今日は前々から一日休みをもらっていました。
本来ならば昨日、伊吹を走って、長浜の太閤温泉で疲れを癒し、ゆっくりする予定でした。
それが一変してしまいました。

パソコンがあるとネットで多くの情報を得ることができます。
しかし、調べれば調べるほど、暗い気持ちになってきます。
血液検査の数値は、楽観できる数値を遙かに上回っています。

昨日「24時間テレビ 愛は地球を救う」で寛平ちゃんのアースマラソンを見ました。
真っ黒に日焼けした寛平ちゃんの笑顔は、走ることが最高の喜びのようでした。
同郷の鳥取県出身のイモトアヤコさんの126.585キロの完走も心を揺さぶられました。
24時間テレビでは、病気と闘う子どもたちや家族のドキュメントも放映されました。

弱音をはいても事態は好転しません。
夕方、気持ちを切り替えて富雄川のジョグに出ました。
頑張ってもペースは上がりません。
涼しい風が吹くようになって、遊歩道をウオーキングしている人が目立つようになりました。
外へ出ると気分が変わります。
しばらくは見えない敵との闘いです。
2009.08.31 / Top↑
今日は「かっとび伊吹」の大会でした。
楽しみにしていましたが、体調が悪く参加が叶いませんでした。

昨年の大会もエントリーしながら参加取り止め、これで2年連続、直前でのキャンセルとなってしまいました。
昨年は体調異状ではなく右太もも痛でしたが、今回は健康上の理由なので、ショックです。
山頂のお花畑と下界の景色を楽しみにしていたのですが…。
お天気も上々で頂上まで完踏されたランナーさんの喜びの様子が目に浮かびます。

夕方、近くの小学校に投票に行きました。
受付名簿済みの印が見えましたが、政権交代と騒がれているにも関わらず、朱印の入っていないところが多くありました。
自分の一票を大切に投票してほしいものです。

夜の特番は選挙一色、午後8時に投票が締め切られ、特番が始まります。
特番が始まった直ぐから、いきなり当確です。
民主、民主…の当確が矢継ぎ早に出てきます。
早く出てくるのに驚いてしまいます。

夜遅くまで見ていましたが、結果は大方の予想通り、民主の大勝利、自民党の大敗でした。
社会的に弱い立場に置かれた人たちの生活がよくなる方向へ、政策転換されることを願っています。

2009.08.30 / Top↑
大阪市立大学で研究集会がありました。
昨日の結果が頭から離れず、内容はまったく頭の中に入っていません。

昨日Drから言われたときは腫瘍マーカーの種類がCAと言われたのか、CFと言われたのか、よく聞き取れませんでした。
改めて検査報告書を見ると検査項目は「CEA」でした。
この数値が異常に高いのです。

気分は晴れませんが、前へ向かって進んでいきます。
2009.08.29 / Top↑
ムーベン大腸検査の日。
この検査を受けるのは3度目になります。
絶食して2時間ほどかけて2リットルある下剤のムーベンを少しずつ飲んでいきます。
ややレモン味がついていますが、飲みやすいとは決して言えません。

下剤が効いて普通なら50分から1時間くらいでトイレに行きたくなってくるのですが、それが全くありません。
1時間で1リットルを飲みました。
おかしいと思いながらも続けて飲みます。

1.4リットルほど飲んでも便の兆候はなく、クリニックへ電話を入れました。
「お腹は痛くないですか」
「大丈夫です」
「それではそのまま飲んで全部飲み干したら早めに(クリニックへ)来てください」

この電話を入れて、コップ1杯のムーベンを飲んだ後、気分が悪くなってきました。
下剤はお腹に溜まる一方で、胃が限界に来たようです。
その瞬間、飲んだものをすべて吐き出してしまいました。
ムーベンは無色透明ですが、吐き出したものは薄黄色でした。

その後、残りのムーベンを持って、クリニックへ急いだのは言うまでもありません。
幸い、Rikoさんが仕事休みだったので、車で行ってもらいました。
Drには「すべて出してしまったのか?」と言われました。

