141231a青空が広がる穏やかなお天気の大晦日です。
近くをぶらり歩きして、一年の締めくくり。
矢田遊歩道を通り、東生駒へ出て、また遊歩道に入って帰ってきました。

適度なアップダウンがあり、いいお散歩コースです。
1時間半で8km。
帰ってくると、背中は少し汗ばんでいました。

年越しのそばをいただいて、新年を迎えます。
(今年の締めくくりは、張り込んで出雲そば。具はエビとサツマイモの天ぷら、かき揚げ、山陰大田のかまぼこです)

2014.12.31 / Top↑
富雄川、いつものコースでジョグの走り納め。
今年一年なんとか走ることができました。
今月は10日で140km。
よく走った方です。

一年間通してみると、
 ジョグした日…94日。
 年間総距離…1269km。
 一日(一回)あたりの距離…13.5km。

日数、距離とも激減してます。
走るペースもすっかり落ちてしまいました。

高望みしてもどうしようもないです。
ジョグができるだけでも、感謝です。

ジョグから帰ってきて、注連飾りを玄関に付けました。
年が変わっても、ぼちぼちいきます。
2014.12.30 / Top↑
曇天模様の空は、お昼過ぎに上がり、風無くジョグ向きのお天気になりました。
昨日、ジョグしていなければ、かけ出すところ。
足の状態から2日連続は避けました。

かわりに1時間のぶらぶら歩き。
駅の周辺、阪奈道路沿いの道から住宅街の中を通って帰ってきました。

散歩道沿いに、食料品を扱うスーパーが4つ。
ついでに入ってみます。
年末とあって、どの店も結構なお客さん。
青物は高いです。
大好きなみかんは?。

5kg入り一箱が、税抜きで980円が2ヶ所。
1280円が1ヶ所、ただし、2Lサイズのみ。
もう1ヶ所は、10kg入りSSサイズで1580円。

大好きなみかんに、どうしても目が行ってしまいます。
昨日、別のスーパーで、Sサイズ5kgを980円(税抜き)と、今朝2Lサイズ5kgを780円(税込み)で買ったばかり。
買っていなければ、10kg入りのSSサイズを買うところ。

数年前は、10kg入りで千円を切っていました。
今は、特価品でもその値段ではありません。
5kgで千円を切れば、安い方です。

年が明けて、これくらいの値段なら、買いに来ます。
多分、値上がり必至。

みかんだけでなく、どの商品も値段が騰がっています。
2014.12.29 / Top↑
町内の防犯パトロールは、地域の安全推進委員と、自治会の防犯委員で回ります。
安全推進委員と自治会長さんは、毎回。
防犯委員は、交代でメンバーが代わります。
アップダウンの多い地域なので、1時間見回りをすると、身体が熱くなってきます。

会長さんは、糖尿病で運動するように言われていて、
「良い運動になります」。
運動と食事で86kgあった体重が、今は76kg。
「血糖値は200ありました。野菜をたくさん食べるようになって、ご飯の量が減りました」。

8kg減はうらやましいです。
自分の方は、65kgから体重が減りません。
お医者さんから筋トレするように言われていても、トレーニング嫌いでサボってばかり。
体重も減らないし、足もよくなりません。

今のところ、糖尿病は大丈夫ですが、回りではこの病気で闘病している人が多いです。
外見ではまったく気付くことはないのですが、いろんな病気を引き起こします。
重篤な症状を引き起こし、とても恐い病気の一つ。

歩くことは苦ではないので、しっかり歩くことにします。
2014.12.28 / Top↑
年末恒例の防犯パトロール。
今日から3日間、午前10時と午後8時の2回で、計6回の見回り。
1時間ほど見回って、帰ってくると、ポリエステル製の薄っぺらいウインドブレーカーの背中は、ビッショリと濡れています。
身体は、汗は出ていないのに…。

141227a薄いウインドブレーカーの下には、寒さ対策でラン用のウインドブレーカーを着ていました。
これも、汗をかいたように濡れています。

不思議に思って、考えてみましたが、この現象、結露としか考えられません。
歩き回って、身体の中に熱がこもり、ブレーカーの外は冷たい空気に触れ、結露してしまったのでしょう。
こんなの初めて。

夜の見回りを終えて帰ってくると、手作りのプリンがテーブルに出ていました。
先日、嵐山の「らんざん」さんで、食べたきなこプリンが、美味しかったものですから、Kekoさんが真似て作ったものです。
色艶ともに、らんざんさんのものには、及びませんが、味はなかなかのものでした。
(らんざんさんのプリンは、12月24日のブログに載せています)
2014.12.27 / Top↑
Yukiくんファミリーの依頼で、市役所へ児童手当の申請手続き。
必要書類はすべて揃えてもらっていたので、手続きはすんなりと済みました。
窓口で本人確認などがあると思っていましたから、あまりにあっけなく受付が終わり、拍子抜けのような気持ちでした。

