FC2ブログ
昨年に比べて参加ランナーは倍増、約650名で第2回ごちそうマラソンが開かれました。
受付会場の港近隣センターの前には、昨年の大会の様子がパネルで飾られています。
出走前から、楽しさが伝わってきます。

11ごちそうマラソン30

11ごちそうマラソン1 11ごちそうマラソン2

受付で受け取ったおそろいのオレンジ色のTシャツに、メッセージを書き込んだゼッケンを付けてスタート時間を待ちます。
スタートは、昨年の八幡屋商店街から入船公園に変更。
30人が一つのグループになって、時差スタートです。
最初のグループから45分後にスタートでした。

11ごちそうマラソン37 11ごちそうマラソン31

この大会のボランティアさんは700人、要所要所でランナーを誘導してくれています。
信号を守って走るのがこの大会のルール。
信号が適度の休息になります。

商店街や沿道では、至れり尽くせりのごちそう。
お寿司、おにぎり、うどん、たこやき、焼き鳥、イカ焼き、ケーキ、ミニシュークリーム等々。
果物は梨、ぶどう、柿、メロン、みかん、バナナetc。
給水ポイントも多く、お茶、スポーツドリンク、水(大阪市のおいしい水)もあります。
大阪プール、大阪市立体育館などのある八幡屋公園を通り、第1のエイドは八幡屋商店街、いなり寿司とわらびもちを食べて、大阪港へ。
夕日がきれいに見えるダイヤモンドポイント、海遊館の横を通り、天保山渡船に乗って桜島に到着。

11ごちそうマラソン3 11ごちそうマラソン4

11ごちそうマラソン5 11ごちそうマラソン7

11ごちそうマラソン6

11ごちそうマラソン8 11ごちそうマラソン9

USJを裏通りから見てJRゆめ咲き線としばらく併走。
此花区へ入ると春日出商店街でごちそうが待っています。

11ごちそうマラソン10 11ごちそうマラソン33

11ごちそうマラソン12

商店街の厚いおもてなしを受けて、安治川隧道に向かいます。
安治川隧道は安治川の下をくぐるトンネル、
長い階段の上がり下りがあります。

11ごちそうマラソン13 11ごちそうマラソン14

11ごちそうマラソン15 11ごちそうマラソン17

西区九条の商店街に入ると、またまたごちそうの歓迎ぶり。
お腹がいっぱいになってきました。
北堀江の土佐稲荷神社は、岩崎弥太郎の三菱の守護神として崇められています。
紋に三菱のマークを見ることができます。

11ごちそうマラソン34 11ごちそうマラソン19 

広い通りの四ツ橋筋を経由して、南堀江に入ってきました。
日本茶専門店「辻重庵」の大きな看板、
冷たいグリーンティと和菓子の接待を受けました。
お店の中では抹茶の接待もあり、ランナーさんが休憩しています。

11ごちそうマラソン21 11ごちそうマラソン22

京セラドーム前を過ぎると、ゴールが近づいてきます。
この辺りで雲行きが怪しくなってきて、雨が落ちてきました。
再び港区へ入り、繁栄商店街で最後のもてなしを受けて、ゴールまでひた走りします。
  
入船公園が見えてきました。
小雨が降っています。
グラウンドに入ると、大会会長自らお出迎え。
しっかりと握手を交わして、出迎えてくれていたボランティアさんともハイタッチ。
2時間53分のごちそうマラソンを堪能しました。

11ごちそうマラソン25

11ごちそうマラソン26
2011.10.23 / Top↑