急遽、部屋を用意してもらい、残りのムーベンを飲みました。
便が出ないため、看護師さんに浣腸してもらい、トイレへ行きましたが、飲んだ分、すべては出ていない感じでした。

それでも検査はなんとか出来ました。
検査は軽い麻酔をかけて行われます。
自分ではその様子は分かりません。
覚えているのはレントゲン台の上に横向きに寝かされて、右手甲に注射を打たれたことだけです。

終わった後、腸の写真を見せてもらいました。
便の写真が写っているのもありました。
結果は大腸の方は大丈夫だろうとのこと。

その次の言葉に大きな衝撃が…。
「腫瘍マーカーにかなり高い数値が出ています。胃の内視鏡、超音波、X線の検査が必要。PET検査もしなくてはならない」という宣告にも近い言葉でした。

1週間後に再び検査です。
クリニックを出て、帰りの足取りは麻酔の残りとDrの話しで、よろけていました。
2009.08.28 / Top↑
月1回の歯科通院から帰って、富雄川遊歩道へ。
気持ちは休養したいくらいでしたが、3日間も休んでしまったので、距離が走れていません。

一昨日は、霊山寺で選挙の演説会があり、遊歩道は人や自転車が目立ちました。
今日は何もなく、すれ違ったランナーも2人だけでした。
自転車にも出会いませんでした。

日中はまだまだ暑さが残っていますが、夜になると涼しい風が吹きます。
後は体調が戻ってくるだけです。
2009.08.26 / Top↑
3日間連続してジョグを休んでしまったので、帰宅してから富雄川をジョグ。
川沿いの遊歩道はフラットで走りやすいコースですが、夜は注意が必要です。
とろこどころに灯りはあるものの、暗くて道が分かりにくいのです。

いつも走っている道なので、暗くても大体の見当はつきます。
しかし、遊歩道や川をはさんで並行している県道を往来する車のライトをまともに受けると、対抗してくる人や自転車が見えません。

今日はまともに自転車と正面衝突しそうになりました。一瞬アッと声を挙げました。危機一髪です。
無灯火の自転車は全く見えません。
突然、暗闇の中から飛び出してくるような感じです。

自転車のおっちゃんは謝ってくれましたが、相手によってはこちらが叱られるところでした。
ゆっくりジョグでしたから、危機一髪で済みましたが、レースペースのような走りをしていると危ないところでした。
片側は富雄川、ガードレールもありません。
ぶち当たって転倒すると、川へ転落という非常事態もあり得ます。

気をつけて走っていても、こんなこともあります。
見えにくいところでは、細心の注意が必要なことを改めて感じてしまいました。
2009.08.24 / Top↑
体調すぐれずジョグは3日連続して休んでしまいました。
めまいがして身体がフラフラします。
昨日、kekoさんが帰ってきて、今日は一緒に買い物に行くつもりでした。
こんな体調なので、買い物は一人で行ってもらうことにしました。
秋の気配が感じられ、幾分しのぎやすくなってきたのに、これではダメです。

夜はテレビで世界陸上女子マラソンに酔いしれました。
レースは序盤ゆっくりペースですすみ、25km過ぎまで先頭は20人ほどの大集団。
25kmを過ぎてロシアのユラマノワがペースを上げると、次々とランナーが脱落していくサバイバルレースとなりました。
35km過ぎで中国の白雪、エチオピアのメルガ、日本の尾崎の3人の選手に絞られ、40kmを過ぎて尾崎がスパートをするとメルガが脱落。
しかし、残り1kmになって白雪がスパート、最後は尾崎を振り切って、金メダルを獲得しました。

尾崎好美選手(第一生命)は見事銀メダルを獲得、第一生命の山下佐知子陸上部監督も世界選手権の女子マラソンで日本人初のメダリストになった人です。
銀メダル獲得の快挙に拍手を贈ります。
テレビで観戦していた多くの人たちが、ドキドキしながら、手に汗しながら見ていたことでしょう。
2009.08.23 / Top↑
今夜は地元町会と施設共催の地蔵盆踊りでした。
日中は曇り空は見えていたものの雨は降らなかったのですが、午後5時に開始した直後から雨がポツリポツリ。
6時半を過ぎると、路面の濡れが気になるくらいになってきました。

