夜通し降っていた雨は、辰野SAで仮眠し、空が白んで来る頃には止んでいました。
かんかん照りでない分、散策にはいい条件になりました。
明日の大会の受付を早々に済ませ、小布施の町をぶらぶら。

オープンガーデンになっている民家の小径を歩きました。
かわいい花のイラストが入った看板には、
12小布施7
オープンガーデンの案内板
小布施町オープンガーデンの家
OBUSE Open -Garden HOME
「Welcome to My Garden」

と書いてあります。

小布施ではいたるところで、この案内板を見つけることができます。
案内に沿って小径を辿っていくと、表通りからは、想像もできないような緑の空間や季節の花々が出迎えてくれます。
12小布施3 12小布施2
広い通りを入ると静かな緑の空間や石像のモニュメントが迎えてくれます
通りにも軒先にも愛らしい花が咲き、歩いていると幸せな気分で満たされます。
伝統を感じさせる家並み、緑の小径、小布施はいい町です。
12小布施1 12小布施10
軒先、路地には季節の花が溢れています

小さな栗の木美術館、そこへ続く栗の小径、
小布施を語る上で欠かせない葛飾北斎や高井鴻山に因む建物や歴史の数々。
歩けば歩くほど興味をそそられます。
12小布施5 12小布施6
栗の小径と高井鴻山記念館
昼食はお決まりの栗おこわの御膳をいただきました。
小布施で栗おこわは欠かせません。

地獄谷温泉野猿公苑
お猿が入る温泉で知られる「地獄谷野猿公苑」にも行ってみました。
渋温泉街を抜けて細い山道を、2km余り山間を上っていたところにありました。
林道を抜ける道は細く、しかも曲がりくねっていて、できれば運転したくないような道です。

駐車場に着くと、十数台の車がありました。
すれ違いに困るような道ですが、やっぱり人気スポットです。
野猿公苑へは、川に沿って駐車場から10分余り歩かなければなりません。
まるでハイキングのような気分です。
12野猿公苑6 12野猿公苑1
野猿公苑に続く小道から見た景色と勢いよく上がる源泉
河川敷では温泉が勢いよく噴き出しています。
入苑料を支払って中へ入っていくと、通路にはお猿さんのお出迎え。
岩の上でのんびりくつろいでいる猿もいれば、元気よく飛び回っている猿もいます。
温泉に浸かっているお猿さんは気持ちよさそう。
極楽、極楽です。
12野猿公苑2 12野猿公苑5
野猿公苑の温泉、気持ちよさそうなお猿の親子
散策路にはあじさいが咲き、道行く人を歓迎しているように見えました。
12野猿公苑3
2012.07.14 / Top↑