Yukiくんは、2日ほど前から熱を出し、いつもの元気がありません。
夕方になって診察結果を聞くと、RSウイルス感染のようです。
お正月までには、回復に向かうでしょうとのこと。
まずは、一安心です。

インフルエンザ蔓延の兆しで、要注意。
この数日、咳が連続して出て、困ったものです。

西高東低、冬型の気圧配置で、気温二桁に届かず。
3日ぶりのジョグ。
北風が吹き、行きはよいよい、帰りは向かい風。
高雄の疲れもあって、とろとろ走り。
すっかり身体冷えてしまいました。
2014.12.26 / Top↑
2日前に走った高雄マウンテンマラソンの影響で、まだ、足の張りが残っています。
遅いペースだったのに、普段走らないアップダウンで、筋肉疲労。
数日前から異変をきたしていた左側臀部も痛みとれず、ぎこちない歩き。
身体、ヤワ過ぎ。

残すところ、今年もあと一週間。
ようやく年賀状に手を付けました。
裏面、作ってみたものの、昨年の二番煎じのような感じ。

試し印刷をしようとすると、プリンター動かず。
やっと動き出したと喜んだのも束の間、葉書の縁の余白が残っています。
何度やっても同じ。
去年はうまくいったのに…。

一年に一度しかやらないことは忘れてしまいます。
かと言って、手順表を残しておくのも面倒だし。
年ごとに賢くなることもなく、毎年、試行錯誤しながらやってます。
2014.12.25 / Top↑
昨夜から今朝、宿泊した嵐山・清遊の宿「らんざん」さんで、ゆっくり過しました。
ワンクラス上の部屋が空いていて、ランクアップした部屋を用意してもらい、快適でした。

1412arasi2 1412arasi1
ロビーから見る手入れの行き届いた宿の庭園、宿泊のお部屋

夕食は、季節の京会席料理、とてもおいしくいただくことができました。

141223c
季節の京会席料理

昨日は、向かいにある「小倉百人一首・時雨殿」で、全日本かるた大会が行われていて、宿は大会本部になっていました。
袴姿の若いお嬢さんで、昨夜は活気がありました。
今朝は、古都の静かな宿に戻っています。

9時半にチェックアウト。
渡月橋を渡り、対岸の岩田山へ行くつもりでした。
モンキーパークに入らなければ、登ることができません。

500円払って、お猿さんに会いに行く気持ちにもならず、諦めて大悲閣「千光寺」に行ってみました。
渡月橋から桂川右岸を1kmほど上流にすすみます。
途中には、ユニークな書体の「GREAT VIEW」の大文字、嵐山大悲閣 千光寺のポスターは晒されて色あせていました。

1412arasi3 1412arasi14
右岸から宿泊した「らんざん」さんの建物、遊歩道の途中には、大悲閣のポスター

1年前には、大河内山荘へ行きました。
そこから大悲閣の建物が、よく見えていたのを思い出します。
ポスターは、対岸から見た大悲閣の姿が図案になっています。

門前まで来て、ほどよい傾斜の階段を上ります。
参道には、手作りの案内文や古そうな絵画が掲示されて、にぎやか。
住職さんの人柄や、お寺を維持していく難しさが、垣間見られます。

1412arasi5 1412arasi6
参道入口、手作りのインフォメーション

石段の脇では、観音さまのお出迎え。

1412arasi11
ひっそりと観音さま

約200段の階段を上りきると、大悲閣。
客殿の横に本堂、一段下がったところに鐘楼。

1412arasi10 1412arasi7
右、本堂、観音さまが祀られています

1412arasi9 1412arasi15
鐘楼と大悲閣客殿

大悲閣は、江戸初期の豪商、角倉了以が建立した名刹。
了以は、保津川や高瀬川の開削に尽力し、工事で命を落とした人を弔うために、この寺を建てたとあります。
絶景の舞台ともなっている大悲閣客殿は、2012年10月に修復されたもの。

客殿から見る眺めは、絶景。
間近に保津川の流れ、林の後方、左に衣笠山、中央は双ヶ丘、一番奥にうっすらと比叡山。
でも、霞がかかったようで、視界はイマイチ。
GREAT VIEWとはいきません。

