吉備路マラソン国分寺 

お天気の崩れが心配されましたが、青空が広がり、絶好のマラソン日和となりました。
いつもなら年間を通して、最も寒いこの時期ですが、暖かく風もありません。

バイキングの朝食は軽めにとり、午前8時過ぎにチェックアウト。

宿舎から30分余り歩いて会場のアリーナに着きました。

きびじアリーナ きびじアリーナ2 


すでにたくさんの人です。

参加者はメインのフルマラソンとハーフ。それに短い距離のファミリーマラソン、2,6kmと5.4kmの部を合わせて総勢11.284人がエントリーをしています。

2,6kmや5.4kmの半端な距離の種目があるのが変わっています。

吉備路マラソンスタートフルは2.173人がエントリー。

コースは作山古墳、造山古墳などの古墳群を通り抜け、吉備王国のメッカ、備中国分寺など、太古の吉備ロマン溢れる設定となっています。
舗装された一般道も走ります。

スタートをして6kmほどは、舗装された道路です。

昨日、イチゴ狩りをした農園の前で5.5km地点。人だかりができています。

熱い声援です。

遠くに国分寺の五重塔が見えてきました。

広い田んぼの中の道に、長いランナーの帯ができています。

昨日通った道です。

ランナーの息づかいが聞こえますが、周りの景色はのどかです。

五重塔までくると、待ち構えたカメラマンのシャッターが一斉に切られます。

カメラマンが数人、地べたに這うようにしてレンズを向けてシャッターを切っています。

まるで一流ランナーになったみたいです。

11吉備路マラソン備中国分寺 

11吉備路マラソン2 11吉備路マラソン1 


吉備路マラソンは、完走すると吉備路の見どころを巡るようなコース設定になっています。

一番の魅力のポイントは五重塔です。9km地点で一度、塔を見て、コースの半分を過ぎたところで、再び五重塔に巡ってきます。二度楽しめる心憎いコース設定になっています。

11吉備路マラソン給水所 

11吉備路マラソン2国分寺の給水ポイントでジャムパン、バナナを食べて一息入れました。

目の前をランナーがどんどん通り過ぎて行きます。

ハーフの距離はすでに超えています。

昨日、重い荷物を背負って10kmも歩いたせいか、スタート直後から身体の運びはイマイチだったのですが、ここへきてペースダウンです。

30km過ぎまで我慢が続きました。

35km手前から自分自身に気合いを入れるように声を大きく上げて元気よく走りました。

沿道の声援に応えて、手を振ったり、子どもたちとハイタッチしたり。

 11吉備路マラソン地元の応援 

足の運びは亀のような動きでしたが、沿道の声援に応えて声を出していたのは、多分、一番だったと思います。

少し前をゆくランナーさんも触発されて、ゴールまで二人で、掛け合いのようにして走りました。まるでウルトラマラソンのような感覚です。

11吉備路マラソンゴール前 11吉備路マラソンゴール 

11吉備路マラソンフィニッシュ 


沿道の声援は本当にありがたいものです。

ゴールタイムは4時間7分14秒と平凡なタイムでしたが、ゴール後は二人で完走の喜びにひたりました。
沿道でちびっ子の差し出したあめ玉をずっと握りしめていましたが、一息入れてそのあめ玉を口に入れました。
甘いおいしい味でした。

着替えを終えて、3km余り離れた「サンロード吉備路」まで戻り、温泉入浴。

さすがに、ここから総社の駅まで5km以上の距離を歩く気力はなく、帰りはタクシーに乗りました。

岡山駅で途中下車し、マラソン完走のご褒美に1.580円のカニ釜飯をいただきました。

2011.02.27 / Top↑
岡山駅でJR.吉備線に乗り換え、総社へ。
2両編成、単線ののんびりした旅です。
車窓から見る景色はのどかな田園風景が広がっています。
およそ40分ほどで総社駅に到着。

駅から歩いてきびじアリーナに向かいました。
大きなビルのない総社の町は、車の往来も多くありません。
30分近く歩いて、アリーナに着きました。
明日のマラソンの受付を済ませ、農マル園芸吉備路農園に行きました。
念願のイチゴ狩りをするためです。

