FC2ブログ
月に1〜2回、山に登るようになって、いろいろと興味が出てきました。
頂上に行き着くまでに、登山道で見かける樹木や山野草。
頂上に着いて、四方に見える景色。
連なる山々、眼下に見る川や家並み…。

この花は何の花?、この木は?
向こうに高くそびえる山は何の山?
方角はコンパスで分かります。
でも、山の名前は誰かに教えてもらうか、地図がなくては分かりません。

まだ、初心者のため、山は集団で行くことがほとんど。
一緒に行った人に、教えてもらいますが、すぐに忘れてしまいます。

本屋さんで、山の地図を買いました。
行ったところを地図で追って、確かめていると、なかなか楽しいものです。
これから行く山も、下調べ。

花や山野草、樹木の本は、たくさん出ていますが、いざ選ぶとなると迷います。
ハンディタイプは、持ち運びには便利です。
でも、調べたいものが載ってなかったり、種別毎に複数の本を買わなくてはいけなかったり。
たくさん網羅されているものは、分厚くて、値段もびっくり。

一冊ですべては、難しいですね。
自分の身の丈にあったものを買って、使いこなすしかなさそうです。

因みに、買った本と地図は
・奈良県の山(山と渓谷社)
・散歩の花図鑑(新星出版社)
・山と高原地図/大台ヶ原・高見・倶留尊山(昭文社)
2013.06.08 / Top↑