1412arasi13
大悲閣から見る景色、残念ながら、遠景は白くとんでしまっています

拝観に訪れる人がちらほらと上がってきます。
静かな景色を堪能して、寺を後にしました。

歩いてきた道を辿ります。
人影少なく、雰囲気のあるいい感じの景色です。

1412arasi41
保津川右岸を渡月橋に戻ります

1412arasi19
どこを切り取ってみても絵になる光景

1412arasi20
静かです

 渡月橋を渡り、嵯峨野へ。
竹林の小道まで来ると、ドッと観光客が増えます。
回りは小綺麗なお店が並び、外人さんの姿が目立って多くなります。

野宮神社は、素通り。
ぶらぶら歩きをしながら、常寂光寺に行きました。

左右に仁王像が構えている仁王門をくぐり、階段を上がります。
仁王像は、運慶の作と書いてありましたが、奈良東大寺の金剛力士像とは随分、印象が違います。

1412arasi31 1412arasi21
茅葺き屋根の仁王門と仁王像


1412arasi22
境内から見る嵯峨野の眺め

愛嬌のある狛犬。
こんなのを見ると、直ぐシャッターを押してしまいます。
立派な多宝塔も。

1412arasi23 1412arasi24
狛犬と重文の多宝塔
本堂は、現在修復工事中。
石段を上り下りしながら、歩きました。

1412arasi36
樹木と落葉がベストマッチング

1412sagano50
多宝塔をバックに

見どころは庭園。
落葉の降り積もったままの自然美の庭、きれいに掃き清められた庭。
それぞれ趣が違います。

1412arasi25
手入れの行き届いた庭

1412arasi26 1412arasi27
和竹と赤い実の万両は似合います。自然美を生かした庭

藤原定家の山荘がこの辺りにあったとも言われ、石碑が建っています。

1412arasi28 1412arasi30
「落葉ふんで道新しくひらけたり 高桑義生」と、小倉百人一首編纂之地の石碑

鐘楼の近くに、橙色の小さな実を、沢山つけている小木がありました。
なんだろうと思って近寄ってみると、ロウヤガキの文字。
こんな柿があるとは、初めて知りました。

1412arasi29 1412arasi52
ロウヤガキの実と仁王門を横から撮影

常寂光寺から竹林の小道の間に、人形の館があります。
庭の樹木に手作りの創作人形が飾られています。
よくできた人形です。

去年も、ここで写真を撮りました。
表の看板には、森小夜子 人形展。
DOLL Studio & Cafe Bistro。

1412arasi32 1412arasi34
通り行く人を見つめています

1412arasi35
どうぞ、いらっしゃい

昼食は、竹林の小道から広い通りに出たところ嵐山琥珀堂さんで摂りました。
お店の名前のついた琥珀ランチを戴きました。
ハンバーグがメイン料理で、ドリンクはフリー。
広いスペースのお店です。

帰りは、JR嵯峨嵐山駅から京都駅に戻りました。
京都駅で、来月予定している藤沢マラソン行きの切符を購入。
天候に恵まれた2日間の京都の小旅行でした。

2014.12.24 / Top↑
今年のラストランとなる京都高雄マウンテンマラソンに参加しました。
この大会は、嵐山・高尾パークウエイ開業50周年を記念し、今回が第1回目。
いつもは、車が走るパークウエイですが、今日はランナーのみの専用道路。
車を遮断しての開催です。

1412takao83
コース図(大会HPより転載・クリックすると拡大します)
14takao60
コース高低表(大会HPより転載)


参加者はマイカーか、公共交通機関の利用。
マイカーは車の台数に制限があるため、大部分の人が電車、バスの利用です。
最寄り駅は、地下鉄太秦天神川駅。
ここから、無料のシャトルバスに乗って会場入り。
菖蒲谷池の広場がメイン会場です。


14takao1 14takao2
受付風景、会場では寒さ対策として、薪が焚かれています

エントリー数は700名。
コースからしてマニアックな大会、見るからにみな速そう。
スタートの整列は、記録をねらう人は前、完走目標の人は後ろです。
スタート前に、開会セレモニー。
太鼓演奏と演舞の披露、袴姿の門川京都市長のあいさつもありました。

14takao3 14takao5
太鼓の演奏は、高雄中学校和太鼓部の部員さん、演舞は光華女子大の皆さん、ランナーを力づけます

制限時間は4時間、時間はたっぷりあります。
とてもついて行けないので、後方から上下のウインドウブレーカーを着用して、ファンランで完走狙いです。

14takao6
スタート前、後ろは完走目標のランナーさん

10時05分スタート。
第一の折返し点、高雄口をめざして上っていきます。
800m地点で下りに転じ、高雄口ゲート前で折り返しスタート地点へと戻ってきます。
これで3km。

