昨日は貝塚へ日帰り出張のため、ジョグは丸2日完全休養してしまいました。
今日は布施駅と職場まで通勤で往復11kmのジョグ。
明日からは師走。
1年が直ぐに終わってしまいます。

11月のジョグの走行距離は265kmでした。
2回のフルマラソン出場で距離は延びていますが、多くは片道5~8kmの通勤ジョグによるものです。
12月は大会参加は奈良マラソンのみ。

寒くなってくると、ジョグが億劫になります。
12月のジョグは寒さ次第、暖かい日が続いてほしいものです。
2010.11.30 / Top↑
10我が家のモミジ

久しぶりに一日、我が家で過ごしました。
お昼前にTestuくんのフィアンセさんがやってきます。
朝から机周りの片付け、夏用と冬用の衣類整理。
大掃除のようになってしまいました。

初めてお会いしましたが、印象の良いお嬢さんです。
Kekoさん手作りのちらし寿司や、戴いた手土産のお菓子を食べながら、楽しいひとときを過ごしました。

久しぶりにゆっくりと庭を見ました。
大きな背丈ではないものの、モミジは錦秋色。
センリョウ、マンリョウも赤い艶やかな実をつけ、自分をアピールしているように見えます。
目を凝らして見るとなかなかいいものです。

10やぶこうじ 10まんりょう

皇帝ダリアは、昨年に続いて2年目の花をつけました。
大きな花をいくつも咲かせ、その迫力に圧倒されます。
堂々とした名前がついていますが、霜が降りると、すぐに枯れてしまいます。
そう想像すると寂しい気もします。

夜は駅前のシャルムでコース料理を食べて大満足でした。

10皇帝ダリア
2010.11.28 / Top↑
平城遷都1300年を記念して行われる奈良マラソンまであと1週間。
奈良で行われるフルマラソンは、今まで無かっただけに、全国各地から観光を兼ねて参加される人も多いと思います。

難点は奈良市内に、多くの参加者を受け入れる宿泊施設がないことです。
受付は大会前日の土曜日。
遠くから参加される人は、受付を済ませてから大阪や京都で宿泊のパターンが多いようです。

奈良市民の一人として、せっかく奈良まで来てもらえるのですから、奈良へ泊まっていただき、少しでも経済の活性化に期待したいところなのですが…。

今年最後の大会です。
楽しんで、この1年間の走りの締めくくりをしたいと思っています。

身体慣らしで帰宅ランを瓢箪山駅までしました。
石切まで行こうか、迷いましたが、無理をすることもなかろうと思い止めました。

今年はまだ、寒さはひどくありません。
このまま良いコンディションが続いてほしいものです。
記念の大会。多くの人が、走りを楽しんでくれることを願っています。
2010.11.27 / Top↑
週刊誌を買うことはあまりありませんが、久しぶりに買ってしまいました。

週刊文春122 今日発売の「週刊文春」(12月2日号)にグラビア見開きで「ごちそうマラソン」の様子が掲載されていたからです。
文春の若い記者さんが、このレースに参戦し、その模様を写真を入れてレポートをしています。
流石に出版社の記者さん、文章が上手く、面白く楽しく読ませてくれます。

記事の一部を紹介すると、
『24キロのコースに給水所ならぬ給”食”所が点在し、走りながら大阪名物を堪能できるという変わったマラソン大会。…たこ焼き、シュークリーム、うどん、果ては道行くおばちゃんに飴玉をもらったりと、怒濤の「おもてなし」が続き、最終的に数十種類の料理を食べた計算に。ゴールに着いた時は「スタミナ切れなのに満腹」という未知の感覚を味わえた。』

大会が終わってすでに4日経ちましたが、その記憶が薄れるどころか、日毎に強くなっているような感じがします。
一昨日の福知山の大会が、すっかり影が薄くなっています。
ごちそうマラソンは参加者340人、対して福知山はフルマラソンの部だけで1万人。
なのに小さな大会の方が印象深いのです。
20数年、走っていますが、こんなユニークな大会に出会うのは珍しいです。

