11勝田マラソン3

水戸駅7時33分到着。
高速バスを降りて、駅のコンコースに向かうと、寒い早朝の中で、号外を配っている人がいます。
手にとって見ると、サッカーのアジアカップ優勝の見出しと写真が大きく載っていました。
強豪オーストラリアを延長の末、1対0で破っての見事な優勝です。

記事に気を良くして、勝田へ向かいました。
JR水戸からJR勝田駅はわずか一駅。
勝田駅はひたちなか市の中心となっている駅、ランナーで混雑しています。
駅からマラソン会場までは徒歩で10分ほどですが、駅前から会場までの送迎バスが出ていて、楽してそれに乗りました。

 勝田マラソンは今年で59回目、フルのエントリーは11.000人を軽く超え、女性ランナーも1500人を超える人気大会です。
ひたちなか市を周回するようにコース設定がされていて、通りに面した両側には、大会旗がなびき、町全体がマラソン一色。
メイン会場の石川運動ひろばには、たくさんのテントと並び、多くの店が出ています。

11勝田マラソン 青空が広がっているものの、気温は低く、風が吹くと寒さが身に染みます。
外で着替えるの止めて、更衣用に用意されたテントの中に入りました。

ランナーの熱気もあり、テントの中は暖かく、着替えが苦になりません。
長タイツを着用し、上は長袖Tシャツ、その上に半袖Tシャツを重ね着しました。

着替えて外に出るとブルルと震えがきます。寒いと走る気持ちが萎えてきます。
スタートは11時、市内中心部を走るフルマラソンにしては遅いスタートです。
中盤までは、沿道の声援を受けて、サブフォーペースで走っていましたが、28km過ぎから身体が動かなくなりました。
  
11勝田マラソン2 

35kmでサブフォーは諦め、4時間10分切りに切り替えました。
35km以降は完全なメロメロ状態、腕がまったく振れません。
歩きを入れてなんとかゴールを果たしましたが、結果は4時間06分37秒と一週間前の湘南マラソンより10分近く遅いタイム。
寒さと2週続きのフルの影響が堪えました。

着替えでは手が縮かんで、安全ピンがなかなか外せません。
会場内で食べ物やスポーツ関係のグッズのお店がたくさん並んでいました。
生バンドの演奏もありました。
暖房の効いたところへ早く行きたくて、駅行きの送迎バスに乗り込みました。

11勝田マラソン4  11勝田マラソン表彰式 

お風呂が恋しく、交番やお店で聞きました。
駅から遠く、しかもわかりにくそうな場所のため諦めました。

マラソンの参加賞「完走いも」は、食べずにお土産として持って帰ることにしました。
茨城県は乾燥芋の産地です。
「完走芋」の袋には”君よ、勝田の風になれ!”と書いてあります。

完走芋   11勝田マラソン5 

水戸駅のお店でお土産に、職場には「梅」と「ゆず」羊羹、我が家には「水戸の梅」(和菓子)を買いました。
夕食は駅6階レストラン街にある中華料理店で、具たくさんの「蘇州海鮮ラーメン」を食べました。
食べている途中で、疲れがドッと出てきて、眠気が急に襲ってきました。
2011.01.30 / Top↑
昨夜は「梅の花」の会席料理、今日は「ハルトケ」の会席料理をいただきました。
2日間続けて、落ち着いた部屋で美味しい食事をいただくのは、ちょっとぜいたくな気分です。
美味しいものを、美味しく、すべて食べることができるのは幸せなことです。

法事から帰ってRicoさんに長く伸びた髪をカットしてもらい、勝田行きの準備を済ませました。
晩ご飯は我が家で食べ、これから出発です。
あべの午後9時30分発、水戸到着は明朝8時過ぎ。

バスで眠ることができればできればいいのですが。
それと寒くないことを祈ります。
2011.01.29 / Top↑
先週日曜日の湘南国際マラソンの結果が発表されました。
フルマラソン男子の時間内(6時間以内)完走者は11.913人、
自分の順位とタイムは、3.883位でタイムはグロスで4時間04分06秒、ネットタイムは3時間57分35秒です。

