暑くなりました。
ぶらり歩きも、炎天下ではじんわりと汗。
喫茶を見かけると、誘惑に負けて入ってしまいます。
週刊誌や新聞には、ひととおり目を通します。
大した記事ではないのに、読んでしまいます。

本屋さんに寄って、旅に関する本を2冊買いました。
来月の信州行きに備えて、「まっぷる信州」。
もう一冊は、「おとなの青春18きっぷ」。
また、どこかにぶらり旅がしたくなります。

ネットで、情報はいつでも見られても、ページをめくりながら、どこにしようか思い巡らせるのは、本の方がいいです。
2014.06.30 / Top↑
奈良では、紫陽花で有名な矢田寺へ行ってきました。
歩いて行っても、2時間ほどで行けるのですが、車で。
狭い参道を登り、山門入口で入山料400円を支払って、石段を上がっていきます。
14629yata1 14629yata2
矢田寺参道
いつもは、ひっそりとした境内ですが、この時期だけは、賑わいを見せています。

矢田寺の本尊は、お地蔵さま。
紫陽花の丸い花は、お地蔵さまが手に持っている宝珠を現していると言われています。
14629yata5
境内に置かれているお地蔵さま
花色がさまざまに移ろう姿は、仏教の「諸行無常」の心につながります。
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 娑羅双樹の花の色 盛者必衰の理を顕す」
14629yata4 14629yata3
娑羅も今が花時
参道の石段を登り切って、本堂に続く参道の両側は、色とりどりの紫陽花。
見事です。
14629yata16
本堂に続く参道で、紫陽花が出迎えてくれます
たくさんの種類の紫陽花が咲いています。
とても、覚えきれません。
その内のほんの少しだけ載せました。
14629yata6 14629yata7
カシワバアジサイとナデシコガクアジサイ
14629yata8 14629yata9
三原八重と天城甘茶
小さな池には、珍しいミズカンナの花(実)がありました。
14629yata11 14629yata12
ミズカンナ
この時期、特別開扉されている閻魔さまにもお詣りしました。
恐いと言うより、ちょっと愛嬌のある閻魔さまで好感度大。
写真は御法度なので、建物のみ。
14629yata18
焔魔堂と紫陽花、お堂の閻魔さまが公開されています
紫陽花の回廊は圧巻でした。
人が紫陽花の中に、埋まってしまいます。
14629yata13
あじさい園・写真1
14629yata14
あじさい園・写真2
14629yata15
あじさい園・写真3
14629yata17
あじさい園・写真4
紫陽花を堪能しました。
入山料400円を払って、見る価値十分。
あじさい園の開園は7月10日まで。
2014.06.29 / Top↑
月間走行距離を200kmにしたくて、ジョグしました。
km7分のペースです。
それでも7kmほど走ったところで、足が止まってしまいました。
なんとか10km地点まで行きましたが、完全にバテバテ。

今の調子で、月間200kmは無理しすぎ。
これでは膝は治りません。
来月は、目標を100kmまで落とします。


2014.06.28 / Top↑
金曜日は、Mitukiちゃんが我が家に。
毎週来ているので、我が家のどこに何があるか、大体分かっています。
1階も2階も、Mitukiちゃんにとっては格好の遊び場。

リビングで遊んでいたかと思うと、次は2階。
飽きてくると、1階和室に。
外の音が聞こえると、靴を履いて(大抵が左右逆)玄関を出て行こうとします。

自分の思い通りに行かなければ、物は投げる、床に寝転ぶ、泣き攻め。
笑いながらMitukiちゃんに付き合っていますが、結構疲れます。
一人遊びをしてくれていると、ホッとします。
写真は、人形を赤ちゃんに見立て、お世話をしてご機嫌なところです。
14627a 14627b

2014.06.27 / Top↑
サッカー日本が負けて、イマイチ気分乗らず、ダラダラ過ごし。
Kekoさんからは、「力が有り余り過ぎている。お家の仕事をどんどんやって」と言われる始末。

