雨が上がり、青空の広がる上天気。
やり残していた新しいカーテンを吊すと、部屋の感じが見違えるように明るくなりました。
気持ちがよくなります。

休んでいたジョグは1週間ぶり。
ホームグラウンドの富雄川遊歩道を颯爽と?13km。
大晦日ですが、すれ違ったランナーさんは10数人。
軽快な足取りです。

今年も無事一年が過ぎました。
退職、子どもたちの結婚、初孫誕生etc。
ランでは47都道府県巡りが終わり一区切り。
振り返ってみると、いい一年だったように思います。

年越しそばも食べました。
おいしく頂いて年を越せることは、幸せなことです。
2012.12.31 / Top↑
終日雨。
玄関に注連縄と小さな鏡餅を飾ってお正月準備は終わり。
それほど気温が低くないのが救い。

テレビはバラエティ番組がほとんどで、どこを見ても同じよう。
スポーツ番組やニュースを探してリモコンを合わせます。
たんたんと時間が過ぎていく感じ。

夕方、Mitukiちゃんを迎えに。
今夜は我が家で一泊。
残すところ大晦日のみ。
2012.12.30 / Top↑
今年も残すところ3日。
外へ出ると、新年を迎える準備が目につきます。
ホームセンターの入り口は、寄せ植え、注連飾り、門松などがずらり。

ちょこちょこと、気が向いたように後片付けや掃除をしていますが、全体からするとほんのわずか。
ガラス窓や雨戸の清掃は、まったく手付かず。
古いカーテンは取り外したまま。
それでは殺風景なので、できあいのものを買ってこようと思っています。

新年を迎える準備のことを「年用意」と言って、12月13日の事始めから始めるものだそうです。
そんなに早くからと思ってしまいますね。
我が家では門松は飾りませんが、これは27、28日頃までに飾るのが通例で、29日は「苦立て」、31日は「一夜飾り」と言われ、よくないこととされています。

大晦日の除夜の鐘は、百七回までは旧年中に突き、最後の百八回目は新年に突く。
へぇ〜、そんなこと今まで知らなかった。
でも、これって、すごく難しいことですね。

お正月用に通販で注文していたカニが届きました。
ロシア産ものです。
7kgも買ったので、狭い冷凍庫に入れるのに四苦八苦。
味は食べてみないと分かりません。
2012.12.29 / Top↑
冷たい雨が降る一日。
イオンモールへ行く途中、国道24号線の温度計は、お昼時なのに気温3℃。
映画「レ・ミゼラブル」(ミュージカル)を見てきました。

ぜひ、見たいと思っていた映画です。
2時間38分の超大作。
冒頭から嵐の中でのロープを引っ張る囚人の過酷な労役のシーン。

1本のパンを盗んだことで19年の牢獄生活を送ったジャン・ヴァルジャン。
仮釈放されたものの、ジャンを執拗に追うジャベール警部。
その彼も服役囚を両親として、徒刑場で出生。
物語は、王政の権力に民衆が立ち上がる混沌たるパリを背景にして、真実の愛とは何かを問いかけながら進行していきます。

追うもの、追われるもの。
差別・貧困と闘う若者。

仮釈放中のジャンに手をさしのべる司教の深い人間愛。
それは、その後の彼の運命を決定づけます。
貧しさ故に売春に墜ちてしまったファンティーヌ。
ファンティーヌの一人娘コゼットを命をかけて守るジャン。

大砲や銃弾が飛び交うシーン。
随所に出てくる美しいメロディのアリア。
涙なくして見ることはできません。
ラストは民衆の力強い高らかな歌声が胸に迫ります。
いい映画です。
2012.12.28 / Top↑
和室を大掃除。
本棚には、これまで参加したマラソン大会の冊子。
各地の大会では参加賞をはじめ、冊子にも工夫を凝らした印象に残るものが少なくありません。
年に十数回も参加していると、冊子だけで本棚のスペースを占拠してしまいます。

日数が経つと、冊子を見ることもありません。
大掃除を機に、処分することにしました。
畳にずらりと並べてみると、カラフルな表紙に彩られ壮観です。
全部捨ててしまうのは、忍びないので、それぞれの大会で1冊だけは残すことにしました。

今では使われることもなく、本棚の飾りにしかなっていなかった旧いアプリケーションのマニュアル本も古紙回収へ。
バージョンアップの度に購入。
束ねるとずっしりとその重みが伝わってきます。

大掃除をすると、思いがけないものも出てきます。
懐かしい写真。
買ったことまで忘れていたグッズ。
大切にしまいすぎても駄目です。

日頃の整理が第一ですね。

2012.12.27 / Top↑
晩ご飯は「小麦」へ。
案内された席に着くと、開店してから10周年の文字。
小麦は開店して何年かは、お好み焼きをメインに客を集めていました。