吉備路農園

吉備路農園は大きな農園で、農園だけでなく、魚の販売も行っています。
乗馬の体験、ピザ焼きの実演もでき、子どもから大人まで楽しめます。
たくさんの温室があって、多くの園芸種を見たり、買うことができます。
美作、粟倉の木工製品も取り扱っていました。

イチゴ狩りは入園料1人1.800円、入園時間は40分。
温室は3段になっていて、子どもも大人もイチゴが取りやすくなっています。
イチゴの取り方の説明を受けて、ヘタ入れのコップをもらってイチゴ狩りの開始。
赤く熟したイチゴがいっぱい。

取っては食べ、食べては取っての繰り返し、
食い意地がはっていると言われても、反論のしようがありません。
20分もしない内にお腹がぱんぱんになってしまいました。
思っているわりには食べられないものです。しかも、食べ過ぎて気分が悪くなるほど。
ついに食べられなくなり、時間に余裕を残してハウスを出ました。
とても、元がとれません。
イチゴ腹で食事もパス。

国分寺 

国分寺全景 満腹のお腹を抱えながら国分寺へ向かいました。
地図では近くでも、歩いてみると結構距離があります。
五重塔が見えてもなかなか、辿り着きません。
周りの田んぼでは、ヒバリのさえずりが賑やかに聞こえてきます。
2月と言うのに、うららかな春の日差しです。

国分寺の五重塔はなかなか見応えがあります。
江戸時代に再建された塔で重文に指定されています。
境内には梅の木が目立ちますが、まだ開花には早く、白梅だけが咲いていました。
平山郁夫画伯が五重塔を描いた場所に石標が建っていました。そこで写真を1枚。

明日のマラソンコースは、吉備路のサイクリングロードも通ります。
コースで総社市の市旗や山陽新聞社旗が風になびいていました。
1kmほど離れたところに「塔見の茶屋」があります。
ここから見る五重塔の景色は斑鳩の風景と重なります。

国分寺の梅 国分寺五重塔 

てくてく歩いて今晩予約をしている「サンロード吉備路」に到着。
サンロードに隣接して「きびじつるの里」があります。
園内はきれいに整備されています。
残念なことに、鳥インフルエンザの影響で、感染予防のため、大きな囲いがしてあって、近づくことができません。

サンロード吉備路 きびづるの里 

夕食はバイキング料理。
昼はいちご、夜は和洋食のバイキングでお腹いっぱいです。
岡山と言えば桃太郎さん。
ちらし寿司のマスコットに桃太郎のぬいぐるみが飾ってありました。
デザートも豊富なので、子どもたちにも好評です。

夕食バイキング 桃太郎さん 

1日中、重い荷物を背負って歩きまわっていたこともあって、足も背筋も疲れました。
温泉で疲れを癒し、明日のために9時半には消灯しました。
いつもより2時間以上も早く眠りにつきました。
2011.02.26 / Top↑
早朝ジョグは大谷山荘から長門の町へと下り、折り返して往復65分、10kmのジョグ。
海岸まで出たいところでしたが、日曜日のマラソンを控えていることもあって掛けだしたときから、1時間と決めていました。

歩道がフラットに整備され、ジョグをするにはいいコースです。
緩やかなアップダウンがありますが、きつくはなく身体に程よく刺激を与えてくれます。
ジョグで帰ってくると宿の朝風呂に直行します。
一人で大きなお風呂を占用して、ゆったりつかるのはいいものです。

ここの温泉はすべすべした感触で、浴槽に浸かっているだけで、肌がしっとりとしてくるようです。
仕切りのない大きなウインドウから飛び込んでくるのは、清流音信川の流れ、
ぼんやりと眺めていると、小鳥が上下に波打つように飛んでいきます。

温泉から上がると、海と山の幸のうれしい朝食。
旅先ではこのパターンが最高の幸せを感じるときです。
2011.02.25 / Top↑
新幹線を新下関駅で下車。マイクロバスに乗り換えて、彦島にある児童養護施設と乳児院を併設したN学園を見学しました。
高台に建っているたてものには、春を思わせるような日差しが降り注いでいます。
大都会と違って、敷地は広く、当然のことながら、建物は古くとも広いスペースがうらやましいくらいです。

