FC2ブログ
昨日のしんどさに懲りて、仕事帰りに耳鼻科を受診しました。
問診の後、頭を左右、前後に振って、眼球の動きを見る平衡機能検査と聴力の検査を行いました。
眼球の動きを見る検査は、水中眼鏡のような丸い大きな眼鏡をかけて行います。
聴力検査はヘッドホンを付けて行う通常の検査と、片耳に雑音を流しながら、音を聞き取る検査でした。

この検査でメヌエル病ではないことが分かりました。
しかし、何の病気かは、はっきりしません。
言われたのは「内耳の影響によってバランスを崩しているのでしょう、よく寝てストレスをためないこと」ということでした。
さらに症状が悪くなるようであれば、「もっと違った検査をしなくてはならないが、それは大きな病院でないとできない」とも言われました。

内服薬として、カルナクリン錠(末梢の血液の流れをよくする薬)、アデホスコーワ顆粒(めまいを改善する薬)、メチコパール錠(ビタミンB12を補う薬)、メリスロン錠(めまいを改善し、平衡感覚を調整する内耳の血液循環をよくする薬)の4種類の薬をもらいました。

それぞれの薬の副作用はカルナクリン錠(胃の不快感、気持ちが悪い、吐く)、アデホスコーワ顆粒(胃腸障害、気持ちが悪い、頭痛)、メチコパール錠(気持ちが悪い、吐く)、メリスロン錠(気持ちが悪い、吐く)などの副作用があると書いてあります。

症状を改善するために飲む薬ですが、今の自分の症状と副作用が重なっています。
薬は両刃の剣です。
これで症状が改善すれば、嬉しいので、今晩から飲みます。

ひどいめまいがして嘔吐したのが今月3日。
8月は散々な月になってしまいました。

2010.08.30 / Top↑