案の定、足が張りました。
しかも、ストレッチをしようとすると、足がつってしまいました。
原因ははっきりしています。
2日間、足を使わなかったせいです。

4月も今日で終わり。
この1ヶ月間が短かかったような、長かったような、どちらとも言えるような気持ちです。
来月は楽しみな大会が2つ。

2日の夜は山口へ出発。
マイカーで行く予定ですが、このところ車の大事故が続出。
気を引き締めて、安全運転に心がけなければと痛感します。
2012.04.30 / Top↑
昨日、一昨日と比べ体調が少し戻ってきました。
少しばかり庭仕事をして、その後、同窓会の打ち合わせへ。
駅から帰る足取りは、確実に昨日より軽やか。

2日間の完全休養で、足はすっかり萎えてしまったような感覚です。
夕方、ゆっくりジョグ。
km6分30秒、ウルトラマラソンのペースで12.5km。
足が張っています。

初夏のような暑さが続き、我が家のクレマチスやバラが咲き出しました。
明日か、明後日には、アップできそうです。
2012.04.29 / Top↑
胃不調のため、昨日、今日とジョグはとりやめ。
痛みはそれほど感じないのですが、もやもや感、膨満感があり、身体に力が入りません。
昨日は歯医者さんの通院日で、歩いたのは往復のたったの2.5km。

日中は初夏並みの日差しと暑さでした。
横になっているだけでは、筋力が落ちます。
夕方になって、歩いてスーパーまで行きました。
プリンターのインクだけ買って帰ってきました。

いつもなら歩くのはへっちゃらなのに、疲れを感じてしまいました。
山口行きまで5日。
それまでには、なんとか体調の回復に努めます。
2012.04.28 / Top↑
月末に予定されている同窓会打ち合わせの準備資料を作成して他には何もせず。
ウイークポイントになっている胃の不調のため、出歩くこともしませんでした。
ギャル曽根ちゃんが、大食いテレビ番組に出ていました。
あれだけ食べて太らず、胃がどうもないというのは驚きです。
丈夫な胃が羨ましい。

夕方、富雄川沿いを12.5kmジョグ。
ゆっくりジョグでも身体にはきつく、今は疲れがピーク。
1週間後の山口萩往還がちょっと不安です。
2012.04.26 / Top↑
「受給資格者のしおり」を持って、ハローワークの初回講習会に行ってきました。
受付は午後1時開始。10分前でまだ、早いかなと思っていましたが、すでに20人ほどの人の列。
開始前にざっと人数を数えると、130人は下りません。

最初に雇用状況の説明。
奈良の求人率は0.5人、職を求める人2人に対して求人は1人。
しかも正社員求人は2~3割で、多くは非正規雇用求人です。

その後、具体的な手続き、注意事項等、詳しく説明を受けました。
話しを聞きながら、雇用保険受給資格者証、失業認定申告書を書いていきます。
次回、初回認定日は5月18日です。

ハローワークの近くには佐保川が流れています。
川の両岸は桜並木が続く桜の名所。
ソメイヨシノはすっかり葉桜に変わり果てました。
その代わりに八重桜が満開。
あまりに綺麗なので、今日のショットは佐保川の八重桜です。
12佐保川八重桜2

12佐保川の八重桜
奈良佐保川沿いの八重桜
ジョグは一昨日の疲れが残り、本調子でないため、12.5kmのショートジョグにしました。
食欲が落ちています。

2012.04.25 / Top↑
12大和郡山新木山古墳
主人公の少年リカルドが幸せを呼ぶ青い金魚を見つけた古墳(新木山古墳・画面左奥)
映画「茜色の約束」のロケ地を歩いてみました。
近鉄郡山駅前から駅前商店街が続いています。
アーチの下に2月25日からロードショーの垂れ幕。
2ヶ月も経って色があせていました。
華やかさはなくても、庶民的で歴史を感じさせる商店街です。
12大和郡山商店街 12大和郡山紺屋町 
駅前から続く商店街と、小綺麗な景観の紺屋町水路の通り
古い家並みの紺屋町を通り、映画のロケ地のメイン舞台・柳町商店街。
中村獅童がマスターになっていた柳楽屋(カルロスレストラン)で休憩しうどんを注文。
店内の装飾はすっかり変わっていますが、映画のシーンがふつふつと思い浮かんできます。
壁には映画のポスター、撮影時のスナップ写真が飾られていました。
12大和郡山柳楽屋2 12大和郡山柳楽屋
柳楽屋と店の内部(壁には大きな映画ポスター、スナップ写真が展示)
映画のクライマックスは、この柳町商店街や金魚池脇の農道をサンバダンサーが踊り歩くパレード。
一度見たら忘れられないシーンです。
地元の地方情報誌「ぱくぱく」には農道の一本道をサンバダンサー達が踊るシーンは、黒沢明監督の「夢」のワンシーンと重なると書かれていました。
水面に映る華やかなサンバの光景は幻想的で美しく、そう言われてみると通じるものがあります。

