2月も今日で終わり。
あっという間に過ぎてしまいました。
振り返ると散々でした。

右膝痛に加え、ぎっくり腰を発症。
未だに完治せず、ジョグも延びませんでした。

今月、走ったのはわずか6日で89km。
目標の半分にも達していません。

来月になると暖かい日が多くなってきます。
バリバリと走れるようになるといいのですが…。
2014.02.28 / Top↑
昨日、一昨日は春霞がかかったような空でした。
中国からやってくるPM2.5の影響も大きかったようです。
今日は、一日中雨。
この雨で、PM2.5も洗い流されるといいのですが、問題はそう単純ではありません。

雨が上がると、まともにPM2.5が襲ってきます。
健康のために、ジョグやウォーキングを楽しんでいる人が多いのに、これでは安心できません。
思いきり空気が吸えなくなるのは深刻です。

子どもたちがやってくると、空気清浄機を使っています。
マスクをずっと着けるわけにもいかず、困ってしまいます。
2014.02.27 / Top↑
2週間のブランクは大きく、足はパンパン。
両足に加えて、臀部も痛く、この間のさぼりのツケがきてしまいました。
 
地域の公民館で安全委員会の会合の後、学園前の居酒屋で交流会。
公民館まで1km、公民館から学園前駅2km。
帰りも、学園前から歩いて帰ってきました。
5km強を歩き、いいリハになりました。

富雄から学園前の電車沿いの道には、満開に近い紅梅。
まだ見ることが少ないだけに、思わず見上げてしまいました。
きれいですね。
14226梅
見事な紅梅です
明日もジョグは無理のようです。
2014.02.26 / Top↑
気温が上がり春らしい天気。
その陽気に誘われて、ゆっくりジョグ。
ところが、鳥見通りの下りで、右足を引っかけて転倒。

手のひらに、小さな擦り傷をつくってしまいました。
ゆっくりだったため、大事にはなりませんでしたが、鈍くさいです。
つまずくのは、いつも右足。

大和郡山矢田寺線で折り返して2時間。
残り2kmの鳥見通りは、歩くような足取り。
疲れました。
足も腰も、これが限界。
明日はゆっくり身体を休ませます。
2014.02.25 / Top↑
穏やかな天気でした。
足腰の状態がイマイチのため、ジョグは止めて1時間余りウオーキング。
団地の突き当たりの階段を上り、矢田丘陵遊歩道を、南に歩いてみました。
14224a
遊歩道コース図(クリックすると拡大します)
大きな給水タンクを過ぎると、阪奈道路を跨ぐ陸橋。
陸橋を渡り、矢田丘陵遊歩道の木製ゲートをくぐると、よく整備された遊歩道が続いています。
両側には、ムノ峯の池。
100m毎に距離表示がされていて、とても親切。
緩やかなアップダウンを上り下りしてすすむと、展望広場に着きました。
手前には、眺めの良い木製のしっかりした展望橋もあります。
142241 142242
遊歩道入口ゲート、ムノ峯上池
142244 142246
距離表示、案内板が随所にあり、歩きやすい遊歩道です
142247 142248
整備された遊歩道、展望広場につながる展望橋
展望広場にはベンチが置かれていて、一息入れることができます。
ここまで入口から、わずか600mです。
1422414
展望橋からみる生駒の家並み。正面は生駒山
142249 1422410
展望広場、東生駒駅へとつながる急階段
そのまま、まっすぐすすんで東生駒駅へ向かう階段を下ります。
この階段は、かなり急。
痛めている腰と膝に堪えます。

