午前中はKekoさんに同伴して買い物。
帰宅してから鯖街道の走行記を写真を見ながら書きました。
2週間も経ってしまっています。
記憶が薄らいできているのは致し方ありません。
まだ、仕上がってはいませんが、流れだけは作り上げました。

夕方、1時間ほどのジョグ。
身体が重く若草台までにして切り上げ帰ってきました。
11kmほどの距離が辛い体調でした。

2人きりだけでしたから夕食は外食にしました。
平城京跡の「花惣」、活魚料理のお店です。
食べたのは「お造り御膳」。新鮮なお造りの盛り合わせを堪能することができました。
アジは丸々一匹をさばいたもので、食べている途中でも、背びれや尾びれがピクピク動いていました。
可哀相な気がします。
Kekoさんは「松花堂弁当」を注文。
品数も多く、見た目も華やかです。傍で見ていて、それも食べたいほどでした。
2010.05.30 / Top↑
iPad 日本でもiPadが今日から発売になりました。
徹夜して並びゲットした人もあり、マスコミでも、こぞって報道がされています。
電子出版の業界やゲーム会社が続々とiPad向けのソフト配信を決定し、過熱気味とも言えるほどです。

画面を見てさわって直感的に操作できること、多くの情報を瞬時にしてみることのできる便利さ、音楽や小説、写真、ゲームなど、楽しみの領域がうんと広がります。
便利なものには違いないが、情報を一方的に受けるだけになってしまい、思考する力が弱まるのではないかという人もいます。

それをどのように使うかによって、そのもっている価値が変わるもので、要は使い方次第です。
いくら便利なiPadでも、万能ではなく、活字の方がいいものもあれば、バーチャルではなく実際に目で見て体験して汗を流してこそ、享受することのできる喜びもあります。

さて、大のMacファンの自分はどうか、
大きさはB5判程度、解像度もよく鮮明な画面、値段も5万円を切っているetc・・・。
まだ、現物を見ていませんが、見たら財布に手を出してしまいそうです。
2010.05.28 / Top↑
10日後にある東根さくらんぼマラソンのゼッケンが届きました。
山形県で開催される大会は初参加です。
夜行バスで行く予定をしていますが、前日の土曜日発だと、スタート時間に間に合うか微妙です。
土曜日に休みをもらい、金曜日の夜、あべの発で行くことにしました。

土曜日がまるまる一日使えます。
山形へは、たった一度だけ一人旅で行ったことがあります。
そのときは蔵王のお釜や山寺などを見て回りました。30年も前のことです。

まだ、どこに行くかは決めていませんが、いつまでもこころに残るような経験ができたらいいなと思っています。
2010.05.27 / Top↑
  iPhoneに入れているアプリケーションの中で、最近のお気に入りのものがRunKeeperとradiko.jp。
どちらも無料のアプリです。

run1      radiko2

RunKeeperはジョグの前に起動して、デイパックのポケットに入れます。
ジョグの開始と同時にスタートボタンを押し、目的地に着くとストップボタンで停止、保存します。

走ったルートと距離はGPS機能により、画面の地図上に示され、1km毎にチェックマークがつきます。
ランニングだけではなく、サイクリング、ウォーキング、スキー、スケートなど多様なモードが用意されています。
距離に加えて走行時間や平均時速、消費カロリーも表示されます。

退勤時のジョグで測ってみると、走行時間が1時間19分37秒、距離12.53km、平均速度9.44km/h、消費カロリーが1004calでした。
信号待ちを含んだ時間なので、平均速度はもう少し上がります。
使ってみると大変便利で、特に見知らぬ場所へ行った時や、距離を延ばしたときには iPhoneが手放せなくなります。

もうひとつはradiko.jp。
このソフトは、FMと民放のラジオ放送を聞くことができるアプリです。
通常、iPhoneでラジオを聞くことはできません。
これをインストールするだけで携帯ラジオになります。

まだ、サービスエリアが限られているアプリですが、関西圏や首都圏で使うことができます。
通勤時にラジオを聞きたい時はよくあるもの。
実用的で便利でありながら、無料で使えるというのはありがたいものです。
2010.05.26 / Top↑
午後になって、ようやく雨が上がりました。
しかし、お天気はすっきりしません。
集中的に大雨や強風が続いたことによって、各地で河川増水の被害や土砂崩れの被害が起こっています。