町並みを抜けて、その金魚池の遊歩道に。
少年リカルドが幸運を呼ぶ青い金魚を見つけた古墳も直ぐに分かりました。
金魚資料館(やまと錦魚園)や古墳(新木山古墳)は度々登場し、ストーリーで重要な部分を担っています。
資料館では、金魚の歴史やさまざまな金魚を無料で見ることができます。
青い金魚を手のひらに載せた金魚観音も見てきました。
12大和郡山金魚資料館 12大和郡山古墳付近
金魚資料館の金魚の生け簀と金魚池が続く景色(古墳付近・たんぽぽがきれいでした)
映画は地元で2万人が見ると、全国ロードショーも可能なのだそうです。
歩いてみて、大和郡山には見どころや魅力がたくさん。
ぜひ、全国の人に見てもらいたい思いが強くなりました。
2012.04.24 / Top↑
夜に懇親会が控えていたため、短めのジョグ。
ところが身体が重く、しんどいジョグに。
若草台折返し地点で小休憩。
復路は、富中・女子の集団ジョグについていこうとしましたが、あっけなく引き離されてしまいました。

富雄橋まで帰ってきたところでジョグは打ち切り。
歩いて帰ってきました。
時々、こんなときがあります。
9.5kmを1時間4分。

アクティ大阪で予定されている懇親会へ。
会場は大阪駅の上なのに、大阪駅に着いてから迷いました。
改装されてから、アクティに上がったことがありません。
ホームからエスカレーターで上り、改札口を出たのは初めてでした。

今日で送別を兼ねた懇親会は7回目。
「奥さんにどうぞ」とプレゼントもいただきました。
ここまでしてもらって感謝です。
2012.04.23 / Top↑
また雨です。
家具屋さん、園芸ショップを見て回りました。
30年前、結婚前に買った食器棚がガタがきていて、買い換え時期になっています。
食卓も古い物なので、この機会に、新しくしたい気持ちです。

食器棚はほとんどが、炊飯器やジャーが置けるように、電源コンセントがついています。
便利ですが、オープンスペース分が無駄なような、もったいないような気がします。

食卓は大きめのサイズがいいです。
それに合う椅子となると、ガッチリしていて重く、動かすのに力が要ります。
キャスター付きの椅子も多く出回っていて、これだと軽く動いて便利です。
しかも、椅子自体が回転するので、これはいいなと気に入ってしまいました。

今回は下見のみ。
一人で決めることもできません。
いざ、買うときには事前に寸法を測っておいて家具屋さんへ行くことにします。

園芸店ではバラ用に木製のフェンスを買いました。
伸縮式のものです。
持ち帰って、早速、組み立てました。
バラがフェンスにいっぱい咲いている光景を想像すると嬉しくなります。
2012.04.22 / Top↑
12信貴山のどか村全景
鑑賞大温室側から入口ゲートに向かって撮影した「のどか村」
昨日の雨が上がり青空の広がるお天気。
その陽気に誘われて農業公園・信貴山のどか村へ行ってきました。
入園チケットを買ってエントランスのゲートをくぐると、菜の花のいい香り。
一面、満開の菜の花畑。
12信貴山のどか村菜の花風景
透き通るような黄色。
菜の花の後方には新緑が芽吹いています。
名前の通り、のどかな光景です。

のどか村は広大な敷地に芝生広場、フラワーパーク、大温室やデイキャンプ場、フィールドアスレチックなどがあり、農業や家畜などとふれあうこともできます。
この時期は椎茸狩りやイチゴ狩りもでき、入園してすぐにイチゴのハウスへ直行。

イチゴ狩りは30分で1.300円。
15分も経過すると、お腹はパンパン状態。
30分も食べ続けることは困難です。
12信貴山のどか村イチゴ狩り 12信貴山のどか村名残の桜
イチゴ園と、鑑賞大温室の大きな建物
桜もまだ残っていて、その下では家族連れの人たちが円座になっています。
園内の売店の横では、若い女の子のグループ。
ソフトクリームがおいしそう。
でも、イチゴで膨れたお腹は、大好きなソフトが食べられません。
12信貴山のどか村桜の風景 12信貴山のどか村お店
あちこち歩き回りました。
傾斜地にできた農業公園は疲れます。

帰ってから一眠りしてジョグに出たものの、慈光院で折り返した後半はメロメロ。
21kmで所要時間2時間12分。
それほど速くないランナーさんに抜かれてしまいました。
2012.04.21 / Top↑
一日中、雨。
朝の内に古いハガキの整理にとりかかったものの、枚数が多く途中で中断。
ジョグもお休み、このところジョグは一日置きのペースです。

外での作業はできないので、けいはんなプラザへブラッド・ピット主演の映画「マネーボール」を見に行きました。
貧乏球団のゼネラルマネージャーになったビリー・ビーン(ブラッド・ピット)。
周囲の反対を押し切り、データを重視した型破りな運営は、負け数が増えるばかりでチームはどん底、クビ寸前に。
とことんデータにこだわり、それをもとに選手を起用、奇跡的な連勝でチームは快進撃、ついには優勝を争うところまで。
実話をもとにした映画ですが、ブラッド・ピットが演じるGMの誇りと苦悩が良く現れた作品でした。

映画が終わって奈良ファミリーへ。
本屋さんで雑誌を立ち読み、文庫本も1冊買いました。
夕食はKekoさん、Ricoさん、3人で6階のお店で済ませて帰ってきました。
2012.04.20 / Top↑
12中棚荘はがき2 12中棚荘はがき
中棚荘から届いたはがき
中棚荘さんから宿泊お礼の丁寧なはがきが届きました。
嬉しいですね。
このところの暖かさで、梅は満開になっているのではないかと想像します。

