FC2ブログ
今年で17回目を迎える小布施見にマラソンを走ってきました。
ハーフマラソン1種目のみながら、エントリー数は8千人を超え、人気の大会です。

趣向を凝らした仮装ランナーさん、充実したエイドステーション、町を挙げての応援、お世話するボランティアさんは2千人と、おもてなしぶりも最高。
そんな雰囲気が大好きで、参加するのは今回で11回目です。

午前3時過ぎに起床。
軽い朝食を宿で済ませて、指定された駐車場(クリーンピア千曲)へ。
駐車場からスタート地点まで、シャトルバスで移動。

1907omara1
スタート拠点になる小布施町役場。ここで手荷物を預け、移動

昨夜から降り出した雨は、朝になっても止まず、細かい雨が落ちています。
スタート時から雨なのは初めて。
その分、幾分涼しく、呼吸もしやすく、走りやすいコンディションです。

たくさんの仮装ランナーさんがいて、和やかな雰囲気。
会場はさながら仮装大会のよう。

1907omara2
千手観音さんとお坊さま

1907omara5
見事な造りのSL列車、これで走るんです

1907omara6
ぶどう姿のランナーさん

AからIまで、予想タイム順に9つのブロックに分かれ整列します。
2時間15分から2時間30分のEブロックに並びました。

開会式の後、ゲストランナーの金哲彦さんの発声で、海のない長野にウェーブの波を立たせます。
前も後ろも、どこまで続いているのか分かりません。
しばらくして、その波がやってきました。

1907omara7
スタート前のウェーブ、8千人のランナーが一つに

スタートは午前6時。
合図があって、スタートラインを踏んだのは9分40秒後。

1907omara9
スタート地点の特設ステージ。実行委員長の小布施町長さん他に見送られて出発

その後も、なかなかすすまず、集団でゆっくりジョグしているかのよう。
この大会は、「頑張らずに楽しもう」がモットーですから、それはそれで良いのですが、足がもつれたり、身体が当たったりするので、そこは要注意。

コースはもちろんのこと、沿道の声援、応援も多彩です。

1907omara10
シャボン玉で、ランナーを盛り上げる

1907omara12
田圃の道を走る

1907omara13
4km地点・岩松寺のエイド。たくさんの応援、ボランティアさん

1907omara14
小布施牛乳のおもてなし

1907omara79
後方の山は雲がかかっている。中央・岩松院

1907omara17
楽しく走ろう・楽走・楽笑の横断幕

1907omara18
浄光寺前のエイド。地元の生徒・学生さんほか、感謝です

1907omara19
名物、野沢菜エイド

1907omara20
小布施屋ジェラート、栗アイスモナカのエイド


県道(北信濃くだもの街道)の下をくぐりクロスして、松川の堤防を通り玄照寺へ。

1907omara21
7km手前で、県道をくぐり、上の道へ出る

1907omara22
松川沿い、8km手前の太鼓応援

1907omara23
小雨の中、応援して下さってます

1907omara24
タチアオイの花も、エールをおくっています

9km地点手前の玄照寺では、ストリングスの演奏。
エレキ、オカリナ、歌声、フラダンスありと、たくさんの後押しがあります。
じっと聞きたいところですが、あいさつをして走りすぎます。