福知山の疲れがまだ少し残っています。
ジョグは5.5kmをゆっくりペースで抑えました。
2010.11.25 / Top↑
先日行われた大阪ごちそうマラソンのブログに、参加したランナーさんたちの完走記が掲載されています。
どの声も感激された内容のものです。
裏方さんの苦労話など見せていただき、改めて関係者の方々の苦労と努力が伝わってきました。

ランナーを誘導するボランティアさんは、「奈良から来られてご苦労さま」「走ってみてどうですか」等々、いろいろと気遣いの言葉をたくさんかけて戴きました。

ランナーは好きなランで美味しいものを戴き、楽しんで走っていますが、大変なのは主催する関係者の方々やボランティアさんです。
交差点で見守るボランティアさんは、一日中、同じところで待機してランナーの安全に配慮して下さっています。
そのことだけでも大変です。
目に見えないところでも、裏方さんが奮闘して下さっています。

ブログでは、そのあたりのことも書かれています。
ブログは必見です。
2010.11.24 / Top↑
10福知山の紅葉 
会場の木々は紅葉真っ盛り、錦秋の由良路を舞台に、福知山マラソンは20回の記念大会

メイン会場となっている福知山市三段池公園は、今が紅葉の見頃、
目に飛び込む落葉樹の錦のように染まった色彩が印象的です。
雲が切れて青空が見えるところもありますが、時折小雨もあり、はっきりしないお天気です。
虹がうっすらと会場にアーチをかけていました。

10福知山の虹
上空にはうっすらと虹の架け橋が

10福知山スタート 福知山マラソンは今回が第20回の記念大会、
フルマラソンのエントリー数は1万人。
グループや家族で応援に来る人も多く、橋の上まで人で覆い尽くされている感じです。

スタートは予め申告していたタイム順にゼッケン番号が決められ、その順番に並びます。
A列からJ列まであり、E列に並びました。
お天気はすっきりしませんが、強い風もなく良いコンディションです。

距離表示は1km毎、エイドの充実ぶり、沿道の声援、ボランティアさんも多く、ランナーにとっては走りやすい大会です。
タイム(ネットタイム)は3時間59分46秒。
なんとか4時間切りは達成しましたが、残り10kmは足が進まない状況でした。
39km地点で4時間のペースランナーさんに抜かれて、ついて行くこともできません。

10福知山豚汁サービス アップダウンの多かった2週間前の下関マラソンよりきつく感じられました。
完走が第1目標でしたが、前半余裕があっただけに、もう少しタイムを出したかったのもホンネです。
身体は思うように動かないことを実感しました。

完走後はサービスの豚汁やお汁粉をおいしく戴きました。
お汁粉は3度もお代わりをしてしまいました。

帰りは福知山温泉でリフレッシュ。
「養老御膳」の食事をとり、ビールなしの完走祝福でした。

10福知山ゴール
陸橋からゴール付近を撮影
2010.11.23 / Top↑
10完走証 天保山渡し券
天保山登頂証明書
今朝の朝日新聞「青鉛筆」の囲み記事に、第1回のごちそうマラソンの記事が載っていました。
カラー写真は商店街のエイドでうどんを食べているシーンです。
記事によると参加者は16府県から340人。

記事を引用すると
▽ほぼ全員が制限時間内に完走したが、みな食べ過ぎで苦しそうな表情。それでも、「『くいだおれ』の本場として今後も続けてほしい」と期待する声が…。と結ばれています。

ゆっくり走り、出会う人たちと交流して、お腹いっぱい食べて、いい大会です。
参加費は3.500円でしたが、これで採算はとてもとれません。
採算を度外視しての大会です。

第1回目の開催で定員は300名と限られていました。
人数制限がなければもっとたくさんの申し込みが殺到したことと思われます。
明日は関西の市民マラソンでは人気の「福知山マラソン」が控えています。
そのため、ごちそうマラソンを断念した人も多いようです。

