暦通りの休み
休みになるとホッとしてしまいます。
外は青空が広がり、絶好の行楽日和です。

特に予定もなく家で時間だけが過ぎてしまいました。
ジョグは午後4時を回ってから、いつものコースへ。
ジョグには一番いい時期で、すれ違うランナーさんが増えています。

ゆっくり1時間40分のジョグでした。
あと5日で山口、萩往還の大会です。
お天気は3日までは晴れマーク、本番の4日は曇り予報。
このままよいお天気が続いてほしいものです。
2009.04.29 / Top↑
春本番となり我が家の庭も色とりどりの花が咲いています。
下の写真は玄関門扉脇の花たちです。どの花も愛らしく自己主張をしています。

門扉の花

門扉を入るとフェンス脇には赤い椿の花、沢山咲いていましたが、花はほとんど落ちてしまって、ビロードのような艶々した緑の葉が伸びてきています。
あじさいには小さな花芽がついています。
白色のパンジーがきれいです。無垢で汚れがなく真っ白です。
ところがナメクジが小さな花芽を食べて、kekoさんはなめくじと悪戦苦闘中です。

パンジーの花

玄関脇には鉢物を沢山置いています。
アネモネは今が盛り、赤も青も白もどの色もいいですね。
花は小さいですが、後ろに置いている白色のシクラメンも健在です。
てっせんは蕾が開き始めています。
バラも蕾が膨らんできて、楽しみです。

アネモネ

てっせん

バラのつぼみ

この他にも、庭にはフリージャーや、アイリス、赤い木瓜の花も咲いています。
シランも紫色の花が咲き始めています。
他ではよく見る平戸ツツジは剪定が悪かったせいか、花がそれほどついていません。
ちょっと残念な気がします。

玄関を入れば大きな君子蘭。そろそろ花茎を切らなければ株に負担がかかってしまいます。
この時期、じっと眺めていても飽きません。

雑草も随分と伸びてきています。
最近は手入れはkekoさん任せ、見るだけ楽しませてもらっています。
2009.04.28 / Top↑
昨夜から強い風と雨。
夜が明けてもおさまらず、雨が激しくガラス戸をたたきつける。

まるで台風のようです。
せっかくの休日ですが、外に出る気になれません。
午後になって風はおさまってきましたが、雨は断続的に続いています。

夕方になってジョグに、小雨です。
道路は強風のあおりを受けて、木々の葉がそこかしこに散らかっています。
ひんやりとした気温、適度な湿度でジョグには最適なコンディション。
1時間のジョグは気持ちのよいものでした。
汗を流すと気分が変わります。
2009.04.26 / Top↑
早朝5時15分起床、風もなく穏やかな七尾湾が見えています。
今朝の早朝ジョグは職場の若い職員さん3人が一緒です。
ペースは1km、6分半前後のゆっくりした速さです。

能登大橋 コースは昨日と同じ能登島大橋を選びました。
橋から見る景色は絶景、若い職員さんのジョグの笑顔はいいものです。
橋を渡ると、鳥のさえずりが聞こえてきます。
のどかでしずかな光景をバックに鳥の鳴き声が響きます。

宿を出て55分がたったところで折返しました。
橋を渡りきる残り3kmのところで、一人ペースアップをさせてもらって宿に戻ってきました。
気持ちのよいジョグでした。

汗を流しさっぱりして朝食です。軽く運動をしたあとの朝食は格別です。
朝食時に添えられていた但し書きには、下記のようなことが書かれていました。

「無病息災」
6つの瓢箪絵の器には、お客様の健康祈願から
「六瓢息災」としております。
又、バランスのとれた食事、「まごはやさしい」
を含んでおります。
「豆、胡麻、わかめなど(海藻=海苔)
野菜、魚、椎茸など、芋類」

