07aosima1
大会は南国情緒たっぷり、国際視覚障害者マラソン大会と同時開催です

7時過ぎにホテルを出る予定で、朝食は6時に頼みました。
宿泊者の多くがランナーです。
大会エージェントを通して宿泊を申し込むと、専用のチャーターバスに無料で乗ることができますが、個別の申込みでは、定時もしくは臨時の乗合バス利用です。

07aosima2
 07aosima4
宮崎入りは、金曜夜、大阪南港発のフェリーで、県内の至る所に知事の等身大の看板

大淀川に架かる橘橋南詰のBSでバスを待っていましたが、専用バスばかりで、なかなか止まってくれません。
20分ほど待って、満員の乗合バスに乗ることができました。
ところが、予想以上の大渋滞。
会場に着いたのは、午前8時を回っていました。

07aosima3
 07aosima5
受付、荷物預かり所になっているサンマリンスタジアム、総合運動公園に設置されたメインゲート

主催者側でも、この渋滞は予想外だったようで、フルマラソンの出発時刻が定刻よりも30分も遅れてしまいました。
天候のせいでスタート時間が変わったことは経験がありますが、渋滞でずれ込んだのは初めて。
アナウンスが遅れたため、スタート地点は、かなり混乱していました。

スタート時点では曇り空、膚寒いほどです。
着替えを済ませてスタンバイをしているランナーには、30分のズレは時間以上の長さを感じさせます。
9時半にようやくスタート。
コースは幹線の国道220号線と一ツ葉有料道路を使用します。
稼働している有料道路を使うのは、都会では考えられないことです。

07aosima6
 07aosima7
コースの大部分は一ツ葉有料道路、日が昇るに連れ良いコンディションに、フェニックスの並木がきれい

フェニックスやソテツなど南国情緒の漂う街路樹、大淀川や太平洋を望むロケーションは、景色もよくランナー冥利に尽きます。
距離表示は1km毎、給水ポイントも2〜3km毎に設置され、安心して走ることができます。

道路沿いにフェニックスの並木が続き、南国情緒いっぱい。
この時期にしては、風もそれほど強くありません。
スタートをして7kmほど走ると、宮崎ICから一ツ葉有料道路に入ります。

宮崎を代表する大淀川を渡り、宮崎港を過ぎると、コースはほぼ直線。
まわりの景色がよく、単調な感じはしません。
折返し点は20.8km地点です。
折り返し手前にシーガイアがあるのですが、気づくことができませんでした。

スタート時は、それほど感じなかったのですが、距離を踏む毎に、身体の重さが気になります。
胃のあたりにも、もやもや感があるのも気がかりです。
無理に走り続けようとすると、さらに気分が悪くなりそう。

28km地点を過ぎたところで、走り続けるのは止めました。
29km以降は、デジカメでの撮影が主になってしまいました。
ハーフ通過は、1時間49分台、その時点では4時間以内の完走を目指したのですが、がんばりがききません。
その分、デジカメの写真は多く撮ることができました。

07aosima9
 07aosima8
復路の29km地点、宮崎港を過ぎたあたりです。給水所は2〜3km毎、ミカン、ゼリーなどもあります

給水所の水やスポーツドリンクは十分でしたが、バナナやみかんなどの食べ物は、ゆっくり走るランナーには、足りなかったようです。
終盤に入って、空っぽの入れ物がめだちました。

07aosima10
 07aosima11
給水で路面が濡れています。30km手前の正念場です

34km地点で一ツ葉有料道路のICを出ると、ゴールまで7km。
左手前方に丸いスタジアムの建物が見えてきます。
序盤と違って建物がなかなか大きくなってきません。

07aosima12
 07aosima13
29.4km地点、スタート後4時間03分を超すとバス収容、30km地点の一ツ葉大橋

07aosima14 07aosima15
JR線、宮崎空港線の交差ポイント、平坦なコースの中で、ここはアップダウン。道路に沿って続くソテツ並木 

運動公園に入り、駐車場の間を抜けると41km地点の表示。
青いウインドブレーカーを着たボランティアさんが、大きな声援をおくっています。
残り1kmです。

07aosima16
 07aosima17
左前方に大きなスタジアムが見えてきました。スタジアムに入り残り1kmです

木立の中を通り陸上競技場に入ってきました。
きれいに整備されたトラックを4分の3周すると、黄色のゴールアーチが待っています。

07aosima18
 07aosima20
競技場を周回して見事ゴール、

ゴールタイムはグロスで4時間8分台。
終盤、かなり歩いてしまいました。
この記録はやむを得ません。
走り終えて、青空の下でお弁当を食べましたが、胃の調子がよくなく、食欲はわきませんでした。

早朝と同じで、帰りの宮崎駅行きのバスも随分と時間がかかりました。
楽しみにしていた「たまゆら温泉」は断念せざるを得ませんでした。

人気の東国原知事やコメディアンの萩本欽一さん、往年の名ランナー山田敬蔵さん、君原健二さんなど著名人が招待され、エントリー数は大会史上、過去最高の1万人を超えました。
2007.12.09 / Top↑