それが今では、メニューの種類も多くなり、選択肢が増えました。
お昼はバイキング。
鍋物も選べるようになっています。

メニューが増えても、やっぱり小麦はお好み焼きが一番。
イカ、エビ、豚のミックスを注文。
具をかき混ぜて自分で焼き、好みの味付けをして食べます。

フルーツも食べてお腹を満たした後は、やまとの湯。
大きなお風呂で、ゆったり浸かっていると、身体が温もります。
露天風呂から上を眺めると、丸い月がくっきり。

冬は澄んだ星空がきれい。
寒いときには、温泉が一番。
近くのスーパー銭湯で、その気分になっています。
2012.12.26 / Top↑
腰の痛みが軽くなってきて、4日ぶりにジョグ。
長い距離でなければ、走れます。
気温は低いのですが、風はそれほどでもなく、ジョグにはいいコンディション。
1時間20分のジョグでした。

今月に入ってジョグの日数が極端に激減。
筋力が落ちていることもあって、ジョグの後は足の疲れを感じます。
腰が万全になれば、週4回は維持したいところです。
2012.12.25 / Top↑
クリスマスイブ。
我が家にいて外へ出ないと、まったくクリスマスの雰囲気がありません。
外へ出れば、クリスマスのイルミネーションやメロディーが流れ、それ相応の気分になるのですが。

腰痛のため、一日中静かにしていました。
寒気がやってきて、日本海側は雪、太平洋側でも雪がちらほら。
今冬は寒いです。

夜Keikoさんがショートケーキを買ってきてくれました。
スパークリングワインで乾杯。
プレゼントに1万円分の図書券をもらいました。
2012.12.24 / Top↑
来年もしまなみ海道ウルトラが開催されます。
早速、申し込み。
参加費は火曜日に振り込みをします。

体力、スタミナとも落ちていますが、しまなみは一番参加したい大会。
スタッフの温かさ、エイドの充実、沿道のサポート、景観の素晴らしさ、どれをとってもピカイチ。
もうワクワクした気分です。

これで来年7月までの大会参加予定が決まりました。
走れることは幸せなことです。
2012.12.23 / Top↑
Mac OSX(Mountain Lion)の猛勉強?。
ホームこたつで、長時間不自然な姿勢の連続。
そのため、腰が痛くなってしまいました。
長く座っているのは辛いので、買い物をかねてイオン郡山店へ。

年末の三連休とあって、道路も店内も随分混んでいました。
レジも行列。
クリスマス間近。
キッズコーナー、おもちゃ売り場は特に大盛況。
クリスマスが終わればお正月、
この時期、何かと出費を迫られます。

歩き疲れてひと休みしようと、喫茶店を覗くと、空席なし。
いつもなら、楽に座れるのに。

コンコースのチェアに空きを見つけて、買った本をめくり読み。
師走の買い物は平日に限ります。
2012.12.22 / Top↑
12みつきちゃんMitukiちゃんがやってくる日。
寒くて気持ちがのらないのをなんとか吹っ切って、朝ジョグ。
走り出して2kmほどすると、気分ものってきます。
真冬の太陽の日差しが後押し。

1時間余りジョグして帰ってきました。
走り終えた後は、心地よい汗。
朝食もおいしい。
でも、冬に朝ジョグするのはエネルギーがいります。

Mitukiiちゃんがやってきました。
赤ちゃんは、笑顔も寝顔も、いいものです。
こっちが相手をしてもらって、遊んでいるよう。
夜、お風呂に入って寝てしまいました。

夕方から雨になり、帰りは寒いので大人用のフリースでくるむと、写真のような格好に。
ユーモラスな姿に癒やされます。
2012.12.21 / Top↑
今朝は寒かったです。
北側の窓は凍り付いて開けられませんでした。
これだけ寒いと、ふとんからなかなか出ることができません。

外へ出ると一面、霜化粧。
車のフロントガラスは、白いものが凍り付いています。
気温が上がれば、ジョグを、と思っていましたが、難波に出かけて帰りが遅くなり、ノージョグ。

ソフマップ、好日山荘、ビッグカメラで時間を潰してしまいました。
中古で300mmの望遠レンズを見つけて購入。
発熱素材のインナーとフリースも買って、寒さ対策。
これで、少々寒くても、カメラを持って出かけられそう。

来月の観音峰登山が楽しみになってきました。
2012.12.20 / Top↑
奈良マラソンが終わって、気持ちがダレ気味。
次回の大会は、1月後半の湘南藤沢マラソン。
1ヶ月半も大会がないと、ジョグする気持ちが失せます。

しんどいこと、億劫なことを避けようとするのは、気持ちが老化している現れ。
気合いが抜けています。
今月に入ってまだ100kmにも到達していません。

年賀状は、やっと仕上げました。
明日投函します。

パソコンは、OSの入れ替えに手こずり、作業が滞っています。
部屋の掃除も残っています。
あと10日で仕上げ、リフレッシュして新年を迎えたいものです。

付け足し:今日買った本…「奈良 仏像めぐり」(JTBパブリッシング発行)
2012.12.19 / Top↑
寒くなってきて、カワセミくんが姿を見せてくれました。
この半年間、まったく見えず、いったいどこに行ったのだろうと気になっていました。
半年ぶりに姿を見て、うれしくなりました。
カワセミくん、健在!。
これからは、望遠レンズを持ってでかけることにします。

月一度、元職場へ寄せてもらっています。
夜は、その労いを込めて、なべをごちそうになりました。
寒くなると、なべがいいです。
身体が温まります。

先日の衆議院選挙の結果は、寒いものでした。
民主惨敗、自民党大躍進。
初登場の日本維新の会も、そこそこの議席獲得。
でも、代表が2人いて、言っていることがちぐはぐ。
政局混迷です。