号砲がなって、スタート位置につくまで約6分30秒かかっています。
レースの途中で写真を撮っていましたから、ネットでこのタイムなら上出来です。
オールスポーツさんによるレース中の写真もたくさん撮っていただきました。
写真で見る限り、いつもより余裕のある表情で走っています。

さて、明後日は勝田全国マラソン。
湘南マラソンは穏やかな天気でしたが、30日はかなり寒くなりそうです。
タイツと長袖Tシャツの準備をしていきます。
2週続けてのフルとなりますが、どんな走りとなるか、楽しみです。

明日は義母さんの一周忌の法要。
それを終えて、夜行バスで勝田に向けて出発です。
2011.01.28 / Top↑
今年6月4日開催の「しまなみ海道ウルトラ100km遠足」、7月17日開催の「小布施見にマラソン」が定員に達し、早々と申し込みが締め切られました。
どちらも人気の大会だけに、締め切りは時間の問題でした。

2つの大会とも、受付開始と同時に、申し込みを済ませていました。
市民マラソンの人気が上がっています。
これぞと思う大会は、早く申し込まないと参加をすることができません。

一昨日、案内が届いた5月開催の鯖街道ウルトラマラニックは申し込みをしたいところですが、仕事が入る公算大なので保留です。
予定が分かった段階では、定員に達していると思います。

今後の開催予定でエントリー済みの大会を書いてみました。

 1月30日 勝田全国マラソン(フル)
 2月6日 東京ベイ浦安シティマラソン(ハーフ)
 2月27日 そうじゃ吉備路マラソン(フル)
 3月6日 篠山ABCマラソン(フル)
 4月17日 長野マラソン(フル)
 5月4日 山口萩往還マラニック(70km)
 6月4日 しまなみ海道ウルトラ100km遠足(100km)
 7月17日 小布施見にマラソン(ハーフ)
2011.01.27 / Top↑
サッカー・アジアカップの準決勝、日本ー韓国戦にはエキサイトしてしまいました。
そのせいで、睡眠不足です。
前半、日本は不本意なPKで韓国に1点先行され、嫌な展開に。
しかし、前半36分、見事な連携プレーで追いつき、前半終了。

後半は激しい攻防を繰り返すも、互いに譲らず、15分ハーフの延長戦に。
延長戦前半で、岡崎がPKを得て、本田が蹴ったこぼれ球を細貝が押し込んで勝ち越し。
後半15分、終了直前、このまま、日本が逃げ切るかと思われた矢先、韓国のFKのボールは、ゴール前の激しい攻防となり、無情にもゴールを決められ2対2。

勝負はPK.戦となりました。
先行の日本はPKを失敗した本田が一番手。
不安がよぎる中、見事にゴール。

緊張感漂うなかで、日本は2本連続で成功。韓国のシュートは2本ともGK川島のファインセーブで日本が絶対有利に。3本目は両チームともゴールポストの外、4本目を蹴った今野がゴールを決めて、死闘のような戦いがようやく決着。

まさに手に汗を握る展開、最後はGK川島のファインセーブで日本の決勝進出が決まりました。
布団に入ったのは午前2時、眠いはずです。
決勝の相手はオーストラリアに決まりました。

こうなったら、優勝のみしかありません。
決勝戦は29日土曜日の夜、
この時間帯は、勝田マラソンで水戸に移動する夜行バスの車中、観戦することができません。残念です。
ガンバレ、日本!!
2011.01.26 / Top↑
11湘南マラソン5
湘南マラソン・江ノ島の折返し点(約19km地点)

6時前に起床
昨夜、ホテルの前のイトーヨーカー堂で買った寿司とパン、柏餅などで朝食を済ませ、藤沢駅へ。6時57分発の熱海行きに乗りました。
電車は超満員で、すし詰め状態。
7~8割は湘南マラソンのランナーです。

大磯駅で降りると、駅から会場まで長いランナーの列。
ところどころにブルーのウィンドブレーカーを着たボランティアさんが立って、道案内をしてくれています。
30分余りでメイン会場になっている大磯プリンスホテルに着きました。
ここがまた、すごい人、いったいどこへ行けば良いのか分かりません。

