FC2ブログ
 ダイトレ後のリハを兼ねて、ぶらり歩き。
雲一つない青空の下で。

郵便局に立ち寄って、駅からまっすぐ南へ。
遊歩道を歩き、砂茶屋で旧国道308号線に入り、藤ノ木で小休憩。
ここまで5km。
交差点角の喫茶店に入ると、お客さんはほとんどが女性。
しかも、一人でお茶している人はいません。

藤ノ木から緩やかな坂道を上り、赤膚焼窯元の看板を目にして、住宅街の中に。
気ままなぶらり歩きは、どこへ行くかは足任せ。
住宅街を抜け出ると、古い土壁造りのお寺。

その前の道をすすむと、その先は唐招提寺。
観光客も少なく、静かです。
14415burari4 14415burari1
ひっそりとした唐招提寺南大門前
14415burari2
唐招提寺金堂
唐招提寺から南に行けば、薬師寺。
北へ向かえば尼ヶ辻。
14415burari6
唐招提寺から南(薬師寺)の方向を見る
踏切を渡り右に曲がって、線路沿いの狭い道路を北へ。
古い道標が立っています。
歴史之道 ←垂仁天皇陵、唐招提寺→ の文字。
この道は、古くからの道。
民家の門扉には、オープンガーデンの案内ポスター。
珍しいです。
5月10日(土)と11日(日)、お遊びにおいで下さい。
14415burari7 14415burari8
歴史之道道標とオープンガーデンの案内
垂仁天皇陵が見えてきました。
八重の桜が咲いています。
14415burari11
垂仁天皇陵
14415burari14 14415burari12
垂仁天皇陵正面、天皇陵から西方向を見る(前方には生駒山)
14415burari13
天皇陵から薬師寺の方向を見る
天皇陵の回りを少し歩いて尼ヶ辻に。
近くの畑では、菜の花とレンゲソウが咲いて、お出での合図。
電車が来るのを待って、シャッターを押しました。
14415burari16
珍しいレンゲソウ、菜の花、電車のトリオ
14415burari17 14415burari18
左は垂仁天皇陵の飛び地(陵から200mほどの距離)、尼ヶ辻駅近くの道標
阪奈道路下のトンネルをくぐり、西大寺へ。
広い境内です。
さすが、サイダイジ。
境内の中へ入るのは、初めて。

ここでも八重桜。
椿も、レンギョウも、それに山吹も咲いています。
護摩堂の前の句碑には、「大茶盛り 一口めして 皆なごむ 充伯」。
帰ってから調べてみると、俳人・磯野充伯という人の句でした。
14415burari19 14415burari23
八重桜は満開近し
14415burari26 14415burari27
椿とレンギョウ、護摩堂の前にある句碑
14415burari22
山吹の花
14415burari28
鐘楼
 ぶらり歩きは、西大寺で終わり。
3時間半は、歩き過ぎです。
リハのつもりが、逆に痛みを強める結果に。
明日は、大人しくします。
2014.04.15 / Top↑