FC2ブログ
職場の定期健康診断の結果が出ました。
今回オプションの検査は何もしていません。
結果はほぼ異常なし。

ほぼと書いたのは、赤血球数、血色素量、ヘマトクリットの値が基準値より下がっているからです。
胸のレントゲン写真では心臓が大きいと毎回言われます。
これは長くジョグを続けているせいだと答えています。

赤血球が少ないのは脾臓肥大の影響があるかもしれません。
Drに「何か、これまで大きな病気をしたことがありますか?」と聞かれ、胃潰瘍とバンチ病と答えましたが、バンチ病がDrには伝わりません。

バンチ病を発病をしたのは33歳のときで、脾臓が腫れて貧血がすすむ病気です。
当時の医学書には、バンチ病のことが載っています。
この病気のために2週間余り入院、骨髄穿刺などの検査をしたのですが、結果はこのまま様子を見ようと言われ、今日に来ています。
以来、27年が経過しています。

ところが最近の医学書にはこの病名の記述はありません。
病気そのものがなくなったわけではなく、今は門脈圧亢進症と書かれているようです。
門脈圧が上がる病気とDrに話すと、肯いていました。

数年前に見つかった大腸のポリープも気になるところなので、いつか日をとって検査をしなくてはと思いながら、これも今日まで来ています。
お医者さんへ行くのは好きではありません。検査もそうです。
健康があってこそ、ジョグができたり大会に参加をすることができます。
近いうちに行こうと思っています。
2009.08.07 / Top↑