雨が上がって気温が下がり、ジョグにはよいコンディションになりました。
職場から瓢箪山駅まで、ゆっくりペースで走りました。
1時間24分のジョグです。

鯖街道を走ってから、これで2回目のジョグ。
せっかく鯖で刺激的な筋肉痛を味わいましたが、筋肉は元に戻ってしまいました。
次回の大会は、2週間後の山形県「東根さくらんぼマラソン」。
今度も経費節減のために往復夜行バスです。
ハードですが、トレイルランより楽です。
2010.05.24 / Top↑
目が覚めたときから雨でした。
職場のバザーは開始時間の10時には、人もまずまずだったのですが、昼過ぎには閑古鳥が鳴くような有様でした。
食器や日用品のように実用的なものはよく売れます。
でも、それも最初の1時間ほど。

箱物のようなお買い得品は、開始早々に人だかりとなります。
買う人にとっては、最初が勝負です。
まさに喧嘩腰、こちらがもたもたしているものなら、お叱りの罵声が飛んできます。
1時間ほど経過すると、人も閑散として、ゆっくり買い物ができます。

悲惨だったのは食べ物や切り花コーナーの関係で、多くの売れ残りが出ました。
雨は降るわ、時折、風が強く吹き、テントに溜まった水がかかるやらで散々でした。
雨の中、ボランティアさんも濡れながら後片付けの作業をしてくれました。
雨が降ると、仕事が2倍に増えます。

各地でマラソン大会が開かれていますが、今日は全国的に雨、
ランナーの皆さんも雨の中を濡れながら走られたと思いますが、それ以上に大変だったのは主催者の皆さんです。
本当にご苦労さまです。
2010.05.23 / Top↑
鯖街道の大会が終わって5日になります。
ジョグを再開しました。
まだ、少し大腿部の筋肉痛が残っていますが、軽いジョグなら問題ありません。

布施駅と職場の往復ジョグで、走ったのは11km。
たっぷりと汗をかくのは気持ちがいいものです。
明日と明後日は職場のバザーの関係で準備、本番、片づけで慌ただしくなります。
多分、2日間はジョグは休みです。

日曜日の天気予報が雨なのが気にかかります。
小豆島マラソンに参加される方も多いと思いますが、雨が降らないでほしいと願っています。
2010.05.21 / Top↑
筋肉痛も癒えてきました。
明日から通勤ジョグを再開しようと思っています。
しばらく距離は短く目、軽く足慣らし程度から始めます。

鯖街道の完走記はまだまだ時間がかかりそうです。
とりあえず、スライドショーをつくりました。
まだ、粗編集のような段階ですが、鯖の気持ちが醒めないうちにアップしました。
ホームページ「こころはいつもジョグ」から見て戴いてもいいのですが、スライドショーのURLも載せました。
http://www1.kcn.ne.jp/~megu_ta/10saba.html

2010.05.20 / Top↑
鯖街道で2日間連休をいただいたので仕事に追われています。
他のランナーさんが、すでに完走記をアップされていますが、もう少し時間が要ります。
筋肉痛が残るうちにとりかからないと、印象が薄くなってしまいます。

しばらく公休はありません。
とりあえず、スライドショーだけでもアップしたいと思い、準備をしています。
週末には作り上げます。


2010.05.18 / Top↑
昨夜はぐっすり眠りました。
今日は身体の節々が痛みます。
特に大腿四頭筋の痛さは半端ではなく、階段を降りるのが辛い状況です。
こんなに太ももが痛いのは、久しく無かったことです。
通勤の階段が堪えます。

昨年走った山口萩往還70kmもこれほどの痛みは感じませんでした。
しまなみ海道100kmウルトラの後でも、足はもっと楽でした。
やはり、トレイルランは違います。

普段、フラットで平易なコースしか、ジョグしていないのですから当然と言えば当然です。
今度、出場するときは、暗峠のようなハードなコースを試しておかなければダメです。
これも経験です。

気になっていたアキレス腱と腰の具合は、日常生活にはまったく影響はありません。
走ると多分痛むと思いますが…。
筋肉痛は3日は続くでしょう。
ジョグの再開は早くて木曜日あたりでしょうか。

きつい難コースでしたが、鯖街道を走れたことは大きな収穫と喜びです。
お天気もよく、日本の原風景を見て感じ、ランナーさんやボランティアさんとの交歓もありました。
山を登っているときに、後ろから一人のランナーさんに声をかけられました。
ブログを見て戴いている学園前のランナーさんでした。
嬉しいことです。

大会でお世話戴いたボランティアさんや声援をいただいた沿道の人たちに感謝です。
いつも思うことですが、地球を独り占めにしたような気分になって、走れることができるのは多くの人たちのお陰です。

