FC2ブログ
楽しみにしていた富士登山です。
今回の富士登山ツァー参加者は26名。
全員が富士登山は初めて。

ガイドさんを除くと、男性は自分を含めて4名。
男性が少ないのが、ちょっと寂しい気がしますが…。
ガイドさんは男性2名、女性1名のスタッフ構成、万全な態勢でツァーが組まれています。

西名阪から伊勢湾岸、新東名高速で御殿場ICを経由、富士山有料道路、スバルラインで富士五合目到着。
今夜は、この五合目にある雲上閣で宿泊です。
途中、静岡のSAでまぐろ丼の昼食を摂りました。
130828fuji1 130828fuji2
きれいな建物の新東名・静岡SA、 車窓から見た富士
新東名高速から、富士は中ほどに雲を従え、頂上ははっきりと見えていました。
五合目に着いた頃には、ガスが立ちこめ、その姿を仰ぎ見ることはできません。
130828fuji4 130828fuji3
富士山有料道路の終点標示・標高2.305m、広場に面して建つ雲上閣
夕食までの間に、近くを歩いてみました。
真ん中の広場を囲むように、お土産屋さん、山小屋が建っています。
カラフルで大きな建物は、山小屋のイメージを払拭します。
130828fuji9
五合目広場、赤い鳥居は小御嶽神社、参道はここから続きます
宿泊利用したのは、広場に面して建っている雲上閣。
主に1階がお土産物売り場、2階が食堂、3階が宿泊棟です。

観光客で、ごった返しているのかと思いましたが、想像したほど多くはありません。
8月も残りわずか、ピークは過ぎているようでした。
130828fuji12 130828fuji11
建物の中には郵便局があります
広場から通路を少し入ると、小御嶽神社。
130828fuji10 130828fuji7
世界文化遺産登録の看板、小御嶽神社本殿へ続く参道
境内に大きな銕製の斧があります。
これを動かすには、普通の大人で5,6人かかって、やっと動かすことができるほど重いものです。
確かどこかテレビの番組で、横綱白鵬が一人で抱えたというようなエピソードを聞いた記憶があります。
130828fuji5
境内にある大きな銕の斧
本殿に明日の登頂を祈願して、脇の階段から展望台へ上がります。
雲の間から少しだけ、裾が見えていますが、その上は白い雲で覆われています。
眼下の展望も雲の中。
130828fuji8
まずは本殿で安全祈願

130828fuji13 夕食は6時。
名物のほうとう鍋がついています。
山小屋の食事にしては満足のいくものでした。
きれいに食べました。
その後は、明日に備え荷物の整理をして寝るだけ。

就寝するまでにガイドさんが全員の血中酸素濃度を調べてくれました。
高度の高いところへ登ったときに、高山病の判断の参考にするのだそうです。
計測器を指にはめてしばらくすると数値が出てきます。

指先から血液を採るわけでもないのに、酸素濃度が分かるのは、どんなしくみになっているのか不思議です。
計ると92でした。
これは正常の範囲内で、高地だとこの数値が下がり、高山病への対応に生かすことができるのだそうです。

部屋は10畳大は裕にあるところに、6人分の布団が敷かれていました。
ぎゅうぎゅう詰めで、寝なくてはならないと、覚悟していましたから、ラッキーです。
ゆっくりと眠れます。

世界遺産に登録され、相当、混雑をすると聞いていました。
これなら大の字になっても、大丈夫。
午後8時には、布団に入っていました。
睡眠を十分にとることが、高山病対策の一つ。

明日は、午前5時の朝食、6時に山小屋出発です。
天候が下り坂のため、五合目から頂上をめざします。
2013.08.28 / Top↑