午後から近畿関係の会議がありました。
職場を出る前からできるなら出席は避けたいような気分でした。
2時間の会議が随分長く感じられ、出されたお茶とケーキも口にしませんでした。
こんなことは珍しいことです。
会議が終わってホッとしました。

慌ただしく職場を出ましたから、昼食を摂っていませんでした。
会議の後、梅田の地下街でカレーライスを食べました。

話題は変わりますが、我が家に珍しいお客さんが来たそうです。
庭の隅に虫に喰われて枯れ木になってしまった高さ3mほどのオリーブの木があります。
夕方にコゲラがやってきて、枯れたオリーブの木をコツコツやってたらしいのです。

コゲラはスズメほどの大きさで、背は黒茶色で白い斑点の模様が特徴です。
Kekoさんは、間近で斑点模様まで見ています。
コゲラは枯木に巣を作るようですから、歓迎して待っています。
実際に目にしたら、シャッターチャンスですね。
2010.04.30 / Top↑
デジカメをウエストポーチに入れてジョグに出ました。
最低でも20kmと決めて走り出しましたが、イマイチ身体がシャキッとしません。
天気は良いのですが、風があり、足を重くしているせいもあります。

10kiji

大和郡山・矢田寺線を越したところで、珍しいものに遭遇しました。
キジです。
奈良へ引っ越した当時は、我が家の近くでもよく見かけました。
20年以上も前のことです。

まさか、遊歩道そばの田圃の中で見かけるとは思いませんでした。
甲高い独特の鳴き声も聞こえました。
しばらく眺めていましたが、やがて川の方へ飛んでいってしまいました。

慈光院から法輪寺へと向かうつもりでしたが、予定を変更。
慈光院から南は飛鳥葛城自転車道です。
緩やかに蛇行したサイクリングロードは絶好のジョグコースです。

足下に慈光院まで2km、石舞台古墳まで28kmと表示されていました。
我が家から石舞台まではフルマラソンほどの距離ということになります。
マロン工場の横を通り過ぎ、国道25号線を横切り更に南進。

飛鳥葛城自然歩道  遊歩道銘板 

富本憲吉記念館まで行くことにしました。
富雄川に沿って走っても、まだ2kmはあります。
関西本線踏切の手前を左折し、安堵町役場前に来て、自販機のペットボトルで給水。
記念館までもうすぐです。

10tomimoto 

役場前から細い路地を入っていくと、目的地の記念館がありました。
回りには大きなお寺や神社があります。
静かな住宅地の中でした。
安堵町の細い路地は「太子道」と呼ばれています。
道路脇の案内板にはこのように書かれていました。

「太子道は、聖徳太子が飛鳥京から斑鳩宮の間を行き来されたと伝えられるこの間を斜めに貫く古道です。当町付近では、高塚から飽波神社を経て、広峰神社~斑鳩町高安方面へ向かう路にあたり、周辺には太子ゆかりの社寺や史跡、伝承地が散在しています」

門をくぐって敷地の中に入ると、入場料700円と書いてあります。
写真だけ撮って引き返しました。
自宅からここまで14.5km、復路はかなりきついジョグとなりました。
追い風に押されてなんとか帰ってきましたが、30km近いと疲れます。
左のアキレス腱が悲鳴をあげています。
休憩を含めて3時間45分のジョグでした。

10tomimoto3  10tomimoto2 



2010.04.29 / Top↑
14年間、勤務していた施設の20周年記念の催しにお誘いを受け出席しました。
施設の開設時から仕事をさせていただいたので、特別の思いがあります。
なかまの皆さんや家族の方々、職員さんに久しぶりに合って、嬉しいひとときを過ごすことができました。

催しがあったのは守口市駅前にあるMホテルです。
ホテルのオーナーが変わったのか、数年前と名称が変わっています。
全体で150名の参加者で、2階のイベント会場は人でいっぱいでした。

