FC2ブログ
朝起きたときから雨、予想通りです。
午前9時過ぎに我が家を出て、3時間余りで蒜山ハーブガーデン ハービルに着きました。
入園料300円を支払って入場。レストランで写真のランチセットを注文。
出てきたパンはバジルの味がしていました。

10蒜山ハーブヒル 10蒜山ハーブヒルランチ

値段の割には量的に少な目、後で立ち寄った蒜山道の駅「風の家」で蒜山おこわを買って食べました。このおこわ、少しですが栗も入っており、なかなかの味のものでした。

ハーブガーデンは高原の斜面を利用した広大な敷地があり、ハーブはもちろん、季節の草花が沢山植えられています。
中心部にはラベンダーの庭園があります。
まだ花の時期は早く、青々としていました。
お天気がよいとバックに蒜山三山が見えるのですが、裾野がやっと分かる程度です。下の写真は案内板のものです。

10蒜山ハーブヒル5 

10蒜山ハーブヒル2 

ブルーベリーを栽培しているところもあります。実が沢山なっていました。
しかも、青く熟していて、美味しく戴いてしまいました。
大粒な実で、これで目がよく見えたら…と思ってしまいます。

さらに登って行くと、「山の幸公園」があります。
木々が生い茂っていて、遊歩道が整備されています。
脇にはあじさい園もありました。いい散策コースになっています。

10蒜山ハーブヒルブルベリー 10蒜山ハーブヒル3

庭のところどころにはいくつもベンチが置かれています。
雨でなければ、蒜山を遠景にして花と香りをゆっくりと楽しむことができるのですが、生憎、外でベンチに腰掛けるというわけにはいきません。

10養生館
 

宿は東郷温泉の「養生館」に泊まりました。
明治17年創業の宿で、案内書には小泉八雲、田山花袋、志賀直哉、生田春月などが訪れたと書かれています。
玄関ロビーには近年来館したタレントや俳優の色紙や顔写真が掲示されていました。

東郷湖の眺めが抜群で、湖の正面にはハワイ温泉の千年亭の高い建物も見えています。
湖に突き出たところに位置する宿で、部屋は宿の中でも一番北側にあり、北東の角部屋となっています。
部屋から湖を眺めていると、まるで大型船に乗っているかのよう、パノラマのような景色が目の前に広がって見えています。

10養生館庭園 10東郷湖  

宿のパンフにはこの部屋から撮影した景色が載っています。
ひょっとして、古の著名人もこの部屋に泊まったかも知れません。
建物は古くても、どことなく歴史を感じさせる雰囲気があります。
パンフと同じ目線で、写真(下)を撮ってみました。調度品などは違いますが、バックの景色は同じです。

10養生館パンフ 

10養生館浮舟 お風呂は男女の大浴場が2カ所と貸し切り風呂が3つあり、貸し切り風呂は空いていると宿泊客はいつでも入ることができます。
直ぐ目の前が湖の「風樹の湯」と名付けられた貸し切り風呂に入りました。

前を遮るものは何もなく、湖の景観は抜群です。
しかも、湖より一段と高くなっていて、より見晴らしがいいのです。
ということは、湖から見ると丸見え状態、明るいときに入るには、度胸が要ります。

夕食後に何年ぶりかで夫婦で「風樹の湯」に入りました。
湖畔の所々に灯りがともっています。なかなか風情があります。
夜空の星が眺められないのが残念です。
2010.07.03 / Top↑