先週に比べて体調下り気味。
ジョグも身体重く、11kmでショートカット。
見かけほどにはスタミナなし。

膝は、調子良いかなと思っていると、翌日は鈍痛。
先生の言いつけを守って、痛みの強く出るときには、ジョグ回避。
思い切り身体を動かすのも、膝次第です。
2014.06.26 / Top↑
早朝に起きて、サッカー、コロンビア戦観戦。
前半、PKで先制されるも、終了間際、日本が同点に追いついて、後半に。
後半に期待しました。

勝たなければ、決勝トーナメントにすすめません。
リスクを冒して攻めるも、ゴール枠は遠いまま。
逆に、カウンターを食らい、立て続けに3点を奪われてしまいました。

予選突破ならず。
ガンバッて応援しましたが、残念です。
勝っていれば、日本中わき上がっていたことでしょう。
試合終了後は、なんとも言えない脱力感に。

この試合、日本はよく戦ったと思います。
一番悔しい思いをしているのは、選手。
画面に映し出される選手の姿、コメントから痛いほど伝わってきました。

気分転換に夕方、1時間余りウオーキング。
心地よい風、ジョグしたい気分でしたが、膝を休ませました。
走りたいときに、走れないのは、辛いですね。
2014.06.25 / Top↑
東京の方では、ヒョウが降る異変。
関西は空梅雨。
気温が30度を超え、真夏並み。
気温の高さの割には、湿度が比較的低く、夜は窓を開けていると寒いくらいです。

中2日空けてスロージョグ。
足の負担を除けば、呼吸も乱れず、健康ジョグです。
2014.06.24 / Top↑
整形外科受診。
先週、詰めてジョグしたことを話しました。
筋力強化になるかと思っていましたが、やりすぎは良くないと、注意を受けてしまいました。

「山、谷の変化をつけるように」
「ずっと、同じように使い続けることは、回復の妨げになります」
「谷のところが大事なのです」

痛みがとれるまで、ジョグは週2,3回にします。
走れなくなっては、なんのためのジョグか分かりませんから。
2014.06.23 / Top↑
午前中は雨が残り、午後になっても、すっきりしない空模様。
窓を開けていると、少しヒンヤリとするくらい。

外からユリの香りが匂ってきます。
しばらくは、ユリの花が楽しめそう。
その横には、ダリアの花。
雨に濡れると、しっとりして、色も映えて見えます。
14622a 14622b
庭のユリとダリアの花
夕方、Youくんがやってきました。
魚料理と天ぷらでおもてなし。
元気そうでしたが、お腹の辺りがこんもり。
一人暮らしなので、食生活が気になります。
2014.06.22 / Top↑
今月山登りは一度だけ。
月に2,3度は行きたいので、身体がウズウズしてきます。
その代わりに、ジョグの日数は増えました。
足に異変が無ければ、月間目標200kmを、久しぶりにクリアできそうな見通し。

来月は、山の予定は4回。
ランの大会は2回入れています。
暑い時期なので、体調次第です。

今日も雨は降らず、ジョグ13km。
相変わらず、km7分弱のペース。
これでも、結構きついです。
2014.06.21 / Top↑
ギリシャ戦、ずっと見てました。
動きは、コートジボワール戦より良かったのですが、肝心の得点がとれません。
惜しい場面あり、ヒヤッとするとこもあり。

圧倒的にボールを支配しながら、得点が入りません。
0対0で時間だけが経っていきます。
そして、非情の笛でゲームセット。

最終戦は、最強のコロンビア。
力を出し切って、いい試合を見せてほしいです。

夕方、涼しい風を受けて、気持ち良いジョグ。
来週くらいには、ハーフのジョグもできそうな感じです。
2014.06.20 / Top↑
青空の広がる良い天気。
気温も上昇。
家に居てるのが、もったいないくらい。

夕方、駅前のダイエーに行っただけ。
のんびりとしていて、時間が経ってしまいました。

明日は朝イチで、日本、ギリシャ戦を、テレビの前で応援します。
2014.06.19 / Top↑
ジョグの予定は無かったのですが、心地よい風に誘われて、ランニングシューズに履き替え。
予想された雨も、ひどくは降らず、駆け出しました。