懐かしいDVDも見せてもらいました。
それを見ていると、自分のふるさとに帰ったような気持ちになりました。

夜は「新任職員歓迎会」。
こちらはの参加者は100名弱。
フレッシュで屈託のない職員さんの顔を見ていると、元気をいっぱいもらいます。

先週と今週はカロリー摂りすぎでイエローサインが出ています。
明日は消費しなくてはなりません。
2010.04.28 / Top↑
一昨日は春の日差しが降り注ぐ上天気でしたが、今日はまた、雨模様、しかも、夕方には強い風も吹き、天気が定まりません。
確かに今年の天候はおかしいとしか言いようがありません。
こんな天気ですから、ジョグは完全休養です。

昨日は朝、夜とも身体が重く、ジョグにも精彩がありませんでした。
身体にとってはいい休養だったかもしれません。

もうすぐゴールデンウィーク。
仕事の後片付けをしながら、一度は平城遷都1300年の会場でも行ってみようかと、ぼんやりと思っていた矢先でした。
職場で予期せぬトラブルが起こってしまいました。
顔から血の気が失せていくような衝撃でした。
なんとか手立てのできるところはしましたが、明日以降も尾を引くことは必至です。

この頃、いろんな事に直面します。
2010.04.27 / Top↑
昨年、体調を崩したときに、Kekoさんが奈良町で庚申さんの身代わり猿を買って来てくれましたが、その身代わり猿を返しに行きました。
猿沢池近くの市営奈良町駐車場に車を停めて、奈良町資料館へと向かいます。
この2,3日、季節外れの寒さが続いていましたが、空はからりと晴れ渡り、雲一つない天気となりました。
気温も穏やかです。

奈良町には何度も来ていますが、町の整備もすすみ、年ごとに垢抜けしているようなイメージを受けます。
それでいて、ぎらぎらとした感じはなく、好感が持てます。
ゴールデンウィークも近くなって、観光客も増えてきています。
昨日から奈良では、平城遷都1300年祭も始まりました。

せっかく奈良町に行きながら、デジカメを持たなかったのは大失敗でした。
撮りたいスポットはたくさんありました。
身代わり猿を奈良町資料館に返して、界隈をぶらぶらと歩きました。

南都御霊神社と元興寺塔跡は牡丹が丁度見頃です。
大輪のうすいピンクや赤い色の花にうっとりとしてしまいます。
八重桜もまだまだ十分に鑑賞できます。

興福寺から飛火野、浮御堂へと歩いて、昼食は再び奈良町へ戻り、「江戸川」でとりました。
三笠山を覆う新緑も色とりどりで美しく、気持ちのよい散策でした。
歩くとお腹が空いてくるのは自然なこと。
町家を改装した「江戸川」は築140年、黒い格子で重厚的な造りが印象的です。
店の中も黒が基調となっています。

江戸川和食定食掘りごたつのある和室で和定食をいただきました。
お造り、天婦羅、豆腐田楽、茶碗蒸し、小鉢、ご飯、吸物、香の物がついています。
これで1.890円です。店の雰囲気もよく、落ち着いて食べることができました。
因みに、平城遷都1300年記念メニュー(2,010円)というのもあって、お店の一押しメニューとなっています。

ジョグは夕方になってから、1時間走をしました。
奈良町から帰って一眠りしてしまい、短い距離で済ませました。
2010.04.25 / Top↑
目が覚めるとシトシトと雨が降っています。
早朝ジョグは中止。
今日のメインは「花みどりフェア」です。

来場者700万人を超える人でにぎわった淡路花博「ジャパンフローラ2000」からちょうど10年。
「淡路花博2010花みどりフェア」が3月20日から5月30日まで開催されています。
ウエスティンホテル淡路を含む広大な敷地にはみどりと花があふれ、まるで別天地にいるかのようです。

10淡路花舞台2

ホテルのロビーから建物の中を通って、テーマ館淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」に行くことが出来ます。
中はいくつかのブースに分かれていて、その一つは作業中でした。
珍しいのでその作業の場面も撮りました。
和風の庭園、西洋風にアレンジされたブース、変化があって飽きることがありません。