フルマラソンの参加者だけでも1万8千人、それに加えてハーフ500人、10kmのランナー5千人。
合計するとランナーだけで2万3千人以上。
国内でこんな人だかりの大会に遭遇するのは初めてです。
荷物を預けるにも長い列で待ちました。

11湘南マラソン 
スタート前(後方に富士の姿)

富士は薄曇りのせいか、見えてはいるのですが、薄墨で描いたようにしか見えません。
スタートをするランナーの左後方に、少し雲に隠れて見えています。
午前9時、定刻通りにスタートをしました。
しかし、号砲が鳴っても全く動きません。
5分余り経って、ようやくスタートラインを踏むことができました。
これでも、まだ早い方です。

11湘南マラソン2 コースは西湘バイパスをスタートをして、まず、江ノ島に向けて走ります。
江ノ島で折り返すと19km地点、進路を変えて、二宮で2度目の折り返し。
ここまでくるとゴールは残りは2.5kmほど、メイン会場を目指します。

海沿いのハイウェイは、ほぼフラット。
走りやすく、風もほとんど感じられません。絶好のコンディションです。
ハーフを2時間弱、後半もほぼ同じペースでぎりぎりのサブフォーでした。写真はスタート地点)

11湘南マラソン3 11湘南マラソン4 
江ノ島付近(右の写真の後方に見えるのが江ノ島)

11湘南マラソン6 
眺めのよい海岸沿いのコースが続く

11湘南マラソン7 11湘南マラソン8

11湘南マラソン10 11湘南マラソン9
フィニッシュ地点

帰りは小田原で途中下車し、遅い昼食と小田原城を散策。
場内公園には、薄ピンクの寒桜が咲いていました。
天守閣に上ると相模湾、箱根の山がよく見えます。
もう一日、休みがあれば、”箱根の温泉でゆっくりできたのに”と、一寸、悔いが残りました。

11小田原城 11小田原城2
小田原城

11小田原城3 11小田原城4 
小田原城の天守閣から見た景色(左の山は箱根山、右は相模湾を望む)
2011.01.23 / Top↑
京都8時29分発、ひかり462号に乗車。
名古屋までは各駅に停車、名古屋から小田原まで止まりません。
米原に近づくと外は一面雪景色、乗客も米原駅でほぼ満席状態になりました。

名古屋では青空の広がる上天気、
富士もきれいに見ることができました。
小田原で新幹線を降り、在来線で藤沢へ。
藤沢から「江ノ電」で鎌倉へ行きました。

11江ノ電 「江ノ電」響きがいいです。
狭い住宅の間や路面を、ゆったりと走る江ノ電は、どこか懐かしさを感じさせます。
1時間に5本のダイヤが組まれていますが、電車は満杯。

長谷駅で下車し、長谷観音や高徳院の大仏(阿弥陀如来坐像)にお参り。
鎌倉長谷寺は別名「花と眺望の寺」。
すでに紅白の梅の花が咲いていました。
黄色のろうばい、すいせん、ぼけ、小さな福寿草などが出迎えてくれます。

急な階段を上っていくと展望台、眼下には由比ガ浜の海岸、三浦半島も見えています。
境内の展望のよいところで大吉だんご(みたらし団子)や甘酒を売っていました。
お腹が空いてきて、みたらしを1本食べました。

 11長谷寺4 11長谷寺3  
香りのよいろうばいの花(左)と境内に咲く水仙と木瓜の花(右)

11長谷寺2 11長谷寺5 
長谷寺の境内と展望所では大吉だんごのお店

高徳院の大仏は鎌倉の大仏様としてよく知られています。
写真では何度も見ていますが、実際に目にすると、その大きさと迫力に圧倒されます。
大仏さんの後ろに回ると、換気用の窓が二つありました。
大仏さんの身体の中にも入ることができます。

11鎌倉大仏 
高徳院の大仏さま(迫力があります)

11大仏2 11鎌倉大仏3
大仏さんの横顔と後ろ姿(換気口が2つあります)

