FC2ブログ
早朝4時20分、出発。
雨が降っています。
西名阪から入り、中津川ICで下りて、国道19号線を塩尻へ。
途中、恵那SAで朝食にきしめん。

子どもが小さかったとき、信州行きはひたすら国道利用でした。
今は、楽な高速道路を使うのが常。

中津川から馬籠宿へ向かいました。
8時過ぎに着きました。
馬籠上入口で車を置き、下入口に下り、折り返して上入口へ戻りました。
143kiso15 143kiso14
馬籠上入口(左写真・下っていくと下入口です)、上入口からの上りの道もあります
143kiso1 143kiso2
藤村記念館と馬籠茶屋(蓑が風情を感じさせます)
この時間帯では、観光客はほとんど見かけません。
お土産屋さんも、観光案内所も閉まったまま。
お陰で、しずかな馬籠のふらり歩きを楽しめました。
143kiso9
ひっそりとした馬籠宿
143kiso3 143kiso10
軒下には猫がま〜るくなっていました
143kiso11 143kiso13
藤村の墓、本陣資料館
143kiso12
藤村の墓付近から恵那山の方向を撮影
143kiso4 143kiso5   
馬籠下入口付近
20年ほど前に来たときの印象は、きれいに整備されすぎた感がありました。
長い歳月を経て、しっとりとしたイメージに変わっています。
143kiso6
馬籠宿水力発電1号機の水車
143kiso7
水車小屋付近から見る景色
馬籠の次は妻籠宿。
お決まりのコースです。
143kiso16 143kiso17
古いアーチ型の橋を左に見て、妻籠宿に入ります。アーチ橋は歩行禁止
ここでも歩いているのは、地元の人と自分たちだけ。
ゆっくり見て歩くことができました。
143kiso18
静かな妻籠宿
143kiso19 143kiso20
「桝形の跡」付近
馬籠宿のような坂はありません、
渋さが漂う家並みが続いています。
143kiso21
こんな雰囲気、好きです
143kiso22 143kiso23
籠宿御本陣、軒下に吊されているのは藁で包んだ柿
143kiso24 143kiso25
右の写真は木曽名所の一つ鯉石
143kiso27
妻籠宿を別方角から眺める
奈良井宿へ近づくと、残雪が目立ってきました。
道の駅は、かなりの雪が残っていて、閉まったまま。
太鼓橋は通行止め。
143kiso33 143kiso29
奈良井宿、雪が残る太鼓橋、右は鍵手の文字が見える石標
奈良井宿まで来ると、人影がちらほら。
気温は2〜3℃。
グッと冷え込んでいます。
お土産屋さんも、ほんの少しの店が開いていました。
143kiso30
奈良井宿の家並み
143kiso31 143kiso32
軒下には、こんなものも
143kiso39  143kiso36
店頭にカラフルな傘のお土産屋さん、奈良井宿は湧き水が豊富です
143kiso34
冷たい雨の中を歩いています、奈良井宿は連続テレビ小説「おひさまの撮影地」
143kiso41 143kiso38  
時代劇に出てきそうな風景、駐車場にはSLが展示されていました
三者三様の特色のある宿場でした。
一日中、雨だったため、早めにホテルにチェックイン。
明日は「春の松本ランニングフェスティバル」。
ホテルから会場まで、車で10分余りです。
2014.03.20 / Top↑