10淡路花舞台6

10淡路花舞台3 10淡路花舞台4

10淡路花舞台5 10淡路花舞台7

温室を出ると夢舞台の芝生広場、花の中海、月のテラスや空のテラスなどがある国営明石海峡公園。
生憎の雨のため、海の眺めがぼやけています。
カラフルな花とみどりの眺めをアップしました。

10淡路花舞台

昼食はウエスティンホテルでバイキング料理、
このホテルは2002年ワールドカップサッカーでイングランドチームが合宿したところでも知られています。
ホールにはチームのサイン入りユニホームが掲げてありました。
ロビーの椅子は花のデザインになっていました。
昨日の昼食から4食続けてのバイキングで、お腹はパンパン状態。
限界状態まで食べました。

 10イングランドチームサイン 10淡路花舞台7

我が家へ帰って体重を測ると64.3kg。
62kg台まで戻していたのに、これでは処置なしです。
明日から粗食です。

2010.04.22 / Top↑
心配されたお天気は回復し、絶好のレク日和になりました。
一日目は布引ハーブ園と夜のコンチェルトディナークルーズがメインです。
職場からロープウェー乗り場までバスで行き、ロープウェーでハーブ園に上がります。
個人的には、新神戸駅から歩いて登りたい気持ちはありますが、グループ旅行です。
楽をしてハーブ園駅に着きました。
10布引ハーブ園からの眺め

薄雲がかかり、ぼんやりとはしていますが、この時期にしては視界は良い方です。
大阪南港や堺市、紀泉山脈あたりまで見ることができます。
どこからともなくハーブの香りが漂ってきます。
ハーブの他にも、春の花々も咲き、歩いているのが嬉しくなるほどです。

初なみどりの新芽も目に入ります。
チューリップが花開くガーデンを撮りました。
案内所に掲げられてあった園のイラストが目に止まり、それも撮ってみました。

10ハーブ園の花 10ハーブ園のイラスト

昼食は展望レストランでのバイキングでした。
野菜や穀物が多く、ヘルシーメニューがメインのレストランです。
品数は多く、満足できるものでした。
アイスクリームの類だけでも10種類はあります。

ハーブ園の後は、早めにメリケンパークオリエンタルホテルにチェックイン。
ディナーまでたっぷりと時間があり、自由時間となりました。
みんなが足を運んだモザイクへは行かず、用意してきたシューズとウエアに着替えて一人ジョグに出ました。

海沿いを走って西へ向かう気まま走です。
途中から国道2号線に入り、須磨水族館で折り返して帰ってきました。
何度か道に迷い、往復で1時間55分のジョグでした。
距離は17kmくらいです。

10須磨水族館 10日本丸 

部屋へ戻ってベランダに出ると、目の前に停泊していた「日本丸」が丁度、出航するときでした。
紙テープが揺れ、手を振っているのが見えます。
一度はゆっくりと船旅をしてみたいと思ってしまいます。
後方のモザイクをバックにしてシャッターを押しました。

夕食は船に乗ってのディナークルーズ。
船の名前はコンチェルト号。午後7時20分に出港し、遊覧して午後9時に戻ってきます。
ディナーの内容は中華料理のバイキングです。
気分が悪くなるほどお腹いっぱい食べてしまいました。
明日の朝食もバイキングなので、3食続けて食べ放題。
気になるのは体重増加です。

船から下りてホテル側からコンチェルト号を撮影しましたが、なかなかうまく撮れません。
カラフルな照明が輝き、ロマンチックな気分に誘われます。

10ホテルからモザイクの展望

明日、雨でなければ早朝ジョグの予定です。
明日は若い人の中に入れてもらって3人で走ります。
雨でないことを願っています。
2010.04.21 / Top↑
明日、明後日は一泊二日の予定で職場レクです。
一日目が神戸、二日目は淡路島に行きます。
神戸も淡路島も近場ですから、何度も行っていますが、自分で計画を立てずに連れて行ってもらうのもいいものです。