お金の流通をよくして、景気回復。
賃金をアップして消費促進をうたっていますが、どうみても、首を傾げてしまいます。
一番、根底にあるものは将来への先行き不安。
寒さばかりで、温かくなるような政策が見当たりません。
2012.12.18 / Top↑
おん祭りのメインお渡り式を見に行きました。
春日大社のホームページには、お渡り式のことを次のように書いています。

ご神霊が多くの供奉(くぶ)を従えてお旅所の行宮(あんぐう)へ遷られることを一般にお渡りと言うが、おん祭の場合はご神霊の行列ではなく既に行宮へ遷られた若宮神のもとへ、芸能集団や祭礼に加わる人々が社参する行列の事をいう。

正午に県庁前を出発→近鉄奈良駅前→油阪→三条通り→一の鳥居→御旅所。
巫女さんやお稚児さんなど様々な時代の衣装を着た人たちが列をなし、若宮様の御旅所に参勤する行列です。
12お渡り式12 12お渡り式10
見物客でごった返す三条通り、猿沢池周辺
この時期にしては、穏やかなお天気で、行列の通る大宮通りや三条通りは人であふれています。
三条通りの南大門跡前で待機して、この行列を見ました。
華やかな行列は見応え充分。
12お渡り式17
三条通りの南大門跡前付近から行列を写す
おん祭りはお渡り式だけではなく、大宿所祭(15日)、遷幸の議・暁祭(17日深夜)、御旅所祭(17日午後2時半)などがあります。
歴史的な背景、おん祭りのことを事前に調べて見れば、より良かったと思いますが、今回は写真だけ。
12おん祭り21
神子(みこ)行列
12お渡り式
華やかな五色のご幣、綾藺笠(あやいがさ)、編木(ささら)・笛・太鼓を持つ田楽座
12お渡り式2

12お渡り式4

12お渡り式3

12お渡り式6 12お渡り式5
野太刀、流鏑馬
12お渡り式7 12お渡り式8
大和士(やまとざむらい)
12お渡り式9
大和士と興福寺五重塔
12お渡り式18
子ども大名行列:「ヒーヨイヤナー」「ヒーヨイマカセー」「エーヤッコラサノサー」の掛け声
12お渡り式15
郡山藩大名行列(後方は猿沢池)
12お渡り式14

12お渡り式19 12お渡り式20
お渡り式は最後列の大名行列が通り抜けると終了
2012.12.17 / Top↑
愛用のパソコンMacBook Proをグレードアップ。
HDD750G、メモリー8G。
OSは最新のOS X 10.8 Moutain Lion。
パワー、容量とも大きくアップ。
これでいろいろできるぞ!と意気込んだのも束の間。

今まで使っていたレイアウトソフトのIn Design CS、Office2004は、最新OSには未対応で使えません。
ソフトもアップグレードをしなくてはならない羽目になってしまいました。
In Designは、パソコン本体を買うほどの値段がします。

仕事で使うわけでなく、我慢すれば古いパソコンで使えます。
迷った挙げ句、新規で最新バージョンにアップグレードをすることにしました。
痛い出費ですが、使い勝手がよくなることなので、授業料と思うことにします。
長年働いてきた自分へのご褒美にします。

しかし、このところ出費が多いのは確か。
今日も本屋さんで、OS X 10.8 Moutain Lionのマスターブックを購入。
In Design CS6のガイドブックも購入必至。
樹木に関するガイドブックや、仏像に関する本にも興味があるし、物欲の煩悩は消えることはありません。
2012.12.16 / Top↑
127ヶ月のMitukiちゃんMitukiちゃんが7ヶ月になりました。
離乳食よく食べます。
おかゆは大好き。
りんごやバナナは、苦手なようで口に入れると、ちょっとしかめ面。
よく食べて、よく眠り、周りに愛嬌を振りまいています。

リビングに置いているマッサージ器に座ると、すっぽりおさまってしまいます。
まるで小さな女王様。

恐いものを見ると後ずさり。
ハイハイももうすぐ。
お座りもあと2ヶ月もすると、しっかりしてくるでしょう。
日一日と成長しています。
2012.12.15 / Top↑
9月から始めた山登り。
月々に変わる山の姿、山から見る眺め。
樹木や草花の違い。
四季それぞれ行く場所や環境が異なり、登るたびに心を動かされます。

楽しみが増えましたが、山行きの出費も増大。
楽しみに比例して、お金も財布から出ていきます。
登山用具は、つま先から頭のてっぺんまでお金がかかります。
手の先まで。

ウェアはアンダー、インナー、アウター。それぞれ複数。
シューズ、ザック、靴下、手袋、帽子。
ボトル、コンパスetc。
夏と冬では違い、季節、気象条件に合った物が要求されます。

今月になって、雪山用にアイゼンとスパッツを買いました。
手袋も複数必要になってきます。
初歩から教えてもらい、少しずつ経験を積んで、知識もつき賢くなっているように思います。
必要なものは、ぼちぼち買いそろえます。