それぞれの施設では、この盆踊りにために模擬店を出しています。
途中で止めると、残った食べ物が宙に浮いてしまいます。
それに、町会からは踊り子さんや応援の要員さんも来て下さっています。

時間が経つにつれて、雨の濡れが気になります。
上空を見上げると、黒ずんだ雲が覆いかぶさっています。
なんとか、これ以上は降らないでと願いながら、7時半を回って途中中止と決まりました。

食べ物は一部、売れ残ってしまいました。
明日の職員昼食で販売です。

ところが中止宣言をして踊り子さんが帰っていく頃になって、空が明るくなって雨が止んできました。
お天気は気まぐれです。
後片付けは、予定より1時間も早く終えることができました。
遅い時間を覚悟していましたが、早く家路につけたのはラッキーでした。
2009.08.21 / Top↑
kekoさんはしばらく義母の調子がよくなく実家へ帰っています。
食欲も無く、体力も落ちており、先日、通院時には点滴をしました。
今夜、仕事から帰ってくると、入院したとメールが入っています。
病名は誤嚥性肺炎で、今朝、熱があり医者へ行くと、即刻入院となったようです。
 
入院は本人も介護する方も、避けていたのですが、肺炎では仕方ありません。
誤嚥性肺炎は嚥下性肺炎とも言われ、体力や抵抗力の落ちた高齢者によくある肺炎です。

どれくらいの入院期間になるのか、また、他にどんな病気があるのか、検査をしてその結果を待たなくてはなりません。
症状が落ち着いていれば、明日、帰宅するとも書いてありました。

一人だと、野菜の摂取が極端に落ちてしまいます。
生活のリズムもアンバランスです。
食事や生活リズムを意識していきたいと思っています。
2009.08.20 / Top↑
身体がシャキッとしません。
背中の張りを感じるときは調子が悪いときです。
特に起床時はよくありません。

変わりないのが食欲、無いのは困りものですが、有りすぎるのもいけません。
過ぎたるは猶及ばざるが如しです。

帰宅ジョグはなんとか瓢箪山駅までもたせました。
信号や交差点手前では歩きを入れて、1時間半のジョグでした。
気持ちは石切駅まで行きたかったのですが、身体は瓢箪山でコースアウトを求めています。

かなり汗をかきました。
それでも体重は64.4kgとほとんど減っていません。
簡易測定で体脂肪率は15%、BMIは23、これで夕食を食べると数値は当然のことながら上昇。
泣きたくなります。
2009.08.19 / Top↑
出先から帰って駅近くの胃腸クリニックに行きました。
4年前、大腸検査を受けたところです。
そのとき、「ポリープがあるから2年後に来なさい」と言われていました。
それが4年も経ってしまいました。

回りで大腸ポリープの話しを聞くことも多くなっています。
体調も万全ではなく、ちょっと心配になってきました。
検査は嫌なものですが、そう言っておれません。

問診の後、お腹の触診を受け、その後、看護師さんから検査内容の説明を聞きました。
肝炎ウイルスのキャリアかどうかを調べるため、採血もありました。

検査日は今月28日にしてもらいました。
明日、出勤したときに休みをいただくことにします。
前回は一日入院して、検査を受けたのですが、今回は当日のお昼に行き、半日入院です。

検査の方法は、当日の朝、2リットルほどの液体の下剤を飲んで、腸の中を空っぽにするのは変わりがありませんが、その1週間前から毎夕食後、ピコスルという下剤をコップ1杯分の水に混ぜて飲まなくてはなりません。

検査方法が多少変わっても、検査は嫌なことに変わりがありません。
検査日の翌日は研究集会、その翌日は「かっとび伊吹」の大会です。
何もなければいいのですが、今から気になっています。


2009.08.17 / Top↑
4日間の夏休みは予想通りアッという間に終わってしまいました。
kekoさんは実家に帰っていて、この連休の間、ほとんど一人で過ごしました。
身体を動かさないでいると、持病の腰痛が出てきます。
仕事をしているときの方が腰にはいいようです。
適度に身体を動かしていることが大事ですね。