大阪だと施設は子どもたちでいっぱいで、入れない状況ですが、地方へ行くと事情が変わり、定員数に満たないのが恒常化しています。
建物は耐震基準を満たしていないため、来年度の建て替えが決まっています。土地代は坪6万円と聞きました。
都会とまったく事情が違います。

11夢タワーからの景観

施設の見学を終えて海峡夢タワーへ。
下関の町はマラソンで2回訪れています。
マラソンの時は、駅から夢タワーの一帯は、多くのランナーで溢れるほどですが、今日は静かです。

11夢タワービリケンさん きれいなガイドさんが案内してくれました。
ガイドさんは何人かいましたが、皆、美人です。
最上階になる30階の展望室からは360度の景観を堪能でき、大阪通天閣のビリケンさんもいました。

お天気が良いので遠くまで見渡すことができます。
火の山公園、関門大橋、門司の町、眼下の巌流島、彦島から長州出島にかかる橋まで見えます。
気持ちのよい景色です。

夢タワーの後は、長門仙崎の「金子みすゞ記念館」に向かいました。
穏やかな仙崎の海が見えてくると記念館が近くになります。
11みすゞ記念館 仙崎漁協近くで、バスを降り細い路地を入っていくと、記念館です。

二階建ての木造の建物には「金子文英堂」と大きく書かれた看板がつけられています。
記念館は当時の様子が復元され、遺稿集の直筆を原寸大で複製した詩や、みすゞの部屋などが再現されています。五右衛門風呂や古い蓄音機などもあって懐かしさがよみがえってきます。

11みすゞ記念館2

11みすゞ通り みすゞ通りの軒先

記念館の前は、「みすゞ通り」と呼ばれています。
通りの軒先には彼女の詩が飾られています。
時間があれば、ここで「みすゞの世界」をじっくりと鑑賞するのもいいと思います。

11大谷山荘 11大谷山荘3 

宿泊は長門湯本温泉「大谷山荘」。
山小屋風の名前ですが、宿を着くと驚きます。
湯本温泉の中でもトップクラスの宿で、渓流のほとりに立ち、格式高く、館内、部屋の設備、調度品等どれをとっても目を見張るものばかりです。

11大谷山荘4 11大谷山荘5

一枚ガラスの外は音信川の流れ、じっと見ていても見飽きることがありません。
とても贅沢な気分になりました。
料理は趣向を凝らした懐石料理、露天風呂のついたお風呂、癒されます。
お昼は新幹線で駅弁でしたから、夜のごちそうを堪能しました。

11大谷山荘6  11大谷山荘7 

食事の後は、1階ロビーラウンジで生演奏のショーを見ました。
就寝前に、もう一度、温泉につかり、早めの就寝です。
2011.02.24 / Top↑
明日出張のため、片付けなければならない仕事に手間取り、帰りが遅くなってしまいました。
小雨も降り出し、ポツリポツリと落ちる雨の中でのジョグ。
気温はかなり高め、走り出して1kmほどでウインドブレーカーを脱ぎ、Tシャツ1枚に。
それでも寒くありません。

お天気の崩れも出張中はひどくはないようです。
出張中にジョグができれば、月間走行距離250kmの達成が見えてきます。
予定通りジョギングシューズを持って行くことにします。

2011.02.23 / Top↑
今週の木、金曜日は下関に一泊二日の予定で出張。
宿泊は長門湯本温泉。
下関は馴染みの町ですが、湯本温泉は初めて。

旅先でジョグができるよう準備をしていくつもりです。
寒さに弱いせいもあって、早朝ジョグは全くできていませんが、旅先では気持ちもリフレッシュできます。
早く起きて、お日様が拝めると嬉しいです。

気になるのはややお天気が下り気味なこと。
今度の日曜日はフルマラソン。
雨と寒さだけは、ご勘弁を。
2011.02.22 / Top↑
朝晩はまだまだ寒いのですが、日も長くなり、春の気配が感じられます。
近所の枝垂れの紅梅が花開いてきました。
この紅梅はいつも、他より一足早く咲いて、目を楽しませてくれます。

近鉄小阪駅前の菜の花も満開になってきました。
東大阪と言えば、司馬遼太郎、菜の花を見ると、すぐその名前が浮かんできます。
司馬遼太郎記念館まで小阪駅から10分ほど。
時間のあるときに一度訪れてみたいものです。
そう思いながら、まだ一度も記念館の中に入ったことがありません。

