午前中は、血液内科の受診。
夕方は、歯科受診。
間に、午後の立哨当番。
夕方近くになって、Mitukiちゃんたちがやってきました。
一日、慌ただしく過ぎた感じです。

血液検査の結果は、Hb値12.0、Ht値37.2、MCV値80.8、Fe値27で、相変わらず貧血状態。
3ヶ月前とほとんど変わらず、低値のまま現状維持です。
対策は鉄分を多く含む食事をすること。
ひどくはなっていないので、様子見です。
次回の受診は、また、3ヶ月後。

今日の一枚は、Ricoさんが持って来てくれたケーキです。
ママ友たちで、作ったものだそうで、早速、いただきました。

170920a
可愛くできた20cm大のリラックマのケーキ
2017.09.20 / Top↑
今朝の朝日新聞に高齢者の貧血のことが載っていました。
高齢者は鉄欠乏性貧血が多く、自分もその一人。
貧血があると、なんとなく身体に覇気がなく、疲れやすくなります。

記事には、50〜60代は毎日、肉類を80グラムを摂ることが望ましいとありました。
今の食生活では、多分、不足してます。

確かに、ジョグしても疲れを感じることが多くなりました。
蒸し暑さはあったものの、今日も13kmでヘトヘト。
ダメージばかりが残ってしまいました。

2017.09.06 / Top↑
1週間前に受けたホルター心電図を聞きに、循環器科クリニックへ。
結果は、第Ⅱ度房室ブロックで、経過観察必要。

房室ブロックとは、心臓の刺激伝導システムのどこかに異常があり、心臓の内部で伝導時間の延長や途絶が起こってしまう病気です。
これがⅢ度だとペースメーカーが必要になってきます。

さらに詳しく調べるためには、精密検査が必要になってきますが、問題となるような自覚症状はないため、経過観察ということで、次回はまた、半年後の検査となりました。

いつも、病院やクリニックで血圧を測ると、最高血圧が20〜30位高く出るので、いつも使っている血圧計を持参しました。
クリニックで試すと、Drが測った数値と、持参の血圧計はほぼ数値は同じ。

血圧計には問題ないことが分かりました。
白衣高血圧です。
2017.07.21 / Top↑
昨日に続いて、循環器科クリニックへ。
ホルター心電図を外してもらい、心エコー検査を受けました。

3月に受けた人間ドックの検査結果も持って行きました。
人間ドックでは、ダブルマスター負荷心電図で、擬陽性の診断が出ているので、これについても聞きました。
この検査は、虚血性心疾患や不整脈をみるものです。
正しく判断するためには、心臓のCT検査や、さらに過大の負荷をかけて心臓の状態をみる必要があるそうです。

今日のエコー検査では、心房、心室間の若干の逆流がみられるものの、軽度で、心臓の働きそのものは悪くないようです。
ホルター心電図の結果が分かるのは一週間後、その結果でどんな判断が下されるか分かりません。

山歩きもジョグも止められていないので、マイペースで無理せず、ぼちぼちいくことにします。
2017.07.14 / Top↑
夕方、循環器科のクリニックへ。
徐脈、不整脈があるため、ホルター心電図を胸に装着して検査するためです。
昨年もやりました。
2度目になります。

24時間継続監視するので、明日の夕方、検査器を外してもらいにいきます。
装着していること自体は、苦痛ではないのですが、検査器を濡らしてはダメなので、風呂やシャワーは厳禁。
この暑さで、ジッとしていても、ジワッと汗が滲みます。
シャワーを浴びたい気持ちですが、一日我慢です。
2017.07.13 / Top↑