体調がイマイチのため、予定していた庭木の剪定は延期しました。
一人だといつもこうなってしまいます。
宿題を残したまま明日から仕事です。



2009.08.16 / Top↑
折角の休みなので、市民マラソンで走った記録を整理してみました。
20年以上も前から走っていますが、古い資料は捨ててしまっています。
抜け落ちているところもあります。
整理するだけでほぼ一日かかってしまいました。
「こころはいつもジョグ「の「Record」のページにアップしました。

今日は湿度が高くなく、しのぎやすい一日でした。
夕方になって、慈光院までのジョグ。
いつもより楽な感じでしたが、終盤になってへばってしまいました。
少し涼しいとはいうもののハーフの距離はきつく感じます。

夜は今夜から始まった世界陸上を観戦。
男子の100mの予選を見ました。
ほれぼれするような力強さと美しさに感嘆しきり。
明日も休みで、寝るのが自然と遅くなってしまいます。
2009.08.15 / Top↑
今日から日曜日まで4日間連休。
遠出は止めにして、我が家で過ごします。
kekoさんは実家で、日中は一人です。

日中はあまりに暑く、何をする気も起こりません。
庭木の剪定もしていません。
あと3日間、あります。その間にしたいと思っています。

冷房も入れていないため、身体はダレ気味。
ジョグは日が陰ってから出ました。
相変わらずゆっくりペースです。
ウルトラマラソンより遅いペースです。
帰ってくると、すっかり暗くなってしまいました。
2009.08.13 / Top↑
勤務先の歓送迎会でした。
会場は大阪城の南にあるKホテルです。
6階の小宴会場からライトアップされた大阪城が目の前に見えます。
広い窓から見る大阪城公園は、まるでシネマスコープの画面のようです。

出席者は皆50歳を超えています。料理は会席料理にしました。
涙あり、笑いあり、雰囲気のとってもいい歓送迎会になりました。
今夏はおいしい料理を食べる機会が多く、顔はぽっちゃり、ズボンはきつくなってきました。
2009.08.11 / Top↑
60歳の節目の記念にホノルルマラソンを走ることにしました。
一度は走ってみたいと思っていた大会です。
ジュンショウさんを誘って2人で行く事にしました。

kekoさんには、前々からいつか出たいと言っていましたから、最初は怪訝な顔をされましたが、理由を説明すると納得してくれたようです。
今年は前後の日程に支障がないこと、60歳の記念としたいこと、ハワイは最初で最後になること、ジュンショウさんも行ける条件ができたことなどです。
kekoさんと行けるといいのですが、義母の調子がよくなく、1週間に1、2回は実家へ帰っている状況なので、とても無理です。

参加をするのに懸念材料がないわけではありません。
義母の身体のこと、職場で新型インフルエンザでも出ると吹っ飛んでしまいます。
海外へ行くにも初めての経験です。

パスポートの申請はこれから行うことになります。
初づくめのことがたくさんあります。
行くからには思い切り楽しんで来たいものです。
正式申し込みは旅行社から書類が届いてからになります。
当日を迎えるまで何事もないように祈る気持ちです。
2009.08.10 / Top↑
高槻市内にある保育園の30周年の祝賀会に出席しました。
200名を超える出席者で盛大に行われました。
卒園生も沢山出席されていて、各方面で活躍されている卒園生の楽器演奏や民舞も披露され、アットホームの感じのする祝賀会でした。

新聞に往年の名ランナー、81歳になる山田敬三さんの引退記事を見ました。
今後はフルは走らないということですが、それでもすごい人です。
数年前の泉州マラソンでお見かけしたことがあり、当時、フルは3時間台で走られていました。