20円を支払って、入ってみました。
階段のところは暗く、しかも急でつまずいてしまいました。
大仏さんは1.252年から十年前後の歳月をかけて建立されたと言われています。
身体の中に入ると、当時の鋳造技術の確かさが分かります。

観光客であふれるような道を駅に戻り、終点の鎌倉駅へ。
鶴岡八幡宮へ行きました。
ここも人、人、人です。
参道に向かう道は洒落た店も多く、人気のほどがうかがえます。

11鶴岡八幡宮 
昨年だったか、名物だった大木の銀杏の木に雷が落ちて大々的に報道されました。
その銀杏の木は5~6メートルのところで伐られていましたが、その幹の脇からは小枝が芽吹いていました。
横には大きな木の看板。「がんばれ、大イチョウ」と書いてあります。
みんなの願いがこの看板に凝縮されています。

11鶴岡八幡宮2 11鶴岡八幡宮5

鶴岡八幡宮には、この時期もう一つ見所があります。
寒牡丹です。
丁寧が行き届いた庭園に、一株一株大切にされるように牡丹が出迎えてくれます。

11八幡宮牡丹 

11八幡宮牡丹2 11八幡宮牡丹3

観光客の多い人通りを抜けて、帰りは藤沢行きの江ノ電に乗りました。
湘南の海を見て江ノ島へ。
江ノ島神社にお詣りして、エスカレーターで楽して上がりました。
行きの新幹線で見えていた富士は、日が傾くと、雲にすっぽりと隠れていました。
それが残念です。

11江ノ電2 11江ノ電3
江ノ電から見た江ノ島(画面左上)と江ノ島神社
2011.01.22 / Top↑
明後日は湘南国際マラソン。
すでに必要なものはデイパックに詰め込みました。
MacBookAir、デジカメ、それに付随する小物類も必需品。

お天気もまずまずのようです。
仕事帰りに新幹線の切符を買いました。
明日は早めに出て、江ノ島や鎌倉を散策しようと思っています。

湘南の海も江ノ島も初めて行くところ。
真冬の富士山も魅力です。
エキサイティングな2日間が待っています。
2011.01.21 / Top↑
懐かしい顔に出会いました。
以前の職場で勤めていたときに、一緒に仕事をしていた人です。
10年くらいは会っていないでしょう。

以前のイメージしか残っていません。
声を掛けられて振り向いた時の第一印象は、「太りはったなぁ~」と思いました。
ジョグ中でしたから、会話はほんの少しでしたが、懐かしい気持ちが身体全体に溢れていました。

昨日は片麻痺で散歩中のおじさんに会いました。
ときどきジョグ中に顔を合わせ、あいさつを交わしていましたが、しばらく会っていませんでした。
元気な姿と声を聞いてホッとしたような気持です。

単純で繰り返しの通勤ジョグでは、どんな小さな出来事でも心がおどるものです。
空には丸いお月さんが出ています。
2011.01.20 / Top↑
夜、それもかなり遅い時間帯。
公園で一人の男性が体操をしていました。
会議を終えて、急ぐようにして職場を出たため、ジョグの途中でトイレに行きたくなってきました。

いつも通っている通勤ジョグのコースです。
コンビニや自販機、トイレの設置場所等、どこにあるのか、インプットされています。
途中の公園で、ジョグを止めてトイレに入りました。

体操をしていた中年の男性は、Tシャツ姿でデイパックを背負った姿を見て、「がんばって!!」と声をかけてくれました。
何にもない夜道をとことこジョグするのは、退屈なものです。
そんな時、声をかけてもらうとうれしいものです。
その一声で、重いジョグの足が、少し軽くなったような気がしました。
2011.01.18 / Top↑
寒さが身に堪えます。
橋本病のせいなのか、随分、寒さに弱くなったような気がします。
昨日は、この冬一番くらいの寒さでした。

外に出ると、風がピューと鳴っています。
それにビビッてしまって、昨日は一日、出かけずに家で過ごしてしまいました。
体調も鼻風邪気味。
テレビで都道府県対抗女子駅伝を見ました。
結果は京都が2位に余裕の差をつけての優勝でした。

