久しぶりに奈良公園をぶらり歩いてみました。
歩いた道順は、
近鉄奈良駅〜(登大路通り)〜氷室神社〜東大寺大仏殿〜二月堂〜手向山八幡宮〜若草山〜春日大社〜飛火野〜浮御堂〜猿沢池〜近鉄奈良駅
奈良観光のモデルのようなコースです。

何度も歩いているところですが、季節によって違い、新鮮な気持ちにさせられます。
今回は桜がメイン。

氷室神社は、こぶしの花と枝垂れ桜が満開。
樹齢百年を超す枝垂れ桜は、圧巻です。
143narab 143narac
鳥居から境内を見る、右は四脚門から鳥居の方向を撮ったところです
143narad
これだけ見事だと見飽きません
東大寺へ行く途中に夢風ひろばへ立ち寄り。
飲食店やお土産屋さんが並んでいます。
モンベルのお店もあって、少しだけ店内をうろうろ。
駐車場のフェンスの外には、スイセンの花。
黒い板壁の前には、真っ赤なボケの花が印象的。
143nara6 143nara5
色鮮やかです
東大寺まで来ると、観光客がドッと多くなります。
大仏さんの人気はすごい。
半袖姿の外人さんが目立っています。
歩いていると、汗ばむほど。

南大門の二つの仁王像を見上げて、東回廊の右手から二月堂へ。
この道は大好きな道。
143nara7
大仏殿と二月堂をつなぐ道(建物は大仏殿)
143nara8 143nara20
モミジが芽吹いていました(正面奥に二月堂)。右は木蓮の花と二月堂
石段を上って、二月堂の上から見る眼下の景色もいいです。
市街地の後方には生駒山。
いいスポットなのに、人が少なくじっくりと景色を眺めていられます。
143nara10
二月堂から北西方向を見る
二月堂から手向山八幡宮の境内を抜けて、整備され過ぎた感のある若草山へ。
この若草山の南に、県が斜面用小型モノレールの建設計画を打ち出しています。
無い方がいいです。景観台無し、世界遺産なのですから。
そんな若草山をバックに、鹿さん、のんびりリラックスモード。
143nara11 143nara12
鹿さん、ゆっくり昼寝?、右は春日大社の垂れ桜
春日大社の枝垂れ桜を眺めて、飛火野を通り、浮御堂に。
途中の梅園では、まだ紅梅が咲いていました。
大仏殿のあたりは、ソメイヨシノは、八分咲きというところでしたが、ここはほぼ満開。
143nara13
ソメイヨシノと鷺池の浮御堂
143nara14 
鷺池の風景
鷺池のほとりを歩いて行くと、光があたり輝くようなこぶしの花。
その下では、鹿さんがのんびり歩き。
でも、頭上の花には、まったく関心がないようです。
143nara21 
輝くようなこぶしの花、鹿さん、こぶしの花をバックにハイポーズ
人気スポットの猿沢池周辺も、平日とあって人は少なめ。
駅近くの喫茶店で、お茶して帰ってきました。
2時間半余りの歩きでしたが、やっぱり膝と腰にきています。
2014.03.31 / Top↑
桜が開いてきたと言うのに、荒れ模様の天気。
雨は、午後3時頃には、一旦止みましたが、その後も、雨がぱらつき、強い風も。

ジョグは、いつもの川沿いコースを約1時間半弱。
往路は追い風、復路は向かい風。
暖かい風です。
曇り空でしたが、桜がひときわ映えて見えました。
もう2,3日すると、満開です。

今度の水曜日は山行き。
満開の桜が堪能できそうで楽しみ。
今日のように荒天でないことを願います。
2014.03.30 / Top↑
膝の痛み相変わらず。
首の痛みもなかなかとれず、ジョグはお休み。
休んでばかりです。

残念ですが、毎年参加している「みかた残酷マラソン」は、今年はエントリー見送り。
アップダウンの連続では、膝が悲鳴を上げ、つぶれるのは目に見えています。

六甲山縦走の大会案内も来ていますが、これもパス。
膝さえ調子良ければ、即、申込みなのですが…。

当分はハーフの距離まで。
アップダウンがきつくなく、時間制限もゆるやかな大会を選んで、ゆっくり走ることにします。
2014.03.29 / Top↑
気温が20度を超え、ぽかぽか陽気。
この暖かさで、桜がいっぺんに開き出しました。
来週中頃には満開になりそうです。

身体は一日、休養。
Mitukiちゃんと近くの公園で遊びました。
大好きなうさぎとプーさんのぬいぐるみも一緒。
三輪車にぬいぐるみを乗せて、Mitukiちゃんは歩いて。

