雨の1日、ジョグは完全休養。
しとしと降る雨をうらめしそうに眺めているだけです。
昨日、小雨の中でも走ったのは正解でした。

今日の雨では、びしょ濡れになるだけです。
9月の走行距離は202,5kmと、なんとか目標を超えました。
あすは雨が降らないでほしいものです。
2008.09.30 / Top↑
朝から雨です。前線が停滞をしていて天気がすっきりしません。
天気予報を見ても明日も雨、しかも午前中が80%、午後は90%です。

雨ではジョグはお休みをするところなのですが、今月のジョグの走行距離は昨日までで190km。
200kmが目標です。
このまま雨で休んでは、目標未達成となってしまいます。

幸い、夜は小雨気味でした。
ランパン、Tシャツに着替えて、10kmの距離を目標に走り出しました。
眼鏡に雨粒が当たって、前がよく見えません。
雨の降る夜のジョグは要注意です。

10kmだと若江岩田の駅まででいいのですが、そのまま瓢箪山駅までジョグしました。
13kmほど走って、1時間13分もかかっています。
それでも息が上がっています。



28日にベルリン・マラソンで、エチオピアのハイレ・ゲブレシラシエ選手(35)が2時間3分59秒の世界新記録で優勝しました。
ゲブレシラシエ選手は北京オリンピックを大気汚染を理由に欠場して、この大会に絞っての優勝です。

レース前から優勝候補ナンバー1でしたが、すごい記録としかいいようがありません。
鈍行列車と新幹線ほどの違いがあります。
2008.09.29 / Top↑
山吹
庭に生えている山吹の花が一輪咲きました。
珍しいので載せてみました。
ギザギザのノコギリ葉が特徴の山吹は、春の終わり頃に咲く花です。

香りのよいゼラニュームと宿根ハゼランを一緒に撮りました。
細い茎で右上方に伸びているのが宿根ハゼランです。
この花は別名3時に咲く花と言われ、午後3時頃に咲き出します。

黄色のトマトも庭でできたものです。
トマトはもっと大きくなるはずだったのですが…。
ミニトマトになってしまいました。
2008.09.28 / Top↑
歩道にぱっくりと裂けたイガグリが落ちているのを見つけました。
見上げると民家の塀際に、栗の実がいくつもなっています。
イガが茶色に色づくと収穫の時期を迎えます。

栗

中学生だった頃、この時期になると、毎年山へ栗とりに行きました。
アケビも今頃なので、一緒に持ち帰りました。
アケビは大抵、手の届かないようなところに実をつけています。
木によじ登ってツルを引っ張り、たぐり寄せるのですが、木が揺れて落ちそうな経験をした思い出があります。

仕事から帰ると、今晩の我が家の夕食は栗ご飯でした。
栗ご飯は大好きなものの一つです。
他に鯖のみりん干し、ゴーヤ、大根葉と薩摩揚げの煮物、お豆さんでヘルシーメニューになっています。
栗ご飯を食べていると、子どもの頃の郷愁がわき上がってきます。

栗ご飯
2008.09.27 / Top↑
今年第1回目を迎える下関海響マラソンが11月16日に行われます。
海岸沿いを走るコースは、前評判もよくて、フルマラソンは締め切りを待たずに、8月17日で5千人の募集枠を突破しました。

5kmの部も9月4日で受付を終了、現在募集をしているのは2kmと2kmファンランの部だけになっています。
1回目の大会にふさわしく、招待選手は早田俊幸、高岡憲司、市川良子さんなど知名度のある選手が多く名を連ねています。

前泊をしないとスタートラインにつくことは無理ですから、ネットで下関の空きホテルを調べました。
予想通りすべて×です。
残念ながら旅行社で主立ったところはおさえられてしまっているのです。

旅行社を通すと、手数料もかかり、割高になってしまうので、少し高くても現地のホテルを選ぶか、不便でも小倉あたりにしようか迷うところです。
マラソンシーズンに入ると、いかに節約をするか悩みます。

2008.09.26 / Top↑
来年3月22日開催の第3回東京マラソンの申込が締め切られました。
申込者は過去最多の26万1981人、なんと前回と比べて68%増です。
参加者は抽選で、11月中旬に発表の予定です。

