FC2ブログ
山歩きの教室で、巨岩と好展望で人気のある、剣尾山(けんびさん)から横尾山(よこおさん)を巡る山歩きをしてきました。
この日、大阪市内は最高気温35℃。
能勢の気温も30℃を超え、とても暑く、全身汗まみれ。
持っていた1.5リットルの水が、足りないほどでした。

行程
橿原神宮前駅8:00〜(バス・道の駅能勢で小休憩)〜10:06行者口バス停10:08ー10:12玉泉寺ー10:23登山口10:30ー10:41大日岩10:51ー11:02東の覗ー11:04行者山ー11:44炭焼窯跡ー11:57六地蔵12:05ー12:07月峰寺(げっぽうじ)跡ー12:16剣尾山(標高784m・昼食休憩)12:51ー13:02摂丹国界標石ー13:26横尾山(標高785m)13:55ー14:28頂上広場ー15:02ひと休み峠ー15:23能勢の郷口バス停、距離約8.1km、所要時間(休憩含む)5時間15分、累計高度(+)約677m



路線バス・行者口バス停近くのふる里産品直売店「丹州路」さんの前で、バスを降りて歩き開始。

1909kenbi1
「丹州路」さん、生みたてたまごの看板が印象的

国道173号線を大阪側に少し戻ると、玉泉寺への矢印看板があり、左折して直進します。

1909kenbi2
玉泉寺方向へ歩く

直進すると、左に玉泉寺があり、その横を通り過ぎます。

1909kenbi3
玉泉寺の右を直進

「能勢町指定有形文化財」青龍山玉泉寺 木造薬師如来坐像 平安時代と書かれた案内板があり、そこには、

当寺はもと剣尾山上にあって、月峰寺玉泉坊といい隆盛をきわめたが、戦国兵乱の災いにあい、ついに麓の村落に移って堂舎を建立。
以来、真言宗として今日にいたっている。
(能勢町教育委員会の案内板から抜粋)

1909kenbi4
玉泉寺案内板

さらに上っていくと、右に公衆トイレがあり、その先に登山口があります。

1909kenbi5
登山口で小休憩

1909kenbi6
登山口にある古い石標と案内板

登山口で右折し、舗装道から別れて山道に入ります。
木製の階段をジグザグしながら登っていくと、巨岩の大日岩にやってきます。

1909kenbi7
登山道に入り、長い木製の階段を登る

1909kenbi8
大日岩
見上げると、仏さまが刻まれています。
真言密教の本尊・大日如来坐像で、その大きさには圧倒されます。

1909kenbi11
下から見上げる

1909kenbi9
柔和なお顔の大日如来さま

左の踏み跡に入れば、行場めぐりができるようで、その案内もあります。

1909kenbi12
1時間弱で行場めぐりができる

小休憩して、先へすすみます。
このコースは、巨岩やお堂、寺院跡などが残り、休憩箇所がたくさんあります。

1909kenbi10
階段道が続きます。手前・大日岩

行者堂の前に来ると、巨岩の下に小さな祠があり、石仏が祀られています。

1909kenbi13
左にお堂が見えてくる

1909kenbi14
巨岩の下を通る

1909kenbi16
下に、小さな祠

1909kenbi15
摂津大峯・行者山の案内板があり、行場の説明も書かれている

巨岩が次々に現れます。

1909kenbi17
しばらくは巨岩めぐり

1909kenbi18
巨岩とお堂を振り返る

1909kenbi19
巨岩の壁沿いをすすむ

結構な急坂が続きます。
風はほとんどなく、汗が止めどなく、滴り落ちてきます。

1909kenbi20
急坂が続く

急坂の途中で、ツルリンドウを見ました。
まだ、蕾です。

1909kenbi21
地表に伸びるツルリンドウ

眺望の良い東の覗(ひがしののぞき)を過ぎると、行者山の標識があります。

1909kenbi22
東の覗

1909kenbi24
岩場から眺める

1909kenbi25
眼下の景色

1909kenbi26
行者山の標識

行者山の標識を過ぎると、ゆるやかな道になります。

1909kenbi27
歩きやすい道になる

キノコが多く見られ、この先、ところどころでキノコを撮りながらの山歩き。

1909kenbi28
真っ白なキノコ

1909kenbi29
まん丸いキノコ

1909kenbi30
平坦になったところで小休憩

ニホンジカの看板の前を通り過ぎます。

1909kenbi31
ニホンジカの看板

この看板が立てられた時期はいつか分かりませんが、当時、府下で野生のニホンジカが見られたのは、北摂山系だけだったようです。
それが今では、各地でシカの食害が大きな問題になっています。
野生動物の保護、共存の難しさを物語っています。

炭焼窯跡を左に見てすすむと、木立の間、正面に山が見えてきます。
方角から判断すると、これから向かう剣尾山かな。

1909kenbi32
炭焼窯跡、この先にもありました

1909kenbi33
木立の間に見えるのは剣尾山?

またまた、きれいなキノコ。

1909kenbi34
色がきれい

1909kenbi35
もっこり、ふんわりのキノコ、多分食べたら猛毒?

途中の案内図には、剣尾山の標高783.74?メートル?(なやみなし)と書いてありました。
でも、?マークがついていて、正しいかどうかは不明。

1909kenbi36
山頂までの案内図

ゆるやかだった道が、階段を交えた急坂に変わり、登っていくと六地蔵です。

1909kenbi37
急坂の登り

1909kenbi40
六地蔵さまがお出迎え

周辺には小さな石仏さまが、たくさん祀られています。
平坦なところなので、恰好の休憩ポイント。

1909kenbi38
六地蔵付近の石仏

1909kenbi39
大岩の下に並ぶ石仏

ここから山頂まで、もう少し。
おおさか環状自然歩道の案内を過ぎると、月峰寺(げっぽうじ)跡の案内板もあります。

1909kenbi41
おおさか環状自然歩道の標識

1909kenbi42
月峰寺跡の案内板

一帯は、かって月峰寺があったところ。
本堂や井戸跡などが残り、石が積まれた姿に、その名残を見ることができます。

1909kenbi43
本堂跡

1909kenbi44
井戸跡

シダの多い道が急坂に変わると、剣尾山山頂です。

1909kenbi45
シダの茂る平坦な道

1909kenbi46
急坂を登り詰めると山頂

1909kenbi47
剣尾山、山頂標識

巨岩がいくつもある山頂です。

1909kenbi51
巨岩が目立つ山頂

北から東に深山、京都地蔵岳から愛宕山の山並み。
西には、大船山から羽束三山の山並みが見えています。

1909kenbi49
山頂から東方向を眺める

1909kenbi48
左手前・深山、右奥に愛宕山

1909kenbi50
左奥・愛宕山、中央左奥は京都市街地、半国山はどれかな?

