FC2ブログ
出先から帰って駅近くの胃腸クリニックに行きました。
4年前、大腸検査を受けたところです。
そのとき、「ポリープがあるから2年後に来なさい」と言われていました。
それが4年も経ってしまいました。

回りで大腸ポリープの話しを聞くことも多くなっています。
体調も万全ではなく、ちょっと心配になってきました。
検査は嫌なものですが、そう言っておれません。

問診の後、お腹の触診を受け、その後、看護師さんから検査内容の説明を聞きました。
肝炎ウイルスのキャリアかどうかを調べるため、採血もありました。

検査日は今月28日にしてもらいました。
明日、出勤したときに休みをいただくことにします。
前回は一日入院して、検査を受けたのですが、今回は当日のお昼に行き、半日入院です。

検査の方法は、当日の朝、2リットルほどの液体の下剤を飲んで、腸の中を空っぽにするのは変わりがありませんが、その1週間前から毎夕食後、ピコスルという下剤をコップ1杯分の水に混ぜて飲まなくてはなりません。

検査方法が多少変わっても、検査は嫌なことに変わりがありません。
検査日の翌日は研究集会、その翌日は「かっとび伊吹」の大会です。
何もなければいいのですが、今から気になっています。


2009.08.17 / Top↑