー11:23元権現跡展望所(昼食休憩)11:46ー12:06周回コース分岐ー12:58於与岐登山口 距離約8.6km、所要時間(休憩含む)4時間27分、累計高度(+)約674m

170528tizu

ルート



午前6時過ぎに家を出て、第二京阪から京都縦貫道へ入り、於与岐登山口に8時20分到着。
登山口には広い駐車場が完備されています。
先着車はなく、一番乗りです。

登山口に、大きな案内板と石仏と石標が立っています。
石標には、「登拝霊峰六根清浄 頂上エ二千二百十五米」と刻まれています。

1705misen3 1705misen62
登山口の向かいに広い駐車場がある。石仏さまと石標

1705misen2
大きな案内板がある

登山口から舗装された道を少し上がると、左に水分神社の石の鳥居が立ち、石段を登ると拝殿です。

1705misen5 1705misen7
水分神社

水分神社
弥仙山 三社(上から金峰 於成 水分)の内の登山口の三十八社大明神であり、子授け子育て神社のいわれは、神供えの衣服を拝借して身近に付けていると子供が授かり、玩具のような子供の衣服を作って献納すると その成長を守護してくださるとの伝説がある。

お参りして、舗装道をすすむと、右に鳥居があり、ここで右に折れ、沢を渡って山道に入ります。

1705misen6
水分神社拝殿

1705misen9
鳥居を過ぎたところで、右に折れ沢を渡る

1705misen10
鳥居そばの道標、弥仙山参道となっている

この道は、弥仙山の参道。
杉林の道ですが、場所によっては、木が伐採され、明るくなっているところもあります。
目立つような花はなく、フタリシズカやマムシ草がよく目につきます。

1705misen11 1705misen13
杉林の道を登る

1705misen12 1705misen14
フタリシズカにマムシ草

沢を左に見ながら、登っていくと、左に「大本開祖修業の滝」の立て札。
下の沢の方へ、下っていくと、その滝があるようですが、そのまま直進します。

1705misen15
大本開祖修業の滝の立て札

その先には、於成寺古跡の看板があり、石を祠にみたて、小さなお地蔵さまが祀られていました。

1705misen16
於成寺古跡のお地蔵さま

やがて、石段の参道となり、傾斜が増してきます。

1705misen17
階段道となる

パイプから水が流れ出ていました。
コップが置かれていて、この水は飲めるようです。

1705misen63
石段の途中に水場がある

石段を登り切ると、於成神社です。
朱色の鳥居が目立ちます。

1705misen18
於成神社

お社の左から登山道が続いています。
ここを過ぎると、再び石段の道と変わり、急坂になってきます。
行く手に大きな岩。
注連縄がかけられているところを見ると、神社とかかわりがあるように思われます。

1705misen19 1705misen20
お社の左をすすむと、階段道に

1705misen21
大きな岩には注連縄

1705misen22
苔むした階段

階段道を過ぎると、ありふれた山道へと変わり、周りの景色も杉林から新緑の映える落葉樹の道へと変わってきます。

1705misen23 1705misen24
杉林の道、距離を表示する石標がある

1705misen25
新緑の広葉樹林

山頂を右にして、山腹を巻くようにして登っていくと、道標のある山頂と日置谷の分岐にやってきます。
左に下ると、日置谷方面。
下山はこの道をとりますが、ここは、直進して頂上へ向かいます。
道標には、弥仙山0.2m。水分神社1.9km。

1705misen26
頂上を巻くように登っていく

1705misen27
日置谷の分岐

直進すると、道が二股に分かれます。
どちらの道をとっても、頂上へ行けます。
右手の道を登りました。
(下山は左手の道を利用)

1705misen30
どちらの道を通っても頂上につながる

因みに右手の道をとると、山頂にあるお社の裏手に登ってきます。
裏から表に回りました。

1705misen28
山頂になる金峰(きんぷ)神社

お社の他に、「京都の自然二百選」の標識や、日露の記念碑のようなものがありました。
山頂は、周りを樹木で囲まれているため、眺望はききません。
麓から見ると、三角に尖った山で、展望を期待していたのですが、見事に裏切られました。

1705misen29
小規模だが、造りは立派なお社

しばらく休憩した後、正面の鳥居から下ります。
この道を通っても、先ほどの日置谷の分岐のところへ出てきます。
下る道は、改心の道。
信仰の山ですから、このような名前が付けられているんだと思いますが、名前の由来は分かりませんでした。

調べてみると、
昔、君尾山(弥仙山の東方に位置する山)に天狗がいて、たいそう悪さをしていました。そこで、君尾山光明寺に住む和尚さんが、天狗に悪さをやめるように諭し、天狗が詫証文を入れて、改心したという民話から命名されたそうです。