1909kenbi55
西側の景観、大野山はどれ?

1909kenbi54
羽束三山、大船山の方向

1909kenbi53
右の高い山は?

景色を眺めながら昼食休憩です。
風を期待しましたが、さほどなく、直射日光を避け、木陰を選んで休みました。

剣尾山から北へ続く道を下ります。
ササの多い道を下ると、摂津と丹後を分ける摂丹国界標識があり、ここで左折し下ります。

1909kenbi56
剣尾山から横尾山へ向かう

1909kenbi57
摂丹国界標識の分岐を左に下る

横尾山まで背丈の低いササが多い道です。

1909kenbi59
ササ道をすすむ

1909kenbi58
ササ原の中にポツンとキノコ

登りに転じてすすむと、横尾山です。

1909kenbi70
横尾山への登り

1909kenbi76
二等三角点のある山頂

正面に深山が見えています。

1909kenbi71
横尾山からの眺め、右・深山、左奥は多紀の山

1909kenbi75
左は深山、その裾野にゴルフ場が見える。右中央・るり渓温泉

3日前に登った深山山頂のレーダー観測所が、ぼんやりと見えます。

1909kenbi72
深山をアップで

1909kenbi73
多紀の山並み

山頂、手にとれるところにシバグリの小さな実がなっていました。

1909kenbi74
可愛らしいシバグリの実

リョウブの大きな木もありました。
たっぷり休憩をとって、下山です。
急坂が多い道です。

鹿避けのフェンス沿いを下り、南に方向を変えると、巨岩が目立つ尾根道となります。

1909kenbi77
鹿避けフェンスを右に見て下る

1909kenbi78
ボール(ゴルフボール大)のようなキノコ

1909kenbi79
網目のキノコ

巨岩がいくつも現れ、急坂で、足元に注意しながら慎重に下ります。

1909kenbi80
巨岩が目立ってくる

1909kenbi81
岩場の急坂下り

1909kenbi82
目の前に立ちはだかる巨岩、看板があるも何と書いてあるのか分からない

1909kenbi83
この辺り、総称してトンビカラと呼ばれている

鉄塔の横を過ぎます。
まだまだ急坂の下りです。

1909kenbi84
鉄塔の横を下る

1909kenbi85
足元に注意して下る

21世紀の森・頂上広場の標識のところへやってきます。
21世紀の森?、他の地域でも、この名前がついたところがあったような記憶があります。
ここからは21世紀の森のエリア。

1909kenbi86
頂上広場

1909kenbi87
笑っているようにも見えるキノコ

1909kenbi88
まだまだ急坂の岩場

1909kenbi89
ひと休み峠へと下る

1909kenbi90
標識の案内図

明るい見通しのよい尾根に出ます。
正面は、三草山。

1909kenbi99
展望のよい尾根道

1909kenbi91
正面、三草山

1909kenbi92
眼下の眺め

ひと休み峠の分岐で最後の小休憩。
ここを左に折れ、下っていき、河原を渡ります。

1909kenbi93
ひと休み峠

1909kenbi94
河原を渡る。デイキャンプ中の人たちがいました

河原を渡って少し上ると、舗装道に出て、右に下ります。
途中、右下に不動明王坐像が刻まれた烏帽子岩を見ます。

1909kenbi95
烏帽子岩、刻まれた不動明王さまの形は、よく分かりませんでした

登山口に戻ると、朝方、通った道。

1909kenbi98
登山口の公衆トイレ、もと来た道を下る

途中で、能勢温泉方向に右折。
そのまま、すすむと、能勢の郷口バス停です。

1909kenbi97
能勢の郷口バス停、ここで歩き終了

9月の半ばを迎えるというのに、気温は真夏並み。
とても暑く、歩くペースもゆっくりでした。

このコースは、5年前に歩いています。
たった5年なのに、こんなところあったかなぁと、思うようなところが多くありました。
見どころ多く、景色の変化もあり、楽しめました。
2019.09.10 / Top↑
京都府南丹市にあり「京都の自然二百選」のるり渓谷から深山(みやま)を歩いてきました。
深山は京都と大阪の府境に位置し、標高は791mながら北摂の最高峰です。
変化に富んだ渓谷と深山では360度の展望を楽しんできました。

行程
8:25るり渓駐車場8:32ー8:36鳴滝8:39ー8:50るり渓遊歩道入口ー9:22通天湖ー9:42深山登山口ー10:23深山山頂(昼食休憩)10:54ー11:27登山口ー12:22るり渓駐車場12:29 距離約12.8km 所要時間(休憩含む)3時間50分、累計高度(+)約524m


水走から阪神高速道を利用、国道173号線経由で、るり渓駐車場まで1時間45分。
道を挟んだ向かいは、るり渓バス停です。
駐車場のところには、休憩所やトイレもあり、ここから渓谷に下りて、水遊びもできます。

1909miyama1
るり渓無料駐車場から出発

1909miyama2
建物の前にるり渓バス停がある

車道を5分足らず上ると、「日本の音風景百選」に選ばれた鳴瀑(鳴滝)があります。
休憩所があり、目の前の滝をゆっくりと、見ることができます。

1909miyama4
落差はそれほどないが、美しい滝

1909miyama5
岩を滑り落ちる渓谷の流れ

滝を見て、一旦、車道に戻り、ゆるやかに道を上って行きます。
途中に、掃雲峰(天狗岩)の分岐があります。
ここはパスして素通り。

1909miyama7
掃雲峰の分岐

川沿いの道を上って行くと、榎バス停があり、左に榎の集落が見えてきます。

1909miyama8
榎バス停、左は榎集落

1909miyama9
道沿いの案内板

バス停を過ぎると、ほどなくしてるり渓遊歩道の道標があり、ここで左の舗装路に入ります。
ゆるやかに下っていくと、るり渓入口です。

1909miyama10
るり渓入口。表示があり迷うことはない

ここから渓谷沿いの自然林の道になります。

1909miyama11
名称瑠璃渓の石標が立つ

石を並べてコンクリートで固めた遊歩道が、続いています。
大小さまざまな滝や岩が点在し、名前が付いているものには、案内板が立っています。
樹林帯には、多くの種類の樹木があり、木桜探友会さんの手によって、樹木名が書かれた立て札が設置されています。