京都のアンカーは、ダントツの福士加代子選手。
トップでタスキがリレーされては、他のチームは為す術がありません。
ハラハラドキドキするような競り合う場面がなく、勝負として見た場合、面白味に欠けました。
印象に残ったのは、にこやかな笑顔を振りまきながら走る福士選手の表情でした。

連休2日間はジョグを休みました。
今日は短い通勤ジョグのみ。
通勤ジョグだと、距離が短いこともあって、少々寒くてもジョグしようという気になります。
木曜日まで短い距離で調整し、日曜日の湘南マラソンに備えたいと思っています。
2011.01.17 / Top↑
11ma2京都北山の教会で行われた結婚式に出席しました。
AnさんとBunちゃんの結婚式です。
ごく内輪の人たちだけの式でしたが、小さくとも温かい雰囲気の式と披露宴でした。

教会は北山駅から歩いて5分ほど。
まわりは静かで落ち着いた雰囲気が感じられるところです。
予定より随分早く会場に着きました。

11待合室待合室で出していただいたコーヒーを飲んでいると、二つのものが目に止まりました。
一つは二人の結婚を祝して、お友達がイラストをした作品。
宇宙戦艦ヤマトにヒントを得て、作られた二人のイラストです。

これから先、幸せという名の星に向かって出発していこうとしているように見えます。
その右には、Bunちゃん手作りのクマさんが可愛く飾られています。
「よくお出で下さいました」と言っているようです。

式は1階のチャペルで行われました。
神父さんはでっかい人で、Kekoさんは「小錦」みたいだと言っていました。
身体の割には、声が小さく、聞き取れないところが多々ありました。

11披露宴案内披露宴は2階の会場。
出窓の見えているところです。
入口に置かれている披露宴のご案内、テーブルに置かれている料理のメニュー表など、新郎新婦による手作りのものでした。

外はときおり、雪が舞うお天気でしたが、中は温かく2人の新しい門出を飾るのにふさわしい日となりました。
2011.01.15 / Top↑
この週末から来月にかけて、週末毎にプライベートな予定が詰まっています。
明日は、おめでたい結婚式に出席。
2週間後に、江ノ電観光と湘南国際マラソン。
翌週は、法事と勝田全国マラソン。
月が変わって、来月6日は東京ベイ浦安シティマラソン。

お祝い事あり、法事あり、それに3週連続してマラソン参戦。
バラエティに富んでいます。
3つの大会とも、関東開催で初参加となります。
湘南は前泊の予定、新幹線利用で行きますが、勝田と浦安は土曜日移動の夜行バスです。
自分でも、ハードなスケジュールだと思います。

すでに湘南と勝田マラソンはゼッケン番号が送られてきています。
未知のコースを走るのは、不安もありますが、それ以上に、どんな大会なのか、楽しみも大きく膨らんでいます。
2011.01.14 / Top↑
暮れにもらったボーナスのお小遣い、Mac関連グッズをたくさん買ってしまいました。
MacBookAir11、それを入れる収納バッグ、液晶保護フィルムとキーボードカバー。
いずれも、Macを大切に使っていくためのグッズです。

MacBookAir11には、Ethernet用の端子がないため、USB Ethernetアダプターも別買いで揃えました。
LANケーブルが必要なところは、これがないと、インターネットができませんから、これは必須アイテムです。
MacBookAir11はコンパクトで軽く、大きな不満はないのですが、Ethernet用とSDカードが差し込める端子は付けてほしかったところです。

iPhone用では、ワンセグ用のチューナー、これは店頭で見て衝動買い。
他にも、防水仕様のコンパクトデジカメ1台、一眼レフと交換レンズを入れるバッグも購入。

いつもの月より、お小遣いを多くもらうと、気持ちまで大きくなって、すぐ使ってしまう悪い癖が出てしまいました。
これから大会参加を控えています。
財布をしっかり引き締めます。

2011.01.12 / Top↑
62歳の誕生日を迎えました。
我が家へ帰るとKekoさんが、赤飯と大好きな手作りのコロッケを用意してくれていました。
コロッケはジャガイモがたっぷり入っていて、市販のどんなコロッケよりも美味しいものです。