「金時草ドレッシング」
加賀野菜の一品です。
ビタミンA・鉄分・カルシウムを含む健康野菜で
血圧の抑制効果も認められております。

「野沢菜海苔佃煮」
朝のホカホカのご飯にのせて頂きますと
より美味しく味わって頂けると思います。
是非、ご賞味下さいませ。

ご飯は3膳も頂いてしまいました。

今日は能登食祭市場、能登厳門、千里浜を見て2日間がアッという間に過ぎてしまいました。
早朝は風がありませんでしたが、時間が経つに連れ、風が出てきて、気温も下がってきました。
そのため、千里浜なぎさドライブウェーは通行止め、海岸は少し歩いただけでした。
加賀屋 厳門
宿泊した「加賀屋」建物は高く上へ向かってそびえているようです。(写真左)
能登厳門、日本海の荒波を受けた奇岩と変化に富んだ景色が印象的。厳門洞窟入口で撮影(写真右)
厳門2 猪鼻
厳門鷹の巣岩、三角の大きな岩で、直ぐに目に入ります。
「猪鼻崎」先端が猪の鼻のように見えます。
近くには松本清張の「ゼロの焦点」の碑も立っています。
厳門料理 千里浜
能登厳門のレストランで食べた海鮮バーベキューです。
千里浜なぎさドライブウェー、強風の影響で白波が立ち、車での通行が
できませんでした。
2009.04.23 / Top↑
大阪はよいお天気でしたが、バスが北に進むにつれて、曇り空がひろがってきました。
しかも、風もあり長シャツでも寒いくらいです。
菩提寺、尼御前SAで小休憩し、昼食は越前市にある和風レストラン「瀧雅」でとりました。
以前は武生市でしたが、市町村合併により越前市に変わっています。

道路標識には武生菊人形の文字も見えます。
3年前に菊花マラソンに出場しましたが、その会場は、レストランからそれほど遠くない距離です。

武生料理料理は造りや天ぷら、茶碗蒸しなど品数の多いものでした。
大きなレストランで、著名人もたくさん訪れてきているようで、店内にはその色紙が沢山掲げられています。

食事を終えて、周りを眺めていると、田圃の中にピンクの帯が見えます。
畦道を歩いて行ってみると、芝桜が絨毯のように広がっていました。
ところどころに紫色のアジュガの花も開いています。

田畑には麦が植えられています。
穂は立っていますが、まだ青々としたままです。
麦畑は珍しく、レストランの建物をバックにしてデジカメのシャッターを押しました。

芝桜 麦畑

和倉温泉の中心部から離れたところに「和倉昭和博物館とおもちゃ館」があります。
10数年前に和倉へ来ていますが、当時はこの建物はありませんでした。
中に入ると、なつかしい生活用具やブリキやセルロイドでできたおもちゃが沢山陳列されています。
子どもの頃の懐かしい思い出が浮かんできます。
「ミゼット」と呼ばれていたダイハツの三輪車や鉄人28号を見ると、嬉しくなります。

おもちゃ館 鉄人28号

今夜の宿泊は和倉温泉一と言われている「加賀屋」、テレビでもよく紹介される宿です。
最初のお客さんの迎え入れから接待にいたるまで「なるほど」と感じさせられるものがあります。
宿に着いた時間が午後4時と早く、夕食までの時間を使って、片道30分と決めてジョグに出ました。

宿から遠くに見えている「能登島大橋」を選びました。
風がありましたが、膚寒い気温がジョグには丁度よいくらいです。
宿から橋の手前まで、3km弱、能登島大橋が1km、橋を渡れば能登島です。

片道30分あればかなり走れます。
能登島の2つ目の信号のところで丁度30分になり、折り返しました。
大橋もそうですが、能登島は緩やかなアップダウンがあります。
周りの景色は変化に富んでおり、気持ちのよいジョグです。

帰りの大橋は向かい風になりましたが、終盤、ペースアップをしたこともあって、復路も丁度30分でした。橋上から見ると和倉の温泉街がパノラマの様に横に広がっています。

和倉温泉全景

ジョグの後は、お風呂と夕食を堪能し、夜はアルゼンチンタンゴを聞かせてもらいました。
ハープとギター伴奏、女声ボーカルの3人のグループの生演奏で、和倉の夜を楽しむことができました。



2009.04.22 / Top↑
明日から一泊二日の予定で能登へ行きます。
毎月、給料から積立金をして、年1回行っています。
職場が生活施設のため、職員全員が揃っていくことはできません。

