FC2ブログ
休暇村・蒜山高原から車で15分ほどの蒜山ハーブガーデン ハービルへ。
休暇村の宿泊は、ハービルの入場とティーサービス券付きのものでした。
3年前にも一度来ています。
13hiru2 13hiru20
宿泊した休暇村、ハービルは休暇村から南に車で約15分
そのときは雨でした。
今日も雨は降っていないものの、白の絵の具に灰色を混ぜたような雲が空を覆っていて、蒜山三山は隠れています。
13hiru3
ラベンダー畑から北方向を眺めた景色(蒜山三山は雲に隠れています)
園内はラベンダーの香りがいっぱい。
木陰になった椅子に腰を掛けて、まったりしているのがいいですね。
至福のひとときです。
13hiru9
花の香りで包まれています
ハーブの他にも、種類豊富な花がたくさんあります。
名前を見ても、すぐに忘れてしまいます。
13hiru10 13hiru11
ラベンダー、ゼラニューム、花、花、花です
13hiru21
カラフルなコリウス
アジサイも、まだ見ることができました。
花の形が珍しいアジサイがありました。
名前は知りませんでしたが、ピラミッドアジサイと言うのだそうです。
13hiru4 13hiru5
広い敷地のアジサイ園
13hiru7
変わった形のピラミッドアジサイ
香りの館のレストランで、ティータイム。
13hiru8
左上の建物が香りの館
これまた分からないティーの種類が並んでいて、どれにしようかと迷ってしまいます。
よく分からないまま、いろんなハーブがミックスされたものをオーダーしました。
レモンを入れると、ピンクに変わるのもあり、ハーブティに関心のある人には、おすすめどころです。
13hiru13
園内で採れたハーブを利用したハーブティ
帰りの道は、鳥取県側に戻り、海岸線沿いのルート。
灯台の立つ長尾鼻の手前にある魚見台に立ち寄って、わが故郷を高台から眺めます。
13hama1 13hama8
長尾鼻手前にある眺めの良い魚見台、右は断崖になった長尾鼻の海岸
13hama6 13hama2
覗岩と貝殻節の歌碑
随分と長い年月、ここへは来ていません。
区画整理で道路や川はすっかり変わってしまいましたが、海と山の景色は、子どもの頃のままです。
13hama4
魚見台からの景観
今年5月にできあがった余部鉄橋「空の駅」にも行きました。
13amarube14
余部鉄橋案内図
山陰本線の旧余部鉄橋の一部を利用した展望施設です。
平成22年に現在の余部橋りょうが完成、
現在は旧余部鉄橋の橋脚の一部を活用して、「空の駅」ができています。
13amarube1 13amarube10
古い橋りょうが保存されています
高さは約40m、
通路の足元にはのぞき窓がありますが、下を見ると足がすくみます。
眺めのよい展望施設です。
13amarube7
空の駅、新しい線路の脇に旧線路が残されています
13amarube3
 13amarube5
余部駅と空の駅入り口
13amarube2 13amarube15
普通列車が到着したところでした。古い線路が一部残されています
13amarube11
空の駅に上がる途中の景色
13amarube6
空の駅から見た景色です
橋脚の下から見ると、その大きさ、造りに感動します。
旧余部鉄橋が開通した当時の写真や、旧鉄橋の写真なども展示されて興味深く見ることができました。
13amarube13
開設時の様子を伝える写真
13amarube9 旧余部鉄橋は、3度ほど見たことがあります。
当時は、下から眺めることしかできませんでした。
その迫力には驚いたものでした。

現在は観光地として整備され、新たに道の駅もできています。
少し離れたところに喫茶店があって、そこに入ったことがありますが、その喫茶店は健在でした。

  懐かしい郷愁を感じながら無事帰ってきました。
2013.08.05 / Top↑