公園ではすべり台とシーソーがお気に入り。
うさぎとプーさんをシーソーに乗せて、何度も揺らしては大喜び。
公園で遊んでいると、時間を忘れてしまいます。

写真は庭の椿です。
ピンクの椿は、お隣さんからいただいたもの。
毎年、たくさん花をつけて楽しませてくれます。
14328a 14328b


2014.03.28 / Top↑
今朝方、我慢できないような首の痛さで目が覚め、脳神経外科のお医者さんに診てもらいました。
木曜日は休診のところが多く、ネットで調べて、あやめ池で開院しているお医者さんを見つけ行きました。
脳神経外科、脳血管障害が専門の先生です。

症状を話すと、「頭部の検査をした方がいいですね」
すぐに、MRIの検査になりました。
検査機器は、カプセルの中に入るものではなく、頭部のところだけにかぶせるオープン型のもので、音も比較的静か。
耳にヘッドフォンをつけなくても、気になりませんでした。
検査時間は20分ほど。

診察室のパソコンとMRIが繋がっていて、検査が終わればすぐに映像を映し、状態を説明してもらえます。
医療機器の進歩はすごいです。

自分の頭の中を見るのは初めて。
頭の中を裸にされているみたい。
脳や血管の状態が、目の前のディスプレーに、はっきりと映し出されます。
先生から、画像をもとに、丁寧に説明を受けました。

頸部の血管に異状は無し(裂けることもあるのだそうです)。
脳の血管も、くも膜下出血につながるような瘤も無く、心配する所見はありませんでした。
「今、もらっている薬を飲んで様子を見て下さい」。
安心しました。
首の痛みはとれるまで我慢します。
2014.03.27 / Top↑
一日中雨。
このところ水曜日、木曜日あたりで雨です。
週間天気予報でも、来週水曜日は好天は期待できません。

風邪薬を飲んで、今日で3日目。
症状、一向に改善されず、むしろ首の張り、痛みは増しているよう。
気分が落ち込んでいます。

昼過ぎから、用事のため元職場へ出かけましたが、電車やバスの中では、首やこめかみを指圧していました。
様子をみて、もう一度、お医者さんのところへ行きます。
2014.03.26 / Top↑
昨夜は頭痛のため、何度も目が覚め、熟睡できず。
首の痛みもひどく、朝イチで近くの内科を受診しました。

熱はなし。
喉が少し赤くなっていて風邪の診断。
三種類の薬を処方してもらいました。

こんなときは、おとなしくしているしかありません。
夕方になっても、すっきりせず。
今夜も、早めに就寝することにします。
2014.03.25 / Top↑
右腕、右肩の痛みが首にまで移り、頭を動かす度に、痛みがはしります。
しかも、頭痛も出現。
右膝、腰、右腕、首、頭とまるで痛みのオンパレード。
体調最低。

整形でヒアルロン酸の注射を打ったので風呂には入れず。
今夜はおとなしく早めに寝ます。
2014.03.24 / Top↑
3日間、美味しいものをたくさん食べて、体重が64kmを超えてしまいました。
春の陽気の下では、食欲もアップ。
セイブするのが大変。

庭の梅の花はそろそろ終わり。
代わりにさくらんぼの花が満開。
すいせん、椿も花盛り。
クレマチスが芽を出してきました。
14323c 14323b
すいせんとクレマチス
庭が華やか。
片隅で暖かい日差しを受けて、ひなたぼっこをしているのは、幸せな気分です。

午後になって、ゆっくりジョグ。
km7分ペースで。
ウインドブレーカーに汗が染みこんで、白いスジができていました。
2014.03.23 / Top↑
昨夜はあまり眠れませんでした。
ハーフを走って、身体は疲れているはずなのに、妙に気持ちが高ぶっていました。
松本城や宿の料理に感激したせいなのか、よく分かりません。

夜明け前の薄暗いうちに温泉に入りました。
お風呂から上がって、9階の部屋から外を眺めると、富士山が見えています。
富士山が見えると、随分得したみたいで、幸せな気分になります。
148matumoto62 148matumoto64
南東の方向に富士の姿(早朝)、右の写真は昨夕、部屋から見た景色(南側)
朝食会場は、2階のレストラン。
目の前は諏訪湖、その後方に北アルプスの山並みが輝いています。
良い眺めです。
143221 
2階レストラン(芙蓉)から見る諏訪湖と北アルプスの眺め、電線が邪魔です
和洋食のバイキングを、一通り食べてお腹はパンパン、食材は軽く30種以上。
昨夜の夕食、今朝の食事とも、おいしくいただきました。
食べ過ぎです。