我が家の庭は、水仙がよい香りを漂わせてくれています。
小さな福寿草も顔を出しています。
クリスマスローズの開花はもう少し、この花は名前と違って開花は春先です。
なんだか、おかしいです。

暖かくなるにつれて、鳥たちの鳴き声や動きが、目や耳に入ってくるようになりました。
気持ちのいいものです。
軽やかにジョグといきたいのですが、頂き物のクッキーやお菓子、果物を食べて過ぎて、身体は重いまま。
一人で食べあさり、家人からひんしゅくをかっています。
2011.02.21 / Top↑
瓢箪山経由で石切駅まで帰宅ジョグ。
石切駅まで帰るのは久しぶり、
トコトコペースだと、それほどきつくはありません。

もう少し、日が長くなって、暖かくなったら、暗峠越えの帰宅ランにトライしてみます。
桜の咲く頃までもうすぐ。
ゆっくりジョグで桜見というのもいいですね。
2011.02.19 / Top↑
月初め距離は短いながらも、コンスタントにジョグができていたのですが、ここへ来て中だるみ。
日帰り出張が重なり、通勤ジョグができなくなっていることと、気持ちが中だるみしています。
今度の日曜日は職員採用試験のため出勤。
明日こそ、通勤ジョグして気持ちを引き締めます。

10日後は「そうじゃ吉備路マラソン」。
総社は古墳や国分寺など史跡も多く、マラニック気分で走れそう。
翌週には篠山ABCマラソンでフルが二本続きます。

篠山ではLSDの練習のつもりで、おにぎりやシシ汁を堪能して、ゴールを目指します。
4月は長野で走り、フルマラソンでステップを踏んで、今年前半メインにしている「しまなみ海道ウルトラ遠足」へつなげます。
2011.02.18 / Top↑
11215誕生日のケーキ  Kekoさんの誕生日。
帰りが遅くなってしまって、駅ナカのケーキ屋さんしか店が開いていません。
5種類取り混ぜて買いました。
本当はケーキ以外のものがよかったのですが、店が開いていなければ仕方がありません。

明日だと、印象が薄くなってしまいます。
それに明日になって、今日より早いという保証は全くありませんから。

食卓のテーブルには、Ricoさんが買ってきたお花が飾ってありました。
ガーベラとスイトピー、かすみ草です。
食卓が華やぎます。

夕食の献立もRicoさんの手によるものでした。
メニューはかやくご飯に天ぷら、鶏のムネ肉を使ったサラダです。
天ぷらは海老にシシトウ、かぼちゃ、カニかまぼこ、かき揚げ、ナガイモで食べ応えがありました。

11バースデー 話題は変わりますが、今日から大阪マラソンのエントリーが開始されました。
メールで申し込みができます。
早速、手続きを済ませました。

Testuくんもエントリーをすると言っています。
制限時間は7時間で、かなり余裕があります。
これを機に市民ランナーの裾野が広がれば大歓迎です。

定員を超えれば抽選、
結果の発表は4月末になります。
その1週間前には、第2回大阪ごちそうマラソンの開催も決まりました。
今年後半、大阪は大いに盛り上がること間違いありません。
2011.02.15 / Top↑
寒い一日でした。
しかも、時間が経つにつれて寒さが身体に凍みてきます。
朝はまだ、晴れ間も見えていました。
ところが、昼過ぎから雨となり、さらにみぞれへ、とうとう夕方から本格的な雪となりました。

帰る頃には一面雪化粧。
雪は夜9時頃に上がりましたが、奈良は積雪7cm、大阪3cmです。
路面はシャーベット状、
つるつる滑って大変でした。

ジョグは今朝の5.5kmのみ。
距離が延びません。
おいしいチョコを食べて、エネルギーは未消費、体重が戻ってしまいました。

2011.02.14 / Top↑
お天気上々、青空の下でもちつき会でした。
もちつきは年末が恒例ですが、施設では毎年この時期に行っています。
つきたてのおもちは、ふんわりとして柔らかく、美味しいです。

