デジタルステージ社のホームページ作成ソフトBinD3を使って、サイトの更新をしようとただ今勉強中です。
各地を回って大会の写真や風景写真をたくさん撮っています。
それらが生かせるようなページづくりができたら楽しいだろうと思い、今日、Flashが作成できるIDのソフトも注文しました。

他社と比較して使い易いのがデジタルステージ社のソフトの特長ですが、そうは言っても学習なしではできません。
目の前でパソコンを操作しながら、一方でテキストを見ながらすすめていきます。

足りないのは時間です。試行錯誤を繰り返しているうちに時間はすぐ経ってしまいます。
それに目も疲れます。
パソコンを操作をするときには、眼鏡をかけ、テキストを読むときには、眼鏡を外すという動作の連続で、これで目が疲れてしまいます。
歯も目もそれに頭も、老化のため無理がききません。

どんな構成にするか、まだ迷っているところもあります。
こんな状態ですから、リニューアルしたサイトが出来上がるのはまだまだ先です。
年末までかかってしまうかも知れません。
2009.10.30 / Top↑
1ヶ月ぶりに月間走行距離が200kmに達しました。
がんばって走ったという感じはしなくて、短い距離をトコトコと積み重ねて走ったという感じです。
本当はもうちょっとスピードアップをして走りたいのが本音なのですが、ペースダウンしたままです。

通勤ジョグの帰りに、放出陸橋で背中にランニングバッグを背負ったランナーさんに、いとも簡単に抜かれてしまいました。
無理もありません。
以前はキロ5分を切っていたジョギングペースが、今は6分を超えています。

大会では5分を切ることが難しくなっています。
涼しい季節です。調子がよければ少しペースアップをして、気持ちよいジョグをしたいものです。
2009.10.29 / Top↑
我が家へ帰ってもパソコンに触らない日はないくらいなので、パソコンがトラブルを起こすと一大事。
再設定をするとなると、ソフトのインストールからインターネットの設定、ユーザーIDの入力と、結構面倒臭いものです。

アプリケーションのインストールにしても、パッケージ購入ではなく、ダウンロードで買ったものも多いため、それをどこにやったのか記憶が定かではありません。
パスワードの控えもなし、慌てふためいています。
最悪、解凍できてもソフトが使えないという事態となり、昨夜もそのために午前2時までかかってしまいました。
今晩も帰ってからその作業にかかりきりですが、時間がかかりそうです。

購入(ダウンロード)をしたときに、バックアップや控えをきちんと残しておけば、どうってことはないのですが、これがなかなかできていません。
もう一つ厄介なのが、ソフトを買ったはずなのに、そのソフトを紛失してしまって、どこにやってしまったかも定かでないこと。
古いバージョンが残っていて、新しいバージョンを紛失、これはかなり重症です。
普段、整理整頓ができていないことが大きな反省点です。

これからは、IDなどの管理はGoogleドキュメントでしようと思います。
この機会に一つのファイルにまとめ直して整理してみます。
こうしておけば、紛失する心配はありません。
それにインターネットができる環境さえあれば、どこからでもアクセスできます。
ますますiPhoneが活躍します。
2009.10.28 / Top↑
ウイークポイントになっている左下奥歯の差し歯が抜けて歯医者さんへ行きました。
前回、治療してもらってから1ヶ月ほどしか経っていません。
何度も治療している箇所なので、土台になっている歯の根元に亀裂が入り、支える役目を果たすことができなくなってきています。
多分抜かなくてはならないとのこと。ショックです。

抜くとなると、前後の歯を削ってブリッジにして歯を作ることになります。
抜かれるのは嫌です。前後2本の歯を削られるのも気がすすみません。
丈夫な歯を削ってしまうと元に戻すことはできません。
すでに右上奥歯はブリッジになっていますが、必ずしも調子がよいとは言えません。
選択肢がそれしかないのであれば仕方がないのですが…。

ブリッジにするにしてもしばらく歯医者さんへ通わなくてはならないようです。
来週は夜の予定が多く入っているため、再来週から治療をしてもらうことにしました。
身体のいたるところでガタが出てきています。
2009.10.27 / Top↑
職場のレクリエーションの下見で太子温泉と当麻寺へ行きました。
高速道路を使うと、職場から太子温泉までは車で40分余りです。
二上山の麓にある太子温泉ですが、平日にもかかわらず、中高年者のお客さんが来ています。
源泉掛け流しのお湯で、リピーターのお客さんが多いようです。
温泉に入るのは次回にして当麻寺へ行きました。

太子温泉が大阪側なのに対し、当麻寺は同じ二上山の麓でも奈良県側にあたります。
二上山は標高500mほどの山ですが、雨のために霞がかかったように見えています。
それがかえって、静かな境内をより強く印象づけています。
紅葉の時期にはまだ早く、観光客の姿もまばらです。

広い境内には、いくつもの古いお堂が点在して建っています。
中でも奈良時代から平安時代にかけて建立された東西の三重塔は、再建当時の姿をそのまま残し、国宝に指定されています。

関西花の寺にもなっている西南院に入りました。
庭園を囲むように石段を上り下りします。
樹齢200年はあると言われる大きな枝垂れのようになったモミジが印象的でした。
日が当たらないため、自然と枝が下へと伸びています。

前後に並んで見える東西の塔、赤と黄色のセンリョウが、雨に打たれて一際引き立って見えます。
紅葉の時期はもちろんのこと、ぼたんやシャクナゲが咲いたときに訪れてみたいものです。
観光客が多くては、この静かな雰囲気は失われてしまいます。