ホテルをチェックアウトして、諏訪大社(下社・秋宮)にお詣りしました。
諏訪大社は、風、水の守護神で五穀豊穣を祈る神さま。
手水舎の龍の口から出ているのは、熱い温泉でした。
お湯で手を清めてお詣りします。
143222 143228
手水は温泉、右手にはしめ縄のかかったさざれ石
珍しいさざれ石がありました。
最初に目に付いたのが、大きな杉の大木。
「根入りの杉」と呼ばれ、樹齢800年の御神木です。
正面は切妻造りの神楽殿、拝殿はその後ろ。
143223  143229 
根入りの杉と神楽殿
143224
神楽殿の横から拝殿を撮影
神楽殿も拝殿も堂々としています。
拝殿の両脇に御柱が立っていました。
143226 
御柱
直径1m、長さ17m、重さ10トン、
7年に一度開催の御柱祭のものです。
次回は平成28年となっていました。
143227
神楽殿、拝殿、御柱
家内安全をお祈りして、伊那路をひたすら南下。
峠越えでは、道路脇に雪が残り、道路も濡れ、ノーマルタイヤでは恐いところもありました。
車窓から木曽の山や南アルプスも見え、景色を楽しみながらのドライブ。
1432210
車窓からの眺め、木曽の山々
国道153号線(三州街道)の阿智村の峠で、信州そばの看板を見て、ここでお昼。
そば処すえひろあん。
遠くに雪の山。
1432212 1432211
信州そばの店、お店の前からアルプスの山 
横の水車はそば打ち用?。
打ち立ての自家製そばの2人前盛りをいただきました。
もう一度食べたくなるおいしいそばでした。

1432240 1432213
粉ひき用の水車、左横は粉ひき場、盛りそば(2人前)
稲武町の道の駅「どんぐりの里」では、「いなぶひな祭り」が行われていました。
どれも手作りのもので、楽しめました。
1432217 1432218
地元の人たちが作った作品です  
1432216
手作りのひな人形がずらり
1432215 1432141
きめ細かく作られています
ここでも五平餅をいただき。
この味、絶妙。
こくのある味噌の甘い香りが癖になりそう。
満足、満足。

グルメに堪能し、豊田松平ICで高速道に入り、我が家へ帰ってきたのは午後7時でした。
この3日間、存分に楽しみました。
2014.03.22 / Top↑
 雨はあがったものの、粉雪が舞う寒〜い天気。
ホテルで朝食を済ませて、ランニングフェスティバルの会場へ。
メイン会場は、信州スカイパーク内の陸上競技場。
このスカイパークの敷地は、東京ドーム30個分の広さ。
隣接する松本空港からヘリが飛び立っているのが見えました。

四方を山で囲まれた松本は、北アルプスの玄関口。
そのアルプスは、雪雲が覆い被さり、頂を望むことはできません。
東の方角に、雲の切れ間から、雪を被り白く輝く王ヶ頭がきれいです。

148matumoto1
信州スカイパークから見る王ヶ頭

大会開催は今回で3回目、参加者は2.400名を超えています。
種目は2kmファミリー、2km小学生以上、10km小学生以上、ハーフ高校生以上の4つ。
バラエティに富んでおり、家族からシリアスランナーまで楽しめる構成になっています。

14321aa

陸上競技場を発着点として、スカイパーク内のサイクリング、遊歩道を走ります。
1周10kmのコースで、ハーフは2周します。
1km毎の距離表示、給水ポイントはコース上3カ所に設置。
北アルプスをバックに走るのは、気持ちのいいものです。

 14321a 14321b
競技場風景、右は2km小学生以上のスタート直後のショット

若干起伏はありますが、それほどの高低差はありません。
長袖Tシャツ、ランニングタイツ、手袋を着用して、寒さ対策をして臨みました。
レースというより、21kmのロングジョグのつもりで。
膝が治るまでは完走が目標。

14321ee
晴れ間が見えるも、小雪の舞うコンディション

14321bb
ハーフ・フィニッシュ

レース途中で、雪の洗礼もありました。
タイムは、グロスで2時間11分07秒。
完走できただけで万々歳。
走れることは幸せなことです。

14321f
 14321e
おにぎりと豚汁の引き渡し所

参加賞は、ランニングソックス、スポーツドリンク、おにぎり、バナナ、ヨーグルト。
豚汁もありましたが、会場をうろうろしていて、後になってしまい、無くなった後。
遅くフィニッシュしたランナーには、当たらないのは要改善です。