でも、身体は正直。
長い距離は走っていなくとも、4日連続のジョグは、動きに精彩なし。
8kmくらいから、右膝に痛みも出てきて、11kmでショートカット。

膝を痛めてから、4日連続のジョグは初めて。
少し無理をすると、ダメージがきます。
明日は足を休ませます。
2014.06.18 / Top↑
月一に行っている元職場へ。
てくてく歩いていると、アジサイが目に付きます。
青や薄ピンクなど、色は微妙に違い、多彩な姿を見せてくれます。

大きくこんもりと盛り上がったもの、繊細なガクアジサイ、小ぶりのもの。
形もいろいろあって、歩きを楽しくさせてくれます。

元職場へ顔を出すと、何人かの人から「走ってますか?」
返事は「ぼちぼちです」
元気で変わらない姿に出会うのは、いいですね。

明日は雨予想。
帰ってきて、いつものコースをジョグ。
マイペースで走っていると、ゆっくりランナーさんに抜かれました。
1km、7分弱のペースだと、みんなに置いていかれます。
2014.06.17 / Top↑
梅雨に入りましたが、関西は雨があまり降りません。
どちらかと言うと、空梅雨のような感じ。
それに梅雨特有のジメジメ感もあまりなく、過ごしやすいです。
外で活動するには、いいですね。

外出することもなく、いつものジョグ13km。
1時間半のジョグで、4〜5人のジョガーさんとすれ違っただけ。
平日は、少ないです。
2014.06.16 / Top↑
サッカー、負けてしまいました。
コートジボワールを相手に、前半は本田選手のシュートで先取点を奪い、これはいけると思っていたのですが…。
後半に入って、FWドログバがINになってから、すっかり雰囲気が変わってしまいました。
ボールの支配も相手チームの方が上でした。
1対2の惜敗。
あと2戦、なんとか買って予選リーグを勝ち上がってほしいです。

プロ野球では、応援しているオリックスが、中日を相手に4対0でリードしていたにもかかわらず、4対6の逆転負け。
巨人は、楽天に8回を終えた時点で、負けていたのに、9回に逆転劇。
今日のスポーツの結果は、面白くないです。

嬉しい話題は、父の日でRicoさんからプリンとどら焼きが届いたこと。
贈られてきたさくらんぼやプリンを食べて、気分を直しています。
14615a 14615b
王華堂の極ぷりんとどら焼き
2014.06.15 / Top↑
一足早く、プレゼントが届きました。
山形県産のさくらんぼ。
早速、感謝しながら、いただきました。
粒が大きくて、甘い味。
アメリカ産のチェリーが出回っていますが、やっぱり国産の方が皮、果肉が柔らかく美味しいです。
14614a 14614b
Tetuくんのところから届いたさくらんぼ
梅雨の雨が一段落し、絶好のアウトドア日和。
庭の手入れを、チョコッとだけしました。
門扉横の伸び放題のミモザは、かなり切りました。
先月、生駒の花フェスタでもらった、ゴーヤの苗には、ネットを立てかけてやりました。
14614d 14614c
剪定後のミモザ、ゴーヤにはネット
大きくなった皇帝ダリアやユリに、日が遮られて可愛そう。
この時期、草木は成長著しく、1週間も経てば、随分と伸びてきます。
果たして、どんなゴーヤができるか、楽しみです。
2014.06.14 / Top↑
14ares-gps 大気不安定で、ころころ変わる天気。
晴れていたかと思うと、黒い雲。
雨が降り出して、傘を出すと止み、雲の合間から青い空。

夕方、13kmのジョグ。
GPS付きの腕時計をはめて、計測すると13.3kmでした。
パソコンに時計を繋ぐと、ルート、距離が地図上に示され保存でき、便利です。

登山用GPS時計を持っていないので、今度、山行きに使ってみます。
(写真はARES GPS AR-1081)
2014.06.13 / Top↑
DMR-BWT660
6年半前に購入したDVDレコーダーが故障。
5年間の保証期間は、すでに期限切れ。
仕方なく、新しいのを購入することにしました。

