FC2ブログ
町内にある和菓子・甘味処「みやけ」のお店に行きました。
建物は江戸時代の豪商鴻池邸表屋を、昭和57年に大阪北浜今橋より移築復元したもの。
お店の歴史も古く、和菓子作りは明治40年にさかのぼります。
12みやけ内部6
鴻池表屋を移築した「みやけ」さん(正面・青い暖簾をくぐって中に)
静かな住宅地の中にある建物は、広い通りから奥まったところにあり、隠れ家的な感がします。
奥行きのある敷地、広い間口の真ん中ほどにある青い暖簾をくぐると、目の前に手入れの行き届いた庭が目に入ります。
右手は和菓子販売コーナー、左手が休み処です。
12みやけ内部5 12みやけ内部3
旧鴻池邸の表示板、門を入ると古い手押しポンプが置かれていました
靴を脱いで畳に座ると、落ち着いた気持ちになります。
建物の造りもさることながら、等身大の文楽人形、衝立など貴重な品々がいくつも展示されています。
ガラス越しには竹林の庭。 
12みやけ4 12みやけ内部
手入れの行き届いた庭。建物内部(左のガラスケースには等身大の文楽人形)
ほどよいくらいにお客さんが入ってきます。
こぼれて落ちてくる話しを聞くとリピーターさん。
そのほとんどが女性。
12みやけ内部2 12みやけ7
ゆったりとした室内。白玉ぜんざい
白玉ぜんざいとコーヒーを頼みました。
甘党にとってはいい処です。値段も良心的。
男性一人では入りづらいところが唯一マイナスポイントです。
2012.10.18 / Top↑