1907omara25
玄照寺のストリングス演奏。右後方でも演奏

1907omara26
雨でアジサイが一際美しい。右奥は六地蔵さま

1907omara27
9km地点では、ネクタリンやミニトマト

ネクタリンをもらって、食べ終わるまで歩き。
味わいながら食べたいですから。

10kmを過ぎると、美味しいリンゴの生ジュース。
食べて、飲んでばかり。

1907omara28
リンゴの生ジュース、冷えていて、甘く美味しい

コース上のゴミを拾いながら走っているランナーさんがいます。
赤い救護のベストを身につけたランナーさんも、一緒に走っていて、万が一のときに備えています。

1907omara29
ゴミを集めながら走るランナーさん、左は救護ランナーさん

焼肉エイドは、いつも人気。
長い列ができています。

1907omara30
人気の焼肉

1907omara31
列を作って待つランナーさん

栗畑にリンゴやブドウの果樹園、
そんな道を巡り、千曲川の桜堤までやってくると、残りはあと5km。

1907omara32
まわりは果樹園が続く

フラットで直線的な桜堤は、軽快に走れるところ。
千曲川を右に見て、開放的な景色の中を走ります。

18km手前に、アイスのエイド。
食べ終えるまでは、また、ゆっくり歩き。
慌てて、食べながら走って落としたら、未練が残ります。

1907omara33
アイスエイド

1907omara34
ひとつ、いだだきます

1907omara35
アイスエイドの先にはシャワーゲート

1907omara36
火照った身体には、アイスが嬉しい、皆さん食べ歩き

1907omara38
ここまで来ると、残りは3km余り

食べ終えると、ゴールへ向かうだけ。
小布施総合公園の外周道路をまわって、フィニッシュです。

1907omara42
公園に入ると、ゴールゲートはもうすぐ。皆さん、笑顔

1907omara43
目の前、ゴール

1907omara45
帰ってきました

1907omara44
見事、フィニッシュ

1907omara39
21km完走

完走タイムは2時間45分04秒(グロスタイム)。
実質のネットタイムは、2時間36分44秒。
楽しんで歩いて、このタイムですから、まぁまぁです。

フィニッシュして、スイカやオレンジ、ミニトマトなど、たくさんいただきました。
汗で流れた水分は、大好きなスイカで補いました。

1907omara80
走り終えた後は、フルーツや新鮮野菜が待っています
 
ランナーさんが談笑する芝生広場を後にして、駐車場に戻りました。

1907omara40
ステージでは、表彰式が行われています

1907omara46
道の駅オアシスおぶせ付近からフィニッシュ地点を見る

小布施から今夜の宿・池の平白樺高原ホテルへ。
上信越自動車道・東部湯の丸ICで下り、向かいましたが、途中から雨に。
立科の高原道に入ると、霧が覆い、視界が100mも効きませんでした。

小布施から1時間半ほどで、ホテルの駐車場到着。
霧雨程度ですが、ガスがかかり、蓼科山はまったく見えません。

チェックインまで2時間余り、女神湖周辺で時間を過ごしました。
昼食は、「カフェレストラン女神湖駅」さんでいただきました。
メニュや店内の装飾は、手作り感満載で、ちょっと隠れ家的な印象のお店です。

1907omara72
手描きのイラストが目をひくカフェレストラン女神湖駅

お値段もリーズナブル。

1907omara73
ピザトースト(相方さんオーダー)

1907omara74
ハンバーグセット、コーヒーがついて1080円

食事の後は、花の遊歩道散策。

1907omara75
女神湖畔にあるウォーキングマップ

1907omara71
前回、来たときには、この像に気付きませんでした

遊歩道には、木道が整備され、ところどころに季節毎に咲く花のプレートが掲げられています。
前回も同じ時期にここへ来ています。
そのときは、プレートと咲いている花を見比べながら、花当てをしました。

今回は、咲いている花が少なく、自然園全体も雑草がはびこり、荒れている感じでした。
見つけた花もごくわずか。
手入れが大変なのは、容易に想像できます。

1907omara76
遊歩道入口

花がないのは寂しく、女神湖センター前に咲いていたピンクのレッドキャンピオンを撮りました。

1907omara77
レッドキャンピオン

周辺では、ヤマボウシが花盛り。

1907omara78
あちこちでヤマボウシを見かけました

女神湖、白樺高原周辺には、多くのペンション風の建物やお店が並んでいますが、廃業して荒れたところが少なくなく、寂しい感じです。

宿は、ゴンドラ乗り場の前、蓼科牧場に隣接。
牧場も霧で包まれていました。

1907sira1
宿泊した池の平白樺高原ホテル

宿では、星空ツァーも申し込んだのに、雨のため室内で映像を見ての説明でした。 
2019.07.14 / Top↑
故郷のお墓参りを兼ねて、鳥取県北栄町のすいかマラソンを、走ってきました。
北栄町は、すいかの名産地として有名で、「名探偵コナン」で知られる青山剛昌氏のふるさとです。
メイン会場のお台場広場には、青山剛昌ふるさと館があり、町のあちこちにコナンの銅像が立っています。

今回で32回を数える大会は、海外からの参加も多く、エントリー数は4990人。
地方の小さな町の大会ながら、人気の大会です。

1906hawai2
受付開始直後のメイン会場(お台場公園)

1906hawai1
会場には、特産品やスポーツグッズなどのお店がずらり

190616a
参加賞のTシャツ、スポーツドリンク、冊子。分かりやすいゼッケン番号

種目は計測のある3km、5km、10kmコースと、非計測の3kmランRUNコース。
いつも10kmの部を走っています。

正式な大会名は「すいか・ながいも健康マラソン大会」。
すいかやながいも畑の中を走ります。

1906hawai4
開会式、選手宣誓

1906hawai5
北栄町のマスコットキャラクター「夏味ちゃん」も応援

毎年、暑さとの戦いのようなレースですが、今年は天候が不安定で、雨が一時的に降ったり止んだり。
風もあったりして、とても涼しく感じられました。
救急車発動も皆無で、サイレンの音を一つも聞かなかったのは初めて。