県外参加者には、歴史・文化・芸術各施設の無料招待券のサービス。
それを利用して、アフターランは松本城と旧開智学校に行きました。

148matumoto2
 148matumoto4
松本城、城内入り口

148matumoto5 148matumoto65
黒門、門のところには生け花が飾られていました

148matumoto18
お堀の後方には美ヶ原の山

松本城には、過去2回行っています。
今回、初めて天守閣に上がりました。
堀の外から見ても、中に入ってみても、なかなかに魅了されるお城です。
さすが、国宝。
堀からみるお城は、見る方角で姿が変わります。

148matumoto6
 148matumoto16
角度が変わると見え方も変化

148matumoto19 148matumoto20
堂々とした佇まい

天守閣は姿が美しいだけではなく、柱、梁にも驚きます。
階段が急で、痛めている膝が泣いていました。
ここで足を踏み外したら、大変。

148matumoto11
 148matumoto12
天守閣内部

148matumoto13 148matumoto14
天守閣から本丸御殿跡を見る

148matumoto15
太い柱が何本も使われています

148matumoto9
天守閣から西方向の眺め

148matumoto61 
南方向(中央アルプスは雲の中)

 148matumoto8
北方向の眺め’正面に旧開智学校が見えます

旧開智学校も見応えがありました。
お城もたくさんの観光客でしたが、ここも多く人気スポットになっているようでした。
明治天皇が休憩した部屋もあり、この学校の格式の高さがうかがえます。

148matumoto21
 148matumoto22
旧開智学校入り口

明治9年に建てられたもので、工事費は1万1千円、当時の大工の日当が20銭、県知事の月給が20円の時代。
工事費の7割は松本町民の寄付によるものだそうです。
幅が1.5mはある鬼瓦や、風見の東西南北の重厚な造り文字、精緻な彫り物には圧倒されました。

148matumoto23
 148matumoto60
正面から眺め、ドアに施された飛び龍

148matumoto24 
造り物も凝っています

148matumoto25 148matumoto26
建物内部

今夜の宿泊は上諏訪温泉「RAKO華乃井ホテル」。
大きなホテルで、今夜は全室満室。
夕食は和会席料理。

148matumoto28
会席料理、品数13品、右のサラダはバイキング

148matumoto29 148matumoto30
造り(旬魚の盛り合わせ)、替鉢(信州ポークのしゃぶしゃぶ)

148matumoto31 148matumoto32
煮物(若草道明寺饅頭)、焼肴(蛤、いとよりのバター焼き)

148matumoto34 148matumoto36
ご飯は信州産こしひかり、釜焚き、季節のデザートはバイキング

上の写真以外にも、公魚の揚げたて天ぷらもありました。
料理ひとつ一つに手が込み、工夫が凝らされていました。
グッドタイミングで、料理を運んできてくれたきれいなウェイトレスさん。
間をもてあますこともなく、すっかり堪能しました。
2014.03.21 / Top↑
早朝4時20分、出発。
雨が降っています。
西名阪から入り、中津川ICで下りて、国道19号線を塩尻へ。
途中、恵那SAで朝食にきしめん。

子どもが小さかったとき、信州行きはひたすら国道利用でした。
今は、楽な高速道路を使うのが常。

中津川から馬籠宿へ向かいました。
8時過ぎに着きました。
馬籠上入口で車を置き、下入口に下り、折り返して上入口へ戻りました。
143kiso15 143kiso14
馬籠上入口(左写真・下っていくと下入口です)、上入口からの上りの道もあります
143kiso1 143kiso2
藤村記念館と馬籠茶屋(蓑が風情を感じさせます)
この時間帯では、観光客はほとんど見かけません。
お土産屋さんも、観光案内所も閉まったまま。
お陰で、しずかな馬籠のふらり歩きを楽しめました。
143kiso9
ひっそりとした馬籠宿
143kiso3 143kiso10
軒下には猫がま〜るくなっていました
143kiso11 143kiso13
藤村の墓、本陣資料館
143kiso12
藤村の墓付近から恵那山の方向を撮影
143kiso4 143kiso5   
馬籠下入口付近
20年ほど前に来たときの印象は、きれいに整備されすぎた感がありました。
長い歳月を経て、しっとりとしたイメージに変わっています。
143kiso6
馬籠宿水力発電1号機の水車
143kiso7
水車小屋付近から見る景色
馬籠の次は妻籠宿。
お決まりのコースです。
143kiso16 143kiso17
古いアーチ型の橋を左に見て、妻籠宿に入ります。アーチ橋は歩行禁止
ここでも歩いているのは、地元の人と自分たちだけ。
ゆっくり見て歩くことができました。
143kiso18
静かな妻籠宿
143kiso19 143kiso20
「桝形の跡」付近
馬籠宿のような坂はありません、
渋さが漂う家並みが続いています。
143kiso21
こんな雰囲気、好きです
143kiso22 143kiso23
籠宿御本陣、軒下に吊されているのは藁で包んだ柿
143kiso24 143kiso25
右の写真は木曽名所の一つ鯉石
143kiso27
妻籠宿を別方角から眺める
奈良井宿へ近づくと、残雪が目立ってきました。
道の駅は、かなりの雪が残っていて、閉まったまま。
太鼓橋は通行止め。
143kiso33 143kiso29
奈良井宿、雪が残る太鼓橋、右は鍵手の文字が見える石標
奈良井宿まで来ると、人影がちらほら。
気温は2〜3℃。
グッと冷え込んでいます。
お土産屋さんも、ほんの少しの店が開いていました。
143kiso30
奈良井宿の家並み
143kiso31 143kiso32
軒下には、こんなものも
143kiso39  143kiso36
店頭にカラフルな傘のお土産屋さん、奈良井宿は湧き水が豊富です
143kiso34
冷たい雨の中を歩いています、奈良井宿は連続テレビ小説「おひさまの撮影地」
143kiso41 143kiso38  
時代劇に出てきそうな風景、駐車場にはSLが展示されていました
三者三様の特色のある宿場でした。
一日中、雨だったため、早めにホテルにチェックイン。
明日は「春の松本ランニングフェスティバル」。
ホテルから会場まで、車で10分余りです。
2014.03.20 / Top↑
午前中は、地元小学校の卒業式に出席。
ネクタイを締めてスーツを着るのは久しぶり。
年に2,3回ほどしかありません。