1回目が3倍、2回目が5倍、今回は定員を5千人に増やしたにもかかわらず7.5倍、これでは出場はほぼ絶望的。
この不況の中にあって、参加費が1万円でも東京マラソンは、不況どこ吹く風という印象です。

前回、前々回と撃沈していますが、今回も撃沈必至。
一度は東京の都心を走ってみたいものです。
望みは薄いのですが、11月の抽選結果を待ちます。
2008.09.25 / Top↑
休日走ることが多い我が家から慈光院往復21kmのジョギングコースを紹介します。
四季の変化が感じられ、走っていて気持ちのよいコースです。

ショップ
我が家から1km地点にある「タゴール」。
本格的なインド料理を味わうことができ、地元では大変有名なお店です。鳥見通りに面しています。




鳥見通
富雄のメインストリート、鳥見通りです。
500mも続く坂道となっています。行きは下り、帰りは上りです。
回りは住宅地ですが、駅に近づくにつれて飲食店や雑貨店も多くなってきます。



芙蓉
2kmほど走ると富雄川です。鳥見通りに別れを告げ、慈光院までは川沿いの遊歩道となります。
川をはさんで車道と歩道が完全分離をしています。
薄いピンクの芙蓉の花が咲いています。



中村屋
ドリンクを買うために立ち寄るスーパー「中村屋」さん。
ここまで自宅から2.5kmの距離です。
周辺にはディスカウントストアやスイミングスクールなどもあります。




富雄南
3km余り走ると自然豊かな光景が続きます。
霊山寺に向かう遊歩道は、朝方、夕方の時間帯はウオーキングを楽しむ人たちも多く、走っていても寂しさを感じません。




霊山寺
バラ園でも有名な霊山寺です。ここまで丁度4kmです。
春と秋のバラのシーズンには、バラ園が開放され、沢山の観光客が訪れます。
食事処や薬草湯もあり、日帰り入浴も可能です。



第二阪奈
5km地点となる第二阪奈道路。阪奈道路の下をくぐり、南へとすすみます。この時期、いたるところで彼岸花が見られます。
阪奈道路の側道を右(西)に行くと、追分の梅林です。




若草台入口
6km地点となる若草台住宅入口です。ここを過ぎると奈良市から大和郡山市へと入っていきます。
普段はここまで走ってきて折り返すことが多いです。




地蔵さん
大和郡山から矢田寺を結ぶ県道の交差点にあるお地蔵さま。8.5km地点です。
この前を通るときにはお地蔵さまに「いつまでも健康で走れますように」とお祈りをしています。



大和郡山へ
慈光院へ向かう遊歩道、左は富雄川、右に桜の並木が続いています。
四季の草花が咲き、気持ちが和んできます。
直進して真っ直ぐすすむと大和川へとつながります。




慈光院
折返し点になる慈光院です。ここはもう斑鳩です。
小堀遠州の枯山水の庭園があり、観光スポットとなっています。
我が家から10.5km、往復すればハーフマラソンの距離です。




まるしげ
慈光院のすぐそばにある「Marusige」のお店。
真夏の暑い時には、ここでしばらく休憩します。
中間点の給水ポイントにしています。




折り返し点
折り返して、再び富雄川の遊歩道、北へ向かって戻ります。
道沿いの花は、地元の人たちが丹精込めて世話をしています。





表示板
遊歩道はサイクリングロードにもなっていて、ところどころに、このような方向表示や案内板が掲示されています。
法隆寺や中宮寺などの斑鳩の里や西の京への案内がされています。
Dバッグを背負ってぶらりウオーキングもいいものです。



大和郡山線
復路の矢田寺線の交差点から北方を撮影。この交差点から第二阪奈道路までが幹線沿いの歩道です。
マイカーを横目にしながらのジョグです。歩道と車道は完全分離をされていますから、安心して走ることができます。