1906hawai6
10kmスタート前、60分以上のところに並び、マイペースで

1906hawai9
天候が悪く時折雨が降ってくる

1906hawai7
沿道には、すいかのハウスが並ぶ

1906hawai10
天候がよければ、伯耆大山や蒜山も望まれるロケーションです

気温が上がらず、気持ちよくフィニッシュできました。
記録は、グロスタイムで1時間04分14秒。
スタート時のタイムロスが約1分でしたから、03分台前半の走りです。

1906hawai11
10kmの部でフィニッシュするランナーさん

走り終えた後は、恒例のすいか食べ放題。
涼しかったこともあり、6切れしか食べられませんでした。
いつもなら、8切れくらい食べてます。
食べると途端に、全身から汗が噴き出してくるのですが、それもなし。

1906hawai13
すいか食べ放題、とても甘いすいかでした

1906hawai12
皆さん、すいかにかぶりついてます

大会会場を後にして、恒例のお墓参り。
伸び放題の枝木や雑草を刈り取って、きれいにします。
お墓にお花を供えて、お祈りして終了。

1906hawai14
作業前、草ボウボウ

1906hawai15
作業後、すっきり

1906hawai16
宿に向かう途中、道の駅から東郷温泉を望む

今夜の宿は、いつも利用している東郷温泉・養生館さん。

190616c
養生館正面(翌朝撮影)

190616b
宿泊した部屋からの眺め(翌朝撮影)

チェックインを済ませて、早速、貸切風呂に直行。
かいた汗を流し、さっぱりしました。

1906hawai17
貸切風呂から東郷湖、はわい温泉を眺める
   
夕食は、別室で四季おりおりの「春光会席」。
趣向を凝らした料理で、とても美味しくいただきました。

1906hawai50
庭が眺められる別室で

1906hawai51 1906hawai52
左の写真(小鍋、前菜)、右・造り四種

1906hawai53 1906hawai54
左の写真(焼物、蓋物)、右・揚物

【春光会席】
・食前酒(ブルーベリー酒)
・前菜
 サザエ壺焼き、桜海老と一寸豆最中、大山鶏塩焼きと筍の唐辛子味噌添え
・造り 四種
・旬菜 地元野菜サラダ
・小鍋 クレソンと鳥取和牛すき焼き
・蓋物 道明寺 豆乳真丈
・焼物 赤魚西京漬け
・揚物 穴子、獅子唐 (桜塩)
・お食事 鳥取県産コシヒカリ
・留椀 赤出汁
・香の物 三種
・水菓子 季節のデザート


食事を終えてから、無料のホタル観賞バスが出るということで、行きました。
はわい温泉と東郷温泉の旅館宿泊者対象のミニツァーです。
宿から10分ほどで、ホタルが生息するところに案内してもらいました。

夜空に舞う幻想的なホタルの光を眺めながら、しばらく幽玄の世界に浸っていました。
2019.06.16 / Top↑
奈良県の東端、三重県との県境に位置する御杖村の主催する「やまと姫マラソン」を走ってきました。
昨年まで、「伊勢本街道」の冠がついた大会でしたが、今年から名称変更。

御杖村には、倭姫命(やまとひめのみこと)が、天照大神をお奉りする候補地として、自らの杖を残したという伝説があり、村名もここに由来しています。

倭姫命も旅をしたという御杖村で、倭姫命のゆかりの地を巡りながら、楽しみ走る大会です。
タイム計測はなく、コース中に、4ヶ所あるエイドでは、御杖村の特産品が用意されていました。

メイン会場は、道の駅「伊勢本街道 御杖。
エントリー数は、300名限定のこぢんまりとした大会です。

1905mitue1
受付、ゆる〜いファンランの大会なので女性ランナーさんが目立つ

10時から開会式。
進行は奈良県住みます芸人の十手リンジンさんのコンビ。
お二人とも、マラソンを走り、どちらもフルマラソン3時間を切るサブスリーランナーさん。
今回は、背の高い方の西手さんが、一緒に走りました。