年齢差で行くと20歳以上も若い自分ですが、平坦なコースをアップアップしながら走っているような状態です。
頑張らなくてはと思い、高槻から帰って夕方、小雨の降る中、富雄川を11.5kmジョグしました。
1時間14分かかりました。2年前なら1時間ほどで走れた距離です。
20年後の予測はまったく分かりませんが、そこまでジョグが続けられることができれば幸せです。
2009.08.09 / Top↑
いつも通り、退勤して職場から小阪駅までジョグ。
小阪駅で気温を確認すると28度です。
汗をだらだら流しながら電車に乗りました。
冷房は効いていますが、汗は止まることがありません。

座席に座っていた一人のおっちゃんが、席を立って「ここへ座ったら」とすすめてくれました。
汗が流れている状態ですから、とても座れません。
丁寧に断りましたが、おっちゃんはしんどいのではないかと気にしてくれたようです。

言葉はぶっきらぼうなところはありますが、言葉のふしぶしに優しさが感じられます。
おっちゃんは、そのまま、ずっと立っていて、若江岩田駅で降りて行かれました。
下りるときに、渡されたのが、写真の団扇です。

みにゃみんうちわ2

みにゃみんうちわ

団扇には「千日前との遭遇」、監督:スティーブン・スピルニャーグ、
片面には懐かしのテレビ画面に「おおきに!みにゃみんです」と書いてあります。
大人びたにゃんこちゃんですが、かわいいので気に入りました。

ジョグしていると、予期せぬできごとに遭遇します。
2009.08.08 / Top↑
職場の定期健康診断の結果が出ました。
今回オプションの検査は何もしていません。
結果はほぼ異常なし。

ほぼと書いたのは、赤血球数、血色素量、ヘマトクリットの値が基準値より下がっているからです。
胸のレントゲン写真では心臓が大きいと毎回言われます。
これは長くジョグを続けているせいだと答えています。

赤血球が少ないのは脾臓肥大の影響があるかもしれません。
Drに「何か、これまで大きな病気をしたことがありますか?」と聞かれ、胃潰瘍とバンチ病と答えましたが、バンチ病がDrには伝わりません。

バンチ病を発病をしたのは33歳のときで、脾臓が腫れて貧血がすすむ病気です。
当時の医学書には、バンチ病のことが載っています。
この病気のために2週間余り入院、骨髄穿刺などの検査をしたのですが、結果はこのまま様子を見ようと言われ、今日に来ています。
以来、27年が経過しています。

ところが最近の医学書にはこの病名の記述はありません。
病気そのものがなくなったわけではなく、今は門脈圧亢進症と書かれているようです。
門脈圧が上がる病気とDrに話すと、肯いていました。

数年前に見つかった大腸のポリープも気になるところなので、いつか日をとって検査をしなくてはと思いながら、これも今日まで来ています。
お医者さんへ行くのは好きではありません。検査もそうです。
健康があってこそ、ジョグができたり大会に参加をすることができます。
近いうちに行こうと思っています。
2009.08.07 / Top↑
昨日通勤ジョグを休みましたが、その効果はほとんどなし。
相変わらず重いジョグです。
小阪駅までまるで歩いているような感覚。

調子が戻りません。
距離が短いため、東生駒駅で下車して我が家まで3kmをプラスしました。
トータル10kmを1時間10分のジョグです。

今日から新調のジョギングシューズを下ろしました。
kekoさんには「1足新しいのを出したら、1足処分して」と言われていますが、これがなかなかできません。
玄関にはジョギングシューズだけで8足もあります。

最低2足を日によって使い分けしていますが、あとは使わず放置したままで、これをいつも咎められています。
踵がすり減ったりして、ジョグ用には使うことはありませんが、普段履きではまだまだ使用できます。

1足、1足、ジョグや大会の思い出も詰まっています。
そう思うと処分できません。
ジョガーの皆さんはどうしているのでしょう。
悩ましい問題です。
2009.08.06 / Top↑
通勤ジョグは休み。
一日、インターバルを置くことにしました。
市バスと電車は冷房が効いていて快適です。
布施の商店街をぶらぶらと歩き、本屋さんへ立ち寄って帰りました。
通勤ジョグだと本屋さんへ立ち寄ることは皆無です。