食事は山門近くの「玉や」というお店に入りました。
古い建物です。
表に、かに釜飯と大きな看板が出ていて、それに惹かれて注文しました。
できるまでに30分ほどかかりますが、炊きあがりの釜飯は薫りよくおいしい味でした。

09当麻寺境内 09当麻寺西塔

09当麻寺庭園 09当麻寺茶店

2009.10.26 / Top↑
宿泊先の長崎ワシントンホテルから会場まで徒歩で10分足らず、余裕をもってホテルをチェックアウトすることができました。
空は曇っていますが、心配された雨はなく、絶好のマラソン日和です。

公園内の芝生広場は、手入れが行き届き、ランタナやブーゲンビリアなど色とりどりの花が咲き、心を和ませてくれます。
多くの参加者が集まり、この大会を楽しむ雰囲気が随所に感じられます。

09長崎水辺の公園 09長崎ベイエリア開会式
水辺の森公園とマラソン&ウオーキング開会式風景

ハーフマラソンのスタートは午前9時、停泊している「日本丸」の前がスタート地点です。
ランナーの背中には、参加者の平和のメッセージが書かれたゼッケンが着けられています。可愛いイラストを描いている女性ランナーさんもいます。

09長崎ベイアリア準備体操 09長崎ベイエリアゼッケン
スタート前のエアロビクス運動、ゼッケンには平和のメッセージが

前方には長崎の港の景色が広がり、後方遠くには長崎の象徴、女神大橋が見えています。
長崎港をぐるりと1周して帰ってくるのがハーフのコースです。
一番の景観ポイントは女神大橋ですが、この橋を渡るためには60mの高低差があり、それ以外にもアップダウンがいくつかあり、景観が美しい分、試練も待ち構えています。

スターターは田上富久長崎市長、
1670人余りのランナーが一斉にスタートをしました。
左手に長崎港、左前方にはテレビ塔が立つ稲佐山、浦上川に架かる稲佐橋を渡ると、左折し岬をめざすようにすすんでいきます。

コースは5km手前からフラットな道から登り坂と変わり、足の運びが悪くなってきました。坂道の途中で立ち止まり、デジカメで撮影しました。
下りに入ると三菱重工長崎造船所です。大きなドックが見えています。

また登り坂です。トンネルが見えてきました。西泊トンネルです。
それを通り抜けると、今度は長い木鉢トンネル。
この木鉢トンネルの地上には折り返した後、女神大橋に向かう道路が走っています。

09長崎ベイエリア1 09長崎ベイエリア2
5km手前の登り坂と西泊トンネル

トンネルを越えると、折返し後の女神大橋手前まではフラットな道が続き、身体のリズムがつかみやすくなってきます。
静かな海の景色が気持ちを和ませてくれます。
すでに折返しをしてきたランナーが、女神大橋へ向かって走ってきます。
10kmは56分台、随分遅いペースですが、今はこれが精一杯という感じです。
神の島教会の折り返し点を過ぎました。

09長崎ベイアリア海岸沿い
海岸線に沿うようにコースが続く
 
コースは海岸沿いから内陸部へと入り、再び海岸線へ戻ってきます。
12km過ぎから徐々に女神大橋へと向かう登りです。
急坂がランナーを苦しめます。ここでも立ち止まって歩いてしまいました。
他のランナーさんは立ち止まらず走っています。全くダメです。

09長崎ベイエリア女神大橋へかかる登り 09長崎ベイエリア女神大橋2
女神大橋に向かう急坂

女神大橋へ入るとホッとします。眼下に長崎港、風が気持ちよく感じられます。
橋を下ると16km、1時間32分台の通過です。目標の2時間切りは微妙。
ここからゴールまでは急激な登りはなく、我慢して走り続けるしかありません。

09長崎ベイエリア女神大橋3 09長崎ベイエリア4
女神大橋まで上がるとホッとします

ゴール手前、水辺の森公園から1kmほどの距離に大浦天主堂やグラバー邸があります。
ランナーはその近くを通ってフィニッシュを目指します。

09大浦天主堂 09グラバー邸
水辺の公園からそれほど遠くない距離に大浦天主堂やグラバー邸があります

水辺の森公園に帰ってきました。なんとか踏ん張っています。
右前方にはっきりと日本丸が見えてきました。
どうやら目標にしていた2時間は切れそうです。
1時間59分12秒でフィニッシュ、フルマラソンの中間タイムよりかなり遅い記録です。歩いてしまったのは反省点ですが、完走できて満足です。

09長崎ベイエリアゴール
21kmを走りきってフィニッシュ

アフターランは稲佐山と出島へ行きました。
稲佐山はロープウエイを利用、眼下の長崎の町と港の景色が一望の下に見渡せます。
正面に水辺の公園、左手には平和公園が小さく見えています。

09長崎稲佐山の眺望
稲佐山からの眺め(中程に三菱重工長崎造船所、後方は女神大橋)

09長崎稲佐山の眺望2
対岸中央に水辺の森公園が見えています
 
稲佐山を下りた後、バスで出島へ移動。
江戸時代、海に突き出たような形をしていた出島は、今では回りにビルや建物が建ち並び、それを想像することはできません。

当時の建物配置の模型や、建物が復元されていて、
ボランティアのガイドさんが丁寧に説明をしてくれます。
来年はNHKの大河ドラマが坂本龍馬と決まっています。
ガイドさんも忙しくなると言っていました。