PanasonicのDMR-BWT660K。
ブルーレイレコーダーでHDDの容量は1TB。
今まで使っていたのと比べて4倍の容量。
無線LANを装備。
5年間の保証をつけて約6万円弱でした。

それにしても、故障するのは大抵、保証期間が切れた後。
店員さんに、「DVDレコーダーの寿命は、どれくらい?」と聞くと、「7〜8年」。
それより寿命が短かったです。

驚いたのは、その重さ。
随分軽いです。
2.2kgですから、愛用のMacBook Proとほとんど一緒です。
狭いところに設置するので、軽いのは大歓迎。
果たして、どうくらい持ってくれるかな?。

2014.06.12 / Top↑
この時期にしては珍しく、空気がヒンヤリとして、ゆるやかな風も少々。
走りやすそうだったので、立哨の後、ジョグ。
昨日と比べて、身体は楽でした。

少し気温が下がり、小粒の雨、少しの風。
呼吸がし易く、こんなコンディションだと、ジョグの足取りも違います。
2日連続のジョグ。
膝の負担を考え、明日は休みます。
2014.06.11 / Top↑
残酷マラソンのリハビリジョグ。
ゆっくりペースで、歩きも多かったので、筋肉痛はそれほどなし。
足のためには、物足りないくらいが、ちょうどいいです。

13kmを1時間40分。
お昼は、近くの回転寿司店で。
回転寿司店は久しぶり、前回、行ったのは半年以上も前。
覚えていないほどです。

60歳を過ぎた二人で食べて、2千円弱。
お腹も満足、回転寿司は安くつきます。

2014.06.10 / Top↑
整形外科通院日。
膝の状態を診てもらいました。
「腫れなく、水もたまっていません。良い状態です」。
「この状態なら、注射は2週間から3週間間隔にしてもいいですよ」。
と言われましたが、痛みはあるので、今まで通り2週間後の予約にしてもらいました。

昨日24kmを完走したことで、ゆっくりペースなら、ハーフは大丈夫そう。
状態をみながら、慈光院往復ジョグを、入れることにします。
月間走行距離も、150kmくらいには、延ばしたいですね。

「かっとび伊吹」、今年もエントリーしました。
2時間半なら、なんとか完踏できるのでは、と思っています。
頂上で、アイスを食べる喜びは最高ですから…。
2014.06.09 / Top↑
アップダウンのきつさで知られる「みかた残酷マラソン」(24km)に行ってきました。
兵庫県・但馬、香美町小代地区で開かれるこの大会、今年で22回を数えます。
小代地区は、山と棚状の田圃が広がるのどかな地域。
人口2.100人の町に、2.400人を超すランナーが集まりました。

146mikata5
メイン会場(小代小学校)裏から見る景色

会場周辺には、色とりどりの花や激励の横断幕が張られ、地区挙げての歓迎ぶり。
小さな村に、たくさんのランナーが集まる人気がうかがえます。

146mikata2
 146mikata7   
ゴールのある小代中学校グラウンド、会場内のランニンググッズ販売の出店

146mikata4
スタート付近、ポピーの花がきれい

コースは、小代地区をほぼ一周します。
高低差は約410m、走るには過酷。

146mikata100

146mikata8
スタート地点

スタート前の天候は晴れ、30度を超しています。
定刻通り9時にスタート。
ゆっくりペースですすみます。
3kmを過ぎた折返し点までは下り。
折り返しを過ぎると、だらだらと登り、じわりじわりと暑さも襲ってきます。

146mikata50
 146mikata51
スタート前、4km地点給水付近

6kmを過ぎて右折し、ふれあい温泉おじろんに向かうところから、登り傾斜が増してきます。

146mikata10
 146mikata9
給水はほぼ2km毎に設置

146mikata53
ふれあい温泉おじろん手前(7km付近)

おじろんの前を過ぎ、左折して橋を渡ると、さらに勾配は急に。
このあたりから山岳マラソンの様相。
歩くランナーが多くなってきます。
当然のように歩きました。
身体と相談して無理せずが、今日の心得。