その福知山マラソン、明日はどんな走りになるか。
走ってみないことには分かりません。
足の張りは残ったまま。
今日は雨の一日でしたが、明日の天気が気になるところです。

昨日もらった完走証明書、天保山渡し整理券、天保山登頂証明書を載せました。
大阪の雰囲気がいっぱいあふれる大会、来年もぜひ、開催してほしいと願っています。
2010.11.22 / Top↑
10ごちそうマラソンイベント会場
スタート地点の八幡屋商店街

青い空、風もほとんど感じられないほどの絶好のコン ディション。
地下鉄朝潮橋で降りると、改札口にボランティアの人がごちそうマラソンの旗を持って、会場までの道を誘導してくれています。

イベント会場になっている八幡屋商店街を通り抜けて港近隣センターへ。
すでに受付を済ませたランナーは、オレンジ色のTシャツに着替えています。
着替えを済ませると、隣接する入舟グラウンドへ移動。

10港近隣センター 10ごちそうマラソン開会式
受付会場の港近隣センターと、入舟グラウンドで注意事項の説明「信号は必ず守って!」。

この大会は児童虐待防止のキャンペーンも同時に行っています。
入口でオレンジリボンを つけてもらいました。
大会概要と注意事項の説明が終わると、太鼓や踊りも披露されました。

10オレンジリボン 10ごちそうマラソン太鼓演奏
肩に付けられたオレンジリボン、グラウンドでは太鼓や踊りの披露

ス タートは八幡屋商店街の中。
地元、八幡屋小学校のブラスバンドや合唱団の歌が披露されました。
それが終わるといよいよ出発。
30人ずつの時差スタートです。

10八幡屋小学校ブラスバンド 10合唱団

10スタート
コースは全長24km、海遊館や天保山の渡し、USJ、大阪ドーム、商店街の中も通ります。
その間、おいしいごちそうが待っています。

大阪プール、大阪中央体育館を1周して、海遊館に向かいます。
普段は一人で走ることが多い のですが、グループでゆっくりと走るのもいいものです。

柔らかい日ざしを受けて、汗が滲んできます。
半袖Tシャツ1枚でもまったく寒さは感じません。
大阪湾に突き出た中央突堤でUターンして海沿いを走ると海遊館です。

海の中に女性のブロンズ像もありまし た。
海遊館の突堤では住吉神社の山車での応援を受け、日本一低い「天保山」に登頂(標高4.53m・ゴール後に登頂証明書がもらえます)。
「天保山」を降りると天保山の渡し船。渡し船に乗る大会は初めてです。
可愛い「あべのん」ちゃんが出迎えてくれました。

10海のブロンズ像 10住吉神社の山車

10天保山 10あべのんちゃん
日本一低い天保山と可愛い「あべのん」ちゃん

渡し船に乗るのに10分間ほど待ちました。
船の中は、ほとんどがランナーです。

10天保山渡し 10天保山渡し2

10渡し船からの景色 10渡し船からの景色2
渡し船からの眺め、右は海遊館

船で安治川を渡ると人気スポット、USJ。
外から背の高い緑のツリーやジェットコースターが見えています。
コースターからは、悲鳴や歓声も聞こえます。

10USJ 10春日出商店街エイド

JR安治川口駅を過ぎ、正蓮寺川沿いを走ってい くと、此花区春日出商店街。
ここでの歓迎ぶりは、半端ではありません。
「お寿司」「大福」「果物」は種類豊富、飲み物、食べきれないほどで す。

10ごちそう1 10ごちそう2

ごちそうは春日出商店街だけではありません。
他にも九条商店街、コースのところどころで私設のエイドもあり、お腹がいっぱいになります。

10抹茶のサービス 10うどんのサービス
抹茶とお菓子美味しかったです。うどんも豆腐もあり食べきれないほど。

コースは これで半分を過ぎたところです。
これから岩崎弥太郎ゆかりの稲荷神社、ここでは坂本龍馬(モデルさん)との記念撮影もあります。
大阪ドームの前も通ります。

10稲荷神社 10大阪ドーム
岩崎弥太郎ゆかりの稲荷神社と大阪ドーム

10ごちそうマラソンゴール時には、川の下をくぐるトンネルもあ り、変化に富んでいます。
コース上には200m~400m間隔でボランティアさんが誘導してくれます。
信号で止まっているときには、ボラ ンティアさんとの会話も楽しいものです。 