ここからは、第二の折返し点、嵐山・清滝口ゲートへと向かっていきます。
何度ものアップダウンを繰り返します。
このコース、累積標高684m。
スタートからゴールまでアップダウンの連続。
平坦になったかと思うと、すぐ上りや下りが待ち構えています。

14takao7 14takao8
愛宕山展望台へ向かっています

コースはハードです。その分、眺めの良い展望が広がります。

14takao12
この辺りから眺めのよい展望が広がります

14takao11
ハイウェイを走っているのは、ランナーのみ

14takao10
コース上から見る京都市内の眺め

会場に着いたときは、どんよりと曇り、お天気が心配されました。
その空も、ランナーを祝福するかのように、晴れてきました。
日陰には、雪が残っています。

14takao43 14takao14
日陰には雪、まだ中間点まではるか先なのに、もう折り返してきます

折り返してきたランナーさんが、ぞくぞくと続いてやってきます。
その数がだんだん少なくなってきた頃に、ようやく第二の折返し点。

14takao15
曲がりくねった坂道を下っていくと、第二の折返し点

右に左に軽快に下っていくと、折返し点の嵐山・清滝口ゲートです。
折返し点では、甘酒が用意されていました。
うれしくいただきました。

14takao16 14takao18
「甘酒どうぞ」、右は水とお茶の給水所

14takao17
第二折返し点、嵐山・清滝口のゲート

下りは気持がよいほどですが、折り返した後の上りは、トロトロへとへと。
楽あれば、苦あり。

14takao21
折り返した後の上り

普段の練習は、平地のジョギングばかり。
しかも、距離は13km止まり。
アップダウンのきついコースは、身体と足に試練を課します。

ゆっくりマイペースで走っていましたが、13kmを過ぎてきつくなってきました。
練習の答えは、正直に結果として出てきます。
小倉山の展望台、保津峡の展望台手前では、歩いてしまいました。
 
14takao26 14takao23
小倉山展望台

14takao24
小倉山展望台からの眺め

保津峡展望台には、皇太子・妃殿下展望の石碑が建てられていました。

14takao28
保津峡展望台からの眺め

小倉山、保津峡展望台で景色を堪能して、ゴールをめざします。
まだまだ上りは続きます。

14takao29
保津峡展望台から愛宕山展望台に向かいます

15km地点までやってくると、後ろから、にぎやかな声が聞こえて来ました。
サンタの衣装をまとった女性ランナーさんたち。
カメラを向けると、ポーズをとってくれました。
いいですね。このノリ。
疲れ吹っ飛んでしまいます。

14takao30 14takao31
距離表示は、1km毎

14takao32
笑顔とノリ最高

下る途中で見た比叡山、きれい。
どっしりとして、こちらを眺めているかのよう。

14takao34  
後方に比叡山

最後の給水所を過ぎると、あとはゴールまで下るだけ。

14takao35 14takao36
最後の給水所、サンタさん余裕の走り

菖蒲谷池が右手に見え、会場のアナウンスが大きくなってくると、ゴールです。
最後は軽快に、フィニッシュ。

14takao37
アップダウンを乗り越えてフィニッシュ

タイムは、2時間22分02秒。
ハーフマラソンとはなっていましたが、実際の距離は19,5kmほどでした。
ゴールした後には、温かいぜんざい、甘酒などの無料サービスが待っています。

14takao40 14takao39
無料サービスコーナー

14takao70お天気に恵まれ、今年最後のラストランを楽しむことができました。
これからこの大会は毎年、開催される予定です。

今後の改善点として、正確な距離表示、メイン会場のトイレ数、手荷物ラベルは、ほしいところです。

今夜は、嵐山「らんざん」さんで宿泊です。
チェックイン前に、渡月橋近くのお店で、遅い昼食を摂りました。
(写真は昼食のサイコロステーキ定食)


外を眺めていると、人力車に乗った舞妓さん。
魅入って写真を撮ってしまいました。

14takao41
京都らしい雰囲気のある光景です

2014.12.23 / Top↑
Yukiくんファミリーの引っ越しは、無事終わりました。
引っ越してしばらくは、荷物の整理や雑事に追われます。

業者さんがやってきて、ケーブルテレビの設定や床暖房の調整、エアコンの設置等々。
それを邪魔しないように、Yukiくんと一日、遊んでいました。
何度も外へ出たがるので、少しの時間、外に出ましたが、強い冷たい風が間断なく襲ってきます。
その度に、Yukiくんの身体はヨロヨロ。