宿泊は神戸オリエンタルホテル。
メリケンパークにある豪華船のイメージのあるシティホテルです。
プライベートでは宿泊をしたことがありません。
今回は、ちょっぴりリッチな気分を味わえそうです。

毎月、積み立てをして一日は公休、一日は有休をつかって行きます。
仕事を忘れて(しなくてはならない仕事も忘れている事も多いのに…)楽しんできます。
気になるのはお天気、明日はなんとか大丈夫のようですが、明後日は雨の予報。
傘は必需品です。

いつも通り、ジョギングシューズとウェアをデイパックに入れました。
走ることができるのは、二日目の早朝だけにジョグできるかは微妙。
なんとか予報のどんでん返しがあって欲しいものです。
2010.04.20 / Top↑
5.5kmの夜道をゆっくりジョグ。
寒くも暑くもなく、しかも風もなく、ゆっくり走っているのが気持ちよいくらいです。

各地の大会に出ていると、驚くようなランナーさんに多く出会います。
加賀のマラソンでは、宿泊したホテルで軽々とストレッチをしている高齢のランナーさんを見かけました。
年齢は70歳を超えています。
アスファルト敷きの駐車場で、動作は軽快、身体は柔軟、小気味よい動きです。
見るからに身体は引き締まり、いかにもランナーさんという感じです。
とても真似ができません。

10kmの部には86歳のランナーさんが出場していました。
普段から身体の手入れに気を遣い、練習も欠かさないのだと思います。
そんなシーンに出会うと、自分にもまだまだ伸びる余地があるように感じ、元気をもらいます。
生涯現役ランナーでいられることは、最高の幸せですし、それを目指したいと思っています。
2010.04.20 / Top↑
青空の広がる清々しい日になりました。
全国健勝マラソン大会は今年で35回目を迎え、2km、3km、10km、ハーフ、車いすハーフ、フルマラソンの種目に2.230人の参加者がありました。
冊子には過去最多参加人数となっています。

そのうちフルマラソンの参加者は男女合わせて398人、人気大会のような多くの参加数ではありませんが、フルをのびのび走り、楽しむには決して少ない人数ではありません。
9時にスタートをして、陸上競技場を1周した後、一般道へと出ます。

スタートからゴールまで、のどかな自然が多く残る景色を見ながらのコースです。
急激なアップダウンはありませんが、緩やかなアップダウンが何度か繰り返し、折り返した後半はこの繰り返しが身体に堪えます。
コースマップを見ると、海岸近くまでコースは延びているのですが、日本海を眺めることはできません。

健勝マラソン4

健勝マラソン1

健勝マラソン2 健勝マラソン3


来月参加を予定している鯖街道ウルトラマラソンの練習のつもりで走りました。
42.195kmを楽しむことが一番の目的でしたが、やはり、後半30kmを過ぎてからがきつくなりました。
通過タイムは10km53分、ハーフ1時間55分、30km2時間47分、32kmは3時間以内で通過しましたが、これ以降は、遊んでしまいました。

ゴールタイムは4時間03分41秒。
スタミナ不足でしたが、いい練習になりました。
走り終えた後、日本海なべとおにぎりの無料サービスがありました。
日本海なべは、海鮮や大根などの野菜の具がたっぷり入っていました。
おにぎりを巻いている海苔も良いものでした。

健勝マラソン7 加賀別所温泉

入浴は山代温泉と山中温泉の中間にある加賀別所温泉に行きました。
地元の人がよく利用されているようで、料金は420円と銭湯並みです。
「山中、山代温泉より泉質がいい」と、地元の常連さんが話しているのが聞こえてきました。
一仕事を終えての温泉は最高の気分です。

2010.04.18 / Top↑
お昼で仕事を済ませて、今春、開通した門真ジャンクションから第二京阪道路に入りました。
花博通りから中環道路付近は様相が一変し、全く別の道路を走っているようです。
京滋バイパスから名神に入ったところで、眠気が襲ってきました。
黒丸PAで休憩し、30分ほど仮眠をとりました。