宿泊組は三班、日帰り組が一班で、計四組に分かれます。
10人余りの人数で、マイクロバスでゆったりと座ることができ、楽ちんです。

宿泊は和倉温泉「加賀屋」さん。10数年前にマイカーで能登半島を一周したことがありますが、和倉温泉はそれ以来です。
お天気も大丈夫そうなので、シューズとウエアも用意しました。
朝早く起きて、ジョグするのが、楽しみです。

一つだけ懸念することがあります。
食べ過ぎてしまうことです。
出されたものはすべて食べる主義なので、困ってしまいます。
2009.04.21 / Top↑
今朝になっても昨日の疲労感が残り、朝の通勤ジョグは回避。
帰りだけにしました。
昨日に比べて随分涼しい感じです。

体調を考えて、ペースはいつもより遅くしました。
布施駅までと決めて職場を出ましたが、身体の動きはまずまずです。
涼しいせいでしょうか。

布施駅の予定を小阪までのばし、小阪へ着くと八戸ノ里、さらに若江岩田…と延長。
結局、瓢箪山駅までジョグしました。

石切駅へ電車が着くと、ホームは桜吹雪。
駅の上手には八重桜の並木があります。
風に吹かれて、ピンクの花びらが舞っていました。

八重桜ももう終わり。
明日の天気は雨予想、桜は見納めです。
明後日は職場の職レク、雨は明日一日で止んでくれることを祈ります。
2009.04.20 / Top↑
アウトドア用品を目当てにショッピングセンターへ。
気に入ったものはなく、衣料品売り場で、ズボンを一着買ってしまいました。
想定外の買い物です。
夏用のジャケットも安売りしていて、財布に手がいきそうになりましたが、それは止めました。
たまにショッピングセンターへ行くと、衝動買いをしてしまいます。
気温が高いこともあり、半袖姿の人が目立ちます。

ジョグは夕方近くになってホームグランドの富雄川遊歩道を走りました。
日中はかなり暑く、気持ちがのりません。
とことこジョグでも身体が重く、慈光院往復がマラニックのような感覚になってしまいました。

昨日、体重計は65kgを超えていました。
減るどころか、増えています。
食欲旺盛、食べないと空腹感に襲われます。
とうとう体脂肪は15%、内臓脂肪は10%を超えてしまいました。
これが影響しているようです。
2009.04.19 / Top↑
ひんやりと涼しい一日でした。
これまでが季節外れの暑さだっただけに、肌寒く感じられた人も多かったようです。
夜は歯医者さんの予約を入れていたため、ジョグは朝のみ5.5kmだけ。
絶好のジョグコンディションでしたが、短い距離で終わってしまいました。

歯磨きをするときに、しみる感じがあり、歯医者さんに診てもらうと、奥歯が欠けていました。
左右とも少し欠けていて、今日、左奥歯の治療をして、来週、その後の経過と右奥歯の治療をやってもらいます。

歯医者さんとはなかなか縁が切れません。
まだまだ、長く使っていかなくてはならない歯だけに、時間をやりくりして歯医者さんには通おうと思っています。
2009.04.17 / Top↑

takawasi 羽曳野市にある児童養護施設の改築竣工式に行ってきました。

2年がかりの工事で、新しい施設には2歳から18歳までの子どもたちが生活しています。

児童養護施設とは、親御さんが病気や生活苦などのため、養育することが困難な家庭の子どもたちや、児童虐待、ネグレクトなどを受けた子どもたちを、保護し養育する施設です。

全体の定員は110名、幼児さんと、小学生から高校生まで異年齢集団で構成された15人ほどのユニットで集団生活をしています。
新しく建てられた建物は古い施設のイメージはなく、外観に変化を持たせ、洒落たマンションのようにも見えます。中学生と高校生は個室になっています。
この改修工事のために、微力ながら募金や自主財源活動をやってきたこともあり、感慨深いものがあります。


hoikuen 隣接して保育所(写真左)も建て替え工事がすすんでおり、来月竣工式を迎えます。







 


二上山

 

新しい施設の3階から眺めると、周りは静かな住宅地、東側遠くにはらくだのこぶのように見える二上山(写真)があります。
南側の方向にはPLの塔も見えます。見学者からは「夏(8月1日)に来て、ここから花火を見てみたい」という声も上がっていました。