話題は変わりますが、「中棚荘」で買った吉本達也「初恋の湯 殺人事件」を読みました。
推理小説は、読み出したら気になって止まりません。
一気に読んでしまいました。

小説の中では中棚荘を初め、女将さんの名前まですべて実名で登場します。
それだけに小説でありながらリアル感があります。
部屋の名前、りんご風呂の描写、実際に目にした場面が浮かんできます。

小説家がすごいなと思うのは、作品の構成力はもちろんのこと、小諸や藤村に関する事前の詳細な取材力、中棚荘の様子も、行っていない人でも、どのような宿かがあらまし想像できます。
ストーリーは伏せておきます。

初夏の陽気です。
嵩張る冬物を片付けました。
この機会に色あせたTシャツや衣類は処分することにしました。
いつも言われています。
「Tシャツ、たくさんあるのだから、古くなったのは処分したら?」

ほとんどが大会参加記念のTシャツで、それぞれ思い入れがあり、捨てられませんでした。
でも、たまっていく一方なので、新しいのと取り替えます。
残っている分はバザーで使ってもらうことにします。

ジョグは夕方、気持ちのよいペースで16.5km、1時間47分。
数年前だと1時間30分そこそこで走っていたのですが、走力がすっかり落ちました。
2012.04.19 / Top↑
職場でもらった離職票を持ってハローワークに行きました。
他に持って行くものは、銀行預金通帳、写真2枚、運転免許証などの身分を証明するもの。
まず行ってみて驚いたことは人が多いこと。
職探しが大変なことを実感します。

受付で申請用紙をもらい、記入例を見ながら書き込んでいきます。
コンピューターで処理を行うため、鉛筆でのマーク方式です。
他にも用紙が2枚。
どんな仕事につきたいか、希望職務、雇用形態、給与条件等を細かく書き込むため、書類作成に時間がかかります。
それが終わると受付のボックスに入れて順番を待ちます。
たくさんの人が待っているため、なかなか自分の順番がまわってきません。

名前を呼ばれて、いよいよ提出した書類と、働く意志があるかどうかの確認。
それで終わりではありません。
ここが終わると、正式に求職手続きをする順番待ち。

すべての手続きが終わるのに2時間かかりました。
1週間後に雇用保険説明会。
これに出席しないと、失業保険をもらうことはできません。
「受給資格者のしおり」やたくさん書類をもらいました。
次回、ハローワークの説明会までに読んでおきます。

夜は歓送迎会に出席。
ジョグは休みました。
気温がぐ~んと上がり、日中のジョグは避けて、早朝か夕方以降にした方が良さそうです。
2012.04.18 / Top↑
昨日書けなかった旅ものがたりです。

例年なら小諸は桜満開の時期なのですが、開花にはまだ。
宿で聞くと、20日を超えてからになりそう。
懐古園、上田城趾、近辺に桜の名所があります。
楽しみにしていた桜は諦めて、行き先を変更して野辺山、清里へ。

柔らかな稜線、雪の浅間山を見て、千曲川に沿って行くと佐久の町。
小海線が見えてくると、千曲川は川幅が狭まり、川石がごつごつし上流に来ているのを実感。
進むに連れて残雪の八ヶ岳が大きくなってきます。

勾配も次第に角度を増し、どんどん上っています。
高原列車、単線の小海線が脇に見えています。
広々とした高原が広がってくると、そこは野辺山。
12八ヶ岳
野辺山高原から見た八ヶ岳・左から赤岳(2899m)、横岳(2829m)、硫黄岳(2760m)
レストハウスで休憩し、目の前の八ヶ岳を撮影。
美しい姿です。いい景色はずっと見ていても飽きません。
野辺山駅にも立ち寄りました。
可愛らしい駅です。駅から八ヶ岳の全容が絵に描いたような光景。
さらに少し進むと、JRの最高地点です。
赤い鳥居の奥に小海線を走っていたC56の前輪が鎮座しています。
12野辺山駅 12野辺山駅最高地点
野辺山駅とJR最高地点(1375m…人皆いい人)
高原リゾート清里へ。
清里の駅周辺はメルヘンチックな建物が並んでいます。
若い人たちが喜びそうなグッズのお店がたくさん。
駅にはSLが展示されていました。
12清里の町並み 12清里駅SL
駅から見た清里の町並、駅には蒸気機関車の展示
昼食は清里高原ホテルで食べました。
ホテルのランチです。
レストランは、池のある庭園に面し、じっと見ていると鳥たちがやってきます。
12清里高原ホテル 12清里ホテル野鳥
清里高原ホテルとレストランから庭園に飛んできた野鳥を撮影
メニューはサラダ、かぼちゃスープ、パン、メインはあさりのパスタ、イチゴのデザート、コーヒー。
それとなく聞こえてくるバックミュージック。
いい雰囲気です。
お客さんは2人の他には誰もいませんでした。
「天気が良いと、ここから富士山も見える」と聞きましたが、雲がかかり確認することはできませんでした。残念。

人気のある清里ですが、この時期は、このホテルに限らず、人はまばらで静かな清里の景色を味わうことができました。
ホテルでゆっくりした後、清里から小淵沢ICに出て、中央道で帰途につきました。
中央道で見た南アルプスの眺望もきれいでした。