北へ向かうほど桜を見ることができます。
余呉のあたりはまだ見頃です。

加賀ICで降りて、宿泊のホテルを確認した後、明日、会場になっている加賀市中央公園に行きました。
高台にある広い公園で、整備が行き届いていることに驚きました。
緩やかな坂道を上っていくと、七曲がりの道と呼ばれる蛇行した変化に富んだ遊歩道があり、その両脇には見事な桜の木が植えられています。

花は散ってはいますが、遊歩道や地面は花びらで覆われ、それはそれで美しさがあります。
枝垂れ桜は満開でした。
桜の幹には、植樹した市民の名前が入っているものもあります。
誕生日や入学を記念して植樹をしたものです。
今春、いろんな場所で多くの桜を見ましたが、見応えという点ではトップクラスです。

広大な敷地には手行き届いた芝生広場、冒険の丘やおとぎの国と名付けられたコーナーや設備もあります。
彫刻の丘には躍動感豊かなブロンズ像が立ち並んでいます。
耳には野鳥のさえずる声、スポーツ設備も整い、まさに市民の憩いの場に相応しいものです。

歩いていて嬉しくなってくるそんな雰囲気が漂っています。
ポケットに入れていたデジカメで沢山写真を撮りました。
日が傾き、きれいに撮れませんでしたが、その雰囲気は伝わっていると思います。

加賀中央公園3

加賀中央公園1 加賀中央公園2

加賀中央公園6

加賀中央公園7 加賀中央公園5 

加賀中央公園9 加賀中央公園10

加賀中央公園8

今晩の宿泊は大聖寺駅前にあるAホテル。
加賀三湯に泊まってもよかったのですが、経費節約です。
温泉入浴は明日、走った後の楽しみにしておきます。
2010.04.17 / Top↑
昨日は我が家のインターネットが不調でした。
モデムの信号は点灯しているのですが、何度試みても「サーバーが応答していません」と出ます。
ケーブルの差し替えをやってもうまくいきません。

今晩、仕事から帰って再度、トライ。
やっぱりダメです。
二度、三度、機器周辺のケーブルを確認し、触わりたおしてつながりました。
一体どうなっていたんでしょう。
やっぱりケーブルの接触不良だったんでしょうか。
昨日、Kekoさんは一日、体調不良でしたから、機器もすねていたのかもしれません。

ところで、Kekoさんは医者へ行って診断はウイルス性の風邪とのこと。
明日、加賀へ行く予定にしていますが、大丈夫か気になります。
仕事の積み残しがあるため、明日は職場から直行します。

最近、仕事の夢は見ることはなかったのですが、昨夜は寝ては仕事の夢ばかり。
そのせいか、睡魔に何度も襲われました。
明日は居眠り運転要注意です。



2010.04.16 / Top↑
夕方から冷え込んできました。
じっとしていると膚寒いくらいですが、ジョグにはちょうどいいコンディションです。
冷気が頬をなでると、まるで早朝ジョグをしているかのようです。

ソメイヨシノはすっかり散って、代わりに八重の桜が咲いてきました。
薄紫の藤の花も開いています。
沢山の花たちに出会うことができるいい季節です。
暗いロードでは、その姿の一部しか見えないのが残念です。

瓢箪山駅まで一汗かいて、気持ちの良いジョグでした。
駅前の木製ベンチでは、古びた将棋盤を前に、二人の老人が駒を差しています。
満ち足りたような、のどかな雰囲気でした。
2010.04.13 / Top↑
朝から夜まで一日中雨。
通勤ジョグは完全休養、今朝は昨日の疲れが残り、気怠い感じでした。
身体にはよい雨となりました。