それと、参加賞でいただいた焼き鯖は我が家へのお土産としましたが、脂がのっていて、とてもおいしく家中で喜んでもらえました。
メジャーで測ってみると、37cmありました。
今度、小浜へ行く機会があったら、ぜひ、お土産に買いたいほどです。
苦しみましたが、スケジュールの都合がつくなら、ぜひ、もう一度出てみたい大会です。

焼き鯖
2010.05.17 / Top↑
速報!
鯖街道、小浜(泉商店街)から京都出町柳まで76km、完走しました。
途中、ぬかるみに足をとられそうになったり、よろけたりで、かなり疲労してしまいました。
アキレス腱、腰、大腿四頭筋がパンパンです。

写真も沢山撮りました。
後日、詳しく報告します。スライドショーもアップ予定していますからお楽しみに。
記念の焼き鯖も持って帰りました。

タイムは10時間37分39秒でした。


2010.05.16 / Top↑
小浜行きのチャーターバスは大型観光バス2台。
一番前の席でしたが、隣の座席はキャンセルがあったのか、空席でした。
京都駅を午後2時予定通り出発、ところが東山トンネルでの事故のため、渋滞し、なかなかすすみません。
ルートを変えて、鴨川沿いを北に、八瀬から大原を通り、湖西道路経由となりました。その分時間はかかりましたが、目映いばかりの新緑を堪能することができました。

バスの中では、この大会を主催する京都トライアスロンの会長さんが、大会の紹介やエピソードを楽しく話してくれました。
実体験から出てくる話には重みがあり、説得力があります。

この大会ができたのは、京都トライアスロンのメンバーの一人が自転車で踏破し、このコースなら一日で小浜から京都出町柳まで行けるのではないかと言い出したのが始まりだそうです。会長さんが言っていましたが、実際は自転車で通れるような道ではありません。

宿より若狭湾を望む

宿泊はホテル「せくみ屋」です。
7階の部屋からは、若狭湾の眺望が広がっています。(写真上)
3人部屋で、他の2人は守口と京都市から参加しているランナーさんでした。この大会には何度も出ていて、見るからにトレイルランナーという感じです。

大浴場で見ましたが、身体が引き締まり、日頃のトレーニングぶりをうかがわせます。
話しを聞いていても強者さんです。とても足許に及びません。
コースのことなど聞かせてもらいました。

せくみ屋夕食夕食は海の幸を使った料理を美味しくいただきました。
食卓の右は釜飯、左がミニ鍋、これにカレイの唐揚げがつき、デザートもあります。
箸袋にはフグとカニの宿とありましたが、シーズン外れのため、この2品はメニューに入っていませんでした。

明日は午前4時45分の朝食、ブログを書いてもまだ午後8時、お隣のランナーさんはもう布団に入っています。早めの消灯となりました。
2010.05.15 / Top↑
明日、京都からチャーターバスに乗って小浜に行きます。
いよいよ、鯖街道ウルトラマラソンが明後日に迫りました。
出発は京都、午後2時なので、準備は明日します。

気になるお天気ですが、雨は避けられそうです。
大会の雰囲気はもちろん、走りと景色も楽しみたいので、いつも通りデジカメも持って行きます。
充電は今晩からしておきます。

体調は気にしてもどうなるものでもありません。
自分のペースで踏破することができれば、完走が見えてくると思います。
今回はパソコンは持って行きません。
次回のブログ更新は早くて、日曜日深夜、多分、月曜日になります。

完走の報告ができれば嬉しいのですが…。
2010.05.14 / Top↑
年末に行われる奈良マラソンにエントリーしました。
平城遷都1300年祭を記念して開催される大会です。
コース図を見ると、道路事情の悪い奈良を反映して、かなり苦労した跡が伺えます。
地元で開かれる第1回の記念すべき大会、参加をしないわけにはいきません。

同じ古都でも京都に比べて、マイナーなイメージのある奈良ですが、たくさんの人に奈良の魅力を知ってもらういい機会です。

鯖街道まであと4日。秒読みになってきました。
お天気がどうか、天気予報が気になります。
山岳ウルトラマラソンだけに、雨だけは降らないように…願っています。
2010.05.13 / Top↑
気分すぐれず、夜、診察を受けました。
血圧が高め、しかも、かなり不安定、小浜へ行く前に診てもらうことにしました。
若いDrさんの診断は、問診と血圧の数値からだけでしたが、よく分からないとのこと。

来月に主治医の予約が入っています。
そのときに、血液検査等を一緒にやってもらうことにしました。
診察が終わったあとも、すっきりしない感じでしたが、鯖街道は予定通り出場できそうです。

