FC2ブログ
秋口から年末にかけては、なにかと学校や地域関係の行事が増えます。
この間、防災訓練が終わったと思ったら、今度は年末特別警戒隊の出発式や歳末パトロール。
特殊詐欺防止キャンペーン行動やもちつき会、学校の音楽発表会など目白押し。

明日は、来月の予定について打ち合わせ。
今日は、その資料作り。

今月に、もう1回くらいは山に行きたいと思っているのですが、行けそうな日は、予報がイマイチ。
今日は、とても良い天気だっただけに、昨日のうちに自分の仕事を片付けていれば、行けたのに…と、後になって後悔する悪い癖。
紅葉の山を見るなら、この一週間のうち。
月曜日か火曜日に、スカッと晴れてくれると嬉しいのだけれど。


2019.11.21 / Top↑
エンジン系統を制御するコンピューターが故障し、修理に出していたデミオが戻ってきました。
マツダのディーラーさんでの見積額は、82.115円。
新品の部品に取り替えると、これだけの修理代がかかってしまいます。

とても、これでは高すぎるので、いつも車検や修理でお世話になっている整備工場にお願いしました。
中古の部品を探してもらい、25.850円で済みました。

デミオには15年乗っていて、走行距離は12万km弱。
年式が古くなると、部品探しもなかなか見つけにくいそうです。

多分、これから長く乗っても5年。
そう思うと、高価なお金を出して新品のものに取り替えてもらうより、中古の方が正解のような気がします。

これまで高額な修理代がかかるような故障はなかっただけに、デミオには、もう一踏ん張りして働いてほしいと切に願うばかり。
2019.11.20 / Top↑
円成寺の紅葉が見頃を迎えていると聞いて、早速、行ってきました。
歩いてではなく、バスです。

バス発車5分前に近鉄奈良駅バス停に着くと、すでに30名以上の人が行列を成していました。
平日なのに、こんなにたくさん。
シーズンオフなら、柳生行きのバスは、数えられるほどのお客さんしかいないのに…。

忍辱山バス停で降りたのは、数人ほど。
大部分の人は、柳生まで行かれたようでした。

バスを降りた人は少なかっものの、マイカーで来られる人は多く、境内は結構な人でした。
入口にあたる東門からモミジの紅葉が迎えてくれます。

1911enjyo44
紅葉で覆われる東門

1911enjyo1
通路を紅葉が染める

南側にある池の畔をぐるりとまわって、楼門をパチリ。

1911enjyo43
池の周りを巡る

1911enjyo4
向かいから楼門を見る

今日は、円成寺の紅葉が目的なので、入山料500円払って、中に入りました。
最初に、運慶が若い時に造った国宝の大日如来坐像。
もともとは、多宝塔の本尊なのですが、今は相應殿という建物に安置されています。

座高98.8センチ。
長い歳月が経ち、金箔は部分的にしか残っていませんが、お顔の表情、体型に若々しさを感じさせる仏さまです。
四方は、四天王が見守っていました。

続いて、本堂(阿弥陀堂)へ。
ご本尊は、阿弥陀如来坐像、こちらも、四方を四天王ががっちり守っています。
阿弥陀さま、四天王とも重文。

その後方には、南無仏太子。
南無仏太子は、聖徳太子が2歳のときの像だともらったパンフには書かれていました。

1911enjyo45
風格のある本堂

1911enjyo47 
本堂前の紅葉
 
1911enjyo15
本堂から見る

1911enjyo16
本堂から楼門を見る1

1911enjyo22
本堂から楼門を見る2

1911enjyo25
楼門横のモミジ

1911enjyo19
本堂から護摩堂を見る

1911enjyo23
真っ赤なモミジ

他にも多宝塔や鐘楼、春日堂・白山堂など、境内をほぼくまなく見て回りました。

1911enjyo11
黄葉と紅葉の競演、後方・多宝塔

1911enjyo26
多宝塔アップ

1911enjyo31
九輪をアップ

1911enjyo27
楼門と多宝塔

1911enjyo13
春日堂・白山堂

1911enjyo48
日本最古の春日造りで国宝の春日堂・白山堂

帰りのバスの時間まで2時間15分と時間がたっぷりとあり、写真も多く撮りました。
モミジをはじめ、ドウダン、センリョウの赤い実、また、黄葉も美しく、時間が経つのを忘れるほどでした。