今日はLSD、13km、1時間半かけてゆっくりと。
桜は落花盛ん、桜吹雪です。
2012.04.17 / Top↑
昨夜は小諸の中棚荘に泊まりました。
過去2回、日帰り入浴で利用しています。
藤村ゆかりの宿で、宿泊は今回が初めて。
12中棚荘全景 12中棚荘大正館
中棚荘と宿泊した大正館(右)
落ち着いた佇まいの宿で、玄関脇にある大きな栗の木のテラスに腰掛けると別天地に来たかのようです。
建物は古いのですが、手入れが行き届き、しっとりとした味わいを深めています。
玄関の戸に滑車がついており、重りがつけられていました。
戸を開けて閉めるときには、この重りが作用して、さながら自動ドア。
なかなかのアイデアです。

通された部屋は、なんと「藤村の間」。
藤村が「千曲川旅情の詩」を執筆した部屋です。
 千曲川いざよう波の岸近き宿にのぼりて、濁り酒濁れる飲みて…
12藤村の間3
宿のしおりと部屋のキー
藤村と同じ景色を見ていると思うと、不思議な気がします。
ようやく咲き出した梅の花が目の前に広がっています。
寒い日が続き、花期が遅れています。
12藤村の間 12藤村の間2
宿泊した「藤村の間」と部屋の外は、咲き始めた梅の花
部屋のキーの木札には「もっと自分を 新鮮にそして 簡素に することはないか」、藤村の言葉が書かれています。
「新鮮に 簡素に」は宿のテーマにもなっています。
宿の皆さんの対応がよく、爽やかで好印象を持ちました。
清々しい気持ちになりました。

温泉の泉質はやわらかで肌さわりの良いお湯です。
りんごが浮かべてあって、香りが漂ってきます。
脱衣場と浴槽の仕切りがなく、開放感があり、スペース以上の広さを感じさせます。

食事は素材を生かした創作料理。
食前酒は濁り酒、度数を聞くと15度。これだけで酔ってしまいます。
朝食は麦ご飯にとろろ、ヘルシーで身体の中がきれいになりそう。
どの料理も美味しく、十分に満足のいくものでした。
12中棚荘夕食 12中棚荘朝食
夕食の先付けと食前酒(濁り酒)次々と料理が出てきます、朝食は麦とろごはんがメイン
チェックアウトをするときに、フロントに積まれていた1冊の文庫本を買いました。
吉本達也「初恋の湯 殺人事件」中棚温泉「中棚荘」が舞台になっている小説です。
読む楽しみが一つ増えました。
追記:中棚荘の女将さんのブログ(4月15日)に、ちょこっと書いてもらっています。
2012.04.16 / Top↑
車を上山田温泉の 神社に置いて、戸倉から電車で会場入り。
マラソンランナーのための臨時列車でしたが、戸倉駅で席は埋まり立っている人もかなりいます。
長野駅で乗り換え次の北長野駅行へ。たった一駅だけの臨時列車。
それが満員状態。

スタートは長野運動公園(アクアウイング)。
アナウンスをする男性の声がランナー以上にエキサイトしています。
無理もありません。
昨年の大会は、大震災のため中止になりました。
12長野マラソンスタート会場 12長野マラソンスタート
スタートは長野運動公園(アクアウイング)、大きなスタジアムがあります
昨日の雨は一変し、天候は回復。
スタート時こそ曇天でしたが、時間が経つに連れて、青空と気温もぐ~んと急上昇。

善光寺大門交差点を左折して、昨日歩いた表参道を下っていきます。
コースがフラットになると、受付地点のビッグハット前、ここが丁度10km地点。
55分かかっています。
広いきれいな道です。
沿道にはたくさんの人。

次の目標はオリンピック記念のエムウエーブ。
折り返してきたランナーとすれ違うようになると15km地点。
エムウエーブの建物を一周して折り返し。
17.2km地点まできました。
12長野マラソン3 12ビッグハット付近
ペースはまったく上がりません。
事前のタイム設定は、体調を考慮して4時間30分でした。
無理せず、そのタイムで。

犀川にかかる五輪大橋にさしかかると20km。
この橋のだらだらとした登りがきつくなっています。
渡り終えると中間点、1時間57分。
単純に計算すると4時間切りですが、後半まで持ちこたえられません。

ホワイトリングまでやってきました。25kmです。
12ビッグハット付近

12ビッグハット付近1 12ビッグハット付近2
スタート時から切れることのない応援に励まされます。
沿道で太鼓やオカリナの演奏。
小さな子どもたち、高齢者、たくさんの人が旗を振ったり、大きな声で応援してくれています。
12太鼓の声援
残雪の山がきれい、感動します。
ただ、走っているだけではあまりにもったいなさ過ぎます。
景色のきれいなところで立ち止まり、シャッターを押します。
12残雪が美しい

12堤防沿いを走る
千曲川の堤防沿いに入ってきました。
雄大な眺めです。
7月開催の小布施マラソンも千曲川沿いのコースを走ります。
小布施を思い浮かべました。

一端、千曲川から外れて上信越自動車道に並行する一般道に入ります。
松代方面への案内が出ています。見慣れた表示、長野ICです。
この辺りでかなりきつくなってきました。
30kmをなんとか3時間を切っているものの余力はありません。