明日は気持ちを切り換えてジョグします。
清々しい春の風に乗って、軽快に颯爽と走りたいものです。

2010.04.12 / Top↑
ダイヤモンドトレールに参加をする予定でいました。
昨日はジョグを止めて、今日に備えてスタミナを温存していたほどした。

デイパックに着替えやデジカメなどを詰めて、背中に背負い我が家を出ました。
出る前から、北の空は黒い雲に覆われ不穏な感じでした。
ところが駅に行く途中で黒い雲がどんどん広がり、雨が降り出すのは時間の問題のような様相に変わってきました。

現在の体調では雨の中で荷物を背負っての過酷な36kmのトレールは自信がありません。
空模様を見て諦めました。

我が家へ引き返してくると、黒い雲は薄雲に変わり、天候は回復してきました。
完全にだまされました。雨予報が外れてお日様が見える天気です。

ジョグは休日お決まりの慈光院コースに変更。
遊歩道は桜の舞い散るロードになっていました。
今日で桜は見納めです。
桜の下では、何組ものグループが賑やかに宴を開いています。

慈光院で折返し、ベンチに腰掛けしばらく散りゆく桜を眺めていました。
頭の上からぼたん雪のように、薄ピンクの花びらが舞って落ちてきます。
遊歩道は花びらが被い、サクラロードです。
そんなサクラロードを踏みしめて、ジョグしました。

休憩時間を除いて、21kmのジョグに2時間15分、いつもより身体が動かず、かなり時間がかかってしまいした。
今日の体調では、ダイヤモンドトレールの完踏は、難しかったかもしれません。


2010.04.11 / Top↑
春の暖かい日が戻ってきました。
日中は暑くも寒くもなく過ごしやすく、夜はひんやりとしてジョグには好条件です。

2日前まで寒かったこともあって、桜の花がまだ楽しめます。
ところどころで咲く桜を横目で見ながら、瓢箪山までジョグしました。
中央環状線を過ぎた瓜生堂、東花園の新池島ポンプ場の辺りは、こぢんまりとした桜並木ですが、夜桜を見ることができます。
この桜も週末で見納めです。

職場から瓢箪山まで1時間15分余り、気持ちのよいジョグでした。
2010.04.09 / Top↑
仕事が片付かず、夜桜ランは見送りしました。
桜の満開時期に我が家まで、のんびりジョグして帰りたいと思っていましたが、1年後までお預けです。
来年どうなっているか分からないのに、こんなことを書くと鬼が笑います。

今年はスケジュールの関係で、5月のゴールデンウイーク開催の「萩往還」に出場することができません。
来年こそ練習を積んで、夜桜ランと萩往還完走を目指したいと思っています。
2010.04.07 / Top↑
10富雄の桜

佐賀の桜は盛りを過ぎたところでした。
奈良(富雄)は今、桜が満開です。
我が家から駅に行く途中に1本の桜の大木があります。

たった1本の木ですが、大空をバックにして大きくひろがり、自分を思いきり自己主張しているように見えます。
好きな桜の一つです。
デジカメで今日の1枚を撮りました。

生駒トンネルを抜けて石切から枚岡公園につながる電車沿いの桜も今が満開です。
今晩、何もなければ、夜桜を見ながら、気ままな桜見ランと思いましたが、夜、予定が急に入りできませんでした。
明日、コンディションが良ければやってみたいと思います。
明日を逃すと、夜桜ランはおそらく無理でしょう。
2010.04.06 / Top↑
佐賀行きで書き残したことを書いてみます。
関西に住んでいると、沖縄県を除く九州7県の中で、佐賀は最も地味な県という印象があります。
お叱りを受けそうですが、宮崎、鹿児島などに比べて、インパクトが薄い感がします。

これまで行ったところは嬉野温泉のみ、それも30年以上も前になります。
スポーツではサッカーJ2のサガン鳥栖、JR鳥栖駅前に本拠地となっているベストアメニティスタジアムがあります。
芸能人ではナイツのはなわ兄弟が浮かんできますが、その他はあまり知られていません。

ブログにも書きましたが、今回行った吉野ヶ里公園は一見の価値ありです。
大阪のような大都市で働いていると、佐賀の町は人も車も少なく、静かで落ち着いた雰囲気にホッとします。
宿泊したホテル代も安く、シングルで1泊2食付きで5千円、しかも、風呂は大浴場付き、もちろんインターネットもつなぎ放題です。