スタートラインに立って、その後のことは、走り出した後の体調で決めることにします。
2010.05.12 / Top↑
昨年の秋頃から左人差し指にイボ状のものができ、いくら切っても大きくなってきます。
冬場は寒いものですから、大きくなってくると、中央部が切れて出血もしていました。
これまで風呂上がりに爪切りで切りとって対処していました。

職場の近くに午後8時まで開けている皮膚科があり、今晩初めて皮膚科を受診しました。
やっぱりイボでした。
治療は液体窒素で焼きとるのですが、1週間に1回、イボが落ちるまで通わなくてはなりません。

素人療法で勝手に切ったりすると、それが広がってイボが増え、かえって逆効果なのだそうです。
診察のときに他にできていませんか?とDrから聞かれました。

治療方法は綿棒に液体窒素を吸い込ませ、それを患部に何回か当てて焼きます。
簡単な治療法ですが、当てているときに、患部にジーンと痛みが出てきます。
意外に痛みが伴います。
子どもにこの治療を施すと、痛みで泣き出してしまうようです。

治療が終わった直後のイボは白くなっていました。
我が家へ帰って患部を見ると、火山の噴火口のように見えます。
単純なイボで一安心です。
2010.05.10 / Top↑
身体がぼんやりとしています。
首の後ろに違和感があり、頭がすっきりしない感じです。
身体はふらついてはいませんが、橋本病が悪くなったときのような症状とよく似ています。
次回の診断は6月初め、こんな状態が続くようであれば、予約の変更です。
時々、薬を飲み忘れることがあり、これがよくありません。

ジョグはどうしようか迷いましたが、富雄川の遊歩道を1時間余りゆっくりと走りました。
それでも、きつく感じました。
明日はジョグを休みます。
2010.05.09 / Top↑
案内封筒

来週日曜日に開催される鯖街道ウルトラマラソンの参加証が送られてきました。
封筒を見ました。
鯖と山岳をあしらったイラストに特徴があって、象徴的です。
コース地図も入っています。
標高900m近い峠越えが3度あり、なかなか厳しいコースです。
山の中の道は、地図にも表示がなく、点線で描かれており、それを見ただけでダートなコースだと容易に想像できます。

鯖街道は初参加。
勝手が分からないために、京都からバスと宿泊がセットになったツアーに申し込んでいました。
その案内もすでに届いています。
他のランナーさんと相部屋になります。
経験談も聞かせてもらおうと思っています。

それに多くのランナーさんが、鯖街道の走行記を書いています。
ブログや大会模様の写真を見ると、早く行って見たい気持ちと同時に、完走できるか不安な気持ちもあります。
未知のところに臨むときには、不安がつきまとうものです。

問題は体調です。
身体がイマイチ、シャキッとしないこと、腰の調子、アキレス腱の痛み、さらに右足小指の魚の目のようなマメ。このマメが痛く、シューズの選定に迷っています。これが一番厄介な問題になるかも知れません。
今回はネガティブな材料の方が多く、完走できれば大満足です。
いよいよ、あと1週間です。
2010.05.08 / Top↑
身体に倦怠感が残り、すっきりしない寝起き。
この体調ではジョグする気分になりません。
しかも、職場にシャワー設備なし。
ジョグで汗だくになった後は、シャワーは必須です。
仮に体調が良くても、朝のジョグは難しくなってきます。

夕方になって、体調が幾分回復してきました。
日中はかなり暑かったのですが、夜になると涼しい風が吹いています。
その風を友にして、ゆっくりジョグで帰りました。

1km6分余り、瓢箪山駅までの所要時間は1時間21分。
身体の疲れを抜くような気持ちで、ゆっくりペースのジョグでした。
2010.05.06 / Top↑
ゴールデンウィーク中はよい天気でした。
気温も上がり、スーツを着ていると汗が滲みます。
仕事の関係で半日、堺市のO学校へ。
夕方には帰ってきました。

時間的には十分、ジョグできたのですが、身体がへばっていて着替える気持ちが沸きません。
腰から背筋への張りが強く、休養にしました。
霊山寺までなら…ジョグできなくもなかったのですが。
最近の体調を考えての自粛です。

背筋痛が出てくるときは最悪です。
部屋の隅に置いているマッサージ機にかかると、気持ちがいいどころか、痛みで顔が歪みます。
鯖街道まであと10日。
それまでには体調を整えます。
2010.05.05 / Top↑
2年に1回の町内会総会の日でした。
開催日はいつも5月3日と決まっています。
今回の会場は天満橋にあるOMMビル。
参加者は150人を軽く超え、顔がよく見えません。