 出会う沿道の人たちには、お礼のあいさつを交えながら走りました。
ほのぼのとして、今日の日ざしのように温かい気持ちが伝わってくる大会でした。
沿道の皆さん、ボランティアの皆さん、主催者の皆さん、一緒に走ったランナーの皆さんに 感謝いたします。
2010.11.21 / Top↑
明日は第1回ごちそうマラソン、どんな大会になるのか楽しみです。
お天気も良さそうです。
24kmを4時間以内で走ればいいので、疲れを残さないよう、ゆっくり歩きも入れて、思う存分楽しみたいと思っています。

疲れで福知山を走れないようでは困りますから、今日のジョグは朝の5.5kmだけに止めました。
2010.11.20 / Top↑
塚原古墳今日も一日、高槻へ。
今朝は、施設までの距離が長く、バスを利用しました。
日赤病院のバス停で降りましたが、バスには学生さんがたくさん乗っていました。

早く着いた時間を利用して、施設の周辺を歩いてみました。
穏やかな良いお天気、青い空、それに郊外の空気は違います。
一日、ゆっくりしたいくらいです。

施設から西の方向5分ほどのところに、塚原0古墳と名前のついた古墳があります。
小さな公園になっていて。隣接して集合住宅の棟が並んでいます。(上の写真)
この地域は古墳の多いところで、塚原古墳群と呼ばれているようです。

公園の中に大きく伸びた銀杏の木が立っていました。
黄色と薄い緑が混ざった銀杏の葉っぱは、朝の柔らかい日差しを浴びて、艶を帯びたように見えています。
上品で目に優しい色です。
通りに沿って並んでいる街路樹も紅葉がすすみ、今がちょうど見ごろを迎えています。

近くに特長のある喫茶店もありました。
造りは民家風、店の名前のロゴ文字が印象的で、ちょっと入ってみたくなります。
残念ながら店は準備中、施設訪問の時間もせまっていました。

帰りは一昨日と同じで駅まで歩きました。
団地や病院が近くにあり、バスは頻繁に来ますが、心と足は歩く事を促しています。
暗くなってくると、明るいときには見えなかったお店の看板も見えてきて、昼間とは違った風景が見えています。

小奇麗なお店を見つけたりすると、うれしくなります。
駅まで35分ほどでした。
思っていたわりには、距離はありませんでした。
2010.11.19 / Top↑
明日一日、日帰り出張のため、ジョグは瓢箪山駅まで延ばしました。
店はほとんどが閉まっていて、薄暗い中でのジョグでした。
夏場では、夜遅くなっても、それほど寂しくはないのですが、寒くなってくると、寂しさのようなものを感じます。
それでも、風はほとんどなかったため、ジョグは気持ちよくできました。

先日治療を受けた左奥歯は相変わらず具合が悪く、食べ物を口にしていなくても痛みます。
走っていても、気になるほど。
来月の定期健診までは、とても待てないので、時間をとって診てもらおうと思っています。
2010.11.18 / Top↑
一日、仕事で高槻市にある保育園へ。
JR摂津富田駅で降りて、保育園へは歩いて行きました。
バス通りを歩きましたが、所々歩道はあるものの、道路幅は狭く、反対側から自転車でも来ると、身体をひねって避けなければなりません。
15分ほどで施設へ着きました。

帰りは園長さんのアドバイスを受けて、保育園の裏手を流れている女瀬川沿いの遊歩道を歩きました。
女瀬川の水の流れはきれいとは言えませんが、両側に遊歩道が整備されています。
川の土手の狭い空間には、幾種類もの花が植えられ、歩いているのが楽しくなります。