おみやげ物竣工式のお土産は、同じ市内の知的障害者の仲間たちが作ったバウムクーヘンでした。
一般に売られているもので、味も見栄えも市販のものと変わりがありません。





2009.04.16 / Top↑
こいのぼり

雨は昨日一日で終わり、よいお天気になりました。
昨日の雨は植木には、よいお湿りとなり、草花や緑の木々が生き生きとしてみえます。
我が家の庭は、急に雑草が伸びたような感じがします。

風が清々しく、子どもたちは元気に園庭で飛び回っています。
鯉のぼりも気持ちよさそうに、風に揺られています。
鯉のぼりのように一緒になって、風で揺られていたいものです。
良い季節になりました。

しばらく朝ジョグは休んでいましたが、30分のジョグをしました。
ジョグの後の汗も快汗でした。
2009.04.15 / Top↑
チューリップ

ご近所にある花壇を撮影させていただきました。
広さは10畳ほどのスペースですが、季節折々の花が植えられ、いつ見ても、その時期の花が美しく咲いています。

これだけ見事に咲かせるには、日頃の手入れや施肥、水やりが欠かせません。
お世話をしているご主人の姿を見かけることがありますが、いつも感心させられます。
2009.04.13 / Top↑
レンゲソウ

日が傾くのを待って、富雄川のジョギングに出ました。
風で桜の花が舞っています。
遊歩道に散った花びらを踏みしめ走ります。

レンゲ草がきれいです。
郊外に出ないとレンゲを見ることができなくなりました。
何年かすると、我が家の近くでもレンゲ草を見ることができなくなってしまうかも知れません。

レンゲ草で思い出されるのは、イチゴです。
小さな花の束も作ったような記憶もありますが、赤く色づいたイチゴを摘んでは、レンゲの咲く田圃の中で食べるのが楽しみでした。
小さい頃の郷愁が浮かんできます。

夕食は久しぶりにkekoさんと「小麦」に行きました。
還付請求していた税金で外食です。
お好み焼きはミックスを注文、サービスのメロンやパイン、グレープフルーツも沢山いただきました。
kekoさんはビールです。

お土産にハッサクとイチゴを買いました。
2009.04.12 / Top↑
日帰り出張が続きジョギングは2日間完全休養。
中2日で7kmのジョグでしたが、身体が重く、キロ6分以上のペースでした。

普通なら中2日あけると、身体が軽いはずなのですが、すっかり身体が鈍っているようです。
気持ちよく爽快にジョグをしたいものです。
2009.04.11 / Top↑
富雄川の桜

富雄の桜

我が家の近くの桜は今が満開、今週はずっと汗ばむような陽気が続き、今度の日曜日が見納めとなりそうです。
駅に向かう富雄川の遊歩道に1本の桜があります。
桜並木が続く眺めは圧巻ですが、1本だけ自己主張をするように咲く桜の魅力も捨てがたいものがあります。

ゆるやかな川の流れ、川岸には雑草が生い茂り、白鷺が身動き一つせずジッと静止しています。
小ガモは気持ちよさそうに川面で遊んでいます。
そんな光景の中に、春爛漫と咲き誇る桜は、言葉はなくても自分の生き方を堂々と誇示していて、共感をおぼえます。
数日もしないうちに散ってしまうのが惜しくなります。

桜に限らず、駅まで歩く道際には色とりどりの草花が咲いています。
ざっと数えても20種は軽く読み上げることができるくらいです。
うららかないい季節です。
2009.04.09 / Top↑
桜マラソン後の臀部の痛みも癒え、ジョギングを再開しました。
ゆっくりしたペースで職場から瓢箪山駅まで、のんびりジョグ。
空にはくっきりと月が浮かんで見えています。
月を従えてのジョグもなかなかいいものです。

時間は1時間20分ほど、気持ちのいい汗でした。
来月には山口ー萩往還70kmのウルトラマラソンが待っています。
そろそろ長い距離も走っておきたいところです。
2009.04.08 / Top↑
桜マラソンをホームページにアップしました。
すでにブログにはアップしていますが、大会冊子をスキャンしたり、内容を確かめたりしていると時間がアッという間に過ぎて、日付が変わってしまうような時間になってしまいました。

