FC2ブログ
明日、開催される越前大野名水マラソンに参加するため、福井へやってきました。
お昼ご飯を食べてから、我が家を出たので、福井に着いたのは、午後4時過ぎ。

マラソン参加で、福井県へ来るのは、5年ぶり。
加賀で行われた全国健勝マラソンのとき。
福井市となると、2002年の福井マラソン以来、実に13年も経っています。

駅を出て駅舎をみると、壁面いっぱいに恐竜のイラスト。
駅界隈は、随分きれいになったという感じ。
現在進行中の工事も行われていて、新幹線の延伸を想定した街づくりが行われている印象を受けました。

1505fukui100
壁面に恐竜のイラスト

駅から歩いて5分あまりのところにあるホテルにチェックインして、近くをぶらり歩き。
ホテルと道をはさんで、斜め向かいに柴田神社があります。
まず、そこへ行ってみました。

1505fukui6 1505fukui1
柴田神社(北の庄城址)

ここは、北の庄城があったところで、現在でもお城の石垣が保存されています。
史跡保護のため、神社は石垣、遺構を壊さないよう建てられています。

1505fukui12
現在の配置図

1505fukui30
往時の北の庄城

1505fukui5 1505fukui2
遺構を保護するために通路は板張り。随所に詳しい案内板

神社には、柴田勝家、お市の方、それに三姉妹が祀られています。
大きな柴田勝家の銅像、お市、三姉妹の銅像もあり目を引きます。

1505fukui10
左からお市の方、茶々、江、初の三姉妹、後方は柴田勝家

1505fukui11
三姉妹が祀られています

「越前北ノ庄城趾」の文字は、平山郁夫画伯揮毫による記念碑。
その横には、写真入りで紹介文が書かれています。
平山郁夫画伯は、勝家の子孫であり、この地には何度も訪れ、特別な思いがあったことが記されていました。

1505fukui4
立派な記念碑

1505fukui3 
記念碑紹介

現代日本画家の最高峰である平山郁夫(1930〜2009)氏は、柴田勝家公の末裔であり、勝家公の最期の地である福井に愛着を持たれ、この地を度々訪問されていました。
この石碑は、平山氏が祖先への感謝の意を込めて碑文を揮毫され、平成16年(2004)に当公園の竣工にあわせ設置されたものです。




商店街やメイン通りのところにも、昔の遺構を忍ばせるものを見ることができます。

1505fukui13 1505fukui15
市内には歴史を感じさせるものが多くあります(ガレリア元町商店街)

1505fukui14 1505fukui28