09長崎出島 09長崎出島2
復元された出島の建物と配置模型

長崎駅を16時25分発の特急に乗り、2日間の旅はこれでおしまいです。
駅に着くと、空は雨に変わりました。
今回、新幹線のグリーン車に初めて乗りました。
電源が確保されていて、パソコンのバッテリー切れの心配がないのは有り難いことです。
知らないことに触れることは、何か気持ちが豊かになったような感じがします。
2009.10.25 / Top↑
新大阪8時21分発ののぞみに乗り、博多乗り換えで浦上駅で下車。
新大阪から長崎まで、新幹線と特急利用で5時間です。
浦上駅から500mほどの距離にある平和公園に行きました。
園内にある平和祈念像の右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は世界平和を、軽く閉じたまぶたは原爆犠牲者の冥福を祈っているといわれています。

09長崎平和公園 09長崎平和祈念像

高台になった平和公園から原爆で崩壊し、新たに再建された浦上天主堂が見えます。特徴のある大きな建物です。

09浦上天主堂 09浦上天主堂2

平和公園の中にある爆心地には原爆殉難者の慰霊碑が建っています。
花や花輪が供えられていました。
原爆で残った旧浦上天主堂の建物の一部も移築されて、平和公園の中に建てられています。

09長崎原爆殉難慰霊碑 09旧浦上天主堂

長崎は路面電車が通っています。
これに乗って、出島の停留所で下車、歩いて5分ほどの「水辺の森公園」に行きました。
マラソンのメイン会場です。港と海の眺めが美しく、市民の憩いの場ともなっています。
「日本丸」という大きな帆船が停留していました。

09長崎港帆船 09長崎港

大会の受付を済ませ、歩いてホテルに向かいました。
ホテルは長崎中華街の一角にあり、買い物、観光とも便利なところに立地しています。
すぐ近くに湊公園というのがあり、そこでは「ちびっこくんち」のイベントが行われていました。
市内の保育園児や幼稚園児の出し物が披露されており、ちびっ子たちが勇壮な龍踊りを元気いっぱいに踊っていました。
観客も多く、一緒になってしばらく眺めていました。

09ちびっこくんち

09ちびっこくんちポスター 09ちびっこくんち2

ホテルのチェックインを済ませて、旧唐人屋敷跡を散策しました。
煉瓦造りの古い建物が残っています。
江戸時代、外国人はこの一角にしか住むことを許されていませんでした。

09唐人屋敷案内図

09長崎旧唐人屋敷跡 09唐人屋敷跡2

夕食は中華街のお店「江山楼」でミニコースの料理をいただきました。
ミニでも十分な量で、お腹がいっぱいになりました。
味はどの料理も美味しく、満腹感と満足感で満たすことができました。

09長崎中華街 09長崎中華街2
2009.10.24 / Top↑
明日長崎へ行きます。
この間、Kekoさんには何かと苦労をかけていますから、慰労を兼ねています。
JR西日本発行の「西日本パス」を利用します。

この「西日本パス」は、西日本のJRを利用して2人で一緒に旅をすると割引になるものです。
JR西日本、四国、九州全線が乗り放題、新幹線、特急が何度でも乗車できるお得な切符です。
2日間用だと普通車が1人18.000円、グリーン車が20.000円です。
今回はぜいたくにグリーン車が乗れる高い方の切符を使います。

九州は明日、お天気がよくないのが、気がかりですが、長崎は2人とも初めて。
長崎の観光と食が楽しみです。

明後日の日曜日は長崎ベイエリアマラソンにも出場します。
3ヶ月ぶりのハーフマラソンの大会です。
この大会も景観が楽しみで、沢山、デジカメで撮ってきます。
すでにデイバッグに必要なものは詰め込んで準備は完了しました。
2009.10.23 / Top↑
Mac Bookがやっと退院してきました。
入院して1ヶ月以上もかかってしまいました。

修理完了報告書を読むと、画面が暗く見えなくなってしまったことに加え、Air Macカードも故障していたようです。
液晶パネル、ディスプレイハウジング、ディスプレイベゼル、Air Macカードを交換したと書いてありました。
複数のパーツを交換していますから、入院期間が長くなってしまったのも肯けます。

これでやっと正常に作業ができます。
まず、iTunesを介して、手元にあるiPodのデータを、iPhoneにインポートすることです。
これで好きなミュージックをiPhoneで聞くことができます。

その次には、ホームページのリニューアルを考えています。
こちらの方は、ある程度の日数と時間が必要なため、直ぐにとはいきません。
ぼちぼちと時間を見ながら手直しをしていく予定です。

Mac Bookの退院でようやく作業環境が元に戻ってきました。
2009.10.22 / Top↑
6時起床、良いお天気です。
ゆっくりジョグで海辺まで行くことにしました。
出発前にホテルから眼下の街並みを撮影して、走り出しました。

09杉乃井ホテルからの早朝の眺め

ホテルから海岸までほぼ一直線。
下りですから呼吸が乱れることはありません。信号待ちも少なくすいすいと下っていきます。

20分で海岸沿いの国道に出ました。陸橋を渡ると的ヶ浜公園です。
海岸で戯れる少年たちがいました。少年を入れて別府タワーと高崎山のショットを証拠写真として撮影しました。

09的ヶ浜公園

的ヶ浜公園には別府大分毎日マラソンの顕彰碑があります。
正面の低い壁には歴代の優勝者の銘板が貼り付けられていて、往年の名ランナーの名前を確認することができます。

毎日マラソン顕彰

陸橋上から国道沿いに立っている別府タワーを撮りました。
昨日も一昨日もこの左脇の歩道を走りました。

行きはよいよい、帰りは怖い。帰りはひたすら登り。
道路上には別府八湯の銘板を見ることができます。
歩くような速さで踏みしめるように、呼吸を整えて、ゆっくりと登っていきます。