車に気を遣わずに歩けるので安心です。
この道ならジョグもできます。

国道の信号を渡ると、右手はパナソニックの大きな工場。
そのまま、遊歩道を歩いて行くと、JR線に突き当たり、前方遠くには生駒山のテレビ塔が見えます。
右折して線路沿いの道を進んでいくと駅です。
駅の手前にはパナソニックの桜並木が続きます。

樹齢がかなり経っていて、どの桜も大きな幹になっています。
葉っぱは赤く色づき、これから寒さが増すにつれて、落葉が盛んになります。
見上げながら、爛漫と咲く桜を想像しました。

もう一度、桜の時分に歩いてみたくなります。
遊歩道を通り、駅に着いたときには、空は暗くなり始めていました。
日が落ちると、気温も一気に下がり、膚寒さを感じます。
2010.11.17 / Top↑
今朝の話題は大相撲。
昨日の取り組みで横綱白鵬(宮城野部屋)が、東前頭筆頭の稀勢の里敗れ、連勝は63でストップ。
双葉山の69連勝に残り6つと迫っていただけに、大きくニュースでも取り上げられました。
個人的には、追いついてほしいと思っていただけに残念な気持ちです。

相当なプレッシャーがかかっていたと思われますが、そのプレッシャーをはねのけて勝ち進むのも実力に違いありません。
白鵬関には仕切り直して、白星を重ねてもらいたいです。
63連勝が歴代2位の成績、これを破る力士は、当分、現れないでしょう。

今月後半は、日帰り出張が多いため、ジョグの距離が延びません。
今度、ロングジョグができるのは、21日のごちそうマラソンです。
今日走ったのは、朝と夜の通勤ジョグ合わせて13.5kmに止まりました。

気温が下がってきています。
今日からジョグは、手袋を着用しました。
2010.11.16 / Top↑
10福祉まつり2

1年間で一番大きなイベント「福祉まつり」。
穏やかなお天気で、暖かく、最良のまつりの日となりました。
一時期に比べて縁日通りの模擬店の出店数は減ってはいますが、たくさんの人出でにぎわいました。

10福祉まつり毎年、出て下さっているちんどん屋さんも会場内をまわって、まつりを盛り上げてくれました。
「ちんどん通信社」の皆さんです。
普段、ちんどん屋さんを見かけることはほとんどありません。

鉦やクラリネットなどで賑やかで懐かしい音を響かせてくれます。
今日はクラリネットの代わりにサックスを使っての演奏でした。
メンバーの皆さんは関西のみならず、海外でも公演をされています。

懐かしい人たちにも出会えました。
研修所時代の同窓会を計画する話しもしました。
なんとか実現したいものです。
2010.11.14 / Top↑
春霞がかかったような淡い景色。
通勤電車から見る二上山が、今朝はボヤッとして薄くなっています。
黄砂です。

黄砂は春に飛来するものと思っていました。
この時期に飛んでくるのは聞いたことがありません。

職場までの通勤ジョグは、なるべく口を開けずに呼吸しました。
職場に着いて眼鏡を見ると、小さな小さな粒がレンズに付着していました。

明日はお祭りの日、
日中はその準備でした。
大した力仕事はしていないのに、夕方になると疲れと空腹感が。
帰りは、バス停前の100円ショップでパンと牛乳を買い、空腹を癒し、バスに乗りました。
2010.11.13 / Top↑
先週採血した検査結果を聞きに胃腸科を受診。
CEAの数値は7.4になり下がっています。
基準上限値に比べて、かなり高い数値に変わりありませんが、前回より下がっているので、ひとまず安心です。

胃腸科を出て、午後7時20分、
今週火曜日に歯科医院に行ったばかりでしたが、昨日から左奥歯が痛みます。
終了間際のところ、無理をお願いして歯科も受診しました。
左右とも奥歯がウィークポイント、
美味しいものを美味しく食べられるのは歯が大切です。
2010.11.12 / Top↑
寒くなりました。
奈良は初霜が下りたそうです。
ジョグにも手袋がいるようになりました。
ほかほかカーペットをつけて、ストーブも入れました。