田園風景1西には矢田丘陵、正面に生駒山が見えます。
日が傾き、空はやや赤みを帯び涼しい風が吹いてきました。
我が家までは4.5km、帰りを急ぎます。
2008.09.24 / Top↑
風太郎keikoさんに頼まれていた園芸用の土、肥料を買いにでかけ、その帰りに風太朗の店で一休み。
川端風太朗の店は、園芸屋さんの向かいにあります。
二つの店の間には富雄川が南北に流れ、風太朗の店の前は蛇喰(じゃはみ)のバス停です。

地元では手作りケーキで知られているのですが、コーヒーだけにしました。
休日ということもあり、店内は活気が感じられます。
1時間以上も過ごしてしまいました。


コスモス帰宅して着替えを済ませ、ウエストポーチにデジカメを入れると準備は完了。
慈光院を折り返す往復21kmのジョグです。
途中でデジカメで撮影をしながらのゆっくり走でしたから、往復で3時間も費やしてしまいました。

慈光院近くで、コスモスを全景にして富雄川の風景を撮ってみました。
きれいですね。
その他のデジカメの写真は、明日ご期待下さい。
2008.09.23 / Top↑
今月28日と10月の日曜日はすべて仕事が入っています。
明日から2日間のお休みを頂きました。
連休はうれしいものです。
1日目がハードでも2日目に休養ができますから。

「ぶどうの里マラソン大会」の編集はまだ手つかず、この間、まとまった距離も走れていないので、休みを利用してジョギングと、大会のまとめをしたいと思っています。

明日はデジカメを腰に提げてゆっくりジョグを楽しみたいと思っているのですが、日が変わると、気がどこかへ行ってしまうかもしれません。
2008.09.22 / Top↑
朝顔
日中はまだ暑い日が続いていますが、朝夕随分と凌ぎやすくなりました。
朝早く起きると清々しく気持ちが良いものです。
空気もおいしく感じられます。

ベランダに這わせている朝顔が、小さくなってはいますが、名残惜しそうに花を開かせています。
この夏は次から次へと咲いて楽しませてくれました。
花が少なくなってくると、もうすぐ朝顔も終わりです。

萩
出勤の道すがら石垣に垂れ下がった萩の花が目に止まりました。
路面には花殻がおちピンク色に染まっています。
枝垂れの萩がきれいです。

いよいよ秋本番を迎えます。
2008.09.20 / Top↑
今週は今日で5日連続でジョギング。
仕事の関係で走れないことも多いだけに、珍しいことです。

井原の20km、富雄川の10マイルを除いて、1日の距離は10kmにも満たないのですが、5日連続となると、身体がへばって、ジョグのペースは上がりません。

大会はしばらくお休みで、次回は11月に入ってからとなります。
月に1度は出たいのですが、10月の日曜日はすべて仕事が入っています。
走れないのが残念です。
2008.09.19 / Top↑
富雄川は生駒市高山町から発し、矢田丘陵に沿って南下し大和川に注いでいます。
川沿いの遊歩道は起伏が少なく、白鷺の姿や鯉の群れが見られます。

地元では格好のウォーキングやジョギングのコースとなっています。
休日や早く帰宅したときには、いつもここを走ります。

曼珠沙華

黄色の稲穂が垂れた田圃の畦道には真っ赤な曼珠沙華が咲いています。
好きな花ではありませんが、彼岸が近くなってくると、なくてはならない花です。
季節を感じながら走りました。

「暑さ、寒さも彼岸まで」と言います。
彼岸を過ぎると秋本番、アウトドアの行事が続き、忙しくなってきます。
2008.09.18 / Top↑
台風の影響でしょうか。
夜になって雨が降り出しました。
ちょっと蒸し暑いくらいでしたから、小雨程度の雨ならかえって気持ちいいくらいです。

アベリアの花

途中、団地のそばに来ると、アベリアの花の香りがプーンと臭ってきます。
アベリアは幹線道路の歩道などによく植えられていて、剪定にも強い花です。

ロードのジョギングは風の動きや花の香りが感じられて気持ちのよいものです。



7kmほど走って駅につきましたが、デイバッグを背負っていたため、Tシャツは汗でビッショリでした。
夜になっても、走るには、まだまだ暑い日が続きます。
涼しい風が待ち遠しいです。
2008.09.17 / Top↑
夜の通勤ジョグは絶不調。
2kmも行かないうちに腕がだるくなって身体も動きません。
昨日、瓢箪山駅まで走った疲れが残っているのかもしれません。