山はランニングより間違いなくお金がかかります。
2012.12.14 / Top↑
4,5日前の寒さがようやく緩んできました。
気温はまだ低いものの、日だまりにいると気持ちよさを感じます。
庭の梅の木にみかんを付けておきました。

1212メジロメジロがやってきて果汁を吸っています。
ムラサキシキブの実は、メジロや他の鳥に食べられ、裸同然になってしまいました。
ナンテンやセンリョウの赤い実は、固いのか、なかなか食べません。

メジロはよく飛んできます。
庭の植木にもよく巣を作るようなので、期待していますが、狭い庭なので敬遠しているようです。

午後は部屋の片付け、掃除。
本や本箱は、部屋を移して動かしたので、かなりの労働になりました。
半日ではとても終わらなく、明日、続きをします。

今年は年賀状づくりも早く準備がすすんでいます。
世間並みに結構、忙しくしています。
2012.12.13 / Top↑
12皇帝ダリア切り口寒波のため、たくさん花を咲かせていた皇帝ダリアが完全に枯れてしまいました。
花は名に違わず華やかですが、寒さには極端に弱く、耐えきれませんでした。
まだ、たくさん蕾が残っていただけに残念です。

幹のようになった茎をノコギリで切ると、中は空洞、しかも、切り口からは水がポトポト出てきます。
水分をたっぷり蓄えている分、柔らかく弱いのです。
宿根草なので、また、来年を楽しみにします。

今回の寒波は厳冬期並みで、インパチェンス、ランタナも被害に遭いました。
空が晴れているうちに、伸び放題になっていた梅、グミの木も剪定。
剪定したことにより、庭がすっきりした分、寂しいような、寒さもより感じてしまいます。
2012.12.12 / Top↑
師走に入り、大掃除の時期です。
Kekoさんから、大掃除!とハッパをかけられていますが、このところの寒波で気力は減退するばかり。
室内の清掃ならまだしも、寒風にさらされる屋外は大の苦手。

車のガソリンを満タンにして、大和郡山市のイオンモールへ。
蛍光灯がつかなかったり、乾電池切れで動かなかったりで、買い物を兼ねて。
ところがいざ、買うとなると、迷います。

30ワットの丸形蛍光灯2本セット、980円のものもあれば、580円のも。
しかも、どちらも寿命は6.000時間。
20ワットの直管蛍光灯にいたっては、家庭量販店で1本400円。ところがSeriaでは105円です。
グロー球は、2つセットで100円で家庭量販店で買いました。Seriaだと消費税込みで105円。

なんか、せこい感じ。
登山用品のブランド物だと、ほとんどが割引無しの定価売り。
それでもバンバン買っています。

生活必需品となると、細かい損得勘定して感情むき出し。
ガソリンでもそう、リッターで2〜3円高いだけで敬遠してしまうこともしばしば。
どこか矛盾している自分。
2012.12.11 / Top↑
先週受けた血液検査の結果が出ました。
気になっているCEA値は高値ながら、6.7と下がっていますが、白血球数が1万を超え、血色素量が11.7。
腫瘍マーカー値が落ち着いているのはうれしいのですが、貧血です。
総ビリルビンの数値は、ずっと高値。

ふらつき、立ちくらみがよく起こります。
このところ、走りに精彩がないのは貧血の影響があるかも。
勝手に診断しています。

白血球数が多いのはかぜ?と先生のコメント。
風邪をひいているわけではなく、炎症疾患の自覚もないので、この原因は分かりません。
他にもいくつか引っかかる項目がありました。
いろいろ不都合なところが出てきて困ったものです
2012.12.10 / Top↑
上空に青空が覗いているものの気温は一ケタ台。
寒さのため、着替えをするにも気合いがいります。
フルのエントリー数は1万人。
当然のことながら、荷物預けとトイレは大混雑。
トイレを済ませて、スタートエリアに入ったのは号砲10分前でした。

12奈良マラソン体育館
 12奈良マラソンスタート
荷物置き場になっている体育館、出入りは至難の業。スタート前、陸上競技場を囲むようにA〜Hの順で整列

午前9時スタート、
Cブロックからのスタートでしたから、ロスタイムは2分14秒と少な目。
後ろのエリアだと軽く15分はオーバーです。

スタートをして陸上競技場から大宮通りは下り。
大宮通りに入っても、ゆるやかな下りが続きます。
ランナーで混雑しているため、身体慣らしのようなペースですすみます。

ところが、広い大宮通りに入っても、足が重くのびません。
平坦な道でも、まるで上り坂を走っているよう。
第一折返し点を折り返したランナーが怒濤のように走って行きます。

艶やかな古代衣装をまとった女性の応援が目に入ってきました。
その朱雀門前を過ぎ、折り返し。
折り返しをしたところで、ゲストの有森裕子さんが、選手にハイタッチ。

大宮通りを東へすすみ、市役所、近鉄奈良駅、県庁、大仏前を右折。
高畑の10kmのチェックポイント。
1時間42秒。km6分ちょっとのペース。
遅すぎます。
悪戦苦闘のレースの予感。