再び千曲川に。
遠くにフィニッシュ地点の長野オリンピックスタジアムが見えています。
千曲川に架かる岩野橋を渡りきったランナーが反対方向に向かって小さく長い列になっています。
橋を渡りきると35km地点。残り7km余り。
12長野マラソン35km地点 12ゴールまでまだまだ
32km地点と県消防学校付近(37km地点)
元気な声を出しながら走りました。
声がかすれます。
沿道の人との掛け合いで元気復活。
ゴールまで続きました。
長野40km地点 12長野40km地点
40km地点、ゴールまで残り2kmあまり
スタジアムが大きく見えてきました。
もう少し。
スタジアムに入ると、カラフルなドレスに身を包んだかわいい女の子の声援。
それが長くゴールへと続いています。
ハイタッチを繰り返し、元気をもらってゴールしました。
黄色い声援
カラフルな衣装、華やかなフィニッシュを迎えます
計時は4時間20分台、スタート時のロスタイムを差し引くと16分台です。
きつかったです。景色、声援などなど、楽しんで走ることができました。感謝です。
いよいよフィニッシュ 12長野マラソンゴール
すっかり暖か陽気。
ゴール地点のスタジアムではキャラクターも出ていました。
着ぐるみの中は暑かったと思います。
半袖Tシャツ一枚で十分でした。
長野オリンピックスタジアム キャラクターも声援
2012.04.15 / Top↑
昨夜10時過ぎに車を出し、阿智のSAで仮眠休憩。
狭いデミオの中で、眠ったかどうか分からないような感覚でした。
明るくなってから阿智を出ましたが、雨足は速くなっていました。

マラソンの受付開始時間は10時。
朝の早い時間に善光寺にお詣りしました。
二度ほど来ていますが、その時の印象が思い出されません。
記憶にあるのは、山門前の六地蔵と大きな本堂だけ。
12善光寺参道 12善光寺本堂
善光寺山門に続く石畳の山門と善光寺本堂
山門にしても、これほど大きいという印象は残っていません。
それにしても境内の広いこと、お堂もたくさんあります。
京都や奈良の古寺と比較しても、引けを取らないほどのスケールです。
12善光寺境内
本堂から南方向、山門を撮影
石畳の敷かれた表参道の両側には、古い門前町の家並みが続きます。
寺の裏手にある駐車場から歩いたこともあって、表参道は本堂の後になってしまいました。逆コースに歩いています。

Uターンして本堂に戻りました。
桜は蕾はふくらんできていますが、見頃は早くても来週日曜日ごろ。
梅の花がまだ残っています。

受付会場は1998年長野冬季五輪開催のメモリアルアリーナ「ビッグハット」。
受付時間前までに会場の外まで行列ができていました。
無事、受付を済ませて宿泊地の上山田温泉に向かいました。

12川中島古戦場途中、川中島古戦場(八幡原史跡公園)、あんずの里、姨捨伝説のある長楽寺に立ち寄りました。
千曲川と犀川の間に挟まれた八幡原史跡公園は、博物館やプラネタリウム館があり、今は市民の憩い場という印象です。
雨の中でお客さんはちらほら、土産物屋さんも暇そうな感じでした。

「あんずの里」には満開のあんずの花を期待していきました。
寒さが長く続いたこともあり、開いているのはちらほら。
イチゴ狩りや園芸店の方が目立っていました。

長楽寺はなかなかに風情の感じられるお寺です。
多くの俳人がこの地を訪れ、境内には句碑がたくさん建っています。
それぞれの句碑の下に作者、詠まれた歌の説明、年代などが書かれていて分かりやすくしています。
12長楽寺3 12長楽寺
長楽寺

月見堂の下に芭蕉の面影塚がありました。
「おもかげや 姨ひとりなく 月の友」。
芭蕉が元禄元年(1688年)8月に姨捨をたずねた折りの作品です。
その情景が浮かんでくるようです。

この一帯は棚田が有名で「田毎の月」として知られています。
そんな光景を一度みたいものです。
12おばすて棚田 12おばすて棚田2
姨捨の棚田
標高の高いところにある「姨捨駅」にも行ってきました。
駅のホームから眼下に不定形な棚田がいくつも見えています。

ホテルには早めにチェックイン。
硫黄のニオイの残る源泉掛け流しの温泉が疲れを癒してくれました。
明日は朝早くホテルを出ます。
2012.04.14 / Top↑
午前中に野良仕事の残りを片付け。
車のオイル交換とガソリンを満タンにして、長野に向けて出発です。

4ヶ月ぶりのフルマラソン参戦。
試しに8km走りましたが、km6分切るのに四苦八苦。
これでは本番が思いやられます。

体重が減るどころか逆に増えて65kg。
走力の衰えを痛感します。
長野の目標タイムは4時間半に落とします。
2012.04.13 / Top↑
昨日の雨はひどかったのですが、幸いにも桜はまだ残っています。

朝から元職場へ。
退職に伴う最終引き継ぎのためです。
雇用保険の離職票ももらい、正式な失業者になりました。
来週、ハローワークへ行くことにします。

午後は3月まで受け持っていた分科会に出席。
最終、引き継ぎを済ませて、今日ですっかりフリーな身です。
その後の時間で、日本橋やミナミをうろうろ。
目の保養には良かったのですが、身体と足は悲鳴寸前。
とろとろ歩きは、ジョグより疲れます。

夜はお世話になった職場での歓送迎会。
仕事はもちろんのことプライベート上でも、たくさんの刺激や教えをいただいた職場です。
酔いもほろよく、至福なときを過ごしました。
プレゼントに大好きなグレゴリーのデイパックをもらい二重の喜び。
本当にお世話になりました。
一緒にいただいたガーベラの花が微笑んでいます。
2012.04.12 / Top↑
予報通り雨。
雨が降らなければ、昨日の野良仕事の続きでした。
濡れてまで作業をする気持ちはなく、先日行った大和郡山のイオンへ。