理由は明快です。
夜遅いジョグの後では、店が閉まっていること。
それに、この時期は汗をたっぷりとかくため、本屋さんを含めて立ち寄ることは困難です。

立ちずくめはきついですが、本屋さんでは時間が直ぐに過ぎてしまいます。
来週はお盆休みを4日ほどもらっています。
本も読みたいと思っています。

庭の植木の剪定も宿題として残っています。
4日間の予定の中に入れることにしました。
お盆休みは遠出はなしで、日頃できていないことを片付けようと思っていますが、できるかなと自分にクエスチョンマークを付けています。



2009.08.05 / Top↑
このところ睡魔に襲われることが多く、集中力が鈍っています。
午前中は大丈夫ですが、午後になってくると、決まったようにまぶたが下がってきます。
昨日は最悪でした。パソコンに向かいながら寝てしまいそうになりました。

今日は会議でいくつか報告しなければならないことがあり、なんとか持ちこたえました。
極端に睡眠時間が減っているというわけではないのですが、眠くなります。
だらだらと仕事を続けていても、仕事がはかどるわけではないので、こんなときは早めに切り上げます。

リフレッシュにジョギングは最適だと思っていますが、このジョギングがいつもにも増して重いのです。
職場から瓢箪山の駅まで12.5kmを1時間32分もかかってしまいました。
km7分弱ペースです。

汗はたっぷりとかきました。
背負ったデイバッグはびしょ濡れ状態で、我が家へ帰ってから洗濯をしました。
夏場のジョグは3日続けたら1日休むくらいが自分の体力に合っているような気がします。

2009.08.04 / Top↑
関西もようやく梅雨明け宣言が出されました。
観測史上最も遅いのだそうです。
確かに8月に入ってからの梅雨明け宣言は聞いたことがありません。

異常気象が続き、山口や北九州では豪雨や土砂崩れ等により、特別養護老人ホームが土砂で流されたり、高速道路が埋まるなどの被害が続出しました。
そのために尊い命が失われています。

天候の異変は農作物に大きな被害をもたらし、野菜が高騰しています。
日照不足により、米の収穫も不安視されています。
不況のあおりもあって、暮らしにも影響がでています。

毎月の給料、ボーナスは減額、ローンが払えない等のニュースは珍しくなくなりました。
暮らしにくくなっていることや、先の展望が見えなくなってきているのをつくづく感じます。
今月30日は、衆議院議員総選挙です。
明るい方向へ向かうよう一票を投じたいものです。
2009.08.03 / Top↑
火の鳥新大阪メルパルクホールで行われた手塚治虫作「火の鳥・鳳凰編」を題材にしたミュージカルを見ました。
秋田県仙北市に本拠を置く「わらび座」の公演です。

2人の仏師、我王と茜丸が宿命の対決を奈良東大寺大仏殿の建立と絡めて描いた物語ですが、
悪行の過去を持つ我王、権力の庇護を受けて慢心してしまった茜丸、真の幸せとは何かと深く考えさせられます。

我王、茜丸、その相手役の速魚とブチ、僧侶の良弁、出演者の歌や演技が胸にジーンと迫る場面もありました。
休憩なしで2時間の公演時間が短く感じられたほどです。

わらび座の公演では何年か前に見た高田屋嘉兵衛を主人公にした司馬遼太郎作の「菜の花の沖」が印象に残っています。
今日の公演も、ずっと記憶に残るでしょう。
2009.08.02 / Top↑
8月1日は有名なPLの花火大会の日です。
その花火には到底及びませんが、8月の第1土曜日は生駒市民まつり、夜は花火が打ち上げられます。

この花火は我が家のベランダからよく見えます。
2kmほど離れていて、迫力ある臨場感は薄れますが、間に障害物がなく楽しめます。
コンパクトカメラで撮ってみました。
一眼レフを職場に置いてきてしまい、写りはイマイチですが、何枚かアップしてみました。

09生駒花火

09生駒花火2

09生駒花火3

09生駒花火4

09生駒花火5

日中は雨も降っていました。
花火が終わり1時間ほど経って、また雨が降り出しました。
30分間ほどでしたが、雨が降らなかったのはラッキーでした。
2009.08.01 / Top↑