悪いなら悪いなりに走るしかありません。
沿道からは途切れなく熱い声援。
今日は手を振って応える余裕がありません。

国道169号線を南下。
ここも下り基調、ペース上がらず、たくさんのランナーさんに抜かれました。
15km地点、1時間31分台で通過。
窪之庄南の交差点を左折し高桶町へ入ってきました。
ここから天理に向かう道はゆるやかに上り、やがてアップダウンの連続。
特に折り返して帰ってくる往路は、調子が悪いとガタガタになってしまいます。

上りの勾配がきつくなってきたところで、「今の葉狂志郎」さんの大きな歌声が聞こえてきました。
衣装は忌野清志郎そっくり。
調子が悪いとは言え、元気づけられます。

木陰になったところには白くうっすらと雪。
紅葉は一部残っていますが、昨日の強風でかなり散ったようです。
白川池の上りを過ぎて名阪道路に架かる白川大橋の手前が20kmチェックポイント。
2時間05分台。
ボロボロです。
それでもなんとか足は止めませんでした。

白川大橋を渡りきると、天理の町に入ってきます。
応援も一段と多くなってきました。
寒風の中で声をからしながら、応援してくれるのはありがたいものです。
小さな子どもたちが、手に飴玉を持って渡してくれます。

でっかくて特徴のある天理教の建物を見て、イチョウ並木の通りを折り返すと、ぜんざいが待っています。
天理市内中学校生徒の吹奏楽演奏を聞きながら、ぜんざいをいただき、一息入れました。。
ご当地ゆるキャラのてくちゃんとりんちゃんも応援。

12奈良マラソン天理ぜんざい
 12奈良マラソン天理ゆるキャラ
天理教本部のある折返し点ではぜんざいのもてなし、てくちゃん&りんちゃんも応援

いよいよ復路です。
天理の町に別れを告げ、白川大橋に向かう上りにさしかかってきました。
完全に足が止まってしまいました。

12奈良マラソン6
 12奈良マラソン7
天理の市街地を過ぎ、白川大橋へ向かう上り

少し走っては歩き、歩いては、また、とぼとぼと走り出す。その繰り返し。
白川大橋を越えた30kmのチェックポイントは3時間15分。
これでは、4時間半も切れません。

上りでは名残の紅葉見物。
エイドでは、バナナや飴玉をもらって、なんとか走る気力をもたせます。

12奈良マラソン10 12奈良マラソン9
31km付近、まだ紅葉が残っていますが、かなり路面に散っています、試練の上り坂

復路の今の葉清志郎さんに励まされて32km地点。
沿道からは「残り10km、がんばれ!」と檄が飛んできます。
しかし、残り10kmが魔の距離。

12奈良マラソン2
高桶町、32km地点を過ぎた下り

復路は高桶町から県道188号線を北上。
教育大学前から往路のコースを辿ります。
そこまでは小刻みなアップダウンがあり、さらに走る気力を奪っていきます。
35km地点、3時間50分台。

やっと復路の高畑まで戻ってきました。
見慣れた奈良公園です。
飛火野は枯れ野原。

12奈良マラソン14
高畑から大仏前に向かう上り坂

大仏前を左折し、県庁通りに、残り3kmです。
鹿がコース上に出てきています。
しんどいランナーにも素知らぬ顔。

12奈良マラソン鹿
39km地点、大仏前を左折したところ

残り3km、2kmは下り、最後の1kmが競技場への上り。
佐保川沿い、奈良女子大の学舎が見えてくると、ゴールは間近。

12奈良マラソン23
 12奈良マラソン21
佐保川沿い、残り1.5km、後方は若草山、沿道では太鼓をバックによさこいで応援

最後の正念場、残り1kmの上りが走れません。
ゆるやかになったところでやっと走り出しましたが、競技場に入ってまた歩き。
散々たるものでした。

12奈良マラソン20
 12奈良マラソン19
ゴールまで1kmの上り、競技場まであと500m

先月の福知山のワースト記録も軽く更新してしまいました。
完走できただけで、よしとします。

12奈良マラソン18
 12奈良マラソン17
たくさんの声援を受けて、力を振り絞って、フィニッシュは晴れやか

今年の大会は、これで終了。
この1年間、何事もなく無事に走って来られたことは幸せなことです。
沿道で励ましてくれた多くの人たち、ボランティアの人たち、関係者の人たちに感謝、感謝です。
2012.12.09 / Top↑
寒い、風も強し。
真冬並みの寒波です。
近鉄奈良駅と鴻池陸上競技場の往復が億劫になるほど。
受付を済ませました。
1208奈良マラソン3 1208奈良マラソン5
寒々とした競技場の景色、受付会場は陸上競技場
会場のミニステージでは、せんとくんや、てくちゃん&りんちゃん(天理市)、蓮花ちゃん(葛城市)、郷士くん(十津川村)など奈良のゆるキャラがパフォーマンスを繰り広げていました。
人気はやっぱり知名度でせんとくん。
1208奈良マラソン 1208奈良マラソン2
ミニステージでは奈良のゆるキャラ登場、会場内では食べ物、スポーツグッズなどの店舗が並ぶ
寒いので会場で熱い豚汁をいただき、身体が少し温もりました。
明日はもっと寒くなる予想なので、寒さ対策必須です。