3人の子どもたちも、同じ小学校を卒業していますが、出席はなし。
今思うと、仕事優先し過ぎだったと反省の気持ちも沸きます。

自分の記憶の中には、卒業式のことがまったく浮かんできません。
すっかり忘れています。
多分、目の前の子どもたちのように、緊張しながらも夢膨らませていたんだと思います。

お昼ご飯を済ませて、ウォーキング。
帝塚山の住宅地から矢田山系の遊歩道に入り、尾根歩きをしてきました。
住宅地の大きな給水塔の横から入ったのですが、ここから入る人は少なく、倒木で荒れた道。
しばらく行くと、帝塚山大学の学生さんが作った道標が木に吊してありました。
この案内に沿ってすすむと、歩きやすい尾根道に合流。
14319a 14319b
倒木の下をくぐり抜けてすすむと、手作りの道標
14319c 14319e
雑木の中を歩いていくと、尾根道へと出ます。この道は生駒フィールドミュージアム
南北に延びる生駒フィールドミュージアムです。
途中、トレラン練習中のランナーさんが走り抜けて行きました。
コナラの木には巣箱が取り付けられています。
野鳥観察中・環境生態学研究室と書かれていました。
14319d 14319f
トレランにはいい道、野鳥観察中
雑木林の中の遊歩道、適度のアップダウンがあり、トレーニングにはいいコースです。
足を痛めていなければ、ゆっくりでも走り出したいくらいです。
14319g 14319h
休憩用のベンチ、足にやさしい道
14319k
遠出の山歩きのような思いにさせられます
雑木林あり、竹林の道あり、なかなかにいいコースです。
14319l 14319n
光の降り注ぐ開放的な道、竹林の道も
14319m
コース途中で見た西側の風景(正面・生駒山)
14319t
こちらは東側(奈良市街地方面)
国道308号線と交わる榁木峠まで行き、ここで引き返すことにしました。
榁木峠には、石仏や弘法大師堂もあります。
14319o 14319p
榁木峠の仏さま
14319q 14319s
国道308号線と交差する榁木峠、石に刻まれているのは榁木山弘法大師堂の文字
この先は、矢田寺や松尾寺へと続きます。
反対側へ1kmほど下ると「子どもの森」です
今度は、お弁当でも持って、もっと南まで歩いてみようと思います。
14319w
矢田寺、松尾寺へと続く遊歩道、右の広い道は国道308号線、下っていくと南生駒です
帰りは、帝塚山の住宅地は通らず、生駒フィールドミュージアムから富雄団地に下りました。
14319u 14319v
フィールドミュージアムの道は一度、帝塚山大学正門の西に下り、県道を横切って再び山へと入ります
2時間15分のウォーキングでした。
まだ、足、腰とも痛みます。
我が家からは至近距離、トレーニング、リハ、リフレッシュにもっと活用したいコースです。
2014.03.19 / Top↑
雨が降ったり止んだり、おかしな天気でした。
家の中より、外の方が暖かいくらいでしたが、家に閉じこもり。
お昼前にやってきたMitukiちゃんと遊んでいました。

