FC2ブログ
年一度の校内音楽会が、小学校の体育館であり、行ってきました。
音楽参観を兼ねているので、館内は保護者と地域の役員さんで、いっぱい。

2年生の合奏・合唱で始まり、中ほどに幼稚園児の合奏・合唱をはさんで、トリは6年生の合唱。
通しで聞いていると、学年が上がるにつれて、演奏のまとまり、歌声が一つになって、成長の過程をはっきりと感じます。

181122a
プログラム

幼稚園児の合奏は、鈴やカスタネット、小太鼓などの打楽器が中心。
叩く強弱が、ときおり変わったり、リズムが乱れるのはご愛敬。

1年生になると、鍵盤ハーモニカが加わり、曲に幅が出てきます。
でも、まだ、乱れるところもあり。

4年生では、さらにトライアングル、木琴などが加わり、鍵盤ハーモニカやリコーダーがしっかりとメロディを奏で、いい演奏を聴かせてくれます。
5,6年生になると、流石と思わせる歌声と演奏でした。

3年生が歌った島唄は大好きな曲。
心の中で、一緒に口ずさんでいました。

6年生の「炎と森のカーニバル」は、テンポの速い曲で、一糸乱れぬ合奏に驚きさえしました。
生徒の指揮さばきも見事。
最後に歌った「大切なもの」(山崎朋子氏作詞・作曲)は、初めて聞く曲でしたが、歌詞もよくジ〜ンときました。

曲を紹介する生徒のアナウンスにも感心し、1時間20分、とても、いいひとときでした。

空にひかる星を 君とかぞえた夜
あの日も 今日のような風が吹いていた
あれから いくつもの季節こえて 時を過ごし
それでも あの想いを ずっと忘れることはない
大切なものに 気づかないぼくがいた
今 胸の中にある あたたかい この気持ち

くじけそうな時は 涙をこらえて
あの日 歌っていた歌を思い出す
がんばれ 負けないで そんな声が聞こえてくる
ほんとに 強い気持ち やさしさを教えてくれた
いつか会えたなら ありがとうって言いたい
遠く離れてる君に がんばる ぼくがいると

大切なものに 気づかないぼくがいた
ひとりきりじゃないことを 君が教えてくれた
大切なものを

2018.11.22 / Top↑
立冬だというのに、暖かく、10月中頃の穏やかさ。
見上げると一面、青空。
身体がむずむずしてきます。

でも、一週間のうちで、最も自由のきかないのが水曜日。
朝と午後の立哨当番があり、歯医者さんへも通院。
生協の配送も。

できるのは、近くをぶらぶらするか、ジョグくらい。
ジョグは、へばりました。

他に書くようなこともなく、庭の隅に咲くサフランを載せました。

181107a
ホトトギスの葉に邪魔されながらも、可憐に咲く

春に咲くクロッカスにそっくりと思ったら、同じ種類なんですね。
めしべを乾燥させると香辛料になるのも、はじめて知りました。
2018.11.07 / Top↑
穏やかな天気だったのに、ムダに過ごしてしまった感じ。
お買い物のおつきあいと、出されている宿題を少しやっただけ。
だら〜と休んでしまうと、ついそれに甘えてしまって、なかなか次の動作に移ることができなくなってしまいます。

明日は、山歩きの日。
気分入れ換え、朝から早く出ます。
天気は、大丈夫かな。
2018.10.15 / Top↑
季節がよくなったら、今夏の暑さで行けなかった山歩きをしようと、意気込んでいました。
ところが、先だっての台風21号や、秋雨前線停滞による雨により、関西各地の山は、予想以上に荒れているようです。

今月30日には、京都トレイル東山大会が予定されていますが、トレイル道は全ルートとも荒れが激しいようで、開催がどうなるのか、気がかりなところ。

愛宕神社は、台風が去って2週間以上も経つのに、未だに停電のまま。
表参道は、倒木激しく、通行止めです。

奈良では大峰奥駈道が各所で寸断、登山口までのアクセスもままならず。
近場の生駒山周辺でも、通行止めの箇所、複数。
六甲や湖北、湖西の山でも影響大で、いい季節になっても、山へ行けるかどうか分かりません

昨年の秋も台風や豪雨で大きな被害が出て、計画変更を余儀なくされました。
今年は、それに追い打ちをかけるような状況で、ストレス蓄積必至です。
2018.09.20 / Top↑
積み重ねた本を整理していたら、「マンガでわかる仏像」(誠文堂新光社刊)の本が出てきました。
確か2年ほど前に買ったもの。

180831aaa

仏像の宝庫・奈良の仏さまをを中心に、仏像のことを漫画で分かりやすく紹介したもので、買ったときには、すぐにでも読もうと思っていました。
それが、放ったままにしていて、この本のことさえすっかり記憶から飛んでしまっていました。

たまたま、今日の毎日放送「ちちんぷいぷい」の番組の中で、笑い飯・哲夫さんが、安倍文殊院をおもしろおかしく紹介していました。
笑い飯・哲夫さんは、桜井市出身で、仏教に関して造詣が深く、仏教や般若心経などの本も出されています。

この本とテレビを見て、本堂の国宝・文殊菩薩や4体の脇侍などの仏さんに、会いに行って見たくなりました。
2018.08.31 / Top↑