毎日マラソンコース 温泉銘板

途中に鬼の顔を形作った石のモニュメントがありました。
多分地獄への案内を兼ねた、ご招待なのでしょう。
面白そうだったので、これも撮りました。

別府鬼の石像物後半26分かかってホテルへ戻ってきました。
眼下に別府の街を眺めながら入る掛け流しのお湯は、贅沢としか言いようがありません。
段々畑のような造りになっていて「棚湯」と名前が付けられています。
すっかり堪能してしまいました。
2009.10.21 / Top↑
サンフラワー号が港に入ろうとしているのが見えました。
ホテルの場所は港から1km弱のところにあり、発着場こそ見えないものの船がよく見えます。
空は薄雲が覆っており、日の出はイマイチよく見えません。
まだ薄暗い中、フロントにキーを預けて、外に出ました。
ひんやりとしている上に、風がやや強く吹いています。

朝ジョグは、昨日と同じコースにしました。
疲れ気味のため、アップダウンのコースは回避して、フラットな国道沿いを選びました。
昨日は気ままな感じのジョグでしたが、今日はきまじめなほど、行きも帰りも同じ国道沿いの歩道を行き帰りしました。
往復12kmを1時間18分、これくらいの距離と時間がちょうど良いように感じます。

ホテルへ戻って、身支度を整え、研修会に出席する準備をしました。
今日、明日の二日間は杉乃井ホテルでの研修会です。

09杉乃井ホテルからの眺め
杉乃井ホテルからの眺望

一日目は開会式と厚労省の行政説明…と続きます。
児童家庭局家庭福祉課課長の予定でしたが、政権交代による概算要求見直し作業のため出席できず、課長補佐さんによる説明でした。若くして課長補佐です。
内容は事前に配られた資料の説明に終始し、ノートをしなければならないようなことはほとんどありませんでした。

その後、基調報告と特別講演がありました。厚労省の説明より、こちらの方がずっと勉強になります。
児童福祉法の改正、社会的養護、小規模化、子育て支援、愛着関係の形成etc、乳幼児に関するキーワードが何度も出てきます。
夕方になって朝の疲れが出てきました。

別府八湯の一つで観海寺温泉の中心にある杉乃井ホテルは、高台にあって一際よく目に付きます。
眺望がいい分、走ることは逡巡してしまいます。
ショックを受けたのは、別府を代表する大規模なホテルでありながら、LANの設備がないことです。

昨日泊まったビジネスホテルは1泊3.850円でした。
それでも大浴場があり、インターネットもできました。
今どき、LANの設備がないなんて…と、驚いてしまいました。
ブログの更新は明日、帰宅してからになってしまいます。
2009.10.20 / Top↑
09サンリバーから見る朝日ホテルのカーテンを開けると朝日が顔を出したところでした。
今日も良いお天気です。
ランスタイルに着替えて朝ジョグに出ました。
国道を高崎山の方へ向かって走ります。
別府毎日マラソンのコースです。

行きは国道の歩道を走り、高崎山で折り返して帰ってきました。
ホテルからだと、高崎山は近くに見えていましたが、走ってみると以外に距離があります。
片道6kmです。帰りは海岸沿いをくねくねと曲がりながら気ままに走りました。
途中立ち止まっては、デジカメのシャッターを押します。

09早朝ジョグ鶴見岳 09早朝ジョグ別府湾
高崎山付近から見た鶴見岳(左)と別府観光港方面を撮す(右)

  09朝日の高崎山 09高崎山と船
朝日を背にした高崎山(左)と右は別府港からの高崎山の眺め

09高崎山とタワー 09ジョグサンフラワー
別府タワーと高崎山(左)と別府観光港に停泊するサンフラワー号(右)

1時間20分ほどのジョグになりました。
ホテルへ帰って10階にある展望風呂に入って汗を流します。
大浴場には誰一人いません。独り占めして殿様気分です。

湯布院へ
ホテルの送迎バスを利用して駅まで出て、路線バスで湯布院へ行きました。
別府駅から50分ほどで湯布院に着きます。  
城島高原を越えてから途中の景色は見応えがあり、何度もシャッターを押しました。
由布岳は角度が変わると、その姿、裾野の様が変わり、違った山の姿を見せてくれます。

09由布岳の姿 09由布岳の姿2
別府から湯布院に向かうバスの中で由布岳を撮影

09由布までのハイウエイ 09由布の町を望む
高原道路を下ると湯布院の町が眼下に見えてきます

09由布岳遠望
 観光コースから外れて田園の中から由布岳を撮影

09湯布院駅前通りと由布岳
由布院駅前通りから湯布院を望む

どこを歩いても、絵になる光景がいっぱいあるのが湯布院です。
洒落た店も多く、看板や軒先の品物を眺めているだけで退屈しません。
人気スポットなのも肯けます。
特に駅から金鱗湖にかけての通りは観光客が多く、通りから溢れているような感じさえします。
金鱗湖の写真も何枚かアップします。