おろしもち、きなこもち、あんこもち、雑煮、たくさん食べてしまいました。
あまりにも食べ過ぎてしまって、ジョグする気持ちはすっかり失せました。
これでは身体に脂肪が蓄積するだけです。
GODIVA
明日はバレンタインデー、
昨日、Micaさんからチョコレートをもらいました。
GODIVAの高級チョコです。
今日までGODIVAはベルギーの名門メーカーで、ベルギー王室の御用達とは知りませんでした。

ひとつ食べてみましたが、コクがあり、おいしさがチョコを含んだ口にいっぱい広がってきます。
一つずつ味わいながら食べます。
美味しいものを食べてばかりなので、明日は走ります。
2011.02.13 / Top↑
昨日食べすぎたせいか、朝ジョグは最悪。
積雪で昨日一日休み、身体は十分に休養ができているはずでしたが、足の運びがよくありません。
午後は半日休みをもらって、同窓会の打合に出席。
ジョグは朝の5.5kmだけでした。

前回、同窓会をしたのは9年前。
6~7年前かと思っていましたが、記憶というものは頼りないものです。
研修所を卒所して来年で40年。

60数名在籍していた同窓の仲間も、現在、住所を辿ることができるのは、半分の30名ほどしかいません。
その後、住所が変わっていることも想定されます。
前回の住所録をもとに、手紙を出すことになりました。

返信されてきたものを整理して、正式に案内状を出します。
40周年を記念した同窓会は、10月の土曜日に行う予定です。
まだまだ先ですが、楽しみです。


2011.02.12 / Top↑
11裏庭の風景

11雪化粧の玄関 目を覚まして外を見ると一面雪化粧。
しかも、空はどんよりとして、まだ雪が降り続いています。
早速、カメラを取り出して、裏庭から見た風景(上の写真)と玄関前の写真を撮りました。
こんなに雪が積もったのは、この冬で一番です。
雪はお昼過ぎまで降り続いていました。

お姉さんのお見舞いに西の京病院へ行きました。
雪化粧が目に新鮮に映ります。
雪だるまを作っている人もいました。

西大寺の駅ナカのお店で、お昼ご飯代わりの「明石焼」を食べ、お見舞いのお菓子も買いました。
西の京駅から病院へは佐保川の遊歩道を歩きました。
雪を被った薬師寺を実際に目にするチャンスはほとんどありません。

11雪の薬師寺

遊歩道の桜並木の間から2つの塔をファインダーに入れてシャッターを押しました。
静かで美しくいい光景です。
次は桜が満開のときに、撮ってみたい衝動にかられます。

左膝の手術で入院しているお姉さんは、回復具合も順調でした。
部屋から薬師寺や生駒山を見ることができます。
他の患者さんとも仲良くなって、入院の暗いイメージは微塵も感じません。
元気そうな姿に安心して病院を出ました。

西の京から難波へ。
高島屋のレストラン街に上がり、東洋亭で「ハンバーグ料理」をいただきました。
創業1897年のお店です。
Kekoさんは京都北山にもお店があると言っていました。

最初にトマト料理、その次がメインのハンバーグです。
鉄板で焼かれた熱々のハンバーグがとても美味しく大満足。
熱い鉄板には大きなジャガバタも付いていて、これもまた美味、ライスとドリンクのサービスがついて1.155円はお得でした。

おにぎりセットとつまみのお菓子を買って、NGKの舞台を楽しみました。
座席は満席、後ろの立ち見席も二重、三重のお客さんの列ができています。
盛況です。
すっかり楽しんでしまいました。

大阪に雪はほとんど残っていませんでした。
生駒を越えると、まだ雪が残っています。
駅から我が家へ戻る道端には、幼児の背丈ほどの雪だるまが作られていました。
2011.02.11 / Top↑
明日出勤したら明後日は休み。
3週続けて遠出でしたから、我が家で静かに過ごしたいところですが、知人の病気お見舞いと、夜はNGKに行く予定にしています。

ランニングでは一人で行くことが多いので、NGKはKekoさんを誘いました。
年に1回、この時期、なんばへ行って、吉本新喜劇を楽しむのが恒例となっています。
テレビで見ていても、寄席で味わうような迫力は感じられません。
「ナマ」はいいものです。