146mikata11
橋(左)を渡ると、傾斜がきつくなってきます

146mikata52
8km地点手前でコースを振り返ります。かなり上っています。

8km地点通過。
少し走ってみては、また歩き。
その繰り返し。

146mikata12
 146mikata13
登りは歩いてスタミナ温存、黒田勘兵衛のコスチューム、年々この大会も仮装ランナーが多くなっています

暑さ対策に、竹と小枝を組み合わせた特製シャワーが作られています。
その先で、ゲストの高石ともやさんの元気な歌声。
毎年、特別ゲストとして、ランナーを励ましてくれています。

146mikata16
高石ともやさんの歌声には、いつも励まされます

その横で写真を撮ってもらいました。
後で、見たら目をつぶってしまってます。

146mikata14 146mikata17
特製シャワー、記念の写真を一枚

146mikata15
シャワーと歌声で元気リフレッシュ

9km地点では、地元・村岡高校生の特設エイド。
よさこいソーランでランナーを盛り上げます。
応援の列が長く続き、うれしくなります。

146mikata19
よさこいソーランを披露する村岡高校の生徒さん

146mikata20
沿道の声援が続きます

前方に吉滝キャンプ場。
一段と高くなっており、折り返したランナーが勢いよく下ってきます。
ここは急登、道標にがんばれ!! の文字。

146mikata21
  146mikata23
コース最高点の吉滝キャンプ場

 146mikata24
急登をクリアとコース最高地点

最高点到達、10kmで1時間35分。
時間かかり過ぎ。ゆっくりペースなので当然ですが…。

146mikata27
吉滝キャンプ場(最高地点)からの眺め

146mikata28
往路と復路のランナーが長く続いています

起伏のある景色を、目におさめます。
晴れていた空は、どんより。
なんだか雲行きが怪しくなってきました。
一息入れて、再スタート。
ここから16kmまではずっと下り。
ペースが上がるところです。

146mikata26 146mikata55
バナナ、オレンジなどの食べ物が用意されています。お腹も満たして再スタート

雨を呼ぶ風も手伝って下りは、涼しく快適。
膝の状態を考え、ペースは落して、気持ちよく下ります。
やっぱり下りは楽です。

17km手前でとうとう雨が降ってきました。
19km手前までは上り。
沿道から「最後の上り、ガンバッテ」と、声がかかります。
雨は短時間で止みました。

146mikata57
18km地点に向かう上り

18km地点、ここから先は、去年まで未舗装でした。
今回は、きれいな舗装道。
でも、長い上りなので、ずっと歩いていました。

146mikata29
 146mikata30
今回から舗装道に一変

146mikata32
未舗装道は、たんぼ道の極一部

146mikata33
19km地点手前から後ろを振り返ります

たんぼ道を過ぎると、19km。
ここからゴールまでは下り基調。
長く厳しい上りはありません。
後は、沿道の声援を浴びながら、ゴールをめざすだけ。

残り5km。
小さな起伏では歩きましたが、沿道の声援に感謝しながら、気持ちよくゴールすることができました。
タイムは、3時間03分00秒。
ベストに約40分、去年より5分遅れのタイムながら、満足できる走りでした。

146mikata34 146mikata35
村の人、総出で応援して下さいました。感謝です

146mikata37
元気よくフィニッシュするランナーさん

ゴールして、記念Tシャツと完走証、ソーメンと完熟トマトもいただきました。
完走した後、食べる味は格別です。

146mikata38 146mikata40 
Tシャツの受渡所、ボランティアとして大活躍の村野高校の生徒さん、背中には「人みな、使命あり!!」

146mikata39 146mikata36 
特設舞台では高石ともやさんのトーク、いただいたソーメン

心配された膝は、少し痛みがあるものの、よく持ち堪えてくれました。

ハードなコースですが、最後のランナーがゴールするまで、待ってくれる優しい大会です。
来年も、再来年も参加したくなってきます。
2014.06.08 / Top↑
先週受けた血液検査の結果が届きました。
血色素量12.8、CEA値6.0、総ビリルビン値1.6。
相変わらず貧血続いています。
CEA値は若干改善、総ビリルビン値は前回と変わらず。
新たに受けたPSAの検査はマイナスでした。