家の中では、本を読んで相手をしていると、自分の方が眠くなってきます。
持久力では、Yukiくんの方が上です。
2014.12.22 / Top↑
Yukiくんのファミリーの引っ越し。
吹田市から東生駒へ移ってきました。
我が家からは、車で10分ほど、歩いても30分あまり。
近くになって、いつでも行き来できる距離です。

お手伝いに行きましたが、ここに書くほどの仕事はやっていません。
荷物の移動は、引っ越し屋さんが、細心の注意を払いながら、所定のところまで運んでくれます。
運ばれた荷物を箱から取り出し、整理しながら新居に納めていくだけです。

昔のように、知人や友だちに頼んで、荷物を運ぶようなことはなくなりました。
プロに頼む方が、お金はかかっても、仕事は丁寧で、疲れも半減します。

Mitukiちゃんファミリーも東生駒。
お互いに助け合いながら、やっていきたいですね。



2014.12.21 / Top↑
雨よく降りました。
元職場でボランティアの日。
今日は、とっても地味な作業。

自分が生まれた当時に作られた書類整備。
60年以上も経っている文書は、紙が変質し、しわを伸ばそうとすると、ボロボロと欠け落ちてきます。
それに裏張りして補強し、ファイリング。
一日、そんな作業をしていました。

古文書の修復や遺跡の発掘調査などで、細かな小道具を使い、コツコツとやっている作業を見ることがありますが、そんな人の苦労が少しは分かります。
一人だったら、とても続きません。
2014.12.20 / Top↑
気温は10℃に達しないものの、穏やかな日に戻りました。
(明日は、また、一日雨予報です)
昨日、一昨日が寒すぎました。
上信越から北日本、北海道はこの寒波の影響で、大きな被害が出ています。

今年も残すところ、10日余り。
そろそろ年賀状を仕上げなくてはならないのですが、いつもの通りで、なかなかその気分になりません。
やっと、名簿を確認したばかり。
この分だと、25日を過ぎてからになりそうです。


2014.12.19 / Top↑
朝の冷え込み厳しく、霜柱、氷が張っていました。
日陰では、午後になっても氷が溶けず、日中の気温も4℃止まり。
この2日間、今冬一番の寒さ。

昨日、吹き荒れた強風は、今日になって収まってきましたが、北西の風は冷たく、膚を刺します。
ジョグの途中では、雪が舞い、一面真っ白の冬化粧。
さすがに、ジョグする人は無く、出会ったジョガーさんは一人だけ。
寒さで、身体の動き悪いです。

2014.12.18 / Top↑
用事があって、朝から吹田へ。
水曜日は、午後の立哨の日。
遅れないように、お昼過ぎに急いで、帰ってきました。

着替えを済ませて、所定の場所へと行き、子どもたちが帰ってくるのを待ちました。
ところが、いつもと雰囲気が違います。
ジョギングしている親子が、横を通り過ぎて行きます。
自転車に乗って、坂道を下ってくる子どもも。
時間が来ても、校門からは誰ひとり出てきません。

ハッと気付きました。
今日は春日若宮おん祭り。
お渡り式の行列の日です。

奈良市の小学校は、毎年この日は、午前10時半の下校。
すっかり抜けていました。
スケジュール表を確認していれば、間違わなかったのに。

こんなときのバツの悪いこと。
凡ミス多すぎます。
2014.12.17 / Top↑
一日中、冷たい雨。
午後の会議出席のため、元職場へ。
お昼は、布施でカレーの定食。

午後6時過ぎには帰ってきましたが、出かける前より寒くなりました。
明日、明後日は猛烈な寒波襲来。

書くことあまりなく、今、我が家で咲いているシャコバサボテンを載せました。
「今年は、例年以上によく咲いています」は、陰の声。
世話をしているのは、自分ではありません。(改めて書かなくても分かることですが…)

141216a
玄関に置いているシャコバサボテン、右後方はミニクリスマスツリー
2014.12.16 / Top↑
明日からお天気崩れそうなので、富雄川ジョグ。
この一年間、ジョグは富雄川の13kmコースで定着。
別なコースもとれるのに、無難で慣れたところを選んでしまいます。

矢田丘陵遊歩道や、飛鳥ゴルフ場周回のアップダウンコースも、トレーニングには最適の場所なのに、足の故障を抱えていると、躊躇してしまいます。

西ノ京や斑鳩コースも長いこと行っていないなぁ。
歳を重ねるごとに走る日数、距離が減っているし。
心の中のぐうたら大王が、幅を利かせています。
2014.12.15 / Top↑
朝一番に町内会の公園清掃。
出てきている人は、ほとんど高齢者、どこの自治会でも抱えている問題点が浮き彫り。
運動会だと、若い人たちで活気あふれているのに…。