Testuくんは高級感のあるチョコレートケーキ、
Ricoさんは不二家のカスタード入りのケーキとカップ入りのプリンを買ってきてくれました。

11誕生日ケーキ   11不二家のケーキ

いつも晩ご飯は茶碗1杯だけですが、今夜は赤飯を2杯と大きなコロッケ2個、
それに加えて2種類のケーキを食べて、お腹はパンパン状態です。

誕生日を覚えてくれていて、みんなで祝ってくれるのは嬉しいことです。
全部はとても食べきれません。
残りは明日の楽しみにとっておきます。

一つ書き忘れていたことがありました。
Kekoさんには、ジョギング用の手袋を誕生祝いにもらいました。
普段から両手がメチャクチャ冷たい体質なので、冬場のジョグでは手袋なしでは走ることができません。

ところが、いつも手にしている物なのですが、片方を落としてしまったり、どこかにしまい忘れてしまいます。
手袋は片方だけでは使い物になりません。
手袋を買わなければと思っていた矢先だけに、グッドタイミングでした。

高価なものではなくても、必要なときに必要な物をもらうのが一番よいプレゼントです。


2011.01.11 / Top↑
この2日間の連休は我が家で過ごしました。
このところ、疲労感があり、ハードなことはできません。
ジョグは昨日、なんとかハーフの距離をこなしましたが、キロ6分30秒とノロノロペース。

今日は、寒さばかり感じ、まったくジョグの気持ちが沸いてきません。
だらだらと一日過ごしてしまいました。

風邪をひいているわけではありませんが、軽い頭痛もあり気分がすっきりしません。
明日は仕事、気持ちを取り戻していきたいと思います。
2011.01.10 / Top↑
歯医者さんへ行きました。
左奥歯の痛みは年末からずっと続いています。
抗生物質をもらっているのですが、続けて飲むと胃の調子が思わしくありません。
薬を飲んでも、痛みそのものはさほど変わらないため、もう、飲むのは止めにしました。

ひどいときには、リンパ腺が腫れて痛みます。
その腫れは改善されて、今はひいています。

痛みがひどくなると、集中力も落ちます。
痛みを感じるからこそ、身の安全も保たれ、大きな病気や事故を未然に防いでくれるのですが、できることなら痛みは避けたいのが本音です。
来週も診てもらうことになりました。

歯医者さんに頼んでいた領収書をもらいました。
昨年、歯医者さんで治療を受け、支払った自己負担額は、薬代を除いて55.360円でした。
すべて保険適用の範囲内のものです。

国民医療費の増大により、社会保険の見直しが取り沙汰され、保険料も医療費も負担が重くなってきています。
それによって、治療を受けられなくなってしまうのは、本人にとっても、国にとっても大きな損失になってしまいます。

健康が保たれてこそ、ジョグもでき、大会への参加もできます。
年間10数回、大会に参加していますが、平均すると、参加費、交通費、宿泊費等を合わせて1大会当たり2万円は使っています。
「結構、経済的効果に貢献をしているなぁ」と思うときがあります。

自分も楽しめて、それが社会にも貢献できることになれば、嬉しいことです。
2011.01.06 / Top↑
昨晩、寝る前に体重計に乗ると、64kg。
師走から年始にかけて、食べる機会が多かっただけに、一気に2kgもオーバーしてしまいました。
オーバーした分を減らすのは大変です。

寒い時期でも、練習で一日に30km~40kmもジョグする人には、敬服します。
自分の場合はせいぜい15km、距離が全然走れていません。
せめて週末には、ハーフの距離くらいは走っておかなければ月末のフルが危ういです。

退勤の時間になって上空は不安定。
雨を気にしながらのジョグ、八戸ノ里駅で電車に乗りました。
2011.01.05 / Top↑
11お墓詣り 京田辺にある義父母さんのお墓詣り。
最初に墓地の入口にある六地蔵さんに、お線香を上げて、この一年間の安全と健康をお祈りしました。