今回、iPhoneの便利さを再認識しました。
新幹線を博多から各駅停車に乗り換えましたが、時刻表はリアルタイムで表示され迷うことがありません。
途中のすべての駅名も分かり、今、自分がどこにいるかも確認できます。
また現地に着けばナビゲーターの役割も果たしてくれます。

見知らぬ土地では不安がつきものですが、安心感があるのは心強いものです。
欲を言えば、iPhoneのバッテリーがもっと長持ちしてくれることです。
旅先で充電は欠かせません。

土、日の2日間、穏やかな良いお天気に恵まれました。
お天気が良いといつまでも余韻として残るものです。
2010.04.05 / Top↑
10さが桜マラソンハーフゴール
ハーフを走りきって見事ゴール

穏やかな春の日が差し、絶好のマラソン日和です。
大会のエントリー数は、ジョギングの部から最長のハーフまで4種目合わせて7.910人、その内ハーフの参加者が3.926人とほぼ半数近くを占めています。
全国各地の市民大会のエントリー数はここ最近、増加傾向にあり、この大会も例外ではありません。
 
10さが桜マラソンメイン会場2 10さが桜マラソンスタート
メイン会場入口とスタート前のハーフのランナー

最初に10kmの部が10時05分にスタートをし、その20分後にハーフの出番です。
電光掲示板や聖火台のある設備の整った陸上競技場からのスタートとなります。
どこへ行っても設備の良い競技場があるのには驚かされます。

スタートをして競技場を出ると、広い国道263号線を北進します。ほぼ直線のコースですが、やや単調な感は否めません。
距離表示は1km毎、5km地点を過ぎて長崎自動車道を通り越すと、嘉瀬川への堤防へと出ます。ここから川沿いに沿った眺めの良いコースとなります。
風はそれほどありません。その分、暑さを感じます。

嘉瀬川に架かる橋を渡り、対岸の堤防沿いの道をつきすすみます。
眺めはいいのですが、なかなか距離表示が見えてきません。
気持ちは足を前に出しているつもりですが、思うように身体が動いていないようです。
10km地点ほぼ53分で通過、やはり遅いペースです。

嘉瀬川の二度目となる池森橋を渡り、桜並木のある多布施川を目指してすすんでいきます。
川をはさんだ向こう側にはたくさんのランナーが列をなして走っているのが小さく見えています。
かなりきつくなってきました。スタミナ不足です。

15kmの給水地点でゆっくりと水を摂り、スナップも撮りました。
15kmを過ぎて多布施川沿いのコースに入ると、桜並木がずっと続いています。

10さが桜マラソン15km地点 10さが桜マラソン登れば桜
15kmの給水所付近

シートを敷いて花見を存分楽しんでいる人たちも多く見ることができます。
この桜並木は19km地点まで3km以上も続きます。
まるで桜のトンネル、コース上最も圧巻と言っていいでしょう。

10さが桜マラソン16km地点 10さが桜マラソン多布施川

10さが桜マラソン多布施川2 10さが桜マラソン19kmを通過

10さが桜マラソン桜のトンネル
多布施川沿いの桜並木の中を走り抜けるランナー

桜並木の続く多布施川に別れを告げ、国道34号線へと入ってくると、ゴールまで1kmの表示が見えてきます。
反対側車線は一般車が列を成し、反対方向に通り過ぎていきます。
道路規制がしっかりできていることで、走ることができます。
感謝です。

完全にスタミナ切れで競技場に帰ってきました。
ラストスパートをする気力もありません。
ゴールタイムはグロスで1時間55分09秒、ハーフ男子総合1345位でした。
気温は21度を超え、ぽかぽか陽気になりました。


