FC2ブログ
バースディは指宿でしたから、4日ぶりに我が家へ帰ると、kekoさんが赤飯を炊いてお祝いをしてくれました。
mikoさんからは還暦のお祝いにと「キーホルダー」と赤い飴のプレゼントをもらいました。
キーホルダーは今使っているものが、ぼろぼろでほころびが出ています。
普段からそれをmikoさんは見ていたのでしょう。

還暦祝い

前々から取り換えなくてはカッコ悪いと思っていたので、嬉しいものです。
因みに2人の息子からのメッセージやプレゼントはありませんでした。
プレゼントまではいりませんが、言葉一つだけでも違うものなのですが…。

周りからは「還暦ですね」と声を掛けられます。
当の本人は特別変わった気持ちがあるわけではありません。
電車の掲示に男の厄年は数えで25歳、42歳、61歳と書いてありました。

人生60年は過去の話になっていますが、健康や災難には気をつけたいものです。
これからは神様からもらった命と思って、足を一歩一歩前にすすめていきたいものです。
2009.01.13 / Top↑