活気がないと言えば、今回の衆議院議員総選挙。
やりたい放題の安倍政権で、生活窮々なのに、自民、公明与党の圧勝。
野党の主張も説得力なく、議席は大幅減。
庶民にとっては、日本共産党の躍進がせめてもの救い。

スカッと感動したのは、羽生結弦くんのグランプリファイナル優勝。
先月8日、中国杯フリーの直前練習での激突負傷から、奇跡的なカムバック。
前日のSPで1位、今日のフリーの演技でも、ほぼ完璧な滑りで、圧倒的な強さ。
後半の3回転ルッツの転倒が1回あっただけ。

演技が終わるまで、ヒヤヒヤして見ていましたが、終わった後は、感動の余韻。
見ていて、惚れ惚れ、完璧な演技に、すごいの連続です。

マスク良し、スタイルよし、受け応えよし。
どこをとっても、好感度抜群。
ファンが殺到するのも当然です。

振り返って見ると、テレビ漬けの一日でした。
午前中は奈良マラソン、お昼は全日本実業団女子駅伝。
グランプリファイナル、選挙速報。
毎週見ているBSの「奇皇后」も、欠かさず見ました。

2014.12.14 / Top↑
今日も寒かったですね。
風もあって、気力をそがれるような日でした。
救いは上空の青空。
これがなかったら、多分、ジョグを休んでしまったと思います。

日本海側や山間部は雪。
それもかなりの積雪。
空っ風こそ吹いていたものの、平野部は雪無し。

長袖Tシャツにウインドブレーカーを着てのジョグ。
寒さで汗は、さほど出ません。
休日ということもあり、2桁に近いジョガーさんに出会いました。
会釈を交わし合うと、少しは寒さを忘れます。

2014.12.13 / Top↑
2日続きの完全休養日になってしまいました。
薬が効いたのか、咳も鼻水も随分ましです。
回復の兆しを見せているので、薬は止めにしました。
できるだけ、薬には頼りたくないですから…。

23日の嵐山・高尾マウンテンマラソンの参加証が届きました。
勢いで申し込んだものの、出走は微妙。
当日の体調、現地の状況を見て、判断することにします。
2014.12.12 / Top↑
昨夜は、風邪で夜中に何度も咳が出て、よく眠れませんでした。
咳や鼻水のダブルパンチ。
仕方なく、風邪薬を飲みました。

お茶して、家でゴロゴロ。
座ったり寝転んだり。
足がムズムズしてきて、なんとなく落ち着きません。

ぐうたらのせいか、お腹周りが一段と窮屈になっています。
体重計は65kg直前。
わぁ〜、ピンチ

2014.12.11 / Top↑
風無く、穏やか。
これも今日一日だけで、明日は朝から雨予想。
その後は、寒波襲来で週末から来週にかけて、かなり寒くなるようです。
天候がめまぐるしく変わります。

ジョグするなら今日のうちに。
下校時の立哨を終えてから、13kmジョグ。
鼻水は止まりませんでしたが、風なくいい気分で走れました。

明日は完全休養日です。
2014.12.10 / Top↑
このところの寒さで、風邪を引いてしまいました。
鼻水が止まらず、ゴミ箱がティッシュでいっぱい。
熱はないのですが、時折、咳。

ジョグは止めて、ウオーキングにしました。
約1時間半、矢田遊歩道からドンデン池、小明町の方まで行き、帰りは歯医者さんに寄って戻ってきました。
ドンデン池のカワセミくんに遇えるかと、愛用のカメラも持参。

残念ながら、カワセミくんどころか、野鳥の姿はまったく見られず。
鳥の声は聞こえてくるのに…。
周到な準備をすると、肩すかしです。
2014.12.09 / Top↑
ずっと寒い日が続いています。
お昼前に、整形外科受診。
ヒアルロン酸の注射を打ってもらいました。

141208a先生は、今度の奈良マラソンで、スポーツドクターとして、ランナーのサポートにあたられるそうです。
自分は…と言うと、寒さが嫌でボランティアの登録をしませんでした。
いつもサポートしてもらっているのに、情けないです。

今夜は、近くのお好み屋さんで外食。
今日が、38年目の結婚記念日。
粉もん屋八さんで、たこ焼きとミックスのお好み焼きを注文。
たこ焼きを食べ始めてから、写真を取り忘れたことに気付きました。

食い意地張りすぎ。
アルコールのないささやかなお祝いです。
2014.12.08 / Top↑
昨日まで、ピンクの大きな花をつけていた皇帝ダリアが、枯れてしまいました。
まだまだ、たくさんの蕾がついていただけに残念です。
見栄えのする花ですが、寒さには為す術もありません。