ビッグな建物の中には、シネマシアターもあり、久しぶりに映画を見ました。
館内には8つのシアターがあります。
大和郡山を舞台にした「茜色の約束」を見ました。
ご当地を舞台にした映画だけあって、平日にもかかわらず少な目に見ても50人。

幻の金魚伝説をモチーフにした映画で、見慣れた景色が出てくると、隅々まで目を凝らして見てしまいます。
ファンタスティックなストーリーでしたが、楽しみました。
子役の大出菜々子さん、長田たけしくん、好演です。
市長役の笹野高史さん、サンバを踊る中村獅童さん、駆け出しの市職員・三倉佳奈さん、皆いい味を出していました。

きれいな映画館で、スクリーンに釘付け。
映画はいいですね。
車でサッと行けて、60歳以上は千円ですから、病みつきになってしまうかも知れません。
2012.04.11 / Top↑
明日の天気予報は荒れ模様。
花見は今日のうちに。
花見を兼ねたマラニックをしました。

コースは自宅・スタート~富雄川~(霊山寺)~西の京大池・奈良医療センター~薬師寺~秋篠川サイクリングロード~平城宮跡~(法華寺)~近鉄奈良駅・ゴール

一度やってみたいと思っていました。
桜の下では、ゆっくり歩いて満開の桜花を満喫。ぜいたくな気分です。
12薬師寺大池
奈良医療センターより大池をはさんで薬師寺を望む、東塔は解体工事中
12奈良医療センター
奈良医療センターの桜、桜乱舞
12薬師寺薄墨桜
薬師寺写経道場前の薄墨桜、薄墨桜は岐阜県根尾から移植されたもの
12薬師寺枝垂れ桜
薬師寺枝垂れ桜(後方は玄奘三蔵院伽藍)
12秋篠川サイクリングロード
秋篠川サイクリングロードの桜並木
12薬師寺と桜
秋篠川サイクリングロードから薬師寺を望む
12平城旧跡
平城宮址の桜、歳月を経た桜並木が続く、後方は大極殿
マラニックから帰ってから、野良仕事。
伸び放題になった木の伐採、フェンスに絡まったキウイや雑草の処理。
作業は4時間近くかかりました。
肉体労働で疲れました。
きれいになったのを見ると、達成感と充実感がわいてきます。
至福のときですね。
2012.04.10 / Top↑
今日も穏やかで絶好の花見日和。
こんな日に家の中でくすぶっていられません。
奈良公園の桜を目当てに出かけました。

電車を降りて駅から北、奈良女子大学の方角へ歩き、東大寺の裏道を二月堂を目指しました。
二月堂へ向かう道は、お気に入りのコース。
桜が満開です。
12二月堂
東大寺裏から二月堂へと続く道、歩いてきた道を振り返って撮影
桜の下でシートを敷き、昼寝をしている人も。最高の贅沢ですね。
外人さんが目立ちます。
ほとんどの外人さんが日本製の一眼レフを手にしています。

二月堂で眼下の東大寺と桜を堪能し、若草山へと歩きました。
ここでは団体客の外人さん。
国籍もいろいろ。
12二月堂1
二月堂から眼下の東大寺を望む(パノラマで撮影)
12二月堂2
二月堂(左)と三月堂
東大寺へ戻り、浮御堂へ。
ソメイヨシノが満開。
東大寺では観光客相手に鹿が動き回っていましたが、ここではのんびりリラックス。
12浮御堂1 12浮御堂
ソメイヨシノと浮御堂
締めは氷室神社の枝垂れ桜。
見事です。白木蓮の美しさも際立っています。
この枝垂れ桜を見るだけでも十分価値があります。
12氷室神社
見事な枝垂れ桜、白木蓮(左)も美しい
12氷室神社1 12氷室神社2
今日もよく歩きました。
足はパンパン。
帰りの電車では眠ってしまいました。
2012.04.09 / Top↑
12富雄川沿いの桜並木
富雄川遊歩道沿いの桜並木(大和郡山市)
朝の内に慈光院折返しのジョグ。
快晴の空、風も強くなく、最高のお天気。
富雄川沿いの桜がきれいです。
満開までにあと少し。
桜の下では家族やグループの宴も。
折返し地点の慈光院前のマンダイでスポーツドリンクを買い、桜を見ながら小休止。
いい気分です。21kmを2時間20分のジョグ。

あまりにお天気が良いので、お昼ご飯を食べた後、大淵池公園(学園前)に隣接する御嶽山大和本宮に行くことにしました。
のんびり歩いて小一時間かかります。
隠れた桜の名所なのですが、行くのは初めて。
ここも満開までもう少し。
12御嶽山大和本宮4
日曜日ということもあり、たくさんの人出です。
広い駐車場が整備されていて、車で来る人も多くいます。
たい焼きやお餅などを売る模擬店もありました。
特設舞台では、フラダンスが披露されているところでした。
12御嶽山大和本宮2 12御嶽山大和本宮1
12マリオのおじさん帰りは来た道ではなく、別のルートを歩いて戻りました。
テレビで紹介されて有名になったマリオのおじさんの拠点を見つけました。
偶然です。
大きなお家の前にマリオのカートが止まっていました。
大発見したようで、嬉しくなってしまいました。

