昨日は、女子カーリングで、日本勢初の銅メダルと、新種目のスピードスケート・マススタート女子で、高木菜那(25歳)選手が、金メダルを獲得。
この二つの競技、運動能力に加えて、頭脳的な作戦が必要な競技だと、つくづく感じました。

これで、日本は金4,銀5、銅4の計13個のメダルを獲得し、冬季では最多の数となりました。
数々の感動をもらった平昌オリンピックですが、今夜、閉会式。
終わっても、まだ、しばらく余韻は続きそうです。

今朝、行われた東京マラソンも、素晴らしいレースでした。
終盤のアップダウンが解消されたコースに変わり、よりスピードを争うレースに。

序盤から、積極果敢に攻める井上大仁(25歳)選手と設楽悠太(26歳)選手。
トップ集団に食らいついて、面白い展開になりました。
30kmを過ぎて、一度は後退した設楽選手が、37km辺りから追い上げ、先行する井上選手も抜いて、堂々の2位。
2時間6分11秒のタイムは、日本記録を実に16年ぶりに更新する記録でした。

優勝は、チュンバ選手(ケニア)で2時間5分30秒のタイム、井上選手は日本人2位の2時間6分54秒で5位でした。
この大会で、10位までが2時間9分を切る好タイムで、この中に日本人選手は6人。
低迷していた男子マラソンですが、光が差してきたような感がします。

今夜の一枚は、夕食の天麩羅。
主役は、我が家で採れた蕗の薹です。

180225c
蕗の薹は右上、他に人参のかき揚げ、サツマイモ、しいたけ

2018.02.25 / Top↑
平昌オリンピックも終盤に入り、日本選手大活躍。
昨日は、女子フィギュアSP、スピードスケート・パシュートに酔いしれました。

フィギュアでは、オリンピック初出場の17歳の坂本花織選手がノーミスの演技で、自己最高得点で第5位。
エースの宮原知子選手(19歳)も、自己ベストで堂々の4位。
これでフリーの演技が、楽しみになってきました。

二人とも、完璧に見えましたが、それ以上に凄かったのが、ロシアのザギトワ選手(15歳)とメドベージェワ選手(18歳)。
ジャンプ、テクニック、音楽との融和、素人目で見ても、素晴らしいとしか言いようのない演技。段違いの強さでした。
フリーで、どれだけの点数を出すのか、計り知れません。

最高に興奮したのは、女子のパシュート。
3人がひと組になって、順位を争う競技は、まるで陸上トラック競技を見ているような印象。
スケート王国オランダとの決勝は、心を躍らせ、ハラハラドキドキの連続。
序盤は、日本がわずかにリードするも、中盤で逆転され、一時はどうなるかと思いました。
疲れの出てくる残り2周で逆転し、そのままゴールしたときは、思わずガッツポーズをしていました。

180222asahi2
女子パシュート金メダル獲得(今朝の朝日新聞より)

個々の力では、オランダが上なのに、日本は3人が三位一体となった滑りで、見事な金メダル獲得。
画面下のトラックを模したジオラマがリアルで、レースと見比べ興奮しながら見ていました。

今日は、何度も写し出されるレース模様に、ずっと酔っていました。
何度見ても、感動のレースは、見飽きることがなく、幸せな気分にさせてくれます。
2018.02.22 / Top↑
Yukiくんの音楽参観のため、新生駒台の幼稚園まで、ぶらり歩いて。
矢田丘陵遊歩道を通っていくと、距離は約3.5km。
小一時間で着きます。

歌とカスタネットの演奏は、時間にして10分余り。
大きく口を開けて元気に歌う子もあれば、横を向いて恥ずかしそうにしている子もいます。
リズムと合わないカスタネットも、ご愛嬌です。

音楽参観の後、お昼は学研登美ヶ丘にある居間焼肉「百欒(ひゃくらん)」さんでいただきました。
Yukiくんファミリーからのごちそうプレゼント。
塩タン、サーロイン、バラ肉とキムチ、季節のナムルなどがセットになった百欒ランチでした。

180217b
百欒ランチ。デザート、コーヒー付き(画像をクリックで拡大します)

柔らかい上品な肉を堪能しました。
百欒さんでは、室料500円をプラスすると、キッズスペース付きの個室が利用できます。
子どもたちと一緒のときは、遊べるスペースがあって、とてもいいです。

180217e
早く食べ終わっても、遊具などが備わったキッズスペースがあり安心

食事を終えて、急いで帰りました。
平昌オリンピック・フィギュアスケート男子の決勝が待っていたからです。
帰ると、ちょうど羽生結弦選手の演技が始まるところでした。

昨日と同じく、ハラハラドキドキの連続。
ちょっとバランスを崩すところはありましたが、今日も素晴らしい演技。
見事な出来でした。

しかも、宇野昌磨選手も、最初の4回転のジャンプで転倒しながらも、その後の演技は素晴らしく、SP3位から2位に躍進。
日本勢でワンツーフィニッシュ独占。
フィギュアでは、初の快挙だそうです。

将棋界にも大きなニュースがありました。
朝日杯将棋オープン戦準決勝で、藤井聡太五段が羽生善治竜王を破り、その後の決勝戦でも勝利して、見事優勝。
最年少にして六段昇格、五段に昇格が、ついこの間だったように思うのですが、これから先、どこまで強くなっていくのか、将棋に興味がなくても、期待してしまいます。
2018.02.17 / Top↑
今日のニュースは、なんと言っても、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手。
3ヶ月前に大怪我をして、ぶっつけ本番のオリンピックの大舞台で、果たして万全な身体で滑られるのかどうか。
固唾を呑んで、テレビ画面を見ていました。

演技が始まる前から、見ている方も緊張してきて、ドキドキ。
それが、見事な演技、圧巻の滑りで見ている人を魅了。
もう凄いとしか言いようがありません。

宇野昌磨選手も、見事な演技で、SPで第3位。
羽生選手を筆頭に、4位まで100点を超えるハイレベルな戦い。
繰り返し放送される羽生選手の演技は、何度見ても飽きません。

明日は、フリーの演技。
日本勢のワンツーフィニッシュを、期待してしまいます。
明日も、また、ヒヤヒヤドキドキ。
心臓によくないです。

今日の一枚は、クロッカス。

180216a
愛らしいクロッカス

やっと一つだけ、花壇から顔を出しました。
例年より遅れて咲きました。
2018.02.16 / Top↑
我が家では、給湯用の水道管が凍って、お湯がストップしてしまいました。

今朝は立哨当番。
外へ出ると、途端に血管がギュッと縮こまるような感覚に襲われます。
これほど寒いと、当番もやりがい?があります。
あまりに寒いので、立哨中は、その場足踏みで身体を温めていました。

登校してくる子どもたちが、随分少なくなりました。
いつも元気に、半袖、半ズボン姿で通ってくる子も、今朝は見かけません。
午後にあった会合で、インフルエンザが蔓延し、小学校の8クラスが学級閉鎖になっているのを知りました。

明日も、最低気温は氷点下の予想。
最高気温も、奈良は4℃。
まだまだ、寒気居座り続けます。

180125a
明日の予想最高気温(NHKテレビから)、軒並み5℃以下、当分続きます

2018.01.25 / Top↑