09金隣湖の眺め 09観光客でいっぱいの金鱗湖
湯布院の人気スポット金鱗湖

09金鱗湖の共同浴場 09湯布院の小さな花
金鱗湖脇にある共同浴場、風情があります。そばには小さな花が咲いていました

 09亀の井ガーデン 09静かなたたずまい
金鱗湖に隣接する亀の井ガーデン、しっとりと落ち着いた雰囲気があります

09亀の井ガーデンの花車
散策していて花車をみかけました

09湯布院猫の店
愛嬌のある猫グッズ専門のお店

09湯布院郷土のお店 09動物のマスコット
店先を眺めているだけでも楽しめます

09湯布院お店2 09湯布院お食事処
両脇にお店が並ぶ通りには観光客が途切れません

  09湯布院と馬車 09湯布院人力車 
馬車も人力車も走っています

09湯布院団子汁 駅前にある「花水木」というお店で、大分名物、だんご汁の定食を戴きました。
確か以前来たときに入ったお店です。
きしめんのような細長いだんごに、具いっぱいの野菜が入っただんご汁は食べ応えがあります。

当てもなく、ぶらぶらと歩いていたので、すっかり疲れてしまいました。
足は棒の様になっています。
帰りのバスの中では寝入ってしまい、目が覚めると駅に着いていて、慌ててバスを降りました。
疲れているので、明日ジョグができるか微妙です。
2009.10.19 / Top↑
09志高湖
第22回湯けむり健康マラソン(コース上から眺めた風景
志高湖の後方に右・別府鶴見岳、左は由布岳の勇姿
 
船はほぼ定刻通り別府観光港に到着、船を降りると別府駅行きのバスが待っています。
駅まで15分で到着。重い荷物はコインロッカーに預け、身軽にして、モーニングが食べられそうな店を探しました。
09別府駅東口のところに大きな銅像が立っています。ユーモラスなスタイルが目にとまりデジカメで撮りました。「ぴかぴかのおじさん、別府観光の父・油屋熊八の像」と書いてあります。
 
方々歩きましたが、好みに合う店は見つけられず、朝食は駅のコンビニで、そぼろのちらし寿司を買って食べることになってしまいました。

マラソン会場のある志高湖は、山をはさんで別府の町の裏側に位置しています。
自然の美しさが色濃く残る景勝地ですが、市街地からバスで20分ほどの距離でしかありません。

トップに志高湖を前景にした鶴見岳と由布岳の写真を載せましたが、この景色は何度眺めていても飽きることがありません。下の写真は志高湖の白鳥と戯れる子どもたちのスナップです。

09志高湖の風景

周辺は紅葉が始まっていて、秋の深まりを感じさせます。
受付会場から別府鶴見岳の山頂が見えています。
会場の回りにはリンゴや草餅などの特産品の販売所が設けられています。
開会に先駆けて音楽隊の演奏がありました。

09志高湖会場風景
メイン会場風景

09志高湖会場入口  09湯煙物産店 09湯煙物産店2   09湯煙演奏

湯けむりマラソンは参加種目はマラソンとウオークの部があり、志高湖とその奥にある神楽女湖をめぐるコース設定になっています。両方の参加者を合わせて1300人くらいでしょうか。そのうちマラソン参加者は800人です。

  09志高湖会場案内 
コースはこの案内図とほぼ同様、16kmはコースを2周します

09志高湖ウオーク 09湯煙マラソン16km
ウオーキングの部(左)と16kmマラソンコースのスタート風景

ウオークの距離は3.5km、マラソンは16km、8km、4kmと3つの種目でした。
最長の16kmの部に出場しましたが、アップダウンのあるタフなコースでした。
1時間30分のゴールでしたから、まずまずです。

09湯煙残り1.5km  09湯煙鶴見岳を望む
前半は下り基調、後半は登り、鳥居付近はきつい勾配、鶴見岳が見守っています

09湯煙16kmのランナー  09志高湖4kmごール
ゴールまで熾烈なデッドヒート?、どちらが先にフィニッシュか
鶴見岳山頂へ
走り終えた後、バスを途中下車しロープウエイで鶴見岳へ上りました。
1300m地点まで上がっていきます。
上がるに従って、木々の葉が赤く染まっていくのがはっきりと分かります。
お天気がよく、別府湾に面した別府や大分の町、久重連山、由布岳の山並みがよく見えます。

09鶴見ロープウエイ 09鶴見岳ロープウエイの景色
近鉄・別府ロープウエイからの眺め

09鶴見山頂から別府の町
山上から別府湾、別府の町を望む

09鶴見山上から高崎山
山上から大分市方面を撮影、右手奥は高崎山

鶴見岳の最高地点はロープウエイの山上駅から10分ほど勾配のきつい階段を登らなければなりませんが、頂上に立つと気分は最高。
頂上に置かれたベンチの上で、別府の町と遠くに広がる景色を眺めながら、マラソンでもらったおにぎりをおいしくいただきました。

可憐な花たちも見かけました。
珍しいことにミヤマキリシマが咲いているのを見つけました。たった一本の木だけでしたが、6つほど小さな花を咲かせていました。
随分得した気持ちになりました。

09鶴見山上への階段 09鶴見山頂から
山上駅から頂上へは長い階段が続きます。山頂から由布岳を望む

  09鶴見山頂の紅葉 09鶴見山頂の花
山頂付近の紅葉と高山植物

09鶴見山頂のみやま霧島 09鶴見山頂のあざみ
季節外れのミヤマキリシマがさいていました。右はアザミ

09鶴見山上から志高湖
白いススキがきれいです。奥に見える湖はマラソンで走った志高湖です。

2009.10.18 / Top↑
仕事を4時で早退させてもらって、大阪南港へ向かいました。
グレゴリーの32リットルのデイバッグには、はち切れそうなほど衣類や細々としたものを詰めました。
背中にデイバッグ、手にはパソコンや書類を入れたバッグを持っています。
なんだか不釣り合いな組み合わせです。