ジョグで21km、ウオーキングで8km。
夕食はカレーづくり。
心地よい疲れが出てきました。
2012.04.08 / Top↑
ジョグはお休み。
朝はカメラを持ってぶらり。
カワセミくんには今日も出会えず。
すっかり見かけなくなりました。
いったい、どこへ行ってしまったのでしょう。

12グレゴリーショルダー自分にとって三種の神器はMacBookAirとiPhone、それにデジカメ。
外出時になくてはならないものです。
この3つのものが入り、簡便に持ち運べるようなバッグが欲しいと思い、難波へ行きました。
昨日、イオンでは気に入ったものが見つかりませんでした。

デイパックにしようかショルダー式のものにしようか迷いましたが、グレゴリー製のショルダーにしました。
これなら、ちょうど3つのグッズと他のものも入れられます。
値段は張りましたが、自分へのご褒美にします。

ジョグをしなかったため、今日は5kmのウォーキングにとどまりました。
2012.04.07 / Top↑
12イオンモール大和郡山店
大和郡山市のイオンモールに行ってみました。
2周年記念のステッカーが店内の至るところに。
それなのに、店内に入ったのは初めて。
行ってみて驚きました。

売り場面積の広さは当然のこと、店内は明るく、垢抜けた雰囲気はミナミでも歩いているかのよう。
数多くの専門店があり、この中でほとんどの買い物は完結しそうです。
レストラン街も洒落ていて、どの店にも入ってみたい衝動にかられます。
ぐるりと回われば、軽く1kmくらいは超してしまいます。
歩き疲れてしまいました。

24号線沿いのリサイクルショップへも行きました。
懐かしいグッズがたくさんあり、時間が経つのも忘れるほど。
DIATONEのスピーカー、Technicsのプレーヤー、kenwoodのステレオシステムなど、どれも若い時の憧れの製品でした。
リスニングルームが欲しくなります。

履きならしたシューズや衣類、バッグ…。
値段を見ると、結構します。
その道の人が見ると、価値がわかるのかもしれません。

また、一つ衝動買いをしてしまいました。
Nikeのスポーツウオッチ。
型番はBowerman WR0082。
箱も説明書きも何にもありません。
新しい物ではなく、値段は1.890円でした。
店員さんに聞くと、説明書きも何もないからこの値段ですと言われました。
安い買い物だったかどうかは分かりません。
電池が切れたら時計屋さん直行です。

夕方、軽めに11.5kmのジョグ。
若草台口を折り返して帰ってくるときに、季節外れのあられが降ってきました。
寒いはずです。
富雄川の桜はちらほら咲いていますが、近くの団地の桜はまだまだです。
2012.04.06 / Top↑
退職すると、いろんな手続きを自分でしなくてはなりません。
勤めていた事業所の健康保険が切れてしまい、任意継続の手続きをしてきました。
国民健康保険加入の選択肢もあるのですが、任意継続の方が保険料が安くなります。
安くても月額32.396円ですから、収入0円の身には堪えます。
手続きは全国健康保険協会奈良支部。

奈良支部のある奈良センタービルは地上7階、地下1階の立派な建物で、入っているのは大手企業ばかり。
西隣の奈良警察署が貧相に見えます。
4階へ上がるのに、一瞬戸惑いました。
エレベーターの脇にある上下の ▼ ▲ のボタンが見あたりません。
よく見ると、ずらりと階数表示のボタンが並んでいます。
こんなのは初めてです。

12モンベル帽子任意継続被保険者資格取得申出書はネットからダウンロード。
事前に記入していましたから、手続きはスムーズに済みました。
お医者さんには、よくかかります。
手続きが終わり、ひとまず、これで安心です。

ついでに近くのイトーヨーカドーに寄りました。
目当ては、小さめのデイパックでした。
好みに合うものが無く、買ったのは、モンベル製ゴアテックスの帽子が一つ。

ジョグは昨日と同じ17.5km。
ソメイヨシノがところどころで開花しています。
あと4,5日もすれば、桜の花見ランができます。
いい季節になってきました。
とことこペースで1時間57分のジョグでした。
2012.04.05 / Top↑
12帯解寺正面
Ricoさんの安産祈祷のために帯解寺へ行きました。
境内の桜は蕾がピンク色に変わり、もう少しで開きそう。
本堂の右手前にある受付所で手続きが済むと、本堂の休憩室で待機。
12帯解寺2 12帯解寺1
10分ほど待った後、お坊さんがお香を持ってきました。
それを手に取って清めます。
本堂の小さな椅子に座るや、読経の開始。
読経の内容はよくわかりませんでしたが、名前だけは、はっきりと聞き取ることができました。

読経が終わると、本尊の子安地蔵菩薩像に合掌。
立像の高さは180cmくらい。
鎌倉時代に作られた木造の菩薩様は、色はあせ長い歳月を経てきた歴史の重みを感じさせます。。
御札をもらって本堂を出ました。