お墓にお花を供え、お線香を上げて、もう一度、安全と健康の祈願。
日当たりの良い墓標には、真冬の柔らかい日ざしが上空から照らしています。
元旦は寒く、雪が舞っていましたが、今日は穏やかで、寒さも一段落という感じです。

お墓詣りを終えて、松井山手でお正月バージョンの料理を戴いて帰ってきました。
お腹はパンパン。
年末、年始は食べ過ぎてしまいました。
セーブができないのは相変わらずです。
2011.01.04 / Top↑
箱根大学駅伝復路も白熱した戦いでした。
午前8時に東洋大の市川孝徳選手がスタート。
27秒差で、2位の早稲田大・高野寛基選手が続きます。

ピッチ走法の高野選手は、最初からペースを上げてどんどん差を縮め、中盤で2人のデッドヒート。
抜きつ抜かれつの争いに、見ている方は目が離せません。
2人が激しく競っていたその瞬間、15.5km地点の急坂のカーブを曲がったところで、高野選手が足を滑らせ転倒したのはビックリ。

しかし、その後の高野選手が素晴らしかった。
立ち上がるや否や、すぐさま、追いつき、ペースを上げて市川選手を引き離します。
小田原の中継所では、2位に36秒差。
7区以降、優勝争いは早稲田大と東洋大が先行、その後、駒大が追う展開。

白熱した争いのなか、早稲田大が21秒差で東洋大をかわし優勝しましたが、それ以上に熾烈だったのは、シード権争い。

終盤、4校での壮絶なシード権争いは、ゴール直前まで団子状態。
わずかに先行していた國學院大・寺田夏生選手がゴールが見える手前で、大きなコースミス。
慌てて、コース変更し、必死に3選手を追います。

1人抜いて、僅差でゴールに飛び込み。
結果、日体大、青山学院大、國學院大がシード権を獲得し、城西大は3秒差の11位。
國學院大は歓喜のゴール、城西大は無念の涙となってしまいました。
何度も、箱根駅伝を観戦していますが、今回のように白熱した戦いは初めて。
駅伝は何が起こるか分かりません。



2011.01.03 / Top↑
10伊勢のうさぎ 今日から3日間、お正月休み。
今日、明日は箱根大学駅伝をテレビ観戦。
きれいな走りを見ると、ほれぼれします。

レースは1区から早稲田大の1年生エース大迫傑選手が飛び出し。
4区まで順当に先頭をキープ。
注目は最後の5区の箱根の山登り。
予想通り、3位でタスキを受け取った東洋大の柏原竜二選手が最初から飛ばします。

小田原の中継地点で早稲田と東洋大の差は2分54秒差。
6.7km地点で2位を走っていた東海大エースの早川翼選手を捉え、見る間に差が広がっていきます。
まるで人間機関車の様。

14.2kmの箱根小涌園で33秒差と迫ると、ついに16.1km地点で先行する早稲田の猪俣英希選手を追い抜き、そのままゴール。
見事な走りの往路優勝でした。
柏原選手は今年に入って不調が続いていたと言われていただけに、涙の優勝インタビュが目に焼き付きました。

2区で区間賞を獲った東海大の村沢明伸選手の走りも見事、速いランナーは力動感に溢れフォームがきれいです。
往路では大迫、村沢選手を初め、佐久長聖高出身のランナーの活躍が目立ちました。
明日の復路は早稲田の逆転なるか、駒大、東海大の走りもみものです。

夕方、富雄川へジョグ。
距離は10km余り、速さものんびりしたペースでしたが、穏やかな天気の中、気持ちのよいジョグでした。
(写真のうさぎの置物は、Ricoさんが伊勢神宮の初詣で買って来てくれたものです)
2011.01.02 / Top↑
あけましておめでとうございます

2011年がスタートをしました。
今年はうさぎ年、
うさぎのようにぴょんぴょん、
全国各地を跳ね回っていきたいと思っています。

新しい出会い、新しい発見を求めて、こころは躍ります。
どうか、皆さんも健康に気をつけられて、この一年が無事に健康でありますようお祈りいたします。
2011.01.01 / Top↑