1909miyama12
遊歩道沿いの樹木名が書かれた立て札

1909miyama13
渓谷の横に整備された遊歩道をすすむ

1909miyama14
岩や石により、変化のある流れ

変化のある渓流ですが、濁ったような流れです。
後でわかりますが、この渓流は上流にある通天湖から発していて、山の湧き水ではありません。
山深い奈良の澄み切った渓流を見慣れている目には、残念なところです。

1909miyama15
きれいな滝だが、透明感がないのが惜しい

1909miyama16
龍軻潭(りゅうがたん)、龍が歌を歌っている深い淵という意味

1909miyama17
変化に富んだ流れ

1909miyama18
水がきれいなら入って遊びたい

キノコも多く見ました。
みな、毒キノコだと思います。
下のキノコは、握り拳2つ分くらいの大きさがありました。

1909miyama19
お化けキノコ

ダムが見えてきます。
排出口から水がドッと流れ出ています。
ここへ来て、渓谷の流れの正体が分かりました。

1909miyama20
渓流の源。ダム湖(通天湖)から流れ出る

ダムの手前の階段を上っていくと、車道に出ます。
ここが渓谷の出入口。

1909miyama62
るり渓遊歩道出入口

ここから深山登山口まで車道脇の歩道を歩きます。

1909miyama22
貸しボートや釣り池などがある通天湖(るり湖)

左に通天湖を見てすすむと、左にるり渓少年自然の家の分岐。
直進して道なりに上っていくと、るり渓温泉で、大きな駐車場があります。

1909miyama23
るり渓温泉前を通り過ぎる

ゆるやかな道を上っていくと、左にるり渓やぎ農園があり、右手にはゴルフ場が見えてきます。

1909miyama24
るり渓やぎ農園、道を挟んだ右はゴルフ場

ゴルフ場の西端になるところに深山の登山口があります。
小さな立て札が立っています。

1909miyama25
深山登山口

歩きやすい道が続いています。
右にゴルフ場を見ながら登っていきます。
ロープが張られ、道案内もたくさんあって、親切過ぎるほど。

1909miyama61
随所に道標や案内板がある

1909miyama26
ロープや目印になるものがいくつもあり、分かりやすい

1909miyama27
右手に広がるるり渓ゴルフクラブのゴルフ場

距離は短いですが、時折、急坂を交えながら、登り下りを繰り返しすすみます。

1909miyama28
樹林の道が続く

1909miyama29
急坂も何ヶ所かあるが、距離は短い

注意しなくてはならないのは、登山道が粘土質で、滑りやすいこと。
特に、雨天時は要注意です。
樹林帯を抜け出ると、ススキの原となり、開放的な高原の道と変わります。

1909miyama30
樹林を抜けると、すすきの原

1909miyama31
深山に続く稜線

1909miyama32
草原から振り返って見る

1909miyama33
右下にはゴルフ場、るり渓温泉の建物が見える

小さなピークを乗り越えながら、高原の道が続いています。

1909miyama34
目の先に見えるピークを越えていく

登山道に小さな栗の実(イガイガ)が転がっています。
栗の木を多く見ます。

1909miyama35
まだ小さくてかわいい栗の実

1909miyama36
栗並木とススキの原

ススキが多く茂り、かき分けて、すすまなければならないところも数カ所あります。

1909miyama37
あのピークまで行けば、深山の山頂が見える

1909miyama59
山頂手前のピーク

短い登り下りを繰り返し、山頂から一つ手前のピークにやってきました。
ここへ来ると、山頂のレーダー観測所も見えます。

1909miyama38
山頂手前のピーク

1909miyama39
小ピークから見る東側の景色

1909miyama40
手前のピークから深山山頂を見る(レーダー観測所が見える)

ガレ気味の道を下って、登り返して深山へ向かいます。
登りになると、樹林に入り、そこを抜け出ると林道に出ます。

1909miyama41
林道をすすむ

舗装道に出合い、右に大きなレーダー観測所が飛び込んできます。

1909miyama42
舗装道の突き当たりが山頂

山頂には、巨岩をご神体とする深山宮があります。
レーダー観測所の左の小さな扉を開閉して、入ります。

1909miyama43
観測所の奥に深山宮がある

1909miyama44
山頂の深山宮

1909miyama58
巨岩がご神体

山頂は広場になっています。
よく整備された山頂で、山名が入った案内板が設置されています。
深山宮の中は、立入禁止で、ご神体を囲んで周りに遊歩道が通っています。
一周して、早い昼食休憩にしました。

1909miyama55
整備された山頂、後方は京都愛宕山方向

1909miyama56
周りに芝生が敷かれている。後方は六甲山

1909miyama48
ご神体を囲むように遊歩道が通じている

山頂から360度の素晴らしい景観が広がっています。
案内板を見ながら、山座同定。

南から西に目をずらしていくと、三草山、六甲山の山並み、羽束山や大船山。

1909miyama46
南西側、左・三草山、右奥・六甲山

1909miyama47
西側、中央に羽束山、大船山

西は大野山。

1909miyama45
西側、左奥・大野山

1909miyama68
西側ズームアップ、左端・大野山

北には丹波の山並み。

1909miyama49
北側

1909miyama50
北側、中央の紅白の鉄塔の奥に美女山

東側には京都愛宕山や北山の山々。

1909miyama53
右奥・愛宕山、左・京都北山方面に続く

1909miyama54
東から北へ、南丹市街地方面

1909miyama52
後方の地蔵山、愛宕山アップ

1909miyama51
南東側、中央左奥・半国山、右奥・歌垣山

これまでに登った山がいくつも見えています。
登った山を、別の山から見るのは、その時の印象が浮かび上がってきて、楽しいものです。
そんな思いを振り返りながら、景色もおかずにして海苔巻きのお弁当。

ゆっくり山頂で楽しんだ後、同じ道を下ります。
滑りやすいところがあり、下りでは特に要注意。

1909miyama60
登山口まで戻ってくる

1909miyama64
遊歩道入口、ここから駐車場まで舗装道を戻る

朝、駐車場に着いたときは、車は4台ほどでした。
下山してくると、駐車場はほぼ満杯。
それほど広いスペースの駐車場ではないので、行楽シーズンは早めの到着がおすすめ。