今度の日曜日は仕事ですが、その次の日曜日は「ごちそうマラソン」。
ブログを読むと、大阪市港区の商店街の皆さんが、工夫を凝らして数々のごちそうを用意されているようです。
大会まであと10日。
どんなごちそうが出てくるのか、楽しみです。

23日の福知山マラソン、来月5日の第1回奈良マラソンのゼッケン引換証も届きました。
寒さで体調を崩さないようにして本番に臨みます。
2010.11.11 / Top↑
下関の疲れはそれほどでもなく、布施駅まで帰宅ラン。
5km余りのジョグは、ほどよい距離で、仕事の疲れを癒してくれます。
30分余りジョグして布施駅に着いたときは、気持ちのよい汗が流れ出てきます。

べっとりした汗ではなく、さわやかな汗です。
風も無く、気温もほどよく、ジョグには一番いい季節です。
2010.11.08 / Top↑
10下関マラソン11
折り返し後の34km付近、応援の太鼓や音頭の熱い声援があります

10下関マラソン12 スタートは午前8時半、上空はやや曇っているものの、半袖Tシャツ1枚でも寒くはなく、絶好のマラソン日和です。
フルマラソンは3月の篠山以来、11ヶ月ぶりの出場、しかも、病み上がりの体調。

しばらくレースから遠ざかり、スタート前から不安な気持ちがよぎります。
そのことを考慮して抑え気味で入りました。
この大会は一昨年、走っています。
19km~39kmはアップダウンが連続して続き、タフさが要求されるコースです。

2km地点の唐戸市場前、赤間神宮前も無難に通過しました。
海沿いの国道は、風もなく走りやすいコンディションです。
火の山公園入口を通過、きれいな関門橋の下をくぐり、折返し点を目指します。

折返し点は下関マリンホテル(マリン温泉)を越えた7.8km地点。
折り返して唐戸市場を越えると15km、少しずつ足に疲労が溜まっているのを感じます。
JR線を越えて関彦橋から緩やかな上り、彦島へとコースは変わります。

長い彦島トンネルを通り抜けると、左手に響灘の青い海が広がってきます。
上空は雲がなくなってきて、暑くなってきました。
彦島大橋は長い上りが続きます。すでにハーフの距離は通過しました。見事な景色です。

10下関マラソン18
コースの難所、彦島大橋から眺めた光景。折返し点長州出島にかかる出島大橋が遠くに見えています。

前半ペースを抑えて入っている分、なんとか、歩かずに登ることができました。
沿道の声援が多くなってくると、長州出島大橋です。海に突き出た出島が第2の折返し点。
大橋を超えて折り返すと29kmです。ペースが明らかに落ちています。
給水で止まり、ゼッケンが取れそうになり、立ち止まって付け直しました。
30km地点は2時間45分台の通過。
あと12kmが試練です。

10下関マラソン14 10下関マラソン15
35km地点を過ぎて長いアップダウンの彦島大橋。ここは正念場です。

帰りの正念場、彦島大橋の35km地点を過ぎて、完走のメドがつきました。
給水エイドであんパンを食べて少し元気を取り戻しました。
その後はなんとか走り続けました。

41km地点で4時間を切っています。
これなら4時間と一桁台でゴールできます。
沿道の声援も後押ししてくれています。
海峡夢タワーが目前に迫ってくるとゴールです。

ゴールタイムは4時間03分30秒、残念ながら4時間切りはできませんでしたが、次回のレースにつなげられる結果です。
走り終えた後のふく汁もふぐの切り身がいくつも入った美味しいものでした。

10下関マラソン16 10下関マラソン17

10マリン温泉 着替えを済ませて、路線バスを利用して下関マリン温泉に行きました。
テラスの椅子に腰掛けてぼんやりと周防灘の眺めを見ていました。
一仕事を終えて、何も考えずにぼんやりとしているのはいいものです。

ジャグジーの風呂につかっていると、ゲストの宮本和知さんが隣にいることに気付きました。
下関出身で、今日のマラソン5kmの部の招待選手です。
同行した人と話をしていましたから、話しかけることはできませんでした。