1911enjyo28
落葉に染まる境内

1911enjyo8
ドウダンツツジと楼門

1911enjyo34
真っ赤なドウダン

1911enjyo10
センリョウの赤い実も紅葉に負けてはいない

1911enjyo12
目立ちませんが、境内にひっそり佇む石仏さま

1911enjyo5
日陰のモミジ

1911enjyo41
見事です

1911enjyo21
照らされるモミジ

1911enjyo30
林の中のモミジ

1911enjyo32
楼門横のモミジ

1911enjyo33
黄色く染まる。この樹は何だろう

締めは。池の畔の茶店で、いち推しの「里定食」。
前回、ここへ来たとき食べられなかったので、これを食べるのも楽しみにしていました。
松茸入りのごはん、三輪ソーメン、天麩羅の盛り合わせなど、旬の食材が生かされた料理を、おいしく頂きました。

1911enjyo35
参道の石段から茶店を見る

1911enjyo2
お店前のモミジも真っ赤

1911enjyo6
窓硝子も赤く染まる

1911enjyo7
入口のタヌキさん

1911enjyo36
里定食(税込1.700円)

ここへ来る前は、円成寺だけで2時間以上もあり、時間を持てあますのではと思っていました。
仏さまや紅葉の景色をゆっくり眺め、食事を終えると、ほどよい時間になっていました。

1911enjyo38
車道脇に立つ圓成寺の石碑

帰りのバスも、柳生から乗られているお客さんが多く、座る席はありませんでした。
片側一車線しかない反対側の道路は、駐車待ちの車が30台くらい列をつくっていました。

円成寺の駐車場は、それほど広くなく、シーズン休日になると、相当の混雑です。
車で行かれる方は、できるだけ休日を避けるか、朝早く出かけられることをおすすめします。


2019.11.19 / Top↑
皇帝ダリアの花が、やっと咲きました。
今年は、開くのが遅く、花もちいっちゃ。

191118a
花が開いているのは、これだけ

例年なら、3本くらい太い茎が伸びて、それぞれに蕾が10個近く付きます。
今年は、花芽が付いているのはたった1本。
他の茎は、ひょろひょろ。
生育途中で伐ったことと、猛暑が影響したようです。

蕾が付いている1本も花付きが悪く、蕾はたったの3つだけ。
ちょっとさびしい限り。
寒さに弱い花だけに、強い冷え込みがあると、すぐに枯れてしまいます。
いつまで見られるか、気がかりです。
2019.11.18 / Top↑
Meちゃんが通っている体育スクールの発表会。
体育スクールは、いつもジョグで走っているコース脇にあり、コメダさんやすき家さんも、それほど遠くないところです。

相方さんは、昨日から同窓会で泊まりがけ。
天気がよいのでぷらぷら歩いて、独りコメダさんへ。
朝食を兼ねたモーニングをいただいてから、スクールへ行きました。

発表会場は、いつも練習場になっているところのようでした。
向かい壁面は、全面が鏡。
参観に来られている人が、鏡に映し出されます。
自分も映っています。
その姿を見ると、こっちが恥ずかしくなってしまいます。

幼児から小学生6年生まで30名近くの生徒さんが、てつぼう、マット、とびばこの演技を披露しました。
高学年になるほど難しい演技になり、演技のスピード、迫力感が出てきて、見応えがありました。

Meちゃんは、
マット…開脚前転→伸膝後転→三点倒立→倒立前転
とびばこ…6段縦開脚/6段横閉脚 
の演技を披露。

191117a
6段縦開脚の演技を披露するMeちゃん

小学生1年生で6段のとびばこを跳ぶのですから、それだけで感心してしまいました。
拍手です。

帰りは、すき家さんで牛丼の昼食。
50円の割引券を持っていたので、300円でいただけました。

2019.11.17 / Top↑