Mitukiちゃん、機嫌よくしています。
何もなければ、明日夜には、Mitukiちゃんのお家へ帰れそうです。
2012.12.08 / Top↑
朝早く、Ricoさんから電話。
昨夜から数回の嘔吐、気分悪く、SOS。
熱は微熱、症状を聞いていると、今大流行のノロの可能性大。
幸い、Mitukiちゃんは元気。

Mitukiちゃんのマンションへ直行。
Ricoさんは、近くの医院に通院。
結果はやっぱりノロの疑い濃厚。

夜までMitukiちゃんのお相手。
慣れない手つきでミルクもつくりました。
ダンナさんが帰ってきて相談し、今夜はわが家で過ごすことにしました。

わが家でもMitukiちゃん機嫌よくしています。
お風呂も入りました。
ノロは感染して症状が出てくるのが1〜2日。
今夜と明日いっぱいは要注意です。
Mitukiちゃんの家で撮った写真をアップしました
121207Mitukiちゃん1 121207Mitukiちゃん2
赤いイスはお気に入り
121207Mitukiちゃん6 121207Mitukiちゃん5
これから離乳食
121207Mitukiちゃん10 121207Mitukiちゃん12
動き疲れてお休み、得意の飛行機のポーズ
121207Mitukiちゃん15
離乳食もパクパク、よく食べます
2012.12.07 / Top↑
寒い一日。
風も強し。
室内から見ると、外は青空。
ジョグしようか迷って断念。
和佐又山の山登りで、足の張りが強く、休養することにしました。
外へ出たのは、薬局に薬をもらいに行っただけ。

爆弾低気圧襲来。
聞き慣れない言葉です。
24時間に24ヘクトパスカル以上低下する低気圧の事をいうのだそうです。
東北や北海道では、瞬間的に30m以上の台風並みの風。

この寒気は、来週月曜日頃まで続く予想、最悪。
奈良マラソンは、寒風にさらされることを覚悟しなくてはなりません。
ゆっくりファンランなんて、言ってられないようです。
どうか、日曜日だけでも温かくなってくれないかなぁ。
2012.12.06 / Top↑
月一度の山の教室。
大峯山系の和佐又山を登ってきました。

行程は
橿原神宮前駅(バス)和佐又山沢道入口ー(沢道)ー和佐又山ー和佐又山ヒュッテ(車道)沢道入口(バス)橿原神宮前駅

チャーターバスで沢道入口まで移動。
準備体操を済ませて、沢に沿って登ります。

12和佐又山沢入口
 12和佐又山沢道口
 沢道入口、ここから沢沿いの登山道

流石に落葉樹の葉はすっかり落ち、寒々とした空が見えています。
石がゴロつく足元に注意しながら、ときには、沢を横切り、木橋を渡りながらの山登り。
なかなかに変化があって、面白い登山道です。

12和佐又山登山道 12和佐又山沢4
石のゴロつく登山道、登山道脇の沢

12和佐又山登山道3
落葉した登山道は寒々としています、風が冷たく手袋は必須

登山道の標識や、木にはテープで示した目印もあり、登山者に安全面の配慮がされています。

12和佐又山標識 12和佐又山霜柱
登山道案内板、枯れ葉の間から霜柱が覗いています

沢が切れると落ち葉の登山道。
落ち葉が何層にも重なって滑り易くなっています。
倒木や苔むす岩、霜柱がむき出し。
花のように開いて、光にあたると輝いています。

12和佐又山苔むした岩
ブナの林が続きます

小さな小屋が見えてくると、和佐又山の広場。
ここまでは、別に林道が通っており、車で上がることもできます。
でも、自分の足で苦労して登ってくる方が、喜びは大きいです。

12和佐又山ひろば
 12和佐又山標識2
和佐又山広場と山頂への標識

目の前には、雪がかかった大普賢岳、反対側は大台山系の山並み。
ぼけたようなお天気ですが、登山の醍醐味を感じさせてくれます。
小休憩してブナの林が続く緩やかな登山道を登ります。

12和佐又山広場からの眺め
広場から見た大台ヶ原山の山並み

12和佐又山ヒュッテ広場 12和佐又山11
広場で休憩、雪化粧した大普賢岳が顔を覗かせています(右の写真)

登るにつれて登山道脇には白い雪。
何日か前にはもっと雪があったそうです。

12和佐又山雪化粧 12和佐又山雪道
山頂近くになると雪

大普賢岳との分岐点に到着しました。
大きな案内板が立てられています。
大普賢岳、国見岳、行者還岳、聞いたことのある山の名前が書かれています。
いつかは登ってみたいものです。

12和佐又案内板
分岐点にある案内板の一部

12和佐又山分岐点 12和佐又山分岐点2
大普賢岳と和佐又山頂の分岐点、分岐点から行者還岳を見る(右)