1909miyama65
駐車場に戻ると、満車状態

駐車場からも、すぐに渓谷に下りることができ、ファミリーさんが水遊びを楽しんでいました。

1909miyama66
渓谷で水遊び、駐車場から見る

歩きやすいハイキングコースです。
車道歩きでは、歩道のないところもあり、車に要注意。
るり渓の散策を外して、るり渓温泉駐車場を発着点にすると、深山往復を2時間半ほどでできます。

車でのアクセスがよく、山では子連れのファミリーさん(2組)、カップルさん(3組)、単独ハイカーさんなどを含めて、20人近くの人と出会いました。
今回は利用しませんでしたが、下山後にるり渓温泉(700円)に入浴することもできます。
2019.09.07 / Top↑
まだまだ残暑が厳しいこの時期、涼しさを求めてゆっくりハイクをしてきました。
近鉄奈良駅から奈良公園を通り、滝坂の道・奥山ドライブウェイを経由、若草山を巡るおきまりの周遊コースです。
お天気良すぎて、たっぷり汗かきの歩きでした。

行程
近鉄奈良駅12:13ー12:19興福寺五重塔ー12:42春日大社ー13:00滝坂の道ー13:38首切り地蔵(昼食休憩)14:00ー14:48十八丁休憩所ー14:55若草山山頂(鶯塚古墳・標高342m)15:14ー15:55東大寺前ー16:15近鉄奈良駅 距離約13.5km、所要時間(休憩含む)4時間02分、累計高度(+)約431m


お昼近くになって、出かけるのを決めたので、さて、どこへ行こうか。
駅に着いて、西行きの電車が来れば生駒山、東行きなら奈良。
漠然とした考えで家を出ました。

駅の手前で大阪方面行きの電車が出て、これで行く先は奈良へ決定。
若草山だけが頭の中にあり、どの道を通るかは、足の向く方向で。

1909narat1
近鉄奈良駅から歩き開始、カンカン照り

日が照り暑さ全開。
登大路を歩くのは避け、東向き商店街から興福寺へ。
できるだけ日陰を選んで、歩きます。

青い空に白い雲がもっこり。
人は多くなく、目に付くのは外国からのお客さん。

1909narat2
東金堂と五重塔、空が印象的

1909narat3
五重塔横から中金堂(右)と八角堂(左奥)を見る

木陰になった春日大社の参道を歩きます。
人目はばからず、水路に入って凉をとる鹿さん、木陰で寝そべる子鹿さん。
この暑さ、いつまで続くんでしょうね。

1909narat4
木陰でかたまりになって休む子鹿さん(萬葉植物園近くで)

春日大社まで来ると、多くの観光客さんで、混み合っていました。
石段のところからお参りして、若宮神社、歴史の道へと歩きます。

1909narat5
苔生す参道の灯籠

1909narat6
独特の雰囲気を醸し出す

春日奥山遊歩道の入口に来て、さて、真っ直ぐ行くか、右折するか。
真っ直ぐ行けば、遊歩道の広い道、右折すれば滝坂の道。
ここは、滝坂の道方面へ。

右折して直ぐ左に曲がり、川沿いの道をすすみます。
途中に、白毫寺、髙円山への分岐があります。

高円山へ登ってもいいかなとも思っていましたが、相方さんに聞くと、ノーの返事。
直進して住宅街の上り坂を抜けると、滝坂の道の入口です。
去年秋の台風の影響で、長く通行止めでしたが、整備が終わり、通れるようになっています。