10さが桜マラソンメイン会場
ゴールした後、完走証(記録証)は即日交付されます

着替えを済ませ会場から1.5kmほどのところにある「佐賀ぽかぽか温泉」まで、とことこと歩きました。
汗をかいた後のお風呂は格別です。
しんどい走りをしてしまいましたが、印象に残る大会となりました。
2010.04.04 / Top↑
新幹線を博多で降り、佐賀へは普通列車を利用しました。
特急を使わなくても、佐賀までは1時間ほどです。
途中、吉野ヶ里公園駅で下車して、「吉野ヶ里歴史公園」へ寄りました。

駅から公園まで1kmもありません。
菜の花の咲く田圃の中の遊歩道を歩きます。
ヒバリがさえずり、のどかな田園風景で、気持ちがゆったりとしてきます。
下の写真は遊歩道から吉野ヶ里公園駅を、遊歩道の途中にある公園案内板です。

10吉野ヶ里7 10吉野ヶ里6

公園に着くと、空腹感が襲ってきました。
朝食を摂ったのは、我が家を出る前の7時半でした。
腕時計は午後2時近くを示しています。
お腹が空くはずです。

四季彩御膳公園入口脇にあるレストランで「四季彩釜飯」をいただきました。
旬のタケノコ、あさりなどが入った釜飯、地元で採れた野菜の天ぷらもついています。
窓際に腰掛けて広々とした公園を眺めながら、食べるのはいいものです。
何を食べても美味しく、満ち足りた気分です。
米一粒も残さず完食しました。

吉野ヶ里は広い遺跡です。
時代は弥生時代にさかのぼります。
階段を登って物見櫓の上から見ると、その広さに圧倒されるほどです。

10吉野ヶ里3

10吉野ヶ里4

竪穴住居ものぞいてみました。
土間にムシロが敷いてある質素な住居です。
吉野ヶ里集落の歴代の王が埋葬されていたという「北墳丘墓(きたふんきゅうぼ)」には14基の甕棺(かめかん)があり、発掘当時のままで保存されています。

甕棺は棺桶のことで、大きな甕を二つ合わせた中に死者を埋葬しました。
14基もあるのですから、迫力が違います。
お骨などはもちろんありませんが、ここに葬られたのだと思うと、シャッターは押せません。

10吉野ヶ里5公園の中では、弥生人がやっていた火のおこし方や、当時の手作業を実演するところもあります。
ここは子ども達が目立ちました。
ゆっくり回って見ていると、半日は裕にかかってしまいます。

宿泊は佐賀駅近くの佐賀シティホテル。
チェックインを済ませ、佐賀県総合運動場まで歩いて行き、受付を済ませました。
ホテルから20分ほどの距離です。
桜は満開、明日は桜の道を走ります。
2010.04.03 / Top↑
昨日は暖かかったのに、今日は一転して寒くなりました。
暑いくらいの日があるかと思うと、急に寒くなったり、天候が定まりません。
急激な天候異変で、野菜や果物などの農作物の出来に影響が出ているそうです。
トマトは色づかず小さいまま、野菜の成長もよくないと聞きます。
天候だけはどうにもなりません。
農家の人は大変です。

この天候のせいもあるのか、腰の調子がイマイチです。
しかも、今日は一日立ち仕事でしたから、かなり痛みを感じます。
職場から八戸ノ里まで、ゆっくりジョグで帰りました。

明日、明後日は休みをもらいました。
佐賀へ行きます。
昨日、今日と雨が降り、天気はよくなかったのですが、明日は良いお天気になりそうです。
寒さがどうかというところですが、晴れてくれれば言うこと無しです。

日曜日の「さが桜マラソン」は初参戦。
腰のことも考え、エンジョイランでいきます。
写真も沢山撮るつもりです。
2010.04.02 / Top↑
寒さは峠を越え、暖かくなってきました。
この暖かさで桜は一気に満開です。

4月1日は新任職員の辞令交付式の日。
新たに51名の新任職員さんを迎えました。
初々しさと顔を表情がとてもいいです。

若さがあるということは素晴らしいことです。
新しい風が入り、職場が活性化することを期待しています。
2010.04.01 / Top↑