下りきるとバス通り。
右へ下ると東生駒駅。
左に曲がって、前方東生駒1丁目の交差点を左折すると富雄方面。

富雄方面に向かい、県道を上り、生駒社会保険健康センターの前を通り越すと、遊歩道につながるとりつきに。
ここで階段を上り、再び遊歩道へと入りました。
1422412 1422413
県道から入る遊歩道、石標が随所にあります
急階段を上りきると、歩きやすい道へと変わり、やがて、東生駒駅に下る分岐点へと戻ってきます。
ここからは、もと来た道を戻り、帰ってきました。
距離にして5km弱。
短い時間でしたが、楽しめました。
足腰が痛くなければ、距離を延ばしたり、トレランの真似事でもできるのですが…。
2014.02.24 / Top↑
神戸ラブランから2週間。
まだ、腰の痛みは残るも、ジョグ再開。
腰、膝と相談しながらです。

身体がすっかりなまっています。
特に、お腹辺りはブヨブヨ。
みっともないです。

走り終わると、腰と膝の痛みはピーク。
痛みが変わらないようであれば、週2回ペースでジョグできれば。
当面は、2時間が無理なくジョグできるよう目指します。
2014.02.23 / Top↑
今夜は賑やかです。
MitukiちゃんとYukiくんが来てくれました。
Mitukiちゃんは、家の中を忙しそうに動き回り、休むことがありません。
すごいバイタリティーです。

Yukiくんは、寝返りができるようになりました。
人見知りをする時期なので、思い切り泣かれました。
もうすぐ8ヶ月ですが、体重は9kgを超えています。

2人のツーショットも撮りました。
14222b 14222c
笑顔の2人
14222a
MitukiちゃんはYukiくんをどう思っているのかな?
夕食は鍋。
たくさんの人数で囲む鍋は、いいものです。
2014.02.22 / Top↑
運動量が減って、増えるのは体重。
2週間近く走っていないので、無駄なぜいにくばかり増えています。
今は我慢の時。

歩けるところは歩いて、少しでも消費カロリーを上げなくては。
下り道で膝の前部に違和感。
響くような鈍い痛み、イヤな予感。
加齢とともに回復力も落ちてきています。
2014.02.21 / Top↑
腰の状態がイマイチのため、ジョグは止めてウオーキング。
普段、あまり歩かない駅から南のコース。

我が家〜富雄駅〜学園大和〜三碓〜添御縣坐神社 (そうのみあがたにいますじんじゃ)〜帝塚山南住宅〜黒谷公園〜帝塚山住宅〜我が家のコースで約2時間。

駅前から学園富雄通りを上り、学園大和、三碓へ下ります。
駅から遠くない距離ですが、田園地帯の広がる光景、西には生駒山が見えています。
こんな道を歩くのは、心が解き放された気持になります。

添御縣坐神社は、境内が広く、歴史を感じさせるお社です。
玉砂利が、きれいに掃き清められていて、足を踏み入れることに一瞬、躊躇しました。
本殿は国の重文、本殿前には小さな舞台がありました。
142201 142202
添御縣坐神社の石段参道と境内
農道を南に歩き、阪奈道路の下をくぐり、帝塚山南住宅の上り坂。
以前、住んでいたタウンハウスへも行ってみました。
30年の歳月が経って、記憶が薄れてしまっていますが、住んでいる人は、随分入れ替わっているようでした。

バス停前の診療所は、閉まったまま。
随分、お世話になったところだけに、空き家になった建物を見ると、寂しさがこみ上げてきます。
新しく喫茶店もできていました。
郵便局は新しくなったような感じがします。

幼稚園、小学校の前を通り、黒谷公園にも寄りました。
若木だった梅は、古木のような風格。
蕾は固く、開花までには、まだまだ。
遠くには、若草山もはっきり見えます。
142203
黒谷公園から奈良市街地方向(東方)を見る
廃校になった富雄高校は、今は奈良西養護学校。
林に覆われたところでしたが、回りは開発がすすんで、大規模で新しい住宅街となっています。
新しい住宅地から古い家並みが目立つ帝塚山住宅を抜けて、帰ってきました。