この山を歩きながら、日頃の自分の行いを振り返り、悪いところがあれば、心をただすということではないかと、勝手に思っていましたが、そうではなかったのですね。

1705misen31
日置谷分岐

分岐で右に折れ、急坂を下ります。

1705misen32 1705misen33
ジグザクしながら下ると、尾根道となる

小さなアップダウンを繰り返しながら、下っていきます。
途中で、ギンリョウソウをいくつも見かけました。

1705misen35 1705misen36
途中の道標、近畿自然歩道になっている、落ち葉の間からギンリョウソウ

1705misen64 
小さな起伏の登り下りがある

少しだけ山ツツジが咲いていました。
今日見る花の中では、一番、目立ちます。

1705misen38
山ツツジが咲く

1705misen39
尾根道の下り

周回コース分岐点まで下りてきました。
右に下れば、小谷林道に下り、駐車場です。
ここは、直進して、日置谷方向にある元権現跡へと行ってみることにしました。

1705misen40
周回コース分岐点、元権現跡へ向かう

小さな起伏があるものの、歩きやすい道が続いています。

1705misen41
落ち葉がいっぱいの道

分岐から20分ほどで元権現跡なのですが、行き過ぎてしまいました。
ピーク557.3m峰まで行って引き返しました。
分岐から30分近くかかっていて、明らかに、通り過ぎています。

1705misen42 1705misen43
尾根道を歩いて、ピーク557.3mで引き返す

1705misen44
ピーク577.3m手前で見えた景色

途中に1ヶ所だけ、東南側の展望のよいところがあり、ここが元権現跡でした。
通ったときに、ここではないかと思ったのですが、なんの表示もなく、自信がもてませんでした。
復路で、倒れていた道標をひっくり返してみて、分かりました。

1705misen47 1705misen50
朽ちて倒れた道標、今日のコースで唯一、展望が得られた場所

1705misen45
元権現跡から見る(東南側)

1705misen46
姿のいい松の木だが、展望を遮る

1705misen48
山座同定ができない

ここで、おにぎりの昼食にしました。
ゆっくり景色を楽しんで、周回コースの分岐まで戻ります。

1705misen51
周回コース分岐、左に下る

分岐に戻って、後はひたすら下るだけ。
こちらも、結構急な道を下ります。

1705misen53 1705misen54
急坂を下る

いい雰囲気の道を下ります。
樹林の間から、弥仙山も垣間見られます。

1705misen55
急坂だが雰囲気のいい道

1705misen56
弥仙山が見える

1705misen57 1705misen59
山では地味な花

スイスイと下って、広い小谷林道にすんなり下りられると思っていたのですが、こんなときに落とし穴があります。
どこでどう間違えたのか、下るべきところを見落とし、尾根筋をすすんでしまいました。
テープもなくなり、荒れた尾根道。
途中で気付きました。

急斜面を下ると、林道に出られそうです。
倒木や、木の枝を利用して、落葉で滑る斜面を下りました。
無事、林道に下り立ち、駐車場へ戻りました。

1705misen60
小谷林道を下る

これで時間を食ってしまいましたが、ちょっとした冒険気分も味わいました。
駐車場へ戻ってくると、他に8台ほど車が止まっていました。

1705misen61
車が増えている

でも、山で出会った人は、たった一人だけでした。

登り下りとも、樹林帯の道で、展望が期待できません。
登りながら、湖北の七々頭ヶ岳を歩いているような感じを受けました。

道標が、要所にあり、登山道は分かりやすい道です。
駐車場が広く、マイカーのアクセスも便利です。
紅葉の時期は、きれいだと思います。


2017.05.28 / Top↑
子どもたちは、いつものランドセルを背負っての登校ではなく、体操服とザック姿。
青空のもと、元気で走って登校する子が目立ちました。
運動好きの子どもたちにとっては、運動会は最高の舞台です。

運動会と言えば、秋の定番行事だったのですが、最近は春に行う学校が多くなってきました。
新入生にとっては、まだ、入学して2ヶ月にも満たないのですが。
教える先生も、教わる子どもたちも大変だと思うのですが、春に行う方がメリットがあるんでしょうね。

子どもたちの元気さに刺激されて、ジョグしましたが、身体が重かったです。
ゆっくりペースでも、調子上がらず、12kmで切り上げました。
体調、イマイチ戻ってないようです。
2017.05.27 / Top↑
朝起きたときは、曇り空。
時間とともに、空が明るくなり、午後になると、青空に。
気温もぐ〜んと上がり、暑くなりました。

ぶらり歩いて、霊山寺に行って来ました。
お参りではなく、バラ園を見にです。
我が家から片道3km。

いつもは、ジョグで走る道を、てくてく。
着いたときには、午後3時を回っていましたが、まだ、大型バスやマイクロバスが止まっていて、団体さんが来ていました。

ぶらり歩きで、休みたくなり、奥にあるティテラス「プリエール」さんで、バラを見ながらティタイム。
きれいなバラの花と香りに包まれ、ゆったりお茶する気分は贅沢そのもの。
土日だと混むところですが、平日なので、落ち着いてゆっくりできました。

何枚か撮った写真を載せました。

1705ryozenji1
青空に映える

1705ryozenji3
紅いバラを前景にバラ園を見る

1705ryozenji2
同じバラでも形、色様々でそれぞれの花に味がある

1705ryozenji4
バラの通路を通り抜ける

1705ryozenji5
純白のバラ

1705ryozenji7
バラ園のティーテラスで寛ぐ

1705ryozenji8
ここまできれいに咲かせるには、どれだけ人の手が入っているのでしょう

1705ryozenji9 1705ryozenji10
ローズティとケーキセット(800円)、富雄川で見かけた川鵜

帰りに富雄川で、川鵜が羽を広げているところを見ました。
こんなポーズを見かけるのは、珍しいので、これも載せました。


2017.05.26 / Top↑