日曜日は職場のもちつき会。
気になるのはやっぱりお天気、
しばらく暖かかったのですが、週末はお天気が崩れ、寒くなりそうです。

いつも、もちつきの時期は寒く、小雪が舞うことも珍しくありません。
寒い時期ももう少し、1ヶ月半もすると、桜の便りも聞こえてきます。
山口萩往還、しまなみ海道もエントリーが終わっています。

暖かくなったら、ウルトラに照準を合わせた練習を入れていこうと思っています。
近所でも、梅の花が見られるようになりました。
2011.02.09 / Top↑
11浦安ハーフマラソン
ミッキーもランナーをお出迎え

八重洲口でバスを降りて、東京駅から京葉線に乗り換え。
初めて京葉線に乗りましたが、京葉線のホームへ行くのに迷いました。
距離が長く、歩くと一駅分ほどあります。東京駅は広いです。

舞浜駅を出ると、目の前はディズニーランドの世界。
ファンタスティックな雰囲気が漂っています。
駅から会場へはディズニーランドとは反対の方向に歩きます。

11浦安ハーフマラソン1 11浦安ハーフマラソン2 
舞浜駅と会場を結ぶメイン通り

通りや歩道は、手が入れられきれいに整備されています。
周りの建物ひとつ見ても、違う世界に引き込まれたような印象です。ゴミ一つなく、感激してしまいました。

10分余りで会場へ着きました。
7時半くらいでしたが、屋外広場や受付と更衣会場になっている体育館も、すでに満杯状態。
カラフルな女性ランナーさんが目立ちます。最近、若い女性のランナーさんが増えてきました。見た目も華やかで大歓迎です。
仮装ランナーさんも多く見ました。ミッキー、スパイダーマンetc。

11浦安ハーフマラソン8 11浦安ハーフマラソン3 
会場の浦安市運動公園(後方の建物は総合体育館)

寒かった1週間前と比べると随分と暖かく、申し分のないコンディションです。
屋外に臨時に設けられた舞台では、ミッキーを抱いた外人さんがポーズを取っていました。

11浦安マラソンコース図

11浦安ハーフマラソン5 ハーフのスタートは9時半、10kmの部と同時スタートです。
ハーフは浦安市の広い通りを走り抜け、後半はディズニーランドの外周道路を走ります。
ほぼ、フラットなコースで走りやすく、風も気になるほどではありません。
沿道の声援も多く、元気づけられます。

先々週、先週と2週続けてフルを走りましたが、ハーフはそれに比べて楽です。
終盤、辛くはなってきますが、そうなるとゴールが見えてきます。
疲れもほとんど残りません。

1時間45分20秒のタイムでゴールしました。
舞台のそばでは、招待選手のワイナイナ選手が笑顔でファンにサインをしていました。

11浦安ハーフマラソン7 11浦安ハーフマラソン6 
ハーフのゴール写真とファンに囲まれるワイナイナ選手

11浦安ハーフマラソン21 完走後の飲み物(スポーツ飲料)と記録証、Tシャツなどをもらい、無料のコーヒーもいただきました。
無料接待に甘酒も入っていましたが、残念ながら予定数終了で飲むことができませんでした。
隣で「甘酒、美味しかった」と聞きました。ものすごく損したような気持ちです。

アフターランは、舞浜駅周辺の散策で済ませました。
スーパー銭湯が近くにありましたが、今日は爽やかな気分で走れたので、わざわざ高いお金(2.200円)を払ってまで、お風呂に行く気がしなくなってしまいました。

ディズニーランドへは入り口まで行って、帰ってきました。
中へは入りませんでしたが、舞浜はどこをとってみても、ディズニーという感じで、いたるところで、ディズニーのキャラクターが出迎えてくれます。

11浦安ハーフマラソン22 11浦安ハーフマラソン23 

歩道の欄干にあるミッキーのなかまたちのブロンズ像、建物の壁や天井に描かれた
ディズニーの物語の主人公たち。
見ていることが楽しくなります。

11浦安ハーフマラソン24 
11浦安ハーフマラソン25 
11浦安ハーフマラソン28 
11浦安ハーフマラソン26 11浦安ハーフマラソン27 
11浦安ハーフマラソン28 11浦安ハーフマラソン29

