FC2ブログ

出勤前に、眼科医で診てもらいました。
診療開始は午前8時45分。
8時半過ぎに医院に入りましたが、すでに10人以上の患者さんが待合室で待っていました。

視力検査などの予備検査は始まっています。
最初に眼圧検査を受け、その後、視力検査がありました。
前回、診療を受けたのは昨年9月、そのときに眼底検査のことを言われていました。
両眼とも検査を受けることにしました。

眼底検査は、目薬で瞳孔を開いて、眼球内部が良く見えるようにして行います。
目薬を差してもらって、15分ほど待合室で待機した後、暗室のようなところに入って検査を受けました。

光を当てて眼球内部をすみずみまで見てもらいます。
眩しさはありますが、痛みや恐怖感はなく、楽な検査です。

橙色の眼球内部のカ ラー写真を見せてもらい説明を受けました。
飛蚊症は心配なく、白内障が少し進んでいます。
気になるのは、やや視神経が萎縮していて、眼球中央部の白い部分がやや大きくなっていることです。
右目に比べて左目が顕著です。
「急ぎませんが、視野検査も受けた方がいい」と言うことでした。

今日のところはまず心配ありません。
検査を受けた後も、目薬の影響で,3~4時間瞳孔が開いたままで、ぼやけて見えます。
直射日光が目にまぶしく入ってきます。

診察、検査でかかった費用は2.750円。
歯医者さんだと、10分弱の手入れと処置で2千円はかかります。
眼科は検査も多く、時間もかかりますが、歯医者さんに比べて払うお金は安く済みます。

2010.12.18 / Top↑