だんだん賢くなって驚きます。
遊びの中でやっている仕草は、普段大人がやっている行動そのもの。
大人より、子どもの方がよく観察しているくらいです。

起きている間は、四六時中、動き回っていて、目が離せません。
ずっと付き合っていると、こちらの方が疲れます。
2014.03.18 / Top↑
気にしていた半月板は大丈夫でした。
MRIで見る限り、損傷はしてないようです。
若干、水が溜まってはいるものの、正常の範囲内。
十字靱帯もきれい。

MRI検査では半月板の小さなキズは、分からないようですが、ジョグはできるので一安心。
スクワットやストレッチなど、入念にしていこうと思っています。
外科でやれるのは、今のところヒアルロン酸の注射。

先生に聞くと、この注射に速効性を期待してはダメとのこと。
1週間に1回、1ヶ月ほど続けてみて、効果の是非が分かるそうです。
とても、痛い注射ですが、我慢します。

ゆっくりジョグでも、20kmが限界。
5月の萩往還、6月のしまなみは絶望的です。
2014.03.17 / Top↑
彼岸の入りを前に、一足早くお墓参り。
京田辺のお寺さんに寄ってから、お墓へ。
共同墓地の南隣は、広い公園になっています。
天気がよく、子どもたちの歓声が聞こえていました。

お墓参りを済ませて、京阪奈プラザホテルでランチ。
ホールやロビーでは、イベントが行われていましたが、レストランは空いていました。
ゆっくりと食べることができました。

2階のレストランから見ると、空き地が目立ちます。
閉館された「私の仕事館」の周辺は、荒れ放題。
税金の無駄遣いと言われた施設です。
放置され傷みが目立つ巨大な建物は、どうなるのでしょう。

食事を終えて、けいはんな記念公園を散策。
水景園の散策路は一部工事中で、里山のような遊歩道を歩きました。
花の少ない時期で、さびしい感じでしたが、コバノミツバツツジが少しだけ微笑んでいました。
130316d
観月橋からビジターセンター、水上舞台を望む
ウグイスや野鳥の声が聞こえてきていい雰囲気。
水上舞台や観月楼のところでは、まるまる太った大きな鯉が近寄ってきます。
餌をくれると期待しているようで、大きな口を上に向けてせがみます。

四角に組まれた枠の上には、愛嬌のある石の童子。
その姿が面白かったので、シャッターを押しました。
130316a 130316b
どことなく愛嬌があります
130316e
観月楼壁面の鏡に映った永谷池の景色
梅は今がちょうど見頃。
130316c
紅梅、バックは観月楼
静かな景色を眺めながら、入園口で買った草餅をいただきました。
おいしいです。
桜や新緑の季節も魅力的な公園です。
2014.03.16 / Top↑
市内の画像診断クリニックで、MRI検査を受けました。
検査時間は約20分。
検査中は、ガンガンガンと大きな音がするので、耳栓とヘッドフォンでふさぎ検査します。
膝でしたから、顔は外に出ていて、閉塞感はありませんでした。

今日は検査のみ。
検査後に渡されたCD-ROMを、かかりつけの整形医さんのところへ持って行って、結果を聞きます。
来週月曜日に行くことにしました。
医者通いが続きます。
2014.03.15 / Top↑
右膝の痛みに悩まされ、すでに4ヶ月が経過。
これまで整骨院に通ったり、ヒアルロン酸の注射を受けました。
一向に改善の兆しが無く、明日、MRIの検査を受けることにしました。

今の状態では、大会どころかジョグもままならず、何をするにも中途半端。
詳しく診てもらって、今後の見通しがみえてくるといいのですが…。
2014.03.14 / Top↑
 一日中、雨。
外では何もできず、奈良ファへ。
雨の影響か、駐車場に入るにはかなり時間がかかりました。

