FC2ブログ
東日本大震災から今日で4年。
新聞、テレビではトップで報じられています。

現地では、ガレキが取り除かれて、新しいマチづくりも、少しずつすすんでいるように見えます。
しかし、復興計画が未だ手つかずのところも、多く残されています。
原発被災地は、無残に取り残され、4年前に時計が止まったかのよう。

原発は、廃炉の方向だったはずなのに、年月が経つ毎に、舵は限りなく再稼働の方向。
廃棄物の処理は、解決策もなく先送りにされ、問題山積。
一番、大切なことが、国民に知らされていないように感じます。

将来のためにも、原発はドイツのように廃炉に向かって、すすんでほしいと願うばかりです。

2015.03.11 / Top↑