07fukuoka16
ドーム内のゴールにフィニッシュするハーフのランナー

暑さのなか8千人のランナーが参加して、福岡の街を走りました。
この大会は、市制100周年紀念事業として、平成元年から始まり、今年で18回を数えます。
ハーフはヤフードームをスタートし、よかトピア通り、那の津通りを経て、須崎埠頭を折り返すコース。
今回は残暑の厳しい暑さが残るなかでの大会となりました。

07fukukosu
ドーム内のゴールにフィニッシュするハーフのランナー

エントリー数はハーフ5.329人、5km3.037人。
家族、グループともに楽しめる大会です。

07fukuoka1
 07fukuoka2
開会前のヤフードーム前、荷物預かり所はスタンドに設置

開会式はドームグラウンド。正面の舞台が見えません。
後方のランナーは、左上方のドームスクリーンで舞台の様子を確認します。

07fukuoka3
ドームグラウンド内での開会式の様子

出走者は軽く5千人を超えています。
気温とランナーの熱気で、すでに身体から汗が噴き出しています。

07fukuoka4
 07fukuoka18
ハーフスタート前、暑いです

コースは、街中を巡る景観に富んだ設定になっています。

07fukuoka5
10kmを超えた箱崎埠頭の給水所

気温が高いため給水は欠かせません。
水の他にスポーツドリンク、シャワーなどもあり、路面はビシャビシャです。

07fukuoka6
13kmの第3関門地点

関門はコース上に5カ所設置されています。
暑い中での時間との闘いは過酷です。
どれだけのランナーさんが関門閉鎖にかかったのでしょうか。

07fukuoka7
関門地点から前方を撮影、高架になっているのは、福岡都市高速道路です

ここからゴールまではまだ8kmも残っています。
リタイアする選手もありました。

07fukuoka8
15km付近を走行するランナー

右手に博多港が見えてくると15km。
景色のきれいなところです。海を眺めながら走るのは気持ちがいいものです。
空は曇り、蒸し暑さがスタート時よりは幾分ましになってきました。

07fukuoka9
 
博多港付近

道路が広く、きれいな家が並びます。

07fukuoka10
変化に富んだ景観でいいコースです

スタートからゴールまでアップダウンがほとんどなく、走りやすいコースと言えます。

07fukuoka11
たくさんのコップが並ぶ給水所

給水所では、多くのボランティアさんがランナーを手助けしてくれています。
路上には数え切れないほどの紙コップが散乱しています。

07fukuoka12
17km過ぎの給水ポイント

多くのランナーが次から次へと走ってきます。汗と水で上から下までウェアはびしょ濡れです。

07fukuoka13
残り1km地点

残り1km余り。脚も身体も疲れ切っています。
最後の力を振り絞り、ゴールをめざします。沿道の声援も途切れることがありません。

07fukuoka14
ドームが見えています

暑さと疲れでヘトヘト、脚がまったく前へ出ません。
ドームが見えても、ゴールになかなか辿り着くことができません。

07fukuoka15
ゴール直後のランナー

フィニッシュをした後は、グラウンドにへたり込むランナーが続出。
まるでフルマラソンを走った後のような光景です。
それほど暑い中での大会で、スタミナを消耗したレースでした。
スタッフの方が、必死になって、給水を呼びかけているのが象徴的でした。
2007.09.23 / Top↑