明日はホワイトデー。
百貨店の食品売り場は、目を引く商品がずらり。
ぐるりと回りながら、何にしようか迷いました。
選ぶのはなかなか難しいです。

20分くらい歩き回って、買いました。
品物は内緒です。
2014.03.13 / Top↑
風もなくぽかぽかの陽気。
大和郡山市にある大和民俗公園に行って来ました。
駐車場に入る前に、近くのスーパーで、お昼弁当とお茶を購入。
我が家から車で20分あまりの距離です。
14minzoku1 14minzoku26
民俗公園南入口(右の写真は入口を入ったところにある多目的広場)
広い駐車場は無料、入園料もなし。
26.6haの敷地には、里山を生かしながら、梅林や菖蒲園、古い民家が移築復元され、四季折々楽しめる市民憩いの場となっています。
14minzoku27
復元された民家をバックに満開の梅
梅林は今が見頃、良い香りが漂っています。
そこかしこで、お弁当を広げている姿。
梅林の近くには民俗博物館もあります。
14minzoku5 14minzoku3
趣のある民俗梅林の案内と梅林
 14minzoku4 14minzoku25
紅梅の大木、右は梅林近くの菖蒲園と水車小屋
入館料200円、ここだけ有料。
今月30日までひなまつり展が行われています。
14minzoku7 14minzoku24
奈良県立民俗博物館、公園内の池
池ではアヒルがのんびりと遊泳。
江戸時代の民家が移築されたところへ足を踏み入れると、タイムスリップしたよう。
なつかしい茅葺きの家が点在するように復元され、中は自由に見学することができます。
14minzoku11 14minzoku13
移築復元された民家と内部
14minzoku14 14minzoku15
内部は自由に見学できます 
高齢者のグループが、写生会を行っていました。
みな、上手。

屋根付きの休憩所や椅子がところどころにあり、気に入ったところで休めます。
熊五郎狐が祀られた休憩所もありました。
この熊五郎狐、すぐれた神通力をもっていて、村人が困ったときには、どこからともなくやってきて、助けてくれたそうです。
14minzoku18 14minzoku17  
熊五郎狐が祀られた休憩所と熊五郎狐
まだ蕾のかたい桜で囲まれた高台の休憩所で食事にしました。
のんびり食事をしていると、小さな子どもたちを連れて、ママ友の人たちがやってきました。
見ていて癒やされます。
14minzoku20 14minzoku21
休憩所で食べたお弁当、ママ友もゆったり
公園内は整備された遊歩道が通っています。
里山を生かした「里山の小道」もあり、ハイキング気分も味わえます。
14minzoku8 14minzoku16
整備された遊歩道
14minzoku23 14minzoku22
里山の小道
上着を脱ぎ捨てたくなるほどの日射し。
良いぶらり歩きになりました。
2014.03.12 / Top↑
風が強く、粉雪舞う寒い日が過ぎて、青空の広がる良い天気。
空気は冷たいものの、明日になると春の陽気が戻って来そう。

中一日置いて、1時間半のゆっくり走。
足と腰と相談しながらなので、km7分で。
左足は軽いのに、痛めている右足は重いまま。

ジョグを終えて、クーリングオフを兼ねて、ダイエーまで往復2.5kmのウォーキング。
時々入って休憩していた喫茶店が店じまいしていました。
お客さんが減って寂しい。
2014.03.11 / Top↑
年金受給の件で聞きに行きました。
受給資格ができた配偶者の年金額を聞いて衝撃。
60歳から年額約12万円。
64歳で年額31万円。
65歳からは年額82万円。

64歳までは月額1万円ほど。
一人だと生活ができない低さです。

4月からは消費税は8%。
年金額も0.7%減額ですから、切りつめ必至。
国民年金だけだと厳しいです。
2014.03.10 / Top↑
10日ぶりにスロージョグ。
駆け出し時に、右大腿部下部、膝上部に鈍い痛み。
特に下りできつい感じ。

2kmほど行くと、痛みは膝後部に移り、後半になると、ふくらはぎの外側にも軽い痛み。
km7分ペースなのに、きつい!。
腰はなんとかもっています。

トロトロしたペースで1時間半。
屈んで靴を脱ごうとすると、右足に強い痛みがはしり、なかなか脱げず。
気分よくジョグが走れるには、ほど遠いです。
2014.03.09 / Top↑
ヒアルロン酸投与の効も無く、やっぱり右膝は痛いまま。
スーと痛みが消えるとは思ってもいませんが、少しはよくなるかと期待感があったのですが…。
意気消沈です。

ジョグは休んだまま。
腰痛もあって、この4日間はウォーキングもしていません。
このままズルズルではダメなので、明日は外へ出て、身体を動かせます。
2014.03.08 / Top↑
昨年の夏、強く受診をすすめられた眼底検査を受けました。
検査は早いほどいいと言われていたにもかかわらず、気が進まなく今日まで延び延びにしていました。
10数年前に一度、受けていて今回で二度目。

まず視力検査を受け、その後、視野検査。
視野検査は、視野計の内側に顔を固定して、中心の小さな光のマークを見ている状態で始まります。
その状態で、周辺に点滅する小さな光が見えたら、手に持っているボタンを押します。
左右の目を別々に行い、検査時間は両眼で10分足らず。
時間はそれほど長くはないのですが、集中力と緊張感で結構疲れました。

それが終わると、目に瞳孔拡散剤を点眼。
20分ほどして瞳孔が開くのを待って、暗室でDrの診察。
Drの指示通りに眼球を動かせて、眼球の中を診てもらいます。

結果は、視野検査は異常なし。
眼底検査は、左目の視神経の萎縮がすすんではいるものの、今の時点で緑内障は大丈夫。
ただし、緑内障の自覚症状はほとんど出ないため、最低年に一回は、この検査を受けて下さい。

