FC2ブログ
昨日は小布施の大会と町を堪能して、湯田中温泉で宿をとりました。
ホテルアネックス湯楽庵というホテルです。
このホテルの一番の魅力はお風呂、大正時代に造られたスケールの大きな桃山風呂があり、露天風呂も長年の歴史を感じさせます。このお風呂と松籟荘の建物は歴史的にも貴重なもので、有形文化財に指定されています。
料理も美味しく頂き、ぐっすりと休むことができました。

(下の写真は朝食、向かって右は盛り切り、左のご飯やサラダ、味噌汁、漬け物、飲み物などは自由に食べることができます。その下左は有形文化財指定の松籟荘、林のようになっているところに桃山風呂があります。ガイドブックなどにも載っている有名なお風呂です。右下の写真はホテルから駅方面を眺めた早朝の風景です)

松籟荘食事朝
 
松籟荘2  09湯田中温泉街
 
空は青空が覗いていますが、志賀高原の方向には雲がかかっています。
どこへ行こうか、迷いましたが、志賀高原へ行くことにしました。
しかし、山を上るに連れて、ガスが覆ってきます。
志賀高原の入り口にあたる琵琶池の駐車場に車を止め、琵琶池周辺をしばらく散策しました。空気は澄み、涼しく清々しい気分です。


志賀高原案内図
駐車場に設置された案内板

お天気が良ければ志賀高原から志賀高原草津ルートを通り、軽井沢へ行こうと思っていましたが、ガスの状態を見て、琵琶池から早々に引き返すことにしました。
今日の天気では山は無理です。


琵琶池  琵琶池2

琵琶池3  琵琶池4
琵琶池周辺の景色、白樺が印象的、左下の写真は丸池から琵琶池に流れる水の滑り台です

予定を変更して結婚前に行ったことのある戸隠へ行きました。
30年前以上の記憶しかありません。その頃の記憶は、今となっては朦朧として定かではなく、はっきりと思い浮かべることができません。

当時と違い森林植物園には綺麗で木製の遊歩道が整備され、森林学習館もできています。植物園は野鳥の天国でもあり、四方から鳥のさえずりが聞こえてきます。
身も心も平和な気分で満たされます。
みどりが池や鏡池など戸隠三山をバックにした景観が印象に残りました。

戸隠5
水芭蕉園、この時期花が見られないのが残念です

みどりが池と歩道  植物園歩道

戸隠道案内 戸隠この鳥は
森林植物園の散策路です。左上はみどりが池、目の前に小鳥が飛んできました。コンパクトデジカメで撮影

戸隠山

戸隠山2
鏡池と戸隠山、身も心も安まる光景です

戸隠中社と奥社にお参りをして家内安全、健康を祈願しました。
中社では珍しく、神殿で結婚式が行われており、白無垢姿の花嫁さんを見ることができました。
奥社への歩きは疲れます。入り口から距離にして約2km、奥に入るに従って、勾配がきつくなり、奥社へ着いたときには額や身体から汗が滲んでいました。
高校生のグループが集団で来ていて、随分賑やかな声を上げていました。

戸隠3
戸隠神社中社、神殿では結婚式が行われていました

戸隠4 戸隠奥社4
左は中社本殿右にある滝、右は奥社への参道口、奥社へはここから約2km

戸隠植物園2 奥社3
奥社へと続く参道、平坦な道が急で石段の道へと変わります。右は途中の山門です

奥社2 奥社へ
急な石段を登り切ると、奥社です。汗がジワリと出ていました

戸隠を後にして信濃ICから高速道路に入り、帰りは北陸道を経由して帰途に着きました。
途中、二度の渋滞があり、我が家へ帰り着いたのは午後11時半を回っていました。
2日間で1.100kmを車で走りました。
2009.07.21 / Top↑