帰りにベビー用品の専門店へも行きました。
専門店だけあって、赤ちゃん用品の種類の多いこと。
驚いてしまいました。

強風と雨をもたらした低気圧は、オホーツクへ抜けましたが、全国で大きな被害をもたらしました。
トラックや観光バスの横転事故、木の倒壊で壊れた民家、季節外れの猛吹雪など、各地で大暴れ。
晴れた日でしたが、風は一日中残っていました。
ジョグは17.5km。
2012.04.04 / Top↑
穏やかだった昨日とはうって変わり、荒れたお天気。
急速に発達した低気圧の影響で、台風並みの強風が吹き荒れ、暖かかった気温も時間が経つにつれてグッと下がりました。
こんなときは、どこへも行きたくないのですが、夜に歓送迎会です。

会場は桜宮にあるOリバーサイドホテル。
荒天のため、環状線は一時的に運転見合わせ。
そのため、定刻より10分ほど遅れてしまいました。
例年なら、花見客で賑わうところですが、主役の櫻はまだ二分か三分咲き。
この荒天です。花が開いていれば散ってしまうところでした。

これまで何度も退職の挨拶をさせてもらい、送別会も複数回、開いていただきました。
暦も4月に入っており、気持ちは、のこのこ出かけていくのも、どうかなとも思いましたが、自分一人だけの会ではありません。

過分とも言えることば、どこか逃げ出したいような気持ちでした。
自分でも忘れているような出来事もあって、当時のことが懐かしく思い出されます。
きれいな花の束が、もう一つ増えました。
2012.04.03 / Top↑
お天気は日替わりメニュー。
穏やかで暖かい春の日差し。
長野マラソンに備えて、斑鳩の里往復30kmのLSD。
30km走は今年に入って初めて。
年明け早々、ふくらはぎを傷めていたこともあって、ロング走は皆無でした。

km6分以上、ウルトラマラソンのようなペースです。
富雄川にカワセミくんはいないか、確かめながら走りましたが、見つけられませんでした。
鯉が川上りをしていました。
雲雀がせわしそうに鳴いています。
ひろばではゲートボールに興じる高齢者も。
この陽気で桜の蕾は、もう一息で開きそう。

慈光院横を通過し登り坂に。
汗が流れ出てきます。
法起寺、法輪寺、法隆寺の斑鳩三塔への道は、斑鳩マラソンのコース。
デイパックを背負った何人かのハイカーに出会いました。

藤ノ木古墳の辺りは整備がすすみ、すっかり垢抜けしてしまいました。
道路脇にあるお地蔵様の後方に古墳があるのですが、きれいに整備された公園のようで、お地蔵様もバツが悪そうです。
少しくらい乱れた樹木がある方が自然です。

斑鳩町役場で折返し。
休憩所のベンチでは弁当を広げる家族も何組かいました。
こんな穏やかな日に一緒に弁当を囲むと、家族の絆も強くなります。

帰宅して一服した後、職場から持ち帰ってきた荷物の整理。
一日では整理ができません。
ボチボチします。
1204赤椿 1204白椿
気分転換に庭に出て、赤と白の椿の写真を撮りました。
今年は随分とたくさんの花がつきました。
今夜は良く眠れそうです。
2012.04.02 / Top↑
奈良町を歩きたくなって、でかけました。
奈良町センターの駐車場に車を停めてぶらり散策。
しばらく行くと、ショーウインドウに飾ってある猫の置物を見つけました。
招き猫ちゃん、思わず可愛いと言ってしまいました。
12奈良町招き猫 12奈良町土瓶の花
玄関に大きな土瓶の生け花。
信楽焼のような味わいのある土瓶で、季節の花がアレンジして活けてあります。
バックが格子戸、いいですね。
12奈良町カエルのお迎え 12奈良町鍾馗さん
カエルが出迎えてくれるお店。
鍾馗さんもいます。
奈良町は落ち着いた雰囲気があり、何度歩いても新しい発見に出会います。
12奈良町十輪院
本堂が国宝に指定されている十輪院にも行きました。
手入れの行き届いた庭には、季節の花々が咲いています。
赤と白の椿、水仙、木瓜の花、まだまだたくさん。
小さな池には2匹の男女のカッパがいました。
どこか愛嬌があります。
12奈良町十輪院木瓜の花 12十輪院あせびの花
遊悠工房で手作り品の小物を買いました。
プレゼント用です。
鹿をデザインしたアップリケが縫い付けてあって、気に入りました。

他にも手作り品や民芸品を売っている店がたくさんあり、見て回るのも面白いものです。
行く度に奈良町にも新しいお店ができています。
小さなお店が並んだならまち工房もあります。
12奈良町工房 12薬草粥
「ならまちこうぼう」と薬草粥
昼食に薬草粥をいただきました。
「野の花・黄花」という店で、間口は狭いのですが、奥行きがあり、一番奥がガーデンテラスのようになっています。
暖かいときであれば、庭の緑や花を間近に見ながら食べるのもいいのですが、寒くて外では無理です。

食べる前にお店の人が丁寧に食材や効能を説明してくれました。
身体にはいいものです。
量的にはちょっと物足りない感じがしました。

12奈良町猫大仏もちいどの通りに抜けるまでに、また、猫グッズのお店を見つけました。
猫大仏に惹かれて写真を撮ってしまいました。
いいキャラです。

中谷堂では早業のもちつき、
店の前は人だかりができ、三条通りに溢れています。
外人さんも多く、搗き終わった後、つきたてのお餅を買う人の行列が出来ていました。
溶けてしまいそうなあんこの入ったよもぎ餅でした。

帰りは押熊を経由してアルペンローゼへ。
コーヒーはまろやか、パンは美味しく、満ち足りた一日でした。

2012.04.01 / Top↑