気分転換にはなりましたが、腰が悲鳴を上げています。
腰掛けると、腰がずっしりと重く、なかなか立ち上がれません。
これに膝の痛みが伴い、ズボンの履き替えに苦労しました。
2014.02.20 / Top↑
今年も、4月に開催される大阪府チャレンジ登山大会に申込みをしました。
今回も山岳マラソンの部ではなく、チャレンジ登山の部のエントリー。
開催日まで2ヶ月もなく、身体の状態からして、ランでは無理です。

全長35km、ダイトレの難コースを踏破できるかどうかは微妙。
これが完踏できないようだと、ダイトレの2倍、3倍もある萩往還、しまなみウルトラ完踏は望み薄です。
早く暖かくなって、腰も膝も痛みがとれることに望みを託します。
2014.02.19 / Top↑
腰の調子は、少し痛みがあるも大分良くなってきました。
それに比べ、右膝は回復の兆しが見えてきません。
それほど痛みを感じない日もあれば、痛みが強く出たり。
悪くはなっていないとは思うのですが、良くなっているふうでもなし。
寒いと、より痛みが強く感じられます。

曇天で冷たい風も吹き、散歩もせず。
青空でも広がってくれば、気分も変わるのですが…。
曇天では憂鬱になるだけ。

胃腸もすっきりせず。
負のスパイラル。
いけませんね。
痛みも消えて、胃もスカッとしてほしいものです。
2014.02.18 / Top↑
京阪奈プラザで映画「少年H」を見てきました。
昨年公開されたときに、見ようと思っていて見られなかった映画です。

太平洋戦争を背景に、平和の尊さ、人権、家族の絆などをテーマにしたもので、今回は精華町の人権シネマサロンに指定されていました。
原作は妹尾河童さん。
自伝的小説を映画化したものです。
映画を見ると、当時の国家権力の恐ろしさ、戦争の悲惨さがまざまざと迫り、心苦しくなります。

少年Hの父はミシンを扱う洋服仕立屋さん。
戦争でなにもかも失われ、残ったのは焼けただれたミシン。
動かすことは絶望的だったミシンが、困難な中にも部品を調達して、再び動き出すシーンは象徴的です。

大きな看板に少年Hが描いているのは、フェニックス。
少年Hも、独り立ちして、未来に向かい確かな一歩を踏み出していきます。
いい映画でした。
今日の夕刊には、「少年H」がDVD化され、販売開始される広告が載っていました。
2014.02.17 / Top↑
やっと青空。
雪はすっかり溶けました。
絶好のジョグ日和ですが、まだ走れません。
来週の前半にでも再開できたらいい方です。

冬季オリンピック、日本選手の活躍で、テレビ釘付け。
昨日は、19歳の羽生結弦選手がフィギイアスケートで金、今日は41歳の葛西紀明選手がラージヒルジャンプで銀。
感動で何度も何度も見てしまいます。
そのせいか、目が乾いて痛いです。
2014.02.16 / Top↑
140215a雪は止んだものの、気温はそれほど上がらず。
ジョグは無理なので、今日も1時間ほどぶらり歩き。
雪が溶けて、道はシャーベット状。
坂道は滑りそう。
膝を痛めていて、腰痛。
その上に、転んでまたまたケガでは、シャレにもならないので、気を付けて歩きました。

歩いていて、雪で作られたトトロを見つけました。
門扉をうまく利用して、作られています。
センスの良さと、そのできばえに、思わず感心してしまいました。

富雄川のカワセミくん。
このところ、まったく見かけなくなりました。
さびしいですね。
2014.02.15 / Top↑
朝から雪がしんしんと降っています。
奈良では、24年ぶりの大雪警報が発令。
雪は午後3時前まで降っていました。