ここから和佐又山頂までわずか300m。
しかし、上りは急。
足がだるくなってきます。
たかが300mですが、この距離でも山は上り応えがあります。

頂上に着きました。
北の方向に大普賢岳。
いい眺めです。

12和佐又山頂上2
和佐又山山頂、後方背の高い山は大普賢岳

12和佐又山頂上景観
頂上から弥山の方向を見る

頂上の景観を堪能した後、和佐又山ヒュッテに戻り、豚汁のごちそう。
食材は各自持ちより、山へ登ってみんなで食べる豚汁の味は最高です。

12和佐又山ヒュッテ全景
 12和佐又山ヒュッテ
和佐又山ヒュッテ

12和佐又山ヒュッテ内部 12和佐又山ヒュッテで豚汁
ヒュッテで温かい豚汁のごちそう

下山はヒュッテから車道を利用。
帰路の途中で上北山温泉に立ち寄り。
薬師湯と書いてありました。
すべすべした泉質のお湯は肌に柔らかい感触。
いいお湯でした。



2012.12.05 / Top↑
午後は甲状腺の定期検査と診察。
明日は和佐又山の登山。
今日、走っておかないと、中5日で奈良マラソンを迎えることになってしまいます。
空け過ぎはよくないので、朝のうちにジョグ。

お伊勢さんの疲れが足に残っているのか、身体が重い、重い。
2,3年前なら、こんなことはありませんでした。
肉体の衰えを感じてしまいます。
風もきつく、13kmながら7分ペースでした。

甲状腺の数値は異常なし。
他の血液検査の結果は1週間後。
数値が落ち着いているので、次回甲状腺の診察は6ヶ月後になりました。
2012.12.04 / Top↑
朝食後、宿の車の送迎付きで「石神さん」へ連れていってもらいました。
今、人気最高潮のパワースポット
宿泊者であれば、誰でも車に乗ることができるのですが、希望したのはわが夫婦2人だけ。
貸切です。
15分ほどで着きました。

「石神さん」は、正式には神明神社。
祭神は26柱を数え、「石神さん」はそのうちの一つ、神武天皇の母・玉依比売命(たまよりひめのみこと)です。
相差の海女さんが海に潜る際の安全大漁を祈願し、そのことから、女性の願いなら、一つだけ必ず叶えてくれると言われるようになったのだそうです。

運転してくれた宿の仲居さん(仲居さんはなんでもやらなければならないので大変です)に聞くと、石神さんがこれほど注目を浴びるようになったのは、アテネマラソンで野口みずきさんが、石神さんのお守りを付けて、金メダルを獲ってからと聞きました。

駐車場から歩いて上っていくと、小さな石の鳥居。
質素で素朴な神社というイメージです。
玉砂利を踏んですすんでいくと、右手に赤い鳥居が並ぶお稲荷さん。
12石神さん入口 12石神さんお稲荷さん
石神さん参拝口、赤い鳥居はお稲荷さん
早い時間帯ですが、すでに参拝の人たち。
途切れることなく参拝者がやってきます。
12石神さん 12石神さん本殿鳥居
赤い提灯のところが石神さん、その前で願い事を一つ、二つ目の石の鳥居をくぐると右手が本殿です
石神さんはお稲荷さんを過ぎたところにありました。
ここで用意された用紙に願い事を一つだけ書いて(女性だけ)、箱に入れてお祈りします。
お金は要りません。
でも、隣に御守りやストラップを売っている御守授与所があって、みな、どれかを買っていくようです。
そうすれば、神さまがより願いを叶えてくれるように思ってしまいます。
12石神さん本殿 12石神さん長寿の館
神明神社本殿と長寿の館(神木のクスノキ)
本殿は、もう一つ鳥居をくぐった奥でした。
神木はクスノキの枯木で、長寿の守りとして祀られています。
さわって、長寿をお祈りしました。
境内には大きな山もがしの木もあり、若い女性が手をかざし、パワーをもらっていました。

神社に行く途中に立派な宿や、海女さんのお店がありました。
石神さんの御利益を、一番受けているのは、ここかもしれません。
12石神さん海女の家 12石神さん海女道具
お土産などを売っている「海女の家」、店の横には海女さんの道具が置かれていました

宿をチェックアウトして、夫婦岩で有名な二見浦へ行きました。
大きな岩と小さな岩、二つの岩の間には注連縄がかけられ、夫婦岩のイメージにぴったり。
12二見浦
夫婦岩、写真には写っていませんが、近くで海鵜がのんびり休んでいました
いたるところでカエルが目につきます。
成長すれば殻長1.5m、重量230kgにもなる大きなオオシャコガイ(沖縄産)が飾ってありました。
なぜ、二見の神社に置いてあるのか不思議です。
12二見浦カエルの手水 12二見浦オオシャコガイ
カエルばっかりの手水所、オオシャコガイが飾られています
この神さまのお使いはカエルで、神社の御守りも「無事カエル」「貸した物がカエル」「お金がカエル」と、カエルがモチーフになっています。
ここで初日の出を見ると、よいことがありそうです。
広い参道ではないので、初詣のときは人で動けなくなってしまいそう。

