FC2ブログ
久しぶりに、けいはんな映画劇場へ。
ちょうど一年前にロードショーされた「嘘八百」。

19uso 
(C)2018「嘘八百」制作委員会より

古美術商(中井貴一)と天才陶芸家(佐々木蔵之介)の男二人が、「幻の利休の茶碗」をでっち上げ、大手美術商(芦屋小雁)とその仲間だった古美術鑑定家(近藤正臣)に復習するストーリー。
古美術商と天才陶芸家は、二人に騙され大損をした過去があります。

利休の贋作の茶碗は、家族や仲間、文化庁まで巻き込んで大騒動に。
舞台は、大阪堺市。
関西の芸人さんも多く登場し、出てくる登場人物の多くが、だます人ばかり。
さながら、狐とタヌキのだまし合いのようで、楽しい映画でした。

映画を見終えて、けいはんなプラザ2階の「星陽亭」さんで、ちょっと豪華なランチ。
古希のお祝いを兼ねて、張り込んでもらいました。
おいしくいただいて大満足でした。

【本日のランチ】
 
190111b
(オードブル)鰤といくらのタルタル

190111c
(スープ)さつまいものスープ

190111d
パン

190111e
(メイン料理)仔牛のソテー 胡椒風味のソース

190111f
フルーツのプリン、コーヒー

今夜の夕食は、お赤飯でお祝い。
ちょうどその時、奈良テレビの生放送中の「ゆうドキッ!」さんから電話がかかってきました。
QUOカード1.000円分が当たりました。
放送中に、応募していました。

190111a 
「ゆうドキッ」(奈良テレビから)。相方さんはアナウンサーさんと電話会話中です

生放送であっても、実際の生の声と、テレビの音は、1秒くらいずれています。
両方の声を聞いていると、おかしな感じでした。
うれしいことが重なりました。

2019.01.11 / Top↑
今日から二泊三日の予定で、Mitukiちゃんが入院。
ママは付添で病院にお泊まり。
その間、Nanaちゃんは、我が家で過ごします。

Nanaちゃんは、週末や行事のときなどで、来慣れていて、一人でも落ち着いています。
今夜は、大好きなパク子さん相手にご機嫌です。

190107b
パク子さんに何をしているんでしょう

190107a
口の中に物を入れられてパク子さん、危うし

相方さん「すんなり寝てくれるかどうか」。
心配していましたが、何事もなく、寝てくれました。
いい夢でもみてくれると、いいですね。
2019.01.07 / Top↑
大晦日から今日まで、にぎやかだった年末・年始。
夜になり、お客さんが帰ってしまうと、いつもの静かな日常。
あっという間の、三が日でした。

元旦は、カニ鍋、昨日は手巻き寿司。
今日のお昼は、カニとトリの鍋。
お菓子も、たくさんいただきました。
みんなで食卓を囲んでいると、食べ過ぎてしまいます。

190103a 
本日のティータイムは、お土産にいただいた京都名物の阿闍梨餅と天津甘栗

食べ過ぎ気味で、今夜はおせち料理の残り物とお茶漬けで、軽めの夕食。

190103b
夕食はお茶漬けで

会社勤めの人は、明日から仕事始めというところも多いようです。
我が家は、いつもお休みモード。
それでも、明日からは、正月気分払拭しなくては…。
2019.01.03 / Top↑
昨日、ジョグのついでのお詣りだったので、気持ちを改めて、霊山寺へ。
車は使わず、自分の足で歩いて行く方が、御利益があるような気がして、てくてく歩いて片道40分。

霊山寺には、弁財天がおられるので鳥居があります。
最初に、御神酒をいただき、国宝の本堂にお詣り。
干支の守り仏のお詣りは、昨日、お願いしたので、今日はパス。

190102h 
奈良のお酒ではなく、飛騨のお酒です

190102d 
お守り仏に祈願する参拝者さん

正月三が日だけ開扉される厨子の中には、本尊の薬師三尊像(重文)が祀られていて、家内安全を祈願。
「今年も、無事、過ごせますように…」。

190102g 
国宝の本堂、薬師三尊像は秘仏になっており、三が日だけ拝観できる

薬師三尊のご開帳に合わせて、お茶席のある聚楽殿で、初福茶をいただくことができます。
それぞれの席に、振り袖姿のお嬢さんが、抹茶とお菓子を運んできて、新年のご挨拶をしてくれます。
薬師如来に因み、お菓子には薬壺(やっこ)が焼き印され、開運招福の「守護宝銭」も付いてきます。

190102b 
初福茶、500円

守護宝銭は、財布の中にしまって、お守り代わりにもっておきます。

奥の院に寄ってもよかったのですが、駅伝が終わってから出たので、時間が遅くなってしまいました。
相方さんも、1km先の奥の院までは、気乗りしないようで、初福茶をいただいて、帰ってきました。

2019.01.02 / Top↑
とうとう今年も残り2日。
年内最後のお掃除。
一応、雑巾がけもしたのですが、出来映えは、あまり変わらず。

玄関に注連縄飾り、鏡餅飾りはリビングのサイドボードの上に置いて、新年を迎える準備ができました。
いつものことながら、注連縄は小ぶりの可愛らしいもの。
鏡餅飾りは、中に小餅が入った越後製菓さんのものです。

181230a
お正月セットの鏡餅飾り

箱から出して、説明書通りに並べるだけですから、簡単です。

今では、お餅をついて、大きな鏡餅を作る光景を見る機会はほとんどなくなりました。
飾り方も、三方を用意して、ウラジロや昆布、串柿、橙などを飾るのは、よほどのところです。
お正月の文化も、省略化され、だんだん正月らしさが薄れてきています。

2018.12.30 / Top↑