過去に印象に残っている大会もアップしたいのですが、これにはかなり時間を要します。
いつになったらできることやら思案しています。

今後も初参加の大会にエントリーをしていて、自分自身でも楽しみにしています。
記録はそのときに残しておかないと、後になってはなかなかできません。
2009.04.07 / Top↑
今日は昨日のアフターランの様子を書いてみます。
昨日、大会マラソンの抽選会が終わって、競技場を出たのが午後1時半でした。
夜行バスの出発までたっぷりと時間があります。
どうしようか、まったくあてはありません。
とりあえず、2kmほどの距離にある日本平動物園まで歩いてみることにしました。

緩やかな坂道を上っていくと、道沿いに赤と白の色混じった紅梅が咲いています。
あまりにきれいなので、立ち止まってデジカメを取り出しました。

畑守の紅梅 畑守稲荷

傍に御影石でできた「大慈悲院川改修記念之碑」が建っています。
「畑守稲荷前」のバス停の前にあり、時間表を見ると、10分ほど待つと、日本平行きのバスが来ます。
この次のバス停が動物園前ですが、バスを待って日本平へ行くことにしました。

きつかった登り坂もバスだと楽です。
4時間ほど前に走った道だけに、左右に移り変わる景色を確かめるようにジッと眺めます。
山頂へ到着すると、看板に惹かれてミカンのソフトクリームを買いました。
テレビ塔のある山頂へ登り、日本平ホテルのある方へ向かいます。
マラソンコースの方向です。
下っていくと満開になった桜のトンネルを通ります。正面は「日本平ホテル」です。

日本平桜トンネル

日本平ホテルの周辺は桜が多く、ホテルの建物は桜の花に埋もれているようでした。
裏手へ回ると、広大な芝生広場があり、ここから眺める光景は飽きがくることがありません。
マラソンコースはこの広場を眺めるように設定されています。
下の写真は芝生広場で写したものです。

日本平ホテル庭園

日本平ホテル1

日本平ホテル2

芝生広場を後にして、再び山頂方向へ歩きます。
広い駐車場へ戻ると、東海道自然歩道・山頂まで歩いて15分、草薙駅まで45分の案内板が出ています。
それを見て、歩くことにしました。
時間はたっぷりとあるのですから。

日本平東海自然歩道

沢山の観光客であふれていますが、さすがに東海道自然歩道を歩く人は皆無です。
チッ、チッ、チッと鳥の鳴き声が聞こえてきます。ウグイスも鳴いています。
下りは楽ですが、急なところもあり、登ってくると息が上がりそうなところもあります。

自然歩道2  自然歩道3

15分ほど地道を下ると、舗装された道に出ます。
周りには斜面を利用して茶畑がたくさん作られています。
きれいに手入れがされていますが、作業は大変です。
川沿いにはユキノシタやシャガの白い花が咲いています。
たんぽぽもたくさんありました。

自然歩道茶畑  自然歩道の花

歩き始めてから75分で競技場まで戻ってきました。
思ったより距離はありません。
競技場の近くにある「吉野屋」で並みの牛丼を注文しました。
吉野屋の牛丼は、どこで食べても同じ味です。サービスセール期間中でいつもより50円安く、330円で食べることができました。

その後、歩いて「天神の湯」へ。
時間制限なしの入場料は1.500円と他に比べて割高に感じますが、仮眠室や広い休憩室もあり、内容からして高くありません。
しかも、2.000円プラスすれば宿泊利用も可能です。

バスの出発時間が来るまでゆっくりと過ごすことができました。
空には月がくっきりと浮かんで見えています。
一泊するときれいな富士に出会っていたかも知れません。
それだけが心残りです。
2009.04.06 / Top↑
日本平富士

日本平から見た景色です。
中央左上に頭だけ出した富士山が見えるのですが、分かるでしょうか。
お天気が良ければ、下の写真(左)のように見えるのですが、あいにくの曇り空で、富士山は雪を被った山頂部分しか見せていません。
この日本平を舞台にした「日本平桜マラソン」が6千人を集めて開かれました。

日本平サブ

競技種目は標高290mの日本平を上り下る最長の23.4kmをメインに、10km、5km、2.4kmの4つです。
9時20分に23.4kmの部が草薙陸上競技場をスタートをします。
正面の電光掲示板にはエントリー数1.692人と表示が出ています。