1909narat7
滝坂の道、入口

何度も通っている道です。
緑に囲まれ、川に沿う滝坂の道は、涼しさは感じられるも、上り傾斜の道です。
顔や身体のみならず、手の甲からも汗が滲んできます。

1909narat8
妙見宮の分岐。左折すれば妙見宮だが、この道は通行止め

石畳の道が続いています。
ふと見ると、カマキリの姿。
葉っぱの色に溶け込んで、見落としてしまいそう。

1909narat9
道の脇にカマキリ

ところどころで、台風の傷跡が残り、注意喚起のロープや札が付けられています。

1909narat10
落石注意

古の人たちが行き交った石畳の道は、とても静かな道で、川水の流れやセミの声が響くだけです。

1909narat11
石畳の道が、首切り地蔵まで続く

滝坂の道は、石仏の道でもあります。
最初に、寝仏さま。

1909narat13
寝仏

もともとは、まっすぐ座っていたのが、石が転んで、このようになったと言われています。
寝仏さまが刻まれている石は、道に背を向けたような状態になっています。

石畳の上に、小さなカマキリを見つけました。
先ほど見たものより、うんと小さなものでした。

1909narat14
石畳に小さなカマキリ

1909narat16
カマキリをアップで

寝仏さまに続いて、夕日観音。
石畳の道からは、夕日観音は見えず、近くにある三体地蔵さまが見えています。

1909narat17
崖の上に三体地蔵

1909narat19
石仏近くの流れ

さらにすすむと朝日観音の案内がある三体の仏さま。

1909narat20
朝日観音

実際は、観音さまではなく、中央は弥勒如来さま。
両脇は地蔵菩薩さまです。

1909narat21
東の方向を向いているので、朝日観音と呼ばれる

滝坂の道や奥山の道は、春日原始林のエリアにあり、多くの巨木を目にすることができます。

1909narat22
石畳沿いの巨木

朝日観音を過ぎると、首切り地蔵のある東屋です。

1909narat23
東屋のある休憩所

奈良駅からここまで、ゆっくり歩いて約1時間半。
ここで昼食休憩にしました。

滝坂の道に入ってから出会った人は、2組のペアのわずか4人。
休憩中に高齢の男性さんが1人、通り過ぎて行きました。

1909narat26
首切り地蔵さま

1909narat24
地蔵さまのお顔をアップ

休憩所から遊歩道を通り、芳山(ほやま)交番所のところから奥山ドライブウェイを若草山へ向かいます。

1909narat27
奥山ドライブウェイ出合

車道ですが、車はほとんど通らず、まるで広いハイキング道。
静かな山歩きを楽しめます。

1909narat28
日に照らされるモミジ

途中には、立派な休憩舎があります。
鶯の滝の分岐になる大原橋に到着。
ここから滝まで1km弱。

1909narat29
大原橋休憩舎

1909narat30
世界遺産記念石碑がある。赤い橋は大原橋

相方さん「滝まで下りて、また、上がるのは嫌…」ということで、滝には寄らず直進。

道に覆い被さるように大きな幹を伸ばしているのは、春日奥山最大の山桜。

1909narat31
山桜の下を抜ける

1909narat32
何重にも巻き付いたように見える大きな根と幹

1909narat33
下から見上げる

花山 地蔵の背を過ぎると、十八丁休憩舎。

1909narat34
花山 地蔵の背

1909narat35
奥山の道から頭上を眺める。うろこ雲が出ている

1909narat37
十八丁休憩舎

休憩舎の隣に、石の祠があり、お地蔵さまが安置されています。
ここは、東大寺、春日大社への分岐点になります。

1909narat36
十八丁のお地蔵さま

十八丁とは、どこが起点になっているのでしょう。
1丁が約109メートルで、18丁は2km弱。
春日大社?。

休憩舎を過ぎると、若草山までもうすぐ。
駐車場のある鎌研(かまとぎ)交番所の前を通り、スロープ上の舗装道を上っていくと、見晴らしのよい山頂到着です。

南に大和三山を見て、目を右に移して行くと、金剛・葛城の山並み、二上山。
さらに信貴山から生駒の稜線。
手前には、矢田丘陵。
良い眺め。

1909narat39
若草山山頂から左に金剛・葛城の山並み、右に二上山

1909narat45
正面、金剛・葛城山

一段と高いところは、鶯塚古墳で三角点はここにあります。
標高はそれほど高くないのに、涼しく感じます。

1909narat41
鶯塚古墳、右奥に三角点がある

1909narat40
鶯陵から南側の展望

1909narat43
西側の展望・正面に生駒山、中央が平城宮跡

1909narat42
北側展望、中央奥が京都市街地方向

1909narat44
東南側、奥山方向を見る

展望をゆっくり楽しんで、鎌研交番所のところで右の遊歩道に入ります。
あとは、ひたすら下るだけ。

ユニークな樹木がいくつもありました。
上ってくる人たちと挨拶を交わしながら、一本道を下ります。

1909narat46
枯れ木のような大きな樹木

1909narat48
葛状に枝が伸びる

1909narat49
広い遊歩道

1909narat50
遊歩道口から振り返る

舗装道に入ると、照り返しがきつく、観光客も多くなり、もとの暑さに後戻り。
奈良駅近くのシャトードールさんで休憩。

1909narat51
春日野園地から若草山展望

1909narat52
小西通りにあるシャトードールさん

1909narat53
マンゴのかき氷(600円)

いつもはコーヒーとパンのセットですが、今日はボリュームたっぷりのマンゴーをオーダーしました。
甘いマンゴが入ったかき氷を食べて、生き返ったような感じでした。

ゆっくり歩いて4時間余り。
歩く人も少なく、安心して歩くことができます。
ハードさを求める人には、もの足りない道ですが、ファミリー、グループで散策するには、とてもおすすめの道です。
2019.09.03 / Top↑
山歩きの教室で、台高山系の水無山へ登ってきました
水無山は、高見山から大台ヶ原へ続く台高山脈の稜線上に位置する山で、奈良と三重県の境にある標高1414mの山です。
朝は晴れ間が見えていましたが、お昼前から雨が降り出す生憎の天気でした。

行程
橿原神宮前駅8:00ー(バス・やわた温泉でトイレ休憩)ー9:30大又林道終点駐車場(標高680m)9:35ー9:50登山口ー11:34水場手前で昼食11:57ー12:01水場ー12:18明神平ー12:35水無山(標高1414m)12:38ー12:51明神平12:54ー14:22登山口ー14:30大又林道終点登山口14:45ー(バス・やわた温泉)ー16:16橿原神宮前駅、歩行距離約6.8km、所要時間(休憩含む)4時間55分、累計高度(+)約762m


橿原神宮前駅からバスで約1時間半(途中・やはた温泉でトイレ休憩)で、大又林道終点駐車場に到着。
大又林道は道が狭く、マイクロバスがやっと走れるようなところを通ります。
バスが到着して、窓を見ると、珍しいナナフシ(竹節虫)が止まっていました。

1908mizu1
珍しいお客さん。小枝のように見えるナナフシ

駐車場からしばらくは、舗装された林道です。

1908mizu3
林道終点・車両はここまで。、ここから歩き開始

大又川を左に見て、左岸の道をすすみます。

1908mizu5
大又川、左岸を上る

林道沿いの岩肌からは、ところどころで水が流れ出ていて、たくさんの野草が生い茂るように伸びています。
イワタバコ、ミズ(ウワバミソウ)、マツカゼソウetc…。

1908mizu4
岩に張りつくように生えるイワタバコ、若葉は食用になる

1908mizu6
ミズ、秋田県では一番食べられている山野草だとか

1908mizu11
花が咲き始めたマツカゼソウ

ゆっくり歩いて15分ほどで登山届箱が設置された登山口。
林道は、この先まで、もう少し続きます。

1908mizu7
登山届箱のある登山口

1908mizu8
登山口の案内板

小石がゴロゴロ転がる道を歩きます。
大又川のきれいな流れや、砂防堤を見てすすむと、林道の終わりを告げる小広場です。

1908mizu9
小石が多く、やや歩きにくい

1908mizu12
砂防堤

ここで小休憩。
これから山道です。

1908mizu14
林道終点の小広場

1908mizu13
至るところで、こんな光景が見られる。小広場のところで

山道に入り、鉄橋を渡り右岸沿いを登っていきます。

1908mizu15
鉄橋を渡り、右岸へ

石の転がる道を注意しながら登ります。

1908mizu16
倒木のある道、数年来この光景は変わらない

対岸には大きな樹木、手前にも苔生した樹木があり、目を惹きます。

1908mizu17
対岸の樹木、…カエデ?