09別府へ最寄りの地下鉄の駅から南港のあるトレードセンターまでは乗り換えを含めても1時間ほど。
トレードセンターの駅からフェリーターミナルのあるATCのビルはつながっていて、矢印のついた案内版が随所にあって、初めてでも迷うことがありません。

乗船申込書に名前を記入して予約をしておいた2等寝台のチケットをもらいました。
乗船時間まで15分ほど時間があり、ビルの中を見て回りましたが、きれいに飾られた店が多く、退屈することはありません。
待合室には、胸にワッペンをつけた読売旅行社の団体さんも多く待っていました。

09ATCビル船に乗ってからデッキで何枚かデジカメで撮影しました。
ATCのビルも撮りました。
いよいよこれから旅立ちです。
船室は左右に4つのベッドが2段になっています。

2等広間にはお客さんが多くいましたが、自分の入った2等寝台の部屋は3人だけでした。
2階にあるレストランは広々としていて、リラックスした雰囲気でお客さんの食事や話が弾んでいます。
ゆったりとしているところが船の一番の魅力です。

3階のロビーのイスに腰掛け、船窓から見える夜景を眺めながら軽い夕食をとりました。
お昼に買った施設の子どもたちが作ったパン、保育士さんの手作りクッキー、それに乗船前コンビニで仕入れた助六がメニューです。

09船上でパン食 09明石海峡大橋

食べ終えて入浴を済まし、デッキへ出てみると、前方に明石海峡大橋が見えてきました。
緑のようでいて青く輝く小さな光りの粒が曲線を描いて伸びています。
明石から神戸の町が輝く森のように見えます。
反対側に目をやると、淡路島、光りで彩られた架け橋です。

3階ロビーの壁には「さんふらあ あいぼり」のイラストが掛けられています。
それには海面からマストまで約32メートル、御堂筋のビルと同じ位の高さと描いてあります。
航海速力は22.4ノット(時速41.5km/1ノットは時速1.852km)、総トン数は9.245トン、最大852名のお客さんとトラック100台、乗用車100台が積めるのだそうです。

09別府航路船のイラスト

フェリーはこれから瀬戸大橋から来島海峡大橋の下を通って別府へと近づいていきます。
瀬戸大橋は23時30分、来島海峡大橋は1時50分通過の予定です。
瀬戸大橋までは起きているかも知れませんが、来島海峡大橋は多分寝ていることでしょう。
明朝6時40分、別府観光港到着です。
2009.10.17 / Top↑
予定通り、明日別府に出発します。
4日分の着替えを準備しますが、荷物はいつもと比べると多くなりました。
かさばるのが衣類です。

大会参加用に加えて、ジョグ練習用のウエア、それに会議出席用の上着とズボンも用意しなくてはなりません。
ノートパソコン、デジカメ等も必需品のため、重装備となってしまいました。
プライベートな時間もたっぷりとあり、本も詰めました。
重くなるのは当然です。

気になるのが空模様、
明日崩れて、日曜日は晴れることを期待しています。
明晩は船上です。
ブログは明後日にアップします。

2009.10.16 / Top↑
朝の空気が爽やかです。
半袖姿だと少し寒いくらいですが、ジョグには良いコンディションです。
昨日、ジョグを休んだ分、今朝の通勤ジョグは軽快に走ることができました。
距離が短かったとは言え、気分よく走れたのは久しぶりです。

帰りのジョグは朝ほど、軽くはありませんでした。
朝も夜も軽やかにとは、なかなか行かないものです。

あと2日で別府行きです。
土曜日の夜から行って、帰ってくるのは翌週水曜日の夜。
4日も別府で過ごすのですから、気分はミニキャンプのようです。

お天気次第ですが、カメラを持ってぶらぶらしてみたいと思っています。
海や山を見ながらの早朝ジョグも気持よさそうです。
まるで修学旅行に行く前の小学生のようで、ウキウキしています。
2009.10.15 / Top↑
iPhoneが届いたのは昨夜遅く、その後、あれやこれやと触り試しているうちに深夜になってしまいました。
ふとんにもぐり込んだときには、午前2時、その後もなかなか寝付かれず、今日は睡眠不足がもろに出てしまいました。
しかも、朝食後に飲まなくてはならないチラーヂンの薬も飲み忘れて、頭がぼんやりとしています。

しばらくはiPhoneの虜になりそうです。
アイコンをタップする度に、ワーすごい、賢い、感激!と驚きの連続です。
そのために、ジョグはお休みになってしまいました。

明日は大事な薬を忘れないようにします。
ジョグもさぼらないように心がけたいと思います。
2009.10.14 / Top↑
iPhone待ちに待ったiPhoneがやっと届きました。
黒いボディのiPhoneは質感があって、手にとってみると重厚な感じがします。
洗練された美しさはMacらしいところで、これも魅力の一つです。

iPhoneはMacと同期させてこそ、真価が発揮されるのですが、肝心のMac Bookがまだ入院中です。
ソフマップに問い合わせると、修理部品がメーカーから届かず、いつになるのか分からないという返事です。
3週間くらいで直ると聞いていたのに、もう1ヶ月を過ぎています。

Mac Bookが退院してくるまでは、iPhoneを撫で回し、早く使いこなせるようにしたいと思っています。
機能が豊富なので使いこなすと、いろいろ面白いこともできそうで、楽しみが一つ増えました。

2009.10.13 / Top↑
今月に入ってようやく一日、公休がとれました。
朝から机や小物関係の整理をしましたが、意外に手間取り、お昼時間をはるかに過ぎてしまいました。

