FC2ブログ
ムーベン大腸検査の日。
この検査を受けるのは3度目になります。
絶食して2時間ほどかけて2リットルある下剤のムーベンを少しずつ飲んでいきます。
ややレモン味がついていますが、飲みやすいとは決して言えません。

下剤が効いて普通なら50分から1時間くらいでトイレに行きたくなってくるのですが、それが全くありません。
1時間で1リットルを飲みました。
おかしいと思いながらも続けて飲みます。

1.4リットルほど飲んでも便の兆候はなく、クリニックへ電話を入れました。
「お腹は痛くないですか」
「大丈夫です」
「それではそのまま飲んで全部飲み干したら早めに(クリニックへ)来てください」

この電話を入れて、コップ1杯のムーベンを飲んだ後、気分が悪くなってきました。
下剤はお腹に溜まる一方で、胃が限界に来たようです。
その瞬間、飲んだものをすべて吐き出してしまいました。
ムーベンは無色透明ですが、吐き出したものは薄黄色でした。

その後、残りのムーベンを持って、クリニックへ急いだのは言うまでもありません。
幸い、Rikoさんが仕事休みだったので、車で行ってもらいました。
Drには「すべて出してしまったのか?」と言われました。

急遽、部屋を用意してもらい、残りのムーベンを飲みました。
便が出ないため、看護師さんに浣腸してもらい、トイレへ行きましたが、飲んだ分、すべては出ていない感じでした。

それでも検査はなんとか出来ました。
検査は軽い麻酔をかけて行われます。
自分ではその様子は分かりません。
覚えているのはレントゲン台の上に横向きに寝かされて、右手甲に注射を打たれたことだけです。

終わった後、腸の写真を見せてもらいました。
便の写真が写っているのもありました。
結果は大腸の方は大丈夫だろうとのこと。

その次の言葉に大きな衝撃が…。
「腫瘍マーカーにかなり高い数値が出ています。胃の内視鏡、超音波、X線の検査が必要。PET検査もしなくてはならない」という宣告にも近い言葉でした。

1週間後に再び検査です。
クリニックを出て、帰りの足取りは麻酔の残りとDrの話しで、よろけていました。
2009.08.28 / Top↑