1908mizu18
この木もかなり古い

登っていくと、ロープの張られた渡渉箇所があります。
数ヶ所の渡渉箇所のうち、もっとも神経をつかうところです。

1908mizu19
最初の渡渉箇所、ロープも使い慎重に渡る

大雨が降った後だと、沢水も増え、渡りにくそう。
最初の渡渉を無事終え、さらに登っていくと、2つ目の渡渉。
ここにもロープがあり、渡って梯子を上ります、
すすむに連れ、傾斜もきつくなってきます。

1908mizu20
2つ目の渡渉

1908mizu21
渡渉箇所で見る沢の流れ

沢沿いをすすみ、3つ目の渡渉箇所へ。
ここにも、ロープ。
この先にも、渡渉箇所はありますが、より慎重になるのは、最初の3つ。
今回は水無山へ登って、同じ道を引き返すコースなので、帰りもこの難所を通らなければなりません。

1908mizu22
川岸にマムシ草

1908mizu23
3つ目の渡渉

1908mizu24
ドボンに注意して渡る

変化があって面白いコースですが、水量が多いと神経を遣います。

1908mizu25
4つ目の渡渉箇所

結構、傾斜がある石の道で、足元に注意し、ジグザグしながら登っていきます。

1908mizu26
石が多く、注意して登る

岩肌に、白い小さな花が咲いていました。
何の花かな?。

1908mizu27
純白の小さな花

前方に明神滝が見えるところで、小休憩。

1908mizu28
休憩場所から前方奥の明神滝を見る

さらに登っていくと、明神滝をはっきりと見ることができます。

1908mizu29
明神滝

道は滝を巻いてすすむようになります。

1908mizu31
木橋を渡り、滝を巻くように登っていく

周りに目をやると、苔生す光景が広がります。

1908mizu32
苔が覆う光景

1908mizu33
ゆるやかなところもあるが、急坂が続く

1908mizu34
明神滝の上部、ベンチが置かれている

木橋を渡り、登っていくと、上部が明るくなってきて、自然林の広がる雰囲気のよい道に変わってきます。

1908mizu35
木橋を渡る

1908mizu36
橋があるとありがたい

1908mizu37
頭上が明るくなってくる

1908mizu38
ブナやヒメシャラが目立つ自然林

1908mizu40
いい雰囲気

歩きやすいジグザグ道を登っていきます。

1908mizu39
前方に台高の稜線が見えてくる

1908mizu41
苔に包まれた樹木

歩き始めて2時間弱、雨がポツポツと降り出しました。
小さな渡渉があり、その先のゆるやかな斜面のところで、早めの昼食タイム。

1908mizu42
この先で、昼食休憩

1908mizu44
昼食休憩したゆるやかな斜面

昼食場所から少し登ったところに、水場があります。

1908mizu45
パイプがいくつも引かれた水場

水場を過ぎると、明神平まで、あとひと息。
はっきり見えていた稜線は、ガスが立ち込め、山並みが見えなくなりました。

1908mizu46
水場の前を通り過ぎる

あしび山荘の建物がある明神平に到着。
周りはガスで覆われ、視界はイマイチ不明瞭。
山荘の右を通り、水無山へ向かいます。

1908mizu47
明神平、あしび山荘の右を通り抜ける

1908mizu48
足元をシダが覆う

樹林に入ると、傾斜がきつくなります。

1908mizu49
水無山への登りは、きつい傾斜

一旦、樹林から解放され、再び樹林に入ると、尾根道となり、ゆるやかな道に変わります。

1908mizu50
石の多い急坂

1908mizu51
ゆるやかな尾根道

天候条件が良ければ、眺望もききそうですが、望めません。
標高1300mを超える稜線だけあって、心地よい風が吹いてきます。

1908mizu52
なだらかな稜線歩き

1908mizu53
ガスがかかり視界がきかないのが残念

水無山の山頂は、注意していなければ、通り過ぎてしまいそうなところです。
三角点は無く、山名が書かれたプレートだけがありました。

1908mizu54
水無山到着

1908mizu57
台高山系では、縦走通過点の地味な山頂

1908mizu55
プレートが無ければ、行き過ぎてしまいそう

1908mizu58
山頂付近に育つ小さな苗

山頂で記念撮影した後、同じ道を下ります。
幾分か、ガスがとれてきました。

1908mizu59
下山時の明神平、前方は前山

1908mizu60
明神岳方向を望む

1908mizu63
薊岳の方向を見るも、薊岳はまったく見えない

1908mizu62
水無山を振り返る

1908mizu64
明神平から見る北に繋がる台高山脈の稜線

1908mizu65
西側。写真では分かり辛いが、左奥に金剛・葛城の山並みが見える

下りは登り以上に慎重に歩きました。
気を抜くと、転びそうなところがあります。

1908mizu67
水場のそばを下る

1908mizu68
雨が降ると、沢の水量や音が気になる

1908mizu69
足場の悪い急坂

1908mizu70
バスの待つ駐車場に無事、到着

時間とともに、天候が悪化。
下りてくるまで強い雨が降らなかったのが幸いでした。
帰りのバスでは、かなり強い雨でした。

明神平は、今回で5回目。
いつものことながら、渡渉は神経を遣います。

明神平は台高山系のいくつかのルート上にあり、ここを拠点にして、いろいろと変化に富んだ山歩きができます。
天候の関係もあり、他のグループ、個々のハイカーさんに出会うことはありませんでした。
2019.08.27 / Top↑
この1ヶ月間、暑さを理由にだらだらしてばかり。
身体も鈍り、このままでは体力は落ちる一方。
気持ちを入れ換えて、金剛山に登ってきました。

今回は、奈良県(五条市)側から登る天ヶ滝新道の往復ルートです。
しばらく山歩きを休んでいたことと、暑さで思いのほか疲れました。

行程
9:30天ヶ滝道登山口(駐車場)9:36ー9:58天ヶ滝10:02ー10:32中の平ー10:58新欽明水11:00ー11:09伏見峠ー11:32湧出岳(標高1112m)11:36ー11:41一の鳥居ー11:49葛木神社(標高1125m)11:50ー11:54転法輪寺ー12:00山頂広場12:11ー12:17岩屋文珠ー12:47香楠荘(昼食)13:06ー13:11伏見峠ー13:29中の平ー13:58天ヶ滝道登山口 距離約10.3km 所要時間(休憩含む)4時間22分 累計高度(+)約889m 


ルート

我が家を8時出発。
京奈和道を通り、五条北ICで降ります。
県道261号線を北から南に向かうと、天ヶ滝新道に入る標示があり、ここを右折して集落の細い道を上がっていきます。