他の検査項目を見ても、半年前と大きな違いはなし。
薬は今まで通りチラージンのみ。

貧血はなかなか改善されませんね。
がむしゃらに身体を動かすこともないので、気を付けながらぼちぼちいきます。
2014.06.07 / Top↑
明日は、しまなみ海道ウルトラ100kmの日です。
いつもなら、今頃は福山へ行っているはずなのに、在宅のまま。
足を痛めていては、仕方ありません。

気になる天気は、曇り予報。
一時の30度超えの気温がおさまり、よいコンディションになりそう。
出走されるランナーさんには、ぜひとも、楽しんで今治まで行って欲しいです。

今日の「ちちんぷいぷい」の番組で、しまなみ海道のサイクリングロードが、紹介されていました。
何度も見慣れた景色を見て、身体がむずむずしてくるのを、必死でこらえました。
しまなみは、一番出たい大会。
足を治して、来年、エントリーできるのを待ちます。
2014.06.06 / Top↑
関西は、昨日梅雨入り。
いよいよ、うっとうしい日々が続きます。
今日は、雨はさほど降らず、空気がカラリとして、過ごしやすい一日でした。
冷たい空気が、北から吹き込んだことが、影響したようです。

いつもより、膝の痛みを感じ、足にも張り。
昨日は、楽な山歩きでしたが、やっぱり普通に歩くのとは違います。
のほほ〜んとして、過ごしました。
2014.06.05 / Top↑
山の教室で、湖北の赤坂山へ登ってきました。
赤坂山は高島トレイル東部にあり、花の山として広く知られています。
麓のマキノ高原から、赤坂山自然歩道を登り山頂へ。
復路は、往路と同じ道を辿り下るコースです。

行程は
マキノ高原温泉さらさ前(標高120m)9:45ー9:55登山口(標高200m)10:00ー:10:50ブナの木平(東屋休憩所・標高510m)11:00ー11:45粟柄越(あわがらごえ・標高759m)11:50ー12:00赤坂山三角点(標高824m)12:25ー粟柄越ー13:05ブナの木平13:15ー13:50登山口ー14:00マキノ高原さらさ  総距離約9km