放出(はなてん)の陸橋をなんとか歩きを入れて越え、深江橋のスーパーでコーラを買いました。
500mlのコーラを補給してひと休み。それから小阪の駅を目指しました。

不思議なことに、コーラを飲んで元気を取り戻しました。
腕の怠さがなくなり、足も動くようになりました。

深江橋から小阪までは3.5kmの距離ですが、この間を歩くこともなく、ジョグすることができました。
ひょっとしたら貧血気味なのかもしれません。
2008.09.16 / Top↑
小さな町の手作りのマラソン大会を紹介します。
ぶどうの里ふれあいマラソン大会」。
ところは岡山県井原市青野町、青野町は西日本では有数のぶどうの産地です。

メイン会場になっている青野小学校の校庭には万国旗が揺れています。
市民マラソン大会で、万国旗が張られているのは珍しいことです。
町の人たちが協力し合って、つくっているんだなぁと感じます。

参加者は全国から1000人余り。
走り終えたランナーには手作りのおにぎりと、特産のぶどうが食べ放題。
大粒の甘いぶどうです。

しかも、2kg入りのニューベリーAが参加賞につくのです。
それでいて参加費は2.500円ですから驚きです。
ちなみに2kg入りのぶどうは値段が2.300円で売られていました。

お昼ご飯のかわりにいただいたおにぎりは、帰りの新幹線の車中でゆっくり食べました。
ほのぼのとした雰囲気の感じられるこの大会に、来年はあなたもぜひ参加しませんか。

ぶどう  フィニッシュ!
参加賞の2kg入りのぶどうと、20kmの部、ゴールの1シーン
2008.09.14 / Top↑
岡山駅から伯備線に乗り換え、清音駅へ着くと、そこから井原鉄道に乗ります。
清音の駅から西にすすむと、ぶどうの里のある井原駅に到着です。

明朝早く、ぶどうの里で行われるマラソン大会に参加します。
町の人たちが力を合わせて開いている素朴な雰囲気いっぱいの大会です。

一番の楽しみは走り終えた後の特産のぶどう。
お腹いっぱい食べられるのです。
それが魅力で、一番電車に乗っていきます。

井原電鉄
1両編成の井原鉄道(清音駅にて)
2008.09.13 / Top↑
kekoさんは今日からお友達と二泊三日で東北旅行。
夜9時過ぎに我が家へ帰ってきましたが、帰宅一番乗りです。

玄関横に高く積まれた生協の配達品を冷蔵庫に入れ、洗濯物を片付けました。
電気がついていない家の中はひっそりとして寂しいものです。

洗濯物をたたんでいると、ミーコさんが帰るや否や、事故をおこしたと言う。
車をバックさせてたときに、後ろの車に気がつかなかったようです。
幸い、相手さんにケガは無かったようですが、愕然としてしまいます。

免許をとってすでに3年余り、慣れてきたころが一番危ないのです。
ミーコさんが車を当てたのは今年になって2度目。
大事故でなかったのが救ですが、くれぐれも安全運転を心がけてほしいものです。
2008.09.09 / Top↑
ふくらはぎに貼ったハーツ製品が効いたのでしょうか、痛みが治まってきました。
それに気をよくして職場から布施まで軽めにジョグしてみました。

走れないとなると、無性に走りたくなってきます。
痛みは残るものの、5kmほどのジョグをトラブルなく走り終えました。
これで明日、痛みがひどくならなければ、ぼちぼちジョグは続けられそうです。
明日も走れることを祈っています。
2008.09.02 / Top↑
右ふくらはぎの痛みが続いていています。
ジョグをすると痛みが増すため、2,3日は走れません。

昨日開催の「かっとび伊吹」(伊吹登山マラソン)は、エントリーをしていたのにもかかわらず、出場しませんでした。
天候がよかっただけに残念です。

走れないとなると、フラストレーションがたまります。
ここはじっと我慢です。
次回の大会は、今月14日。
それまでにはなんとか治したいものです。
2008.09.01 / Top↑