FC2ブログ
いつもは阪神高速から国道173号線を経由して篠山に入るのですが、今日は楽をしようとして中国道、舞鶴道で行きました。
午前7時を少し回ったばかりでしたが、篠山口ICの2.5km手前で渋滞していました。

このため、篠山川河川敷の駐車場へは入れず、会場(篠山城趾)より北側にある城北コミュニティセンターに止めました。
いつもと違う道を歩いて会場に入りましたが、満開に開いた梅の花や古い篠山の家屋を目にして得した気分になりました。

歩いている途中で「かす汁」に目が止まりました。
早速、頼みましたが、酒に弱いことをすっかり忘れていました。
他に、おにぎりとお茶、バナナを買いました。
町全体がマラソン一色、欲しい物は会場でなんでも買うことができます。

篠山宝蔵館 篠山大福堂

スタートゲートの前でスタッフと打合をしている漫才師の「かつみ、さゆり」さんを見かけました。
短パンで寒そうです。

篠山マラソンかつみ、さゆりさん  

着替えは郵便局の軒下でしました。
うまい具合にコの字型のスペースがあって、そこに身体を入れると風を遮ってくれます。
少し狭いのさえ我慢すれば、絶好の場所です。
目の前には大正ロマン館があります。

篠山大正ロマン館 篠山町並み

10時現在の気温は5℃、小雨が降り続いています。
長袖Tシャツの上に、ゼッケンを付けた半袖Tシャツを着て、その上からビニール袋を被ります。
雨と寒さのため、このビニール袋は、スタートからゴールするまで脱ぐことはありませんでした。

このコンディションもあるのか、今日は身体も足も動きません。ゆっくりしたペースなのですが、ペース以上のしんどさを感じます。
1kmがなかなか刻めません。
ハーフ通過はなんとロスタイムを差し引いて2時間2分、悪くても2時間切りと思っていましたから、かなりの遅いペースです。

腰の痛みはひどくはありません。
このままいけそうです。
しかし、雨は止みそうになく、帽子のひさしから、ポタポタと滴が落ち、身体が冷え切っています。
手袋をしていても、濡れて冷たくなり、それでさらに手指を冷やしてしまい悪循環です。

折り返してきたランナーと出会うようになると25km地点です。
折返しコース側に「しし汁」の大きな看板が見えてきました。
美味しそうに食べています。
「折り返してからしし汁を食べよう」と思いました。
しかし、折返し点(30.6km)がなかなか見えてきません。

篠山マラソン30.6km折返し

折り返して32km過ぎに「しし汁」のテントがあります。
寒いこともあって、いつもより人だかりの輪が大きくなっているようです。
並んで順番を待ちます。
湯気の立つ「しし汁」を美味しくいただきました。
傍にあるドラム缶では赤々と火が燃やされ、まわりをランナーが取り囲んでいます。
デジカメで撮影しますが、レンズが曇って画面にムラができています。

10篠山しし汁  篠山マラソン暖をとるランナー

篠山マラソンしし汁テント 

35km地点は歩いて通過。
ここからゴールまでは歩きが何度も入りました。
雨の中、沿道から熱い声援をたくさんもらいました。
身体が重く、その声援に応えられる余裕がまったくありませんでした。

篠山マラソン35km地点

篠山マラソン残り3km余り

ゴールを自分の時計で確認すると4時間26分でした。
手が寒さで縮かんで、手指が思うように動きません。
寒い中でのフルマラソンは堪えます。
帰りに能勢温泉で温もって、元気になりました。
2010.03.07 / Top↑