バスでマキノ高原温泉前まで行き、ここから歩きます。
きれいに整備されたグラウンド・ゴルフ場を左に見て、ゆるやかな舗装道を登っていくと、登山口。

146aka71 146aka70
キャンプ場、グラウンド・ゴルフ場、運動場、レストランなどが整備されたマキノ高原。右はさらさ温泉建物

146aka1 146aka2
ゆるやかな舗装道を登山口まで歩きます

146aka3 146aka4
舗装道に別れを告げて登山道へ、よく分かる案内板。ここから山頂まで4kmです

登山道を少し入ると、急な階段道となります。
整備された丸太の階段道を見ると、登山者の多いことが想像できます。

146aka5
整備された階段道

階段道が無くなると、道は一旦、ゆるやかとなり、歩きやすい道へと変わります。
汗がにじんだ顔に、心地よい風が撫でていきます。

146aka6
気持ちのよい歩きやすい道

そばには、可愛らしいコアジサイの花が咲いています。

146aka10
派手さはありませんが、可愛いコアジサイ

ツツジもまだ、咲いています。
木立が切れた左手には、山が覗いています。

146aka7 146aka9
あでやかな真っ赤なツツジ、木立の向こうに山並み

道の傾斜が増し、すすんでいくと、東屋の休憩所があるブナの木平です。
ここで10分ほど休憩して、細い尾根道を辿ります。

146aka11 146aka12
ブナの木平の休憩所で一服、細い尾根道へ

とても気持ちのいい緑の中の道をすすみます。

146aka13
いろんな種類の木に出会います

やがて、左手には沢。
古い峠道の面影を残す石畳も歩きます。
この辺りから、イワカガミの群生がひんぱんに見られるようになります。

146aka62
沢に沿ってすすみます

146aka14 146aka63
イワカガミと石畳の道

146aka15 
 左に沢を見てすすみます

146aka53
ゴツゴツと岩が剥き出しのところも

小さな滝のような光景も見られます。

146aka16
 146aka51
歩きにくいところも少しあります

沢沿いの道を過ぎると歩きやすい道。

146aka17 146aka18
 ところどころに丸太の階段道

緑のブナの林が広がっています。
気持ちよく歩きます。

146aka20
ブナの樹林帯

146aka19
イワカガミも斜面を覆い尽くすように広がっています

146aka21
いい姿です

送電線の鉄塔が見えてきました。
随分、上まで登ってきた感じです。

146aka64 
背の高い木立が切れて、送電線が見えてきました

ピンクのウツギ、薄赤色のサラサドウダン、黄色のニガナ、色鮮やかな花が目に飛び込んできます。
きれいです。

146aka66
ウツギ

146aka23 146aka26
サラサドウダンとニガナ

146aka58 146aka29
ヤマボウシ、右の花は?

右側に小さなお地蔵さまを見て、高原状の道をすすみます。

146aka30 146aka67
お地蔵さまが二体

頂上が近づくに連れ、樹木は低木に。
樹木の形や、姿を見ると、冬季の雪や風の強い影響を感じます。

146aka32
灌木の稜線

曲がりくねりながらすすむと、若狭に越える県境尾根・粟柄越です。
高島トレイル、中央分水嶺と書かれた道標が立っています。
左(南)に行くと、寒風、大谷山。
右に北の方向へすすむと、赤坂山です。

146aka33 146aka37
粟柄越

146aka35 146aka36
高島トレイルの道標

146aka38
粟柄越から美浜方面を眺める

粟柄越から高原状の道を少し行くと、大きな岩をくり抜いた中に石仏。
山の安全を、ずっと見守ってくれています。

146aka39
静かに鎮座する仏さま

遮るものがないため、かなり強い風が吹き付けてきます。
気温は低くなく、ちょうどいいくらいです。

146aka41
正面に赤坂山、送電線が上を張っています

 頂上前の急坂を登り切ると、360度の展望が開けた三角点到着です。
天気がよければ、琵琶湖や若狭湾を望むことができますが、薄雲がかかって視界はイマイチ。
でも、いい眺めです。

146aka48
   赤坂山頂上

146aka46
北東側、中央に明王ノ禿(花崗岩の風化した岩が露出しています)

146aka47
南西側、大谷山方面 

146aka49
北西側(若狭方面)

146aka50
南東側(琵琶湖方面)

静かに眺望を楽しみながら、おにぎりを食べていると、遠足で近くの小学生が登ってきました。
頂上は、いっぺんに賑やかになりました。

食事を終えて、復路は往路と同じ道を下山。
マキノ温泉さらさで汗を流しました。

146aka59
下山して登山口付近から見るマキノ高原

2014.06.04 / Top↑
夕方になって雨。
しばらく、くずついた天気が続きそう。
明日は、山歩きなのに、ついてないです。
これまで、良い天気だったのに…。
火曜、水曜日で天気が崩れるパターンになっています。

ジョグは13km。
今度の残酷マラソンの準備です。
1時間42分かかりました。
遅いペースでしか走れなくなってしまいました。
2014.06.03 / Top↑
暑さのため、出歩く気持ちもわかず、涼しいところへ。
手っ取り早いのは、ショッピングセンター。

車のエアコンを回すのも、今シーズン初めて。
イトーヨーカドー、奈良ファをぶらり。
見るだけのぶらぶら歩きも、結構疲れます。

行き着くところは、喫茶。
週刊誌に一通り目を通して、帰ってきました。
明日から、天気は下り坂、九州は梅雨入りです。
2014.06.02 / Top↑
屋外での作業は、長続きしません。
明日が町内の剪定ゴミ回収日。
伸び放題になっている庭木の刈り込み作業にかかったものの、暑くて30分余りで切り上げ。

もう真夏です。
まだ、湿度が低い分、救われてますが、お手上げ。

夕方、ジョグ。
ゆっくりでもヘトヘト。
颯爽と駈けていくジョガーさんがうらやましい。

帰ってきてアイスばかり食べていました。


2014.06.01 / Top↑