FC2ブログ
令和元年は雨でスタート。
テレビは新天皇即位、令和を祝うニュース一色。
繁華街にでも出れば、時代が代わったことを感じるのでしょうが、家から出なければ、その実感は皆無。

春日大社では、新天皇即位と改元を記念し、今日から31日まで、1ヶ月限定で「特別御朱印」を、参拝者に用意しているそうです。
今日は、たくさんの人たちが、もらわれたのではないでしょうか。
初日にこだわる人が多いですから。

昨日、薬師寺では御朱印をもらう人たちが、長い列をつくっていました。
あれは、平成最後の記念の意味もあったんですね。

こう書きながら、自分も春日萬葉植物園の見学がてら、記念にもらいに行ってもいいかな、という気持ちになっています。
2019.05.01 / Top↑
プロ野球が開幕して3週間。
今年こそは、オリックスに活躍してほしいと、試合のある日は、必ずチェックしています。

昨日、今日と珍しく続いてテレビ中継がありました。
昨日の日ハム戦は、エラーも絡んで悔しい負け。

今日は、楽天と1点を争う好ゲームの展開。
最終回に、新人期待の頓宮選手がホームランを打ち、抑えの増井投手が三人で打ち取って気持ちの良い勝利。

これまで、9回でひっくり返されたり、延長線に持ち込まれて惜しい負け方をしていただけに、今日の勝ち方は、ファンとしては堪えられない試合でした。

開幕4連敗だった戦績も、これで借金1つ。
5割が目の前。

今シーズンのオリックスは、若手の台頭もあり、フレッシュな印象。
投手がいいだけに、打つ方が波にのってくれば、躍進間違いなし。
おおいに期待できます。

今夜は、気持ちよく眠られそうです。

2019.04.19 / Top↑
5月1日に施行される新しい元号が、今日、発表され、ニュースは、これ一色の感あり。
新しい元号は「令和(れいわ)」で、出典は万葉集の和歌からだそうです。

「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和らぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」

万葉集のこの書き出し文を見るのは、初めて。
そのまま、ATOKでキーボードを打っても、まともに変換してくれません。

平和で暮らしよい世の中になってほしいと願うのは、誰しもの願いです。
世の中の動きが怪しくなり、暮らしづらくなっているだけに、令和の時代に期待します。

でも、個人的に使うのは西暦。
頭の老化で元号では、年齢の計算さえおぼつきません。
グルーバルな目で見れば、西暦です。
2019.04.01 / Top↑
今日のニュースは、イチロー選手の現役引退一色。
前人未踏の数々の記録をつくり、見ている人たちに多くの感動と元気を与え続けてくれた大天才。
引退会見も、ユーモア溢れるもので、話術も超一級。

平成をずっと湧かせてくれたイチロー選手。
平成の時代もあと40日足らず。
東京ドームを最後の舞台にして、引退というのも意味深いものを感じます。
これからイチロー選手が、どんな活動や活躍をされるのか、凡人には想像がつきませんが、きっと、いつまでも人々に愛され続けられることでしょう。

今日の一枚は、近所で咲き始めた白蓮の花。

190322a
青空でなくて、その美しさをイマイチ撮しきれず

純白のような花なので、遠くからでも、よく目に付きます。
桜の開花は、まだ2〜3日かかりそう。
2019.03.22 / Top↑
とっても寒い一日。
日中、小雪がちらつき、しかも、北西の風強く、体感的には今冬一番の寒さのように感じられました。

朝から校区小学校のオープン教室と作品展参観。
その後の会合を終えて帰ってくると、12時をとっくに回っていました。

寒いときは、鍋で身体を温めます。
中身は、アンコウとカニ少々。

190126a
夕食は二人鍋

でも、鍋より熱くなったのは、全豪オープン・女子シングルスの決勝戦。
世界4位の大坂なおみ選手と6位のペトラ・クビトバ選手(チェコ)の闘いは、まさに壮絶。
NHKさんのライブ中継を観ながら、心臓はヒヤヒヤ、ドキドキ。
7-6、5-7、6-4の大接戦で、大坂選手が勝利した瞬間、やっと肩の力が抜けました。

全豪オープンの優勝賞金は、3億3千万円。
これで、大坂選手は、21歳にしてアジア初のシングルス世界1位が確定。
凄いとしか言いようがありません。
明日のニュースは、これ一色になること間違いなしです。
2019.01.26 / Top↑