1905mitue2
開会式、御杖村は人口1500人ほど。村長さんはじめ役職の方が勢揃い

1905mitue3
あいさつや大会について聞き入るランナーさん

スタート・ゴール地点は、道の駅から南にある田園の中の道。

1905mitue5
スタート前の風景

距離は10kmのみ。

1905mituetizu
10kmコース図

制限時間は2時間で、参加者の年齢制限もなく、小学生ランナーさんも混じっています。
あとで分かるのですが、このちびっ子ランナーさんが、速いこと。
いとも簡単に、置いていかれます。

10時30分にスタート。
田園と民家の前を通るコースで、民家の前では、熱心な応援・エールが待っています。

1905mitue6
熱心な応援を受けて走り抜ける

前半は上り基調のコースです。

1905mitue8
神末川沿いのゆるやかな上り。前方は三峰山

最初のエイドは、3km地点手前の神末中央集落センター。
給水と串こんにゃくがあるエイドです。

金太郎さんの仮装して、まさかりを笛代わりにして、演奏を聴かせています。
足も速く、ところどころで立ち止まっては、演奏されてるようでした。
その横では、十手リンジンの西手さんが、カメラ撮影。
サブスリーランナーさんですから、余裕です。

1905mitue10
第一エイドでエールをおくる西手さん

ここでは給水の他に、串こんにゃくのふるまいがあったのですが、それに気付かず、給水とゼリーをもらっただけで通り過ぎてしまいました。

5kmを過ぎて、串こんにゃくを見逃したのに気付きました。
不覚でした。
それを楽しみに走っていたのに…。

1905mitue11
エイドで給水、この右奥では串こんにゃくのふるまいがあった

1905mitue15
ゼリーとアメ玉の小袋もいただきました

1905mitue14
こんなに人がいるのに、串こんにゃくに気付かないなんて

1905mitue12
近くには、半夏生の自生地があるようだ

1905mitue13
折り返し点までは上りが続く

神末川を渡る橋のところに来ると、神末上村バス停で、ここで折り返しです。
ここまで約4.7km。

1905mitue16
神末上村のエイド。水とスポーツドリンクが用意されています

折り返すと、下り基調に、足も軽やかです。
御杖神社のエイドに来ると、冷やしソーメンと野菜があります。

1905mitue20
御杖神社、ここまで来るとほぼ6km

1905mitue19
ソーメンと野菜が待ってます

1905mitue17
冷えたソーメン、新鮮なきゅうり、ミニトマトが美味しい

「お代わりもどうぞ」という言葉に甘えて、ソーメンを2杯いただきました。

1905mitue18
冷やしソーメン、アップ

1905mitue21
神社の前には、熱烈なエールが


神末川を横切ると、往路の道を戻ります。
前方に、大洞山が見えて、のどかな田園風景が広がっています。

1905mitue23
大洞山を見ながら。前のちびっ子ランナーさんに抜かれました

去年とコースが変わり、丸山公園・姫石明神が折り返しになっていました。

丸山公園のエイドは、折り返した後のお楽しみ。
石段を下って、上り返します。
結構な坂で、歩きです。

1905mitue26
丸山公園から急な石段を下り上る

姫石明神にお参りして、折り返し。
今回から、4つのチェックポイントで、スタンプを集めると、先着50名様にパウンドケーキがもらえます。
50番以内は、とても無理で、スタンプを押しませんでしたが、ここも、そのチェックポイントになっています。

1905mitue25
姫石明神は、スタンプラリーのチェックポイント

1905mitue24
岩がご神体

石段を上り返して、エイドで草もちをいただきました。

1905mitue27
第3エイド、名物の草もちがある

1905mitue28
美味しい草もちが並ぶ、一つだけです

公園には、牡丹がきれいに咲いていました。

1905mitue30
丸山公園の牡丹

ここまで来ると、残りは1km余り。
田園の道を下り、気持ち良くフィニッシュしました。

1905mitue32
ゴールへの下り

1905mitue31
フィニッシュ、バンザーイ

第4エイドはフィニッシュ地点。
鹿カツが用意されていました。

1905mitue33
フィニッシュして鹿カツ、ゲット

メイン会場に戻って、参加賞のタオルとヤクルトをいただきました。

1905mitue34
参加賞のタオルとヤクルト

参加者には、道の駅にある姫石(ひめし)の湯が、無料で入れます。
さっさとお風呂に入って、12時30分から始まる抽選会を待ちました。

賞品は御杖村の野菜セット(箱入り)が12箱。
少しは期待してましたが、予想通り当たりませんでした。


タイム計測なしの楽しい大会です。                      
参加資格は、10kmを走れる体力があれば、誰でもエントリー可能。
小学生以下1000円、中学生以上2000円と参加費が格段に安いのも魅力です。

