FC2ブログ
熱田神宮から伊勢神宮・8区間106.8kmを制したのは駒大。
4連覇で通算11回の優勝。
1区から飛び出し、全区間一度もトップを譲ることなく、圧倒的な強さでした。

見ている方からすると、競り合うところが面白いのですが、トップ争いという点では興味半減。
2位以下の順位争いは、なかなか面白かったです。

注目は、42大会ぶりに出場した京大のエース平井健太郎選手(1区・3年)。
9月の日本インカレ1万メートルで、関東勢の並み居る強敵を倒し、日本人トップの2位に入り、期待していました。
結果は、区間4位でしたが、健闘しました。

全日本大学駅伝は、全国から選ばれた代表校の闘い。
終わってみると、上位チームは関東の強豪校ばかり。
せめて10位以内に、他地区から1校くらいは入って欲しかったですね。
2014.11.02 / Top↑