ジョグに出たのは午後4時半に近い時間になってしまいました。
暗くなってくると、走る気持を削がれてしまいます。

2ヶ月ぶりに慈光院まで行きました。
それ以後、ジョグで走ったのは12.5kmが最長の距離です。
距離、スタミナともに不安があります。

往路は1時間2分、復路に1時間8分もかかり2時間10分のジョグでした。
後半、かなりペースダウンしましたが、速さはともかく、歩かずに走り通せたのは収穫です。
終盤足がよろけて何度も蹴躓きそうでした。

今度の日曜日に出場を予定している別府湯けむりマラソンの距離は10マイルです。
これで完走のメドはつきました。

別府の1週間後は長崎のハーフマラソン
これを2時間以内で走れば順調に回復していると言えるのですが、例えオーバーしても楽しんで走れたら良しです。
2009.10.12 / Top↑
朝夕涼しくなってきて、少しくらいの距離なら、シャワーもいらなくなってきました。
夏の間は止めていた朝の通勤ジョグを再開することにしました。
朝夕ジョグができればよいのですが、しばらくは体調と相談しながらのジョグとなりそうです。

今朝の通勤ジョグは何カ月ぶりになるでしょう。
6月から止めていますから、5ケ月にはなります。
新深江を過ぎたところで、ウオーキングをしている右片麻痺のおじさんに出会いました。
朝の通勤ジョグでは何度もすれ違い顔見知りのおじさんです。

お互いに目が合うと、「おはようございます」と自然に言葉が出ます。
朝のあいさつは気持ちのよいものです。
元気に歩いている姿を見かけると、元気をもらいます。

夜は懇親会のため、ジョグは朝だけになりました。
明日は施設の子どもたちの運動会、天気もよさそう。
朝夕走ろうと思います。
2009.10.10 / Top↑
診察日(甲状腺・橋本病)でした。
採血をしてその結果を見ながら診察を受けました。
前回は9月16日、服薬の効果がはっきりと現れています。
血液検査の結果は下の表のとおりです。
甲状腺関係以外の検査は、前回診察を受けたときのものです。

血液検査結果

FT4とTSHは基準値と大きくかけ離れていますが、FT3は基準範囲内になっています。
AST(GOT)からCEA値は、いずれも異常値を示しています。
先生の話ではAST、LDH、CPKは甲状腺機能低下症によるもので、甲状腺機能が回復してくれば、数値も下がってくるそうです。

検査項目の中で、ASTは肝機能を調べるものでは、ポピュラーな検査で最もよく知られているものです。
LDHは「細胞内で糖がエネルギーに変わるときに働く酵素で肝細胞、心筋、骨格筋、血球など全身のあらゆる細胞に含まれている。
それらの細胞が障害(破壊)を受けると細胞外に出てくるため血液中のLDHは高値になる」と解説には書いてあります。
読んでもなんだかよく分かりません。

CPK(クレアチンフォスフォキナーゼ)は、「心臓をはじめ骨格筋、平滑筋など筋肉のなかにある酵素で、これらの細胞に異常があると、CPKが血液中に流れ出すため、高い数値となる」。
これだけでは、どんな症状が出てくるのかよく分かりませんね。

身体を動かし実感していることは、軽いジョグでも筋肉の疲れが出やすいこと、その疲れがなかなかとれないことです。
薬を飲んでいることで、症状は随分と軽くなりました。
疲れやすいところはまだまだですが…。

T-Bilは総ビリルビンのことで、溶血性黄疸を示しています。
これはバンチ症によるもので、脾臓肥大が大きく関わっています。
いずれはバンチの検査もしてもらった方がいいかもしれません。

腫瘍マーカーは10.8で依然高い数値ですが、前回より下がってきているので、一安心です。
次回の診察日は40日後、これまで服薬は朝と夕の2回でしたが、朝のみの1回となりました。
ただし、薬(チラージンS)の量は少し増えました。
前回、「症状や検査結果を見ながら、薬の量を徐々に増やしていきます」と、先生が話されていたのを思い出しました。
来月はもっと調子がよくなって来ると思います。
2009.10.09 / Top↑
雨戸に吹き付ける雨と風で真夜中に目が覚めました。
特に風は雨戸を固定しているにもかかわらず、ガタガタと叩きつけるような音で、不安な気持ちにさせます。
古くなったガレージの波板が気になりました。

夜が明けて、台風が潮岬沖から知多半島の方向へ外れたのを知りましたが、強い風と雨は残っています。
外へ出ると、お隣の物干場の波板が風で吹っ飛んでいました。
ガレージの屋根は大丈夫でした。
路上には太い木の被害はありませんが、そこかしこに枝が散乱しています。

この台風の影響で近鉄奈良線は始発から運転を見合わせ、大きくダイヤが乱れました。
台風が去って青空と日が差して来たのは、午後になってからでした。
秋台風は北からの冷たい空気も取り込んで勢力を増します。

台風が過ぎ去ると、寒さが一段と増すかも知れません。
電車では半袖姿の人を見かけることが少なくなりました。
ジッとしていると寒いくらいです。
2009.10.08 / Top↑
台風18号が近づいています。
中心気圧は945hPaで強い勢力をもち、過去、最強クラスと伝えています。
今夜から明日早朝にかけて強い雨と風が予想されます。
珍しく今夜だけは、我が家でも雨戸を全部閉めました。