二見浦から内宮に行く途中で、紅葉のきれいな倉田山に立ち寄りました。
神宮徴古館や美術館などがあり、紅葉の穴場的存在。
またまた紅葉を楽しむことができました。
12神宮美術館3 12神宮美術館2
館敷地内の紅葉
12神宮美術館4 12神宮美術館7
倉田山にある神宮美術館と伊勢神宮・倭姫宮(皇大神宮別宮)
人も少なく、ゆっくり存分に歩き回りました。
不断桜も満開。さざんかも咲いていました。
心が洗われるよう。
12神宮美術館不断桜
この時期のサクラには春のサクラと違った感慨深いものを感じます
お昼は伊勢神宮内宮おはらい町で。
昨日はあまりの人で避けました。
平日ながら、なかなかの人出です。
12内宮おはらい町
にぎわうおはらい町通り
12内宮おはらい町
「お白石」のところにある紅葉とおはらい町
おはらい町に並ぶお店は、参拝客でどこも盛況。
昨日の文化村とは大違いです。
12内宮14 12内宮五十鈴川
橋を渡って内宮へ(内宮側から撮影)、水が澄んだ五十鈴川の流れ
12内宮社 12内宮神馬
内宮、顔を出している神馬も撮ってみました
内宮には過去3回来ています。
今日も参拝。
神明神社、二見興玉神社、倭姫宮、そして内宮、なんと4つの神社に願をかけました。
これだけ浮気をして願をかけると、神さまからお小言をもらうかもしれません。
12内宮11
内宮にはこんなところも、池に映った景色と色鯉がきれい
お昼は釜飯にしました。
その後で五十鈴川沿いのカフェでお茶。
静かな五十鈴川の流れと、バックの景色を眺めていると癒されます。

川をはさんで正面に珍しいものが見えます。
大きなサクラの木に、たくさんの緑のくす玉?。
ヤドリギです。
12ヤドリギ2 12ヤドリギ3
ヤドリギ、右の写真は近くで見たところ、小さな丸い粒の実がついています
近くで見ると、小さな丸い実。
鳥が粘着性のあるこの実を食べて、種子の混じった糞が木にくっついて、成長をしたもの。
都会では見ることのできない光景です。
2012.12.03 / Top↑
12伊勢マラソンゴール午前5時半、真っ暗な中で三重県営サンアリーナの駐車場に到着。
厳しい冷え込み、誘導してくれている駐車場のボランティアさんに感謝です。
高速道路を使うと、自宅から2時間余り。

広い敷地の中に形がユニークで大きなアリーナの建物。
どこに行っても、立派な設備や建物が整備されています。
驚きます。
公共のものでは、地方の方がお金をかけているようにさえ感じます。

アリーナからマラソン会場の県営総合競技場までは大型観光バスで移動。
総合競技場には体育館、陸上競技場、トレーニングセンターなどがあり、県民の憩いの広場のような感じ。
伊勢神宮(内宮)から1kmほどの好立地です。

12伊勢マラソン11
 12伊勢マラソン9
メイン会場(県営体育館)

体育館で受付を済ませ、9時のスタート時間を待ちます。
外は寒く、建物から出られません。

12伊勢マラソン受付
 12伊勢マラソン8
受付風景、マスコットキャラのトライくんたちも応援

マラソンのエントリー数は5km(2.653人)、10km(2.757人)、ハーフ(2.670人)の三種目で8.080人。
県営陸上競技場が発着点となっています。

スタートをして競技場を出ると、五十鈴川にかかる橋。
橋を渡り、神宮のおはらい町通りを突き抜け、国道23号線をひたすら走ります。
宮川の手前で折り返し復路へ。
大きな起伏がなく、交通整理が行き届いた国道は、たいへん走りやすいコースです。
沿道では太鼓の演奏もあり、元気づけられます。

12伊勢マラソンスタート
 12伊勢マラソン7
スタートは予想タイム順で整列。  いい笑顔です

ゴール目標を2時間以内に設定して走りました。
タイムは1時間57分55秒。
終盤は10時40分スタートの5kmのランナーさんに次々に抜かれました。
今は、これが精一杯というところです。

12伊勢マラソン競技場
スタートをして競技場を出るランナー(ハーブの部)

12伊勢マラソン10
ゴール前の力を振り絞って疾走

物産展も開かれていましたが、あまりの人の多さで諦め、早めに会場を後にしました。
バスの中で、参加賞でもらった赤福とキャラメルを食べました。

走り終えてから、伊勢安土桃山文化村へ行ってみました。
サンアリーナから車で5分余りのところ。
ランナーは無料で入場できます。通常は入村料2.500円。

12文化村5
 12文化村4
文化村入場口、山の上は原寸大を模した安土城

山の上には再現した安土城。
忍者、妖怪、変身写真館などの体験館、ゲーム場、食事処などが作られていて、キャパは大きいのですが、園内を歩いている人はまばら。
外で立って案内するお侍さんも、寒そうにしていました。

12文化村6
 12文化村
閑散としている村内、右の写真で館の前にお侍さんが一人でポツンと立っています

金ピカの菅原道真公が、ミスマッチのような感じ。
維持費だけでもかなりかかりそう。
中に入ったものの、とても採算がとれないように感じ、経営の心配までしてしまいました。

12文化村3
 12文化村2
愛嬌のあるニャンまげもお客さんが来なくて寂しそう。小琵琶湖の向こう側に菅原道真公天満宮

今夜の宿泊は、石鏡第一ホテル神倶良。
見晴らしのよい立地。
眼下に石鏡港、太平洋に浮かぶ島々、変化に富んだ志摩の景色を眺めることができます。
温泉、海の幸の食事をいただき、満ち足りた気分です。

ふわふわした布団で眠りにつきました。
2012.12.02 / Top↑