1週間前の積雪は2cm。今日は14cm。
桁違いの大雪です。
驚きました。
140214a
北側ベランダから西方を見る
140214c 140214b
ベランダ手すりに積もった雪、住宅地内の公道
夕方、歯医者さんへ行きましたが、途中には、いくつも雪だるまが作られていました。
元気なのは、子どもたち。
明日朝、凍ると大変です。
2014.02.14 / Top↑
腰痛は、昨日より少しマシになってきました。
ずっと横になっていても、退屈です。
筋肉も弱まります。

コルセットを外して、近所をぶらり歩き。
道端にすいせんが咲いています。
ロウバイの花も、ところどころで見かけました。

広い敷地の一角に見上げるほどの大きな寒桜の木。
花びらが少し開きかけています。
門扉や雨戸は閉ざされていて、空き家のようです。
どこか桜がさびしそう。

古い家屋では、空き家が目立ちます。
建て替えられた家屋も目につきます。
洒落た造りの家、ロッジ風の家屋、強固な門構えの家もあれば、オープンスペースの家屋も。
それぞれに顔が違って面白いものです。

建て替え中の家もあり、半年もすれば、また、違った風景が見られます。
1時間ほどぶらり歩きをして帰ってきました。
2014.02.13 / Top↑
腰を痛めた翌日に、登校と下校時の立哨当番日。
腰にコルセットをきつめに巻いて出ました。

1時間、腰がもつかどうか、気にはなりましたが、なんとかもってくれました。
じっと静かに立っていると、腰がもちません。
無理なく身体を動かしていると楽です。
なんとか1時間の見守りと、町内の安全パトロールができました。

家では暖房を効かして、横になっていました。
横になっていると、テレビばかり見てしまいます。
ソチで行われている冬季オリンピック。
日本選手が活躍すると、うれしくなって、痛みを忘れます。
2014.02.12 / Top↑
架台下の剪定ゴミを片付けました。
45リットルのゴミ袋にして20袋。
これまでに分と合わせると60袋分になります。
140211a
きれいにはなりましたが…、腰が…
きれいにはなりました。
ところが、腰を痛めてしまいました。
ぎっくり腰です。

原因ははっきりしています。
ツタの根っこを引き抜くために、痛めている右足をかばい、力任せに不自然な姿勢でやったこと。
中腰の作業。
作業の途中で、腰の痛みに気付いていました。
そろそろ作業の終わりが見えていたこともあり、頑張ってしまいました。
それが悪かったのです。

コルセットを腰に巻いて、寝ています。
腰痛がひどいと、仰向けに寝ることができません。
右膝に続いて腰も痛めてしまい、散々です。

2014.02.11 / Top↑
この冬は、大好きなみかんをあまり買いませんでした。
値段が高くなったためです。
2月に入って、柑橘類は伊予柑や八朔、三宝柑などが主役になり、みかんは隅の方に。

みかんを食べる人が減っているそうです。
家庭では、エアコンやファンヒーターが普及し、ホームコタツの減少が影響大とのこと。
確かに、みかんと言えばホームコタツで食べるシーンが思い浮かびます。

食べやすさはみかんが一番。
味もおいしく、いくつ食べても飽きません。
値段が安ければ、もっと需要は増えるはずです。

売れなければ、商品はだぶついて安くなると思うのですが、みかんに関しては当てはまりません。
大好きなみかんが、ますます遠い存在になってしまいます。
2014.02.10 / Top↑
神戸ポートアイランド特設コースで行われた、神戸バレンタイン・ラブランを走ってきました。
今年で28回を数えるこの大会、2000年にハーフを走って以来の参加です。
大会は、ユニセフカップの冠が付けられ、戦争、災害、貧困に苦しむ子どもたちを支援することがテーマになっています。
種目はハーフ、駅伝、ペア5km、10km、ファミリー3kmと多彩。
グループ、家族で楽しめる大会となっています。