20階から見る眺めは絶景でした。
トイレの窓はガラス張りになっていて、用を足しながらその眺めを見ることが出来ます。
外から見れるわけではありませんが、恥ずかしいような気持ちです。

1部の総会の後、2部は会食。
中華料理を堪能しました。

帰宅して慈光院往復ジョグ。
昨日の歩きの影響と中華の食べ過ぎで、身体は重い、重い。
km6分以上のペースです。

他のランナーさんは速いです。
横をスーッと軽快に抜いていきます。
ついて行けません。うらやましいくらいです。
21km、2時間23分かかってしまいました。
2010.05.03 / Top↑
青空の広がる好天に誘われ、NikonD40を携え奈良公園を歩きました。
いつもと違い今日の奈良は人でいっぱい。
平城遷都1300年祭のフラッグやせんとくんのポスターが目に付きます。
駅を出て登大路を歩きますが、行列のよう。

登大路通り アートクラフト展

県庁の南にある興福寺の芝生広場ではアートクラフト展をやっていました。(写真右上)
たくさんのテントが並び、手作りのグッズがところ狭しと並べられています。
ひとつ一つ見ていくと面白いものです。

夢風スポットに立ち寄って、お次は東大寺。
さすがに人気スポットだけあって、人の流れは心斎橋並み。
まともに歩けません。こんなに人の溢れる奈良は久しぶりです。
奈良市民の一人として、なぜか、うれしくなってきます。
入場券を買う人の列は200mくらい続いています。

10東大寺

東大寺の南大門側は人、人、人ですが、裏手の正倉院側は隠れた穴場です。
ぜひ、こちらへも足を運んでほしいのですが…。
静かな奈良の雰囲気を味わうことができます。

10東大寺2 10東大寺3

正倉院の傍を通って、人気のある二月堂につづく登り道へ向かいます。
土壁と二月堂、好きな道です。
絵描きさんの多いところで、今日も何人も見かけました。

10二月堂

10二月堂2 10二月堂3
二月堂へ上がって見る景色も絶景、何度見てもいいシーンです。
二月堂から手向山神社を通り、若草山へ。
若草山は中腹までしか入山できません。
以前は頂上まで上がったように思うのですが。

若草山の土産物屋さんが並ぶ道から別れて階段を下りて行くと、春日大社です。
東大寺ほどではありませんが、人が多く、食堂も溢れています。
春日大社では藤の花を撮りました。
赤い回廊と灯籠が印象的です。

10春日大社2

10春日大社 10春日大社3

春日大社から春日原生林の間を通り、高畑へと歩きます。
新薬師寺を経由し、奈良写真記念館の前を通って奈良町へと行きました。
1週間前の奈良町より人は多く、ゴールデンウィークを利用して奈良へ来ている人の多いことを実感しました。
手にはガイドブックを持っている人も目に付きます。
先週、撮れなかった牡丹や奈良町のスポットもカメラに納めました。

10元興寺牡丹

10元興寺2 10奈良町資料館看板

10ならまち2 10ならまち
三条通りの「中谷堂」さんも人だかり。
テレビでお馴染みのおじさんの顔も見えました。
よく歩きました。
腰がビンビンです。
のんびりしていたのは、鹿さんだけでした。
いつまでも奈良の人気が続いて欲しいものです。


とんかつ定食でお腹を満たし、帰途につきました。
帰りの近鉄奈良駅がまた、大変でした。
車窓から、1300年祭の会場を撮りましたが、天気の良さもあって、人出はかなりのにぎわいのようでした。

平城遷都1300年祭
2010.05.02 / Top↑
受付が始まった湘南国際マラソン(フル)に申し込みをしました。
開催日は来年1月23日です。
フルの定員は1万7千人、人気大会ですから、多分、早い時期に定数に達すると思われます。
まだ8ヶ月以上も先です。仕事の予定が入るかも知れません。

7月開催の北栄町のすいかマラソンにも申し込みを済ませました。
里帰りを兼ねての参加です。
7月は前半にすいかマラソン、後半に小布施マラソン、2つの美味しい魅力溢れる大会出場です。

まだエントリーはしていませんが、フルマラソンは年末から来春にかけて目白押しです。
 11月 福知山マラソン
 12月 奈良マラソン
 1月  湘南国際マラソン
 2月  泉州国際マラソン
 3月  篠山マラソン
身体のケアに気をつけなければなりません。

腰痛の回復もまだもう少し、左足アキレス腱の痛みもあります。
最近、悩まされているのが肩こり、特に右がひどく感じます。
無理せず、ぼちぼち走っていますが、加齢とともにガタがきているようです。
2010.05.01 / Top↑