日本平スタート

スタートをして競技場を半周して一般道へと出ます。
しばらく走ると、日本平パークウエイへとつながる道路へと入って行きます。
第1関門のある9km地点まで上りが続きます。

2km地点の日本平動物園前までは、勾配は緩やかですが、ここを過ぎると上り道が急になってきます。
ペースがぐっと落ちてきます。

日本平前半上り 日本平上り2

9km地点まで上りが続きますが、5km地点(10kmコースの折返点)を過ぎると、アップダウンのところもあり、上り一辺倒ではありません。下りがあると足も気持ちもホッとします。
しかし、再び上りへと変わると、表情が曇り、息も上がってきます。

日本平9キロ地点

第1関門の9km地点です。スタートから60分以内に通過しなくてはなりません。
54分弱でここを通過しました。標高290mでコース上の最高地点にあたります。
関門で収容されたランナー用のバスが待機をしています。
桜が見事です。
この関門を過ぎると下りですから、気持にも余裕が出てきます。

日本平給水 給水地点から眼下風景

広々と広がる日本平の給水ポイントです。日本平ホテルのきれいに手入れされた開放的な芝生広場が印象的です。
桜が満開で、桜マラソンの名前にぴったりです。
前方には駿河湾が広がり、その後方に富士山が見えるのですが、走っているときには確認ができませんでした。

コースから清水港を望む

コース上から眺めた眼下の駿河湾の風景です。
目の前は清水港で、絵に描いたような景色です。
コースは軽快な下りで、この風景を眺めながら4km余り軽快に下っていきます。
足も軽やかです。

日本平19km地点の上り 日本平19km上り2

15km地点にある第2関門(スタートをして90分)手前からコースはほぼフラットに変わり、広い通りへと出てきます。残りは8.4kmまだ距離はあります。
道路は交通規制が見事にされています。
19km地点に後半の唯一の上りがあります。20km近く走ってきた足と身体にはこれがかなりきつく感じられ、足取りががくんと落ちてきます。

日本平ゴール 日本平表彰式

20kmの関門(スタートをして2時間)を過ぎて、多くなった沿道の声援を受けながら、陸上競技場へ帰ってきました。右の写真は閉会式を撮影したものです。
入賞者の表彰後に抽選会もありました。
完走証は2時間05分31秒で、総合順位は1.676人中、905位でした。
9kmまでの上りはきつく景色を眺める余裕はありませんでしたが、その後はデジカメで撮影しながらの走りで、楽しみながら完走をすることができました。

日本平完走後桜の下で

走り終えた後は、桜の下でミニ宴会です。
いたるところで、こんな光景を目にしました。これが一番です。

走り終えた後、バスで日本平へ行き、桜と景色を堪能しました。
日本平からは東海自然歩道を歩いて東静岡まで戻り、駅から10分足らずの距離にある「天神の湯」で夜行バスの時間までゆっくりと過ごしました。
この様子は明日アップします。

天神の湯
2009.04.05 / Top↑
午後から雨が降り続いています。
21時55分発の夜行バスで静岡に向けて出発します。
気になるのは空模様ですが、南に前線が移動してきて、今晩はずっと雨の予報です。
明日の静岡は、曇り時々晴れの予想ですが、前線の動きによっては、雨も覚悟しなくてはなりません。

桜の開花は、ちょうど良い見ごろ時期を迎えていますが、これもすべてお天気次第です。
スカッと晴れて、富士山の雄姿を期待しています。

日本一の山、富士山を眺め、桜の下で走ることができることを祈っています。
2009.04.04 / Top↑
昨日から寒くなり、今日は寒い一日でした。
急に真冬に戻ったような感覚です。
ゆっくりジョグでは身体が温もらず、長袖Tシャツを脱ぐことができません。

比叡山では雪が降った写真が夕刊に載っていました。
この寒さで富雄川沿いの桜は、5分咲きで開くのを止めてしまったようです。
空模様も不順で昨日は大きな雷鳴が轟き、ビックリしました。
断続的に雨が降ったりします。

週末の天気予報はよくありませんが、ぜひ、快方に向かうよう願っています。
せっかく日本平へ行くのに、富士山が見えなくては魅力半減です。
2009.04.02 / Top↑