開花したのが先月7日。
1ヶ月の間、目を楽しませてくれました。
去年は、11月末で枯れてしまったので、よくもってくれた方です。

明日、剪定ゴミの回収日。
根元から伐り、小さくして袋に詰め、集積場所に出しました。

福岡国際マラソン、テレビ観戦。
ケニアのパトリック・マカウ選手が2時間8分22秒で優勝。
ベストタイムが、2時間3分台ですから、余裕のゴールです。
日本選手では、藤原正和選手(ホンダ)の2時間9分6秒が最高位。
中盤まではいいペースでも、終盤で外国選手に引き離されてしまいます。

昨日までと違い、風はあまりなく、夕方ジョグ。
休日は、たくさんのジョガーさんとすれ違います。
2014.12.07 / Top↑
毎年、恒例になっている町内のもちつき会。
朝の冷え込みは厳しく、寒い日でしたが、人出は去年より今年の方が多いみたい。
杵でつく威勢のいい音は、いいですね。

子どもたちの試しつきもありました。
つきたてのきなこもちや、ぜんざいの味は、格別です。
みんな満足そうないい笑顔です。

141206b 141206a
盛況のもちつき会

要員には、最後に特別、つきたてもちのお雑煮がふるまわれます。
それをおいしくいただいて帰ってくると、午後1時を回っていました。
2014.12.06 / Top↑
このところ、ジョグさぼってばかり。
気温は10℃にも満たず、風も吹き、今日も止めようかと、サボりの虫が…。
休んでしまうと、このままズルズルといってしまいそう。
なんとか気持ちを切り替えて、シューズを履きました。

外に出た途端、寒〜い。
富雄川に出ると、何人かのジョガーさんとすれ違いました。
いいペースで走っていました。

これからの3ヶ月、寒さとの葛藤です。
1週間ぶりの13kmのジョグでした。
2014.12.05 / Top↑
一昨日は寒さと強風、今日は冷たい雨。
昨日の山歩きだけ、良いお天気でした。
これが逆だと悲惨ですから。

家に引っ込んでいても、寒いだけ。
こんなときは、外の暖かいところへ。
コメダ珈琲さんで、1時間半以上も、過ごしてしまいました。
気が付くと、回りのお客さん、みんな帰っていました。

やりたいことがあるときは、場所を変えてする方が、能率が上がります。
コーヒーもパンも出してくれます。

外へ出たのは、朝の1時間の立哨と、ゴミ回収の網片付け、コメダさん、郵便局のお届け物、それと生協の配達のときだけ。
冷たい雨で、家で燻っていました。
2014.12.04 / Top↑
今年も残りわずか、午年の干支に因んで、和歌山県の白馬山(しらまやま)に登ってきました。
山の教室、今年最後の山登りです。
白馬山は、有田川と日高川の分水嶺に位置する山。
ガイドブックにも載っていないような里山ですが、近畿百名山の一つになっています。

行程は
橿原神宮前駅8:00ー(阪和道・国道480号線・国道424号線)ー10:25北尾根登山口(標高600m)10:34ー10:47バリルート・急登コース分岐ー12:08白馬山(標高957.3m・昼食)12:40ー12:44西・東尾根分岐ー13:11東尾根登山口・林道出合ー(白馬林道)ー13:38駐車場(標高738m)13:45ー(道の駅で買い物)ー16:30橿原神宮前駅 歩行距離約5.5km


1412sirama61

コース概略図(国土地理院・地図利用/http://portal.cyberjapan.jp/testd/

阪和道を有田ICで降り、国道480号線から424号線に。
道の駅「しらまの里」で小休憩した後、その先で国道を外れ、右に白馬林道へ入ります。
白馬山への登山口は、いくつかありますが、今回は北尾根登山口から登るルート。
登山口に道標が出ています。

1412sirama24  
 林道でバスを降り、ここから出発です

1412sirama25 1412sirama4
矢印の方向へ登ります

とりつきには道標が出ていますが、頂上まで整備された道標がないので注意が必要です。
以前はあったそうですが、心ない人によって、無くなってしまったようです。
今は、現地の人が、幹にペンキ書きしたり、木の皮をはぐなどして登山道と分かるようにしてくれています。

尾根道に入るまで、急登が続きます。
ジグザグしながら登っていきます。
10分余りで、急登コースとバリエーションルートの分岐点。
幹の文字が目印、道標になっています。

1412sirama3 1412sirama26
急登をすすむと、急登とバリルートの分岐点(右写真)

