FC2ブログ
今月26日(土)から開催されている第71回正倉院展に行ってきました。

1910shoso2
正倉院展ポスター

お昼ご飯を食べてから出かけたので、会場の奈良国立博物館に着いたのは午後2時前。
10分ほど並んで入館することができました。

入館する前に、タブロイド版の「読売新聞 正倉院展特別版」をもらって、待ち時間で予備学習。

1910shoso4
正倉院展の概要が紹介されている特別版

1910shoso1
今回の見どころが分かりやすく掲載されている

事前に見たかったものが、鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)と紫檀金鈿柄香炉(したんきんでんのえこうろ)。
鳥毛立女屏風は、ふっくらした天平美人が描かれた屏風で、一度、見たいと思っていました。
衣服や木が描かれた部分には、ヤマドリの羽毛が貼られていて、こんな技法は初めて見ました。
全部で6扇あり、今回6枚すべて展示されています。

紫檀金鈿柄香炉は、お坊さんがお香を使う道具で、高級な紫檀でできており、炉の部分は金銅製。
獅子や蓮華の飾りがあり、金や水晶をちりばめた華やかなもの。
とても精巧にできており、姿かたちといい、まさに宝物でした。

衲御礼履(のうごらいり)と名のついた外側が赤い靴は、聖武天皇が東大寺の大仏完成を祝う儀式で履いたもの。
長さが31.5cmもあり、外側は牛革、内側は白の鹿革で作ったもので、花形の飾りは銀製で金メッキを施し、真珠や水晶がはめ込まれていました。

超ビッグサイズの法衣も印象に残りました。
同じようなものを鑑真も着ていたそうです。

他にも、精巧な細工がされた入れ物や、天皇が身につけた冠を入れる大きな箱など、目を見張るものがたくさんありました。


ケース内に展示されている実物は、細かいところまでは分かりづらく、壁面に拡大された写真で見て、確認し直すという感じでした。
なにしろ館内はたくさんの人です。
ゆっくり見ている余裕はなく、結構疲れました。
館内で見ていた時間は、1時間ほどでした。

内部は撮影禁止のため、外の庭園を撮して、博物館を出ました。

1910shoso3
奈良国立博物館庭園

奈良まで出て来れば、いつも通り、シャトードールさんでお茶。
コーヒーとパンのセットで、ゆっくりしてから帰ってきました。



2019.10.30 / Top↑
富雄駅から徒歩5分弱で、便利だったイオン富雄店が今月末で店じまい。
閉店後は、建物を取り壊しマンションになると聞き、今のうちにと思い、写真を撮ってきました。
奈良へ住むようになって、長い間、親しみ慣れたお店です。

1910tomi1
富雄駅西口を出た橋の上からイオンの建物を撮す

1910tomi2
新富雄橋から。イオンが閉店すると、駅前のスーパーは手前のヤオヒコのみ

1910tomi4
西側から見る

1910tomi6
南側から

1910tomi23
駅からイオンへ向かう途中のお店も、今ではシャッター商店街

1910tomi8
北側正面入口
 
1910tomi9
売りつくしの横断幕

1910tomi10
ユニード、ダイエー、イオンと移り変わり46年間の歴史を刻む

1910tomi7
南口

1910tomi16
改築されてダイエーになった当初は、買い物バスが通っていた

1910tomi20
閉店日まであと4日

1910tomi19
たくさんの人がメッセージを書かれています

1910tomi12
開業当時の富雄の風景、パネル展示

1910tomi17
年代毎に写真展示

1910tomi15
左は1971年当時、この頃はまだ大阪に住んでました。右は2007年当時

1910tomi13
懐かしい写真がいっぱい

1910tomi11
富雄店の歴史紹介

1910tomi14
関西ユニード富雄店、オープン当時のチラシ

1910tomi21
遊具やゲーム機が撤去されたゲームコーナー。改築された当時は順番待ちしたほど

1910tomi22
ゲームコーナーから2階売場を撮す

今日を入れて閉店まで残すところ後5日。
駅前のスーパーは、ヤオヒコさんだけになってしまいます。
跡地には、イオンさんに代わるお店ができることが一番いいのですが、難しいようです。
2019.10.27 / Top↑
昨日からずっと雨。
夜通し降り続き、今日も夕方近くまで止みませんでした。

朝の立哨時以外は、外へは出ず。
身体少々持てあまし気味。

台風の影響もあり、今月は雨が多く降ります。
しかも、想定をはるかに超える降水量。
甲信越から東の地域は、先だっての台風で広範囲に大きな被害を受けたのに、また、今回の雨で追い打ち。

3月に全線開通した三陸鉄道リアス線は、土砂崩れなどで半分以上の区間が不通。
箱根湯本と強羅を結ぶ箱根登山電車も、線路が押し流され、復帰の見込みが立たない状況。
箱根駅伝大会も、開催が危ぶまれています。

これから一番いい時期なのに、被害が出ている地域では、観光客のキャンセルが相次ぎ、果物や野菜などの農作物の被害も甚大。

爽やかでスカッとした青空が続いてほしいですね。
2019.10.25 / Top↑
ラグビーW杯、日本は準々決勝で、激闘の末、3−26で南アフリカに敗れ、4強は実現しませんでした。
敗れたとは言え、輝かしいベスト8。

初の8強は歴史的な快挙で、後々まで引き継がれていく記憶に残るものでした。
選手のコメントを聞いていても、やりきった充実感が表情にも表れていました。

W杯が始まる前は、人気度では今ひとつ。
ルールもよく分からない状況で、果たして盛り上がりはどうなのか、危惧する声もありました。

しかし、強豪を次々破っていくなかで、日本中がラグビーの話題で盛り上がり、にわかラグビーファンが急増。
その一人に自分も。
W杯の間に、台風19号の未曾有の大災害があり、決して笑って喜べない状況の中で、選手たちの活躍は、多くの人に元気を与えてくれるものでした。

「One for all, All for one」の言葉のもと、全身全霊を賭けて闘うラグビー選手の就職率は、抜群なのだとか。
分かります。
まるで、鬼に金棒のような存在の人たちばかりです。
2019.10.21 / Top↑
昨夜のW杯ラグビー、劇的な勝利にしびれました。
一晩寝ても、興奮醒めやらず、朝からリモコンを駆使して、各局の番組総チェック。
死闘の末の「ジャパン」の勝利は、何度見ても感激,感動の連続で飽きません。

コメダさんでは、モーニングを注文して、スポーツ紙を穴が空くほど読みました。
掲載されている写真は、どれも最高の場面を捉え、みなベストショット。
プロが撮ると違います。

選手が躍動する写真を見ながら、記事を読んでいるときは、とても、至福なひととき。
ゆっくりと時間が過ぎていました。
2019.10.14 / Top↑