FC2ブログ
iPad 日本でもiPadが今日から発売になりました。
徹夜して並びゲットした人もあり、マスコミでも、こぞって報道がされています。
電子出版の業界やゲーム会社が続々とiPad向けのソフト配信を決定し、過熱気味とも言えるほどです。

画面を見てさわって直感的に操作できること、多くの情報を瞬時にしてみることのできる便利さ、音楽や小説、写真、ゲームなど、楽しみの領域がうんと広がります。
便利なものには違いないが、情報を一方的に受けるだけになってしまい、思考する力が弱まるのではないかという人もいます。

それをどのように使うかによって、そのもっている価値が変わるもので、要は使い方次第です。
いくら便利なiPadでも、万能ではなく、活字の方がいいものもあれば、バーチャルではなく実際に目で見て体験して汗を流してこそ、享受することのできる喜びもあります。

さて、大のMacファンの自分はどうか、
大きさはB5判程度、解像度もよく鮮明な画面、値段も5万円を切っているetc・・・。
まだ、現物を見ていませんが、見たら財布に手を出してしまいそうです。
2010.05.28 / Top↑