お天気が良かったので、顔面が少し赤くなりました。
新幹線でブログの原稿を書いていましたが、眠くなって途中で止めてしまいました。

下の写真は折返し付近(左)と帰りのバスの中で撮ったマラソンコースです。マラソンコースは大会オフィシャルページのものです。

10下関マラソン19 10下関マラソン20

10下関マラソンコース
2010.11.07 / Top↑
火の山から関門橋を望む
火の山公園から関門橋を望む

10みすず号 新下関から在来線の快速電車「みすず潮彩」に乗り換え、下関に到着。
駅前からバスに乗り、火の山公園へ向かいました。
関門海峡の眺めはここが一番です。

山頂(標高268m)へはロープウェーを利用しました。
雲一つない快晴のお天気です。
それがかえって仇になり、もやって薄いベールをかけたように見えます。
眼下に源平最後の対決「壇之浦の合戦」の舞台が広がっています。
今は、大小様々な船がひんぱんに行き交っています。
古の戦いの面影はありません。

下山は歩きました。
山頂からの眺めはいいのですが、登山道はずっと林の中の遊歩道、見晴らしはよくありません。
ツワブキの黄色の花を見て、ホッとします。

10下関コース 10火の山遊歩道
山頂から見るマラソンコース(海沿いの国道)と遊歩道にひっそりと咲くツワブキの花

国道を渡ると、みもすそ川公園。
関門海峡が狭まったところで、潮の流れが激しいところです。
壇之浦古戦場を一望できるこの公園には、八艘飛びの源義経像と碇をかついだ平知盛像が設置してあります。
幕末の攘夷戦で外国船に砲撃した砲台跡でもあり、長州砲の模型もありました。

10みもすそ川公園 10下関紙芝居

その横で笠をかぶり、紙芝居を演じている高齢のおじさんを見かけました。
坂本龍馬の紙芝居でした。
ボランティアでずっとやっているのでしょうか。

10下関マラソンコース 国道は明日のマラソンコース。
頻繁に車が往来していますが、あすはランナーロードに変わります。
関門橋の下を通り、しばらく歩いていると「中華料理敦煌」ランチバイキングの看板が目に入りました。
午後1時前で空腹感が襲っています。
食べ放題1.050円に負けました。
デザート、飲み物もあり、お腹はパンパン状態で店を出ました。

赤間神宮では、明日の完走を祈願し、有名な唐戸市場へ。
海沿いの景色のよい遊歩道では、爽やかな青空の下、芝生に座り美味しそうに食べている人たち。
市場の中は活況を呈していました。
威勢のよい声が飛び交い、新鮮な海の幸がずらりと並んでいます。
バイキングで食べ過ぎたことを後悔しました。
唐戸市場のひろばでは、大道芸のパフォーマンスも行われていました。

10赤間神宮 10唐戸市場

唐戸から小型船で巌流島へも行きました。
武蔵と小次郎の2体の像が今にも動き出しそうで、リアルです。
船のアナウンスでたぬきが出ることもあると聞きましたが、本当に出てきました。
一瞬、猫かと思いました。
でも、近づくとやっぱりたぬきでした。めずらしいお客さん(こっちがお客さん?)です。

10巌流島 10巌流島のたぬき

今日はよく歩きました。
足が痛いほどです。
明日のレースに影響が出なければいいのですが…。
海と山が印象的な下関の町ですが、歩いていると長崎や尾道の町と似通っているところが多くあります。
史跡もたくさんあり、とても一日ではまわりきれません。
関門橋もたくさん撮りました。最後に2枚アップします。

10唐戸市場遊歩道 10関門橋の下
2010.11.06 / Top↑
仕事帰りに、行きつけの胃腸科で受診。
先月、受けたPET検査と大腸ポリープ切除の結果を報告しました。
PET検査は、今回の検査でも悪性のものは見つからず、主治医の先生も「良かったね」と言って下さいました。