1402kobe17
駅伝のスタート風景(4区間、467組)壮観です

昨日は雪。
その雪は止んで、晴れ間が見えています。
平地に雪はないものの、六甲の山は白く雪化粧、
冷たい風があるものの、まずまずのコンディションです。

8時半過ぎに、メイン会場最寄り駅の市民広場駅に着きましたが、駅構内から参加者でいっぱい。
受付会場の神戸国際展示場は、長蛇の列。

1402kobe1
 1402kobe2
受付会場の神戸国際展示場、1階で受付と更衣場、2階は手荷物預かり場となっています

今回もハーフに参加。
荷物を預けて、招集場所の市民広場へ。
全体の参加者は1万人を超えています。
ハーフは男子2.445人、女子881人のエントリー。
整列はゼッケン番号順ですが、女子は前。中程より後ろの方のポジションでした。

1402kobe100
 
コース図

スタートは10時30分。
ポートアイランド特設コースは、ほぼフラットなコースですが、前半の9km〜10kmと終盤の20km〜21kmは遊歩道のアップダウンがあり、ここは踏ん張りどころです。

1402kobe3
 1402kobe4
ハーフスタート前、コースは遊歩道を除くとほぼフラット

スタート前に、スタート地点で、神戸学院大学チアリーダー部による応援スタンツがありました。
声は聞こえましたが、姿はまったく見えませんでした。
距離表示は1km毎、給水はコース上に3カ所設置。

1402kobe5
 1402kobe9
分かりやすい表示、給水はゼネラルウオーター

遊歩道と南公園の周回部分を除くと、フラットな直線コースです。
六甲山や神戸の町並み、港の美しい眺めを見ながらの走りは、開放的な気分にさせてくれます。

1402kobe7
ポーアイしおさい公園の給水所

1402kobe8 1402kobe11
しおさい公園を走るハーフのランナー

1402kobe10
港町神戸ならではの景色です

肝心の走りの方は、17kmからスタミナ切れでバテバテでした。
長い距離をこなしていない反動が身体に堪えました。
フルマラソンを走ったくらいの疲労感。
フィニッシュタイムは、2時間08分05秒(ネット)。
14年前の記録よりも、30分以上も遅いタイムでした。

1402kobe18 1402kobe15
最後の遊歩道のアップダウンをクリアしてゴールへ向かいます

1402kobe14 1402kobe12
目の前にはフィニッシュアーチ、ゴール後にペットボトル(水)をもらいます

1402kobe13
フィニッシュは市民広場

体調が影響してか、帰りの電車の中で気分が悪くなり、途中下車。
降りた途端に、嘔吐してしまいました。
初めての経験でした。
2014.02.09 / Top↑
昨夜から降り出した雪で、今朝起きると一面真っ白。
冷え込みも厳しく、外へ出るのは逡巡してしまいます。
今冬一番の雪です。
奈良の積雪は2cm。
雪は昼前には止み、雨交じりの空に変わりました。

立春を過ぎてから、ずっと寒く、まだしばらく続きそう。
明日の神戸は、時間内完走を目標にします。
040108a 040108b
今朝の雪景色(左・北方向、右・南側玄関)
2014.02.08 / Top↑
昨日以上に寒い日。
日中でも、ガスストーブとコタツをつけっ放し。
膝も痛く、寒さもありジョグは休みました。
中5日空けて、日曜日の神戸ラブランに臨みます。
膝は大丈夫か気になりますが…。

夕方、歯医者さんで右奥歯の痛みを診てもらいました。
歯のぐらつきが原因で、痛みが出ていました。
しばらくは、1週間毎に通わなくてはならなく、なってしまいました。
医者通いの日々。
つくづく社会保険のありがたさを痛感します。
2014.02.07 / Top↑
整骨院の帰りに、半年分の山歩き教室の受講料を振り込み。
ところが、郵便局のATM機が、振込用紙を拒否。
画面に従って用紙を入れても、「これはお取り扱いできません」とメッセージが出て、用紙をはき出します。

何度やってもダメ。
今まで何度もやっていることなのに…。
後ろには、次の人が待っていて、慌ててしまいます。
後ろの人、多分「何やってんの?」と、思っていたに違いありません。