お土産屋さんへも入りました。
我が家へはチョコとクッキー。
きれいなカラフルな缶入りのものを選びました。

帰りの電車では途中で眠ってしまい、東京へ着いた後もしばらく寝ていました。
気がついたときには、周りに誰もいませんでした。
2011.02.06 / Top↑
なんば発22時10分、
これからなんばへ向かいます。
夕食もなんばで食べます。

1週間前に比べて随分と暖かいので、着替えも軽めにしました。
夜行バスが続いています。
明日は張り込んで新幹線で帰ることにしました。
遠出をするといつも、懐具合との相談です。
2011.02.05 / Top↑
明日、夜行バスで浦安に向けて出発します。
2週続いてフルを走りましたが、明後日はハーフ。
余裕をもって楽しんで走れそうです。

東京ディズニーランドやディズニーシーの傍を走ります。
ロケーションは申し分なし、お天気も良さそうです。
参加者の中には、ディズニーランドやシーに行く人も多いと思います。

アフターランはどうするか、まだ、決めていませんが、すぐ、近くにはスーパー銭湯があり、そこでゆっくりしたい気持ちです。

すでに持ち物をデイパックに詰め込みました。
明日、仕事を終えると、職場からなんばOCATへ直行します。
2011.02.04 / Top↑
今夜の夕食はメインが「お寿司」。
関西では節分の日に巻き寿司を丸かじりする習慣があり、今日ばかりはお寿司屋さんが大忙しの日です。
生まれ故郷の鳥取では、このような習慣はありません。

Kekoさんも、今朝早く出勤し、一日中、巻き寿司を巻いていたそうです。
我が家へ帰ってくると、流石に精彩が無く、「疲れた」と言っています。
夕食は巻き寿司とコロッケ、初物のイチゴがついていました。

いつも、晩ご飯だけでは済まず、これにプラスして、今夜は文旦1個、りんご1個、和菓子2つ、チョコ菓子3本を食べました。
カロリー摂りすぎです。

テーブルには豆まき用の豆が用意されていました。
Kekoさんは縁起物だから、豆まきをしようと誘ってきますが、気がのりません。
子どもたちが小さいときは、外へ出て喜んで鬼になり、豆をぶつけられていましたが、この歳で二人きりで、寒い外に出て鬼になる気持ちにはなりません。

「家の中でなら、鬼になってもいい」と主張しましたが、「あとの掃除が大変」という理由で受け入れられず、結局、Kekoさん一人が、鬼のいない外に向かって豆を投げていました。

ファンタジーのない現実主義的な考え方に、ちょっと反省してしまいます。
2011.02.03 / Top↑
10坂本龍馬と記念撮影
昨年11月21日に開催された「第1回大阪ごちそうマラソン」の写真がアップされていました。
土佐稲荷神社で撮った坂本龍馬との写真です。
早速、スナップ写真をダウンロードして掲載させていただきました。
坂本龍馬になっているのは役者さんで、龍馬に相当入れ込んでいるそうです。

「ごちそうマラソン」は今年も開催の方向で話しがすすんでいます。
10月30日の「第1回大阪マラソン」開催の関係から、第2回の大会は「大阪マラソン」より早く行われるようです。
市民ランナーにとって、10月は大阪に注目。
心配なのは、エントリーが殺到して、参加できるかどうか。

大阪マラソンの参加者は定員28.000人を超えれば、抽選が決まっています。
市民マラソンを愛する者には悩ましい問題です。
2011.02.02 / Top↑
年末は山陰が大雪でしたが、今度は北陸がドカ雪で大混乱。
JR線では特急の「サンダーバード」が降雪のため、立ち往生。
高速道、国道8号線も一部通行止め。

大雪のため、家屋が潰れて死傷者も出ています。
雪国で生活をしている人たちは大変です。
今冬は間違いなく、例年以上に寒さが厳しくなっています。

宮崎、鹿児島県境の新燃岳の火山爆発は長期化しそうで、町内4地区、513世帯で1.158人に避難勧告が出ています。
鳥インフルエンザも拡大しそうな状況で、気になるところです。
自然災害の猛威を感じます。

もうすぐ立春、早く暖かい日ざしの春が来てくれることを願っています。
2011.02.01 / Top↑