問題はなぜ、腫瘍マーカーの数値が高いかですが、原因ははっきりしません。
灰色のままです。Drでも分からないことはたくさんあります。
今日も採血を行いました。
来週にはその結果がでます。
腫瘍マーカーの数値に一喜一憂してもいけませんが、やはり、結果は気になります。

明日は朝早く起きて下関に行きます。
お天気は良さそうです。
海峡に面した下関は好きな町の一つ、
まだどこへいくかは決めていませんが、多分気の向くままにぶらぶらと歩くことになると思います。

ランニンググッズ、パソコン、デジカメ、着替え等の準備はこれからです。
必要なケーブル類も入れると、肩、背中にずっしりと感じる重さです。
軽いMac Book Airがますます恋しくなります。
2010.11.05 / Top↑
素晴らしい秋晴れの青空、空気が澄み、大空を眺めていると清々しい気分です。
目線を元に戻すと、現実に引き戻されてしまいます。
澄んだ青空のような仕事をしたいものです。

最近、弱気の虫がときどき出てきて、困ります。
粘りもなくなってきています。
かろうじてジョグしているときが、自分らしさを取り戻しているように思います。

3日後のフルマラソンを意識してジョグは軽めの5.5kmで切り上げ。
下関も今日のような青空に恵まれると嬉しいです。
2010.11.04 / Top↑
10大池と薬師寺
人気の撮影スポット・大池から薬師寺、若草山を望む

秋晴れの日ざしを受けて西の京往復のジョグ。
コースは、自宅~富雄川遊歩道~大和田橋東詰~六条山~西の京~大池~折返し自宅です。
六条山の住宅地を抜けるコースは道路も広く、適度のアップダウンがあります。

六条山を抜けると大池、薬師寺はここからの眺めが一番です。
奈良(大和)の風景、仏像、伝統文化の撮影では当代随一と言われた写真家の故入江泰吉の写真で有名です。
薬師寺の2つの塔と金堂、その後ろに若草山、誰もが一度は目にしたことがある光景です。

東塔は近々解体修理が始まるため、この姿が見られるのも今だけです。
多分、来年の若草山焼きのときには、西塔しか見られないでしょう。
少し膚寒い風が揺れる中で、大池にはたくさんの小ガモが泳いでいました。

大池は薬師寺を眺める人気スポット。
カメラや絵筆を手にする人が目立ちます。
小休憩をして帰ってきました。

西の京までジョグで片道50分弱、
垂仁天皇陵や郡山城も近くにあり、春には桜見ランが楽しみです。

10大池とコスモス 10大池の芸術家
大池対岸からのショット、1月の若草山の山焼きの日は場所とりが大変です

ジョグの汗をシャワーで流し、お昼ご飯を食べてから、Kekoさんと歩いて霊山寺に行きました。
秋バラとローズティ(ケーキ付き)を堪能しました。
バラは春に比べると、華やかさでは劣りますが、じっくりと味わうにはよく、落ち着きます。
バラ園を眺めながら、味わうローズティは香りも味も絶品です。
バラの花もたくさん撮りました。いくつか載せてみました。

霊山寺バラ園5
霊山寺バラ園にある喫茶プリエール

霊山寺バラ園1 霊山寺バラ園2

霊山寺バラ園3 霊山寺バラ園4

霊山寺バラ園7 霊山寺バラ園9
2010.11.03 / Top↑
昨日午後から降り出した雨が上がり、随分寒くなりました。
昨日まで半袖でいましたが、今日は長袖がなくてはしのげません。
我が家から出先へ直行したこともあり、ジョグは完全休養となってしまいました。
一息入れて明日また走ります。

今日、週末予定している下関行きの新幹線の切符を買いました。
この様子では、寒くなりそうな予感がするのですが、食べ物も景観もよいところです。
アフターランでは、関門海峡が一望できる天然温泉・マリン温泉パークも楽しみです。

走った後の温泉の温もりと新鮮な海の幸の喜びは、ランナー冥利に尽きます。
下関の走りで、身体の回復力、体調が分かると思います。

2010.11.01 / Top↑