1908kongo103
県道261号線をここで右折

集落を外れて上ったところが、登山口の駐車場。
1時間半で到着しました。
数台の車を止めることができます。
止まっている車は1台もなく、この道を歩くのは一人かな?と思いながら準備を整えます。

1908kongo1
天ヶ滝新道登山口駐車場。案内図、登山届のポストなどが設置されている

そばには見慣れた野草が咲いています。

1908kongo2
登山口で見かけた花

1908kongo3
ウマノアシガタに似ているが、違うような…

駐車場脇の道を少し上ると、左に伏見峠への道標があり、ここから山道に入ります。

1908kongo5
左の山道に入る

階段道を上ると、一旦、林道に出ます。
左にすすむと、右に登る登山道があります。
道標には、伏見峠を経て金剛山4.1kmの標示。

1908kongo7
階段脇に咲く花

1908kongo8
林道から登山道に入る

きれいな石畳が出てきて、ちょっと驚きますが、すぐに階段の多い道となります。
そこそこの傾斜があり、身体が慣れていないせいか、きつく感じられます。

1908kongo101
丸太の階段が続く

1908kongo100
つづら折れの道

1908kongo9
道標、標示板が多く、分かりやすい

傾斜が少しゆるやかになってくると、右に天ヶ滝への分岐があります。

1908kongo10
JR北宇智駅と金剛山との中間点

1908kongo11
天ヶ滝分岐手前の標識

1908kongo20
分岐から滝まで100m

分岐から5分足らずで滝です。
野草を見ながら下って行きます。

1908kongo19
ミズヒキソウが咲く

1908kongo18
葉っぱが大きいがマムシ草かな

1908kongo17
この花は何だろう

木橋を渡ると、下から涼しい風。
汗を噴きながら登ってきましたから、この涼しさがとても心地よく感じられます。

1908kongo16
木橋を渡る

天ヶ滝は2段になった滝です。
このところの猛暑続きで、水量は少ないようです。
滝の直ぐ傍まで寄って行けます。

1908kongo104
暑さで滝に打たれたいくらい

滝水を被りたいほどでしたが、それは流石にできず、手を浸けるだけ。
とても冷たくいい気持ち。
滝壺前の木片が、犬が休んでいるように見えました。

1908kongo14
涼しそうなわんこちゃん

1908kongo105
アップで見る

小休憩して、元の道に引き返し、伏見峠へと向かいます。
分岐まで戻ってくると、ベンチに一人の男性が休憩中でした。
挨拶を交わして、先へすすみます。

1908kongo99
天ヶ滝分岐にあるベンチ(下山時に撮影)

木段の道が続きます。
植林帯の道は、日差しは遮ってくれますが、風が通らず、同じような景観で、あまり変化がありません。
汗がポタポタと落ちます。

1908kongo21
ひたすら樹林帯の道をすすむ

景色の変化が乏しい道では、小さな花でも見つけると嬉しくなります。
ヤマジノホトトギスが連なるようにして咲いていました。
単独で咲いているのは多く見ますが、珍しいです。

1908kongo22
ヤマジノホトトギスが並んで咲いている

1908kongo23
迷うことのない道だが、単調

道がゆるやかになり歩きやすくなると、ベンチが置かれた中の平。
列車の時刻表が掲示されていました。

1908kongo24
中の平、平坦になっていて休憩ポイント

1908kongo25
JR北宇智駅まで90分

中の平からゆるやかな植林帯の道をすすみます。
単調な道ですが、よく歩かれた道は、危険箇所はなく、歩きやすいハイキング道という感じです。

1908kongo26
歩きやすい道が続く

1908kongo27
ミヤマシキミの実

1908kongo30
単独のヤマジノホトトギス

右下に水場が見えてきます。
階段を下りたところに新欽明水があります。

1908kongo107
新欽明水の水場
 
コップが置かれています。
パイプから流れ出る水を受けて、飲んでみました。
冷たくて、癖のないおいしい水でした。
もう一杯。

1908kongo33
金剛山のおいしい水

沢ガニが顔を覗かせていました。
欽明水をいただきながら、しばらく観察。
じっと見ていると、石の間から出てきて、全身お披露目。
そして、また、石の間に隠れてしまいました。

1908kongo31
沢ガニが顔を出す

1908kongo32
ようこそ、いらっしゃいませ

本道に戻って、伏見峠へ向かいます。
峠まで、ここから10分ほどです。

ヤマアジサイがまだ残っていました。

1908kongo37
ヤマアジサイが残る

1908kongo35
まだまだ見られる

1908kongo36
道脇にたくさん咲いています

1908kongo97
こんな花も

ダイトレの道に出ると、伏見峠です。

1908kongo39
ダイトレ出合

1908kongo41
しばらくダイトレの道を縦走

1908kongo42
伏見峠の標識

1908kongo43
伏見峠から振り返る。手前の分岐は伏見道、天ヶ滝新道分岐は右奥の道

キャンプ場の横を通り、ピクニック広場へ行く途中で、お子さんを連れたファミリーさんと出会いました。
聞くと、ロープウェイに乗れず、下から念仏坂を登って来られたようでした。
後で分かりましたが、ロープウェイは休止中。
(今年3月18日から当分の間、休止)

お子さんは、年長さんか小学校低学年くらい、念仏坂は結構、急坂です。
疲れた様子もなく、虫取り網を持って登っていく姿を見ると、つくづく子どもたちの方が元気だなと痛感します。

キャンプ場の建物のそばには、まだ、きれいなアジサイが咲いていました。

1908kongo44
標高が高いところでは、まだアジサイが咲いてます

1908kongo45
ダイトレ脇の花、名前は?

1908kongo46
この花も見たことがあるが、名前が分からない

ちはや園地を過ぎ、しばらく行くと、木立の間に奈良側の展望が開けます。
その先に、湧出岳の分岐。

1908kongo47
ちはや園地休憩所

1908kongo48
ダイトレから奈良側を展望、霞んで明瞭度はイマイチ

1908kongo49
湧出岳分岐、右に登る

1908kongo50
湧出岳に続く登り

山頂に近づくと、人の声が聞こえてきました。
誰か山頂にいるのかなと思って歩いていくと、関電の管理をされている人たちでした。
湧出岳には、関電の電気保安施設や展望塔、電波塔などが建っています。

1908kongo106
高さ25mの展望塔、上がることはできない

妙法蓮華経如来神力品第21番経塚もあります。
古い説明板がありましたが、字が消えかけていて、よく読めません。
意味がわからないも、お参りだけしました。

1908kongo52
21番経塚

経塚の前を左に登ったところに湧出岳一等三角点(標高1112m)があります。
金剛山で一番高いのは、葛木神社のある葛木岳(標高1125m)ですが、一等三角点が置かれているのは、この湧出岳。
ちょっとややこしいのは、後でいく国見城跡には、展望広場があって、ここにも1125mの標示がされています。

残念ながら湧出岳からの展望は望めません。

1908kongo53
一等三角点のある湧出岳

1908kongo54
登頂記念のプレートがいくつもある

1908kongo55
山頂の樹木、この実は何だっけ

1908kongo56
この花の名前も分からない、しかも、ピンボケ

21番経塚の前を左に下って再びダイトレに合流。
角に関電さんの車が止まっていました。

1908kongo57
ダイトレ出合、ダイトレ側から見る

道を挟んだ斜め向かいには、「出迎え不動さん」が立っています。

1908kongo58
出迎え不動明王

『出迎え不動さん』

出迎え不動明王様は、葛城28宿修行の証として修する奉告護摩のご本尊様として、また当山に登拝される方々を出迎えて、道中安全を祈願する為に鎮座されています。(案内板抜粋)

お祈りして先へとすすみます。
すぐに、一の鳥居です。
ダイトレの道とは別れ、鳥居をくぐって登っていきます。

1908kongo59
一の鳥居

転法輪寺へ続く参道です。
灯籠が並び、厳粛な気持ちになります。
急坂の参道を登っていくと、左に仁王杉があり、ここが表参道と裏参道の分岐。

樹齢は500年ほどと言われ、荒々しく威厳の感じられる杉です。

1908kongo110
後で見る夫婦杉とは対照的な感じの仁王杉

1908kongo63
表参道と裏参道の分岐になる

右折して裏参道をすすみます。
ブナ林の小広場があります。
正面に大和葛城山が見えるビューポイントになっています。

1908kongo64
ササに覆われたブナ林

1908kongo66
美しいブナの森

1908kongo65
大和葛城山が見える

葛城山を見て階段を登ると、葛木神社です。
この神社の裏手が山頂ですが、神域のため入ることはできません。

1908kongo70
葛木神社にお参り

1908kongo67
裏手へ回ると、立入禁止

葛木神社から下ると、転法輪寺です。

1908kongo71
福石の前から葛木神社を振り返る

途中に夫婦杉があります。
仁王杉と違い、こちらはきれいに枝打ちされ、寄り添うように立っています。

1908kongo111
仲睦まじく

1908kongo112
何百年もの間、この姿で

そばに、夫婦と書かれた石碑があります。

1908kongo74
夫婦の石碑

夫婦
二十代は 愛で
三十代は 努力で
四十代は 我慢で
五十代は 諦めで
六十代は 信頼で
七十代は 感謝で
八十代は 一心同体で

そしてそれからは
空気のような
ふれ愛で


転法輪寺本堂の不動明王さまにお参りして、展望広場に着くと、ちょうど12時。

1908kongo76
転法輪寺本堂

1908kongo77
本堂下からお不動さまを入れて

1908kongo78
展望広場(国見城址)到着はちょうど12時

1908kongo82
山頂広場

ロープウェイが止まっているせいか、思っていたよりは少ない人でした。
猛暑の中、登ってくる人は、山好きの人たちです。
眼下に広がる景色を眺めて、茶店の前で一服、ソフトクリームをいただきました。

1908kongo79
展望広場からの眺め

1908kongo80
広場に咲いていたヤブカンゾウ

1908kongo81
ユリは蕾

1908kongo84
ソフトクリーム(350円)。先っちょを食べから気付き慌てて撮影

店頭のカエルさんを見て、下山します。

1908kongo83
茶店前のカエル、六匹もいたんですねぇ

帰りは、ロープウェイ駅に続く楽な遊歩道を通ります。
途中にある岩屋文珠さまにお参り。

1908kongo86
文珠尾根に続く道、右に文珠さま

1908kongo108
岩屋文珠

横の立て看には、役行者が修行されたところで、大楠公も信仰され智略を授かったとあります。
入学や進学、勝利の道などあらゆる智慧を授けてくれると記されていました。
 
文珠さまから続く文珠尾根の下りは、ブナ林の美しいところ。
大阪側に下ってしまうので、引き返してロープウェイの道に戻ります。

ダイトレと違い、通る人は少なく、静かないい道です。

1908kongo87
途中にダイトレに続く分岐がある

1908kongo88
いかにも遊歩道らしい道

1908kongo89
ベンチも置かれている

1908kongo90
周りは、水源かん養保安林になっている

1908kongo91
四季の谷、展望台に続く階段を見送る

木製デッキの展望のよいところへ出てきます。
目の前に、ロープウェイ乗り場。

1908kongo92
休止中のロープウェイ駅

ここへ来て、ロープウェイが休止になっているのを知りました。
舗装道を上っていくと、香楠荘があります。
ここで、昼食休憩。

1908kongo93
日帰り入浴も可能な香楠荘

本日のおすすめ・とろろ山菜ソバを戴きました。

1908kongo94
みたらし団子が二つついて、930円

食事を終え、ダイトレ道に出て、登ってきた道を下ります。
下山は別ルートから…という気持ちもありましたが、下ってから酷暑の中、駐車場まで戻るのが億劫になっていました。

1908kongo95
香楠荘から奈良側の山を見る

1908kongo96
伏見峠から天ヶ滝新道の分岐へ

1908kongo98
下山途中で見る。目の前は小和道の尾根?

香楠荘からの下りは、立ち寄ることもなく、52分で駐車場へ戻ってきました。
駐車場へ戻ると、もう一台、和歌山ナンバーの車が止まっていました。

1908kongo102
駐車場到着

とても暑い中での山歩きでした。
山から下りると、シャツはもちろんのこと、パンツ、ズボンは汗でベトベト。
誰もいないことをよいことに、全部脱いで、着替えました。

出会ったハイカーさんは、天ヶ滝新道で、一人の男性さんのみ。
ダイトレの道では、10人余りの人に出会いましたが、とても少ない人数でした。

気候のよいときであれば、JR北宇智駅から歩くのもよいと思います。
そうなると、駅から登山口まで往復で2時間必要になります。
2019.08.08 / Top↑