鉢物は家屋の中に緊急避難。
玄関がグリーンであふれています。

まだ時間は夜の10時半ですが、時折、風と雨が雨戸を叩きつけています。
奈良でも、すでに大雨、洪水、暴風警報が出ています。
真夜中に雨風の恐怖にさらされるのは、不安が募り嫌なものです。
2009.10.07 / Top↑
体調が戻ってくると食欲も出てきます。
食べるものすべてが美味しく感じられます。
特に秋の果物は魅力がいっぱいです。

梨、みかん、りんご、ぶどう、柿etc。
店頭には欲しいものがたくさん並んでいます。
果物は食べていて飽きることがありません。
梨もりんごも柿も、皮は剥かずに丸ごとガブッと食べます。
それがワイルドな食べ方、至福な瞬間です。

なかでも紅玉は最も好きなりんごで、酸味の味がこたえられません。
紅玉は皮を剥いては台無しです。
他のりんごに比べて値段も安い方なので、店頭で見つけたら必ず買ってしまいます。

テーブルの上に紅玉、みかん、梨が置いてあったら、手を出さずにはいられません。
今夜は夕食以外に、紅玉2個、みかん3個、柿1個、それにアイスを一つ食べました。
これでも少ない方です。
我が家では「一人で食べ尽くす」と、回りから非難ごうごうの声を浴びています。
2009.10.06 / Top↑
新しい眼鏡が出来上がりました。
今までの眼鏡はガラスのレンズでした。
今度はプラスティックのレンズにしました。
軽いのが特徴です。

プラスティックは落としても割れる心配はありませんが、キズが付きやすく、ガラスに比べて手入れが面倒な欠点があります。
お湯は禁物、乾いた布で拭くことも注意をしなくてはなりません。

フレームはチタン製、眼鏡の蔓にはローデンストックのRのロゴが印字されています。
中国製は安いと店員さんが言っていましたが、MADE IN JAPANの文字が入っています。
でも、どんなに眺めてみても、定価ほど高価な感じはしません。

フレームにはロゴなり、品番が刻印されていますが、レンズは全く分かりません。
「有名なレンズメーカーのものです」と言われても、フレームに装着したレンズを見て、それが本物かどうかの判断は素人には無理です。
お店を信用するしかありません。

眼鏡は新しくなりました。
ジョグをするには、プラスティックは軽くていいのですが、手入れが面倒となると考えてしまいます。
当分は今まで使ってきた眼鏡で走ります。
2009.10.05 / Top↑
澄み渡った秋晴れの一日、
日中は職場の採用試験、予定していたより早く終わり、午後4時過ぎには我が家に帰ることができました。
夕日が沈む頃になって、富雄川のジョグへ。
軽やかな足取りにはまだまだ遠く、若草台折り返しの往復11.5kmのショートコースで戻ってきました。

ハーフコースの慈光院までは、来週トライ出来たら上出来です。
振り返ると慈光院までジョグしたのはお盆の時、2ヶ月近くもハーフの距離を走っていません。
もう少し走り込みが必要です。

富雄川のジョグから帰ってくると、東の空に丸い月が浮かんでいました。
中秋の名月は昨夜でしたが、雲に隠れてよく見えませんでした。
今夜は十六夜、月見には絶好です。
2009.10.04 / Top↑
修理依頼に出しているMacBookがなかなか帰ってきません。
すでに20日以上になります。
ソフマップの窓口では、修理期間は3週間ほどと言っていました。
それが未だに音沙汰がありません。
しびれを切らして、お店に問い合わせると、まだ2週間以上はかかるとのつれない返事です。

来週にはiPhoneが届く予定になっています。
iPhoneが届いてもデータを移すことができません。
バージョンアップしたBind 3も手許に届きました。
肝心のMacBookが無ければ、ソフトのインストールもできません。
ホームページの更新もダメ、困ったものです。

MacBookが早く退院して帰ってくるよう首を長くして待っています。
2009.10.03 / Top↑
昨日は日帰り管内出張、今日は一日雨でジョグができません。
10月に入り、気分一新して、走ろうと思っていただけに出鼻をくじかれた感じです。
今度の日曜日も仕事で、走れそうにありません。

雨さえ降らなければ、仕事帰りにジョグの予定でした。
身体がだぶつき気味です。
距離は短くとも、コツコツと走る日数を増やしていきたいところですが、なかなかうまくいかないものです。
2009.10.02 / Top↑
いろいろあった9月が終わり、新しい月の始まりです。
先月のジョグはこの数年、最低の84kmに止まりました。
今月はもとの目標200kmに戻します。

JBL秋の深まりとともに、静かにミュージックを聞いてみたくなります。
この頃、枕元にJBL製のon timeを置いてiPodを聞きながら寝ます。
この丸形の特徴あるiPod専用のスピーカーは、デザインもさることながら、マイルドな音質で気に入っているものです。

2週間ほど前にフォークグループ、ピーター・ボール&マリーで知られる女性ボーカリストのマリー・トラヴァースさんが白血病のため、亡くなりましたが、PPMの曲は好きでiPodにもアルバムを入れています。
「花はどこへ行った」「500マイル」は特にお気に入りの曲で、昨晩も聞いていました。

今朝、喫茶店に入って書類の下調べをしていると、ストリングスで演奏される「500マイル」の曲が流れてきました。
ちょっとしんみりとして聞き入ってしまいました。

PPMは原発反対運動支援コンサートや、晩年になってからでも拉致被害者支援コンサートを開催するなど、平和運動にも携わっていました。
たくさんの名曲がありますが、マリーさんが亡くなってとても寂しい気がします。
2009.10.01 / Top↑