左目がゴロゴロするので、これも診てもらいました。
涙が出にくくなっていて、ドライアイと言われました。
目薬を処方してもらいました。
老化現象なのだそうです。
「老化現象」。こう言われる度に歳を感じてしまいます。

その足で、12月に診てもらった整形外科へ。
右膝の痛みがまったく改善せず、再度の受診です。
半月板もしくは軟骨が損傷している可能性も。

しばらく、ヒアルロン酸の注射で様子をみて、改善が無ければ精密検査です。
注射は膝上にしてもらいました。
かなり、痛い注射です。
次回は、一週間後。
これで改善してくれると万々歳なのですが…。
2014.03.07 / Top↑
しばらく暖かい日が続いていましたが、一転して寒くなりました。
風も時折、強く吹き身震いします。
今週はずっと真冬並みの寒さです。

夕方には生協の物品配送があり、閉じこもりの一日になってしまいました。
ジョグができず、我慢の日が続いています。
2014.03.06 / Top↑
昨夜も痛みがあり、無理と判断しました。
腰が痛くては、ダメです。
残念ですが、次回の山行きを楽しみにします。

Keikoさんの検査結果は、胃炎。
エコー検査、血液検査の結果も心配がないようです。
安心しました。
ホッとしています。

身体はガタガタ。
4月に入ったら温泉にでも行こうと思います。
2014.03.05 / Top↑
明日の山行きに備えて、近くをウォーキング。
アップダウンを避けて、ゆるやかな富雄川沿いの道を北へ。
あすか野住宅の入口で折り返し、中村屋で買い物をして帰ってきました。

1時間ほどの時間でしたが、やっぱり腰と膝が痛みます。
この状態でザックを背負ったとき、どうなるか。
クエスチョンマークがつきます。
山行きは、五分五分です。

今夜半から雨になり、明日は一日雨必至。
Keikoさんは、胃の内視鏡とエコー検査日。
楽しみにしている山行きですが、今回はテンション下がっています。
2014.03.04 / Top↑
右足、腰ともに痛みあり、ジョグはできず、ウォーキング。
二名の住宅地を通り、飛鳥カンツリー倶楽部ゴルフ場から矢田丘陵遊歩道を経由して帰ってきました。

手入れの行き届いたゴルフ場を見ながら、一人のんびり歩き。
池には、2羽の白鳥が泳いでいました。
珍しいのでカメラを向けていると、小柄なおばさんが声をかけてきました。
「餌をあげるから、写真撮ってもいいですよ」。
餌を投げ入れると、バタバタと羽根をはばたかせて寄ってきます。
これが日課になっているようでした。
140303a 140303b
姿がきれいな樹木、餌をついばむ白鳥(飛鳥カンツリー倶楽部にて)
カンツリー倶楽部の一角に、王龍禅寺があります。
山門をくぐると、左手にお稲荷さんが祀られています。
右には水車。
140303c 140303e
王龍禅寺の山門、山門の左脇にはお稲荷さま
140303i 140303f
山門脇の水車、山門から延びる参道
真っ直ぐに延びた参道の脇には、開運道の文字。
うっそうとした自然林が、境内を覆っています。
この自然林は、奈良市指定文化財。
140303g 140303h
参道脇のお地蔵さま、参道から山門方向を見たところ
石段を登った先が本堂です。
本堂背後の巨岩には、本尊の十一面観音菩薩立像、その右上には不動明王があるはずですが、暗くて中の姿を見ることができません。
別の建物には、大黒天も祀られています。
140303k
本堂
王龍禅寺の裏手から車道を歩き、矢田丘陵遊歩道に入り、団地に戻りました。
歩いて1時間半。
完治していない腰と足は、予想通り張りと痛みが襲っていました。
明後日の山歩き、大丈夫かな。
2014.03.03 / Top↑
暖かくなってくると、庭の草花、花木が花を開き、嬉しくなります。
クロッカス、スイセン、パンジー、プリムラ、スミレ。
140302b 140302c
可愛らしいクロッカスの花
香りの漂う紅梅、椿etc…。
椿は毎年、たくさんの花をつけるので、感心してしまいます。
140302d 140302a
香りのよい紅梅
イチゴも小さな白い花をつけました。
チューリップは、土の中からくるりと巻いた葉っぱをのばしています。
花が咲いてくると、蝶や鳥たちがやってきて、にぎやか。
寂しかった庭が明るくなってきました。
いい季節です。
2014.03.02 / Top↑