1412sirama6
分岐点を右に急登コースを辿ります

昨日の寒波で日陰のところには、白いものが混ざっています。
落葉の急坂は、滑りやすく注意して登ります。

1412sirama7 1412sirama8
登るに連れ、白いものがチラホラ

尾根道に入ったところで小休憩。
曇りがちだった空は、クリアな青色になってきました。

1412sirama9 1412sirama10
木株のキノコの回りには白い雪、きれいな青空

1412sirama11
辿ってきた道を振り返ります

1412sirama12
コンパスと地図で位置確認しています

尾根道に入ると、何度かの登り下りの繰り返し。
昨日は強い風でしたが、今日は嘘のようにその風がありません。
日差しが降り注ぎ、ちょうどいいくらい。

1412sirama60
尾根道歩き、危険箇所もなく歩きやすい道

右手、樹林の隙間からめざす白馬山が見えてきます。
幹には、テープが巻かれています。
これも道標代わり。
注意していないと見落としてしまいます。

1412sirama13 1412sirama15
これが目印

尾根道を右へとり、急坂を一旦鞍部へ下り、登り返すと白馬山です。

1412sirama16
急坂を下ります

1412sirama17 1412sirama18
鞍部から登り返します

1412sirama19
尾根道から左側の景色(ヒメシャガの木肌が美しい)

1412sirama20 1412sirama21
登りきると白馬山です

二等三角点があります。
頂上は地元の人たちの手によって、樹木が伐採され、広場のようになっています。
こうなるまでは、かなり荒れていたようです。
西側は植林帯で、眺望はまったくききません。
東側の眺望も、樹木に邪魔されています。

1412sirama29
頂上で休憩、昼食です

1412sirama30
青空が広がって気持ちいい

1412sirama31
頂上からの眺望

1412sirama32
頂上から東方向を見ます。伐採された木を利用してトーテンポールが作られています

下りは、東尾根登山口へのルートです。
東に少し下ると、東と西の登山口の分岐点。
木株に描かれた道標があります。
右に折れると、西尾根登山口。
ここは直進します。

1412sirama34 1412sirama33
東・西尾根ルートの分岐

分岐から少しすすむと、絶好の視界が目に飛び込んできます。
コース一のビューポイント。
山並みの続くその向こうには、太平洋が見えています。

1412sirama36 
東尾根ルートから見る眺望、写真では分かりにくいのですが、中央右寄り光ったように見えるのは太平洋

北尾根ルートでは、眺望はイマイチでしたが、東尾根ルートは、眺めも良く、気持ちのいい山歩きが楽しめます。
遠くの景色に見とれて、足元の注意を怠らないようにするだけです。

1412sirama38 1412sirama39
楽しい尾根下り

1412sirama41
目の前に見える山の名が分かると、山歩きももっと楽しくなるのですが、残念ながら分かりません

1412sirama42 1412sirama43
自然林の続くいい道

1412sirama46
下の方にはまだ紅葉

1412sirama47 
植林帯も一部見られます

頂上から30分ほど尾根道を下ると、登山口。
舗装された白馬林道に出ます。

1412sirama49
登山口近くから尾根ルートを振り返ります

1412sirama50 1412sirama51
東尾根登山口付近
整備された広い林道を歩きます。
楽に登ろうとすれば、こちらの登山口から往復するのがベターです。

1412sirama54 1412sirama26 
舗装された林道歩きは、面白みがないです

林道をバスが待つところまで下っていきます。
単調な林道歩きですが、左側に広がる景色は見応えがあります。

1412sirama55
林道からの眺め、右のススキの斜面が光っています

1412sirama56 1412sirama57
舗装された林道を30分ほど歩き、「東洋紡みらいの森」でバス乗車

登り始めたところから、バスの待つところまで、全長5.5km。
そのうち、舗装された林道歩きが、2km近く。
実際の山歩きは、4kmにも達していません。
登りルートで、急登はありましたが、距離は短く、楽な山歩きでした。
帰りに、道の駅でみかんと手作りの栗まんを、買って帰りました。

来年は羊年。
うま(馬、午、駒)の付く山は、全国にたくさんありますが、羊の付く山はなかなか出てきません。
北海道の羊蹄山くらい。
登ってみたい山ですが、遠すぎて、すぐに行けそうにないのが残念です。
2014.12.03 / Top↑
急に寒くなりました。
日中の最高気温は、10℃にも達せず、昨日までの暖かさが嘘のよう。
この寒さで、身体が縮こまっています。

風も強く、ウォーキングやジョグをする気持ちは、すっかりすぼんでしまいました。
寒いのはダメです。
膝、いつもより痛みます。

明日、山で気分転換します。
2014.12.02 / Top↑