今回は、姫石明神の折り返しが加わり、昨年より距離が延びました。
手持ちのiPhoneでは、10.7kmでした。

手持ちの計時では、スタートしてフィニッシュするまで1時間26分ほど。
心残りは、串こんにゃくを食べなかったことです。
2019.05.12 / Top↑
今年も、大阪マラソンと神戸マラソンに申込みました。
この2年間、毎年、エントリーしていて、いずれも落選。
当然のことながら、この間、フルマラソン完走はなし。
せいぜい頑張って、ハーフ止まり。

それなのに、申込みしたのは、両大会とも制限時間がゆるやかなこと。
大会運営の素晴らしさや、コース沿道の応援に励まされることなど、魅力溢れる大会だからです。

エントリーしても、倍率が高すぎ、申し込んだものの、9割方は外れの予想。
もし、当選したなら、練習を積んで完走を目指します。
2019.05.08 / Top↑
今回で7回目となる「まいばら入江干拓マラソン」を走ってきました。
琵琶湖の一部であった入江内湖を、食糧増産の目的で、昭和20年代に農業用地としてつくられた入江干拓地。
コースは、ここを舞台に設定されています。

競技種目は、ファミリーコース2km(470人)、5.8kmコース(176人)、15km(434人)の3種目。( )内はエントリー数。

参加したのは15kmの部で、小雨がぱらつく天候ながら、コースは平坦で走りやすく、田園風景が広がる中を楽しく走ることができました。

15kmコース


米原駅西口を出て、徒歩10分余りの米原中学校がメイン会場。
 エントリー数は、3種目合わせ全体で、1080人。
こぢんまりとした地方の大会という印象です。

1904maiba1
メイン会場近くの承水溝沿いの桜が満開

1904maiba2
15kmコース受付、混雑することなく受付スムーズ

1904maiba3
フィニッシュ地点、前方の建物は中学校体育館

会場内では、お弁当やおにぎりなどの食べ物を販売する簡易テントが、いくつも並んで、会場を賑わせていました。

1904maiba4
おにぎり、ぼたもちの販売

受付を済ませ、体育館で着替え(女子更衣室は格技場)。
手荷物は、体育館2階で預かってもらえ安心です。

1904maiba5
受付でいただいたゼッケン、タオル、カロリーメイト、プログラムなど

開会セレモニー、準備体操の後、最初の種目・ファミリーの部がスタート。
スタート前に、威勢のよい勝居炎陣太鼓さんの演奏があり、ランナー、子どもたちを励まします。

1904maiba6
ファミリーの部、スタート風景

1904maiba7
ファミリーの部・フィニッシュ

ファミリーの部が帰ってきた後、15kmのスタートです。
男女合わせて434人。
その内、女子は80人で、他の大会に比べると少なめ。
和気あいあいとした感じで、皆さんリラックス。

1904maiba9
スタート付近では、桜が咲いてランナーにエールをおくる

この大会は、フィニッシュ地点に計測用のタイム表示はありますが、各自のゼッケンに計測タグはありません。
タグを導入すると、参加料が跳ね上がってしまいます。
今回の参加料は、15kmの部・2600円と他の大会に比べると安くなっています。
個人的には、距離さえはっきりしていれば、これでよいと思います。

スタート前の派手な演出はなく、著名なゲストランナーもいません。
10時20分定刻スタート。
干拓地の中を巡るようなコース設定です。

フラットで、距離表示も1km毎にあり、ペース走には最適。
承水溝に沿ったり、田園の風景を見たり、巡るように走ります。

1904maiba10
琵琶湖沿いを走る

1904maiba12
給水は3ヶ所、スポーツドリンク、水が用意されていました

1904maiba13
コースは、とても、走りやすい

1904maiba14
前方、JR線に貨物列車が走る

スタート前は、ポツン、ポツンとした雨でしたが、終盤になって、小雨が降り出しました。
フィニッシュしたときは、Tシャツとランパンがジンワリと濡れていました。

1904maiba15
小雨の中、フィニッシュ

フィニッシュ地点の計測タイムは、1時間38分13秒。
平凡なタイムですが、マイペースで、走ることができました。
記録証は、その脇のテントで、用紙をもらい各自、記入します。

屋台用テントが並んだ奥では、米原中学校吹奏楽部の皆さんによる演奏が行われていました。

1904maiba16
演奏ありがとうございます

レースが終わった後には、おたのしみ抽選会。
雨が降っていたため、抽選会はパスして、着替えを済ませると、早々と会場を出ました。
2019.04.14 / Top↑