局員さんに状況を話して、指示を受けました。
「(画面を無視して)最初に、用紙を入れてみて下さい」。
すると、次の手順が示され、画面の指示通りにやっていくと、振込むことができました。

局員さんによると、時々、こんなことがあるのだそうです。
気まぐれなATM機です。
機械に叱りつけるわけにもいかず、こんなときにはストレスが溜まります。

気温上がらず、小雪が舞う寒い一日でした。
寒いと膝の調子もよくありません。
2014.02.06 / Top↑
山の教室で、奈良県と三重県境にある三峰山へ登ってきました。

冬場は霧氷の山として、よく知られています。
この山は昨年の春、新緑とシロヤシオを見たくて登りました。
今回は、それに次いで二度目。

行程は
橿原神宮前駅〜(バス)〜みつえ青少年旅行村(標高577m)9:40ー10:05林道登山口分岐10:10ー不動滝(703m)10:15ー11:20避難小屋(1089m・昼食)11:50ー三畝峠(1182m)ー12:20三峰山頂上(1235m)12:30ー八丁平12:40ー三畝峠ー13:40休憩小屋(743m)14:00ー14:25登り尾・不動滝コース分岐ー14:35みつえ青少年旅行村〜(バス)〜橿原神宮前駅  約7.7km

みつえ青少年旅行村で下車。
まわりに雪はまったくありません。
少し下り、登山口の看板がかかる三叉路を右に折れ、舗装された緩やかな道を上ります。

1415miune2
 1415miune3
少し下って橋を渡り登山道へ

 やがて、登り尾コースとの分岐点。
木橋を渡って登ると登り尾コースですが、そのまま不動川に沿って直進し、不動滝のコースをとります。
右手に小さな小屋が見えてくると、不動滝への入口が近くなってきます。

1415miune4 1415miune5
登り尾コースとの分岐点を過ぎてすすむと、小屋が見えてきます

不動滝入口で舗装道と別れを告げ、樹林帯に延びる山道へと入っていきます。

1415miune6
不動滝コース入口、小休憩して服装調整
 
しばらくすすむと、小さな鳥居が2つ見えてきます。

1415miune8
鳥居を2つくぐります

ここを過ぎると、目の前に立派な不動滝。
厳冬時だと、白く凍ることもあるのだそうです。

1415miune9
見応えのある滝です

滝の前の朱色の小橋を渡り、滝を左に見て登っていきます。
植林の中に続く山道は、つづら折れとなり、急登となってきます。

1415miune10
 1415miune11
橋を渡ると急登に

1415miune12
つづら折れの登り

1415miune13
植林帯の中を登っていきます

登るに連れて、白いものが目立ってくるようになります。
雪が舞ってきました。
標高が増すごとに、白さが濃くなってきます。

1415miune14
 1415miune15
足元には白い雪が

稜線が近くなると、風も強く地面は真っ白に変化。
木造の避難小屋が見えてきました。
 しっかりと造られた避難小屋です。

1415miune17
 1415miune18
稜線をすすむと避難小屋

ここで、昼食。
他の登山者にも合いました。

1415miune19
 1415miune20
避難小屋前にある大木、食事を済ませて山頂をめざします

足元が凍っています。
アイゼンを付けました。

1415miune21
尾根道をすすみます

1415miune22
枝には霧氷

樹木が白くなっています。
霧氷がきれい。

1415miune23
 1415miune25
きれいな雪景色

霧氷の林を抜けると、1.235mの山頂に到着。
北側の曽爾の山々には雲がかかり、視界はイマイチ。
でも、霧氷の世界は幻想的。

1415miune26
山頂から北の展望1

1415miune27
山頂から北の展望2

1415miune29
1235mの山頂

山頂から南へ下ると、八丁平。
なだらかな平原状の鞍部です。
眼下に広がる展望のよいところですが、見ることができません。

1415miune30
 1415miune32
南斜面を下ると、八丁平です

1415miune33
八丁平の霧氷

まわりは墨絵のような世界。
しばし魅入ってしまいます。

1415miune34
八丁平の景色1

1415miune35
八丁平の景色2

八丁平から三畝峠を経て、登り尾コースを下ります。
三畝峠までの途中に、高見山の展望地がありますが、今日はダメ。

1415miune36
 1415miune37
八丁平から三畝峠を経て登り尾コースへ

登山道脇にはお地蔵さま。
静かに、安全を見守り下さっています。
木の根っこが剥き出しになった道。
アイゼンをひっかけないよう注意して下ります。

1415miune38 1415miune39
路傍のお地蔵さま、木の根が張りだしている道

1415miune40
小雪がちらつく下山道

樹林帯が切れると、正面に小さな小屋。
小屋の横を通り過ぎる頃には、一時的に空が晴れてきました。
曽爾の山々や村が、視界に入ってきます。

1415miune41
 1415miune42
樹林帯が開けると小さな小屋が見えてきます

1415miune45
小屋付近から見る景色

階段を下ると、NTTのアンテナ。左には、休憩小屋。
トイレもあり、小休憩をして下ります。

1415miune46
NTTのアンテナと休憩小屋

1415miune47 1415miune48
階段を振り返って見ました。休憩小屋

再び、山道に入って下ると、木橋です。
小さな木橋を渡り、不動川を左に見て、往路と同じ林道を戻ると、青少年旅行村です。

1415miune49
木橋を渡り、左折して旅行村へと戻ります

 下りの林道は、白く薄化粧をしていました。

1415miune50
 1415miune51
帰路の林道(大タイ林道)、旅行村アーチの奥に見える三峰山
2014.02.05 / Top↑
昨日と打って変わって、さむ〜い一日。
風も強く、暦とは真逆の天気でした。
こんな日は、家に閉じこもり。
身体を休めて、明日の山行きに備えます。

明日も寒そうです。
雪はどうだろう。
暖かい日が続いていましたから、積雪や樹氷は無理かも。
さて、明日はどんな景色が見られるかな?
2014.02.04 / Top↑
整骨院へ通い、その足で電器ショップに立ち寄り、パソコンソフト購入。
ガソリンも満タン給油。
円安の影響もあって、ガソリンの値段は高いまま。
1リットルで151円、満タンにすると5千円札が出て行ってしまいます。

帰ってからジョグに出ましたが、強い疲労感。
身体、足が動きません。
km7分ペースです。
13kmなのに、先週走った湘南藤沢マラソンよりもダメージ大。
気温も高く、汗もかなりかきました。
中一日はやっぱりきついです。
2014.02.03 / Top↑
穏やかで春のような陽気。
明日は、剪定ゴミの回収日。
作業でたくさん溜まっていた剪定ゴミを出して、気持ちもすっきり。
身体を動かせていると、背中に汗がじっとりと滲んできます。

絶好のジョグ日和でしたが、足を休ませました。
身体は走りたい気持ちがあっても、足がダメ。
連日で走るのは、まだまだ日がかかりそうです。

今度の水曜日は、山登り。
この暖かさのせいで、山の雪は溶けてしまっているかも。
この時期は、雪景色が魅力なのに…。
2014.02.02 / Top↑
ネットで注文していたストレッチポールが届きました。
直径は15cm、長さは1m足らずのもので、この上に寝転んでエクササイズします。

1週間前、朝日新聞に体験談が載っていました。
ボールの上に寝て、簡単なエクササイズをするだけなのが気に入りました。
身体のバランスの崩れ、腰痛、肩凝りなどが改善されます。

早速、ポールの上に野転んでみました。
横にユラユラと揺らしていると、ゆりかごに乗っているみたいで気持ちいいです。
ずぼらな自分には合っています。
2014.02.01 / Top↑