今年も皇帝ダリアが咲きました。
青空に映えて、とても、きれい。

171113a
今年も健在、ひとつだけ開きました

庭に植えてから10年近くになり、年を経る毎に株がいくつも増えて、今年は背丈の低いものも含めて4,5本になっています。
このため、花付きが悪く、咲いても小ぶり。
やっぱり、間引きをしないとダメです。

気がかりなのは、急に寒くなって、枯れてしまわないかということ。
寒波や霜に遭うと、一夜にして枯れてしまいます。

長く目を楽しませてくれるよう願っています。

2017.11.13 / Top↑
今日も文句のつけようもない良い天気でした。
鈴鹿あたりへ行きたかったところですが、明後日は六甲全山縦走大会。
直前に練習して、足を痛めるということが、これまでもあり、身体を休めました。

参加書類に目を通し、参加証には写真を貼って、荷物点検。
これまでにも、いろんな大会に出ていますが、参加証に写真を貼るのは、初めてです。
足りないものは、夕方、散歩を兼ねてお買い物。

帰ってきて、庭の皇帝ダリアを見ると、蕾が随分、大きくなってきました。
開花までもう少し。

庭木の下では、ヤブコウジ(別名・十両)が小さな実を付けています。
植えてから2,3年は経っていると思いますが、やっと実をつけているのを見ました。
センリョウもマンリョウも毎年、たくさん実をつけるのに、なぜか、ヤブコウジだけは実がつかなく不思議に思っていました。

171110a
ヤブコウジの小さな実

他にも、キチジョウソウが雑草の中に隠れるように、花開いています。
この花、ここへ引っ越してきたときに、草津から持ってきたもの。

171110b
キチジョウソウ、30年以上も我が家の庭に

山野草の部類に入るかと思いますが、よく見ると、繊細できれいな花です。

2017.11.10 / Top↑
昨夜は余りにも眠くて、午後10時前には布団に入り、即、寝てしまいました。
いつも、なかなか寝付かれないのに、よほど疲れていたんでしょう。

昨日、できなかった山行きのブログを、早朝から作業にかかりました。
今日も、良い天気でしたから、家にいてるのがもったいないような気持ちでしたが。
出てばかりでは、出費も重なるし…。

ブログを仕上げるのに、ほぼ一日がかり。
なんとか夕方近くになって、終わりました。

外を眺めると、田圃の一角にコスモスが、きれいに咲いています。
コスモスの咲いているところまで、歩いて5分ほど。
カメラを持って、撮らせていただきました。

170930co6

170930co1

170930co2

170930co5

170930co7

170930co3

170930co4


毎年、ここで咲くコスモスを、楽しませてもらっています。
パソコンで疲れた目の保養になりました。
2017.09.30 / Top↑
先週の台風で、門柱にゲート状に仕立てていたモッコウバラが、風にあおられて、垂れ下がってしまいました。
通る度に、頭や顔にひかかり、思い切って、太くなった幹ごと切りました。

実際に作業をしてみると、門柱に固定していた支柱が、斜めに倒れかかっています。
支柱を結束バンドで固定していたのですが、それが切れてしまって、支えを失っていました。
支柱に絡みついていたモッコウバラが、かろうじて、倒れるのを防いでいました。

モッコウバラを切って、支柱も、固定し直しました。
門扉周りがすっきりしました。

170921c
これは、3年半前のモッコウバラ

170921d
モッコウバラの姿は跡形も無く、門扉がすっきり

これで、一番喜んでいるのは、トネリコの木。
モッコウバラが覆って、迷惑顔をしていましたから。

ゲートは5年半前に作り、そのときに、モッコウバラを植えました。
5月の初めには、白や黄色の花をたくさん付けていました。
花の時期は、楽しませてもらいましたから、切ってしまうと、ちょっぴり寂しさも残ります。
さて、この門柱、次にどう仕立てるか、相方さんのアイデアを期待しましょう。

2017.09.21 / Top↑
日中の暑さにかまけて、今日もノージョグ。
ほんの少しだけ、ぶらり歩き。

空き地や道路脇で、目に付くのが、白いユリの花。
道路脇のコンクリートの割れ目から、茎を伸ばして咲くほど、強い生命力のあるユリです。
球根で増えるのがユリですが、どう想像してみても、固いコンクリートの隙間の下に、球根があるように思えません。

170825a
空き地に咲くシンテッポウユリ

帰ってから調べてみました。
在来種のテッポウユリのように見えますが、種類は違い、シンテッポウユリ。
元は、外来種のタカサゴユリで、テッポウユリとこのタカサゴユリが自然交配して、できたのがシンテッポウユリ。

タカサゴユリもシンテッポウユリも、繁殖力が旺盛で、どこでも生育する強さを持っています。
種子が風に飛ばされたり、雨水などで流されて増えます。
コンクリートの間から、生え出ている理由がわかりました。

強い生命力のため、在来種にとって代わるのではないかと、懸念されているそうです。
清楚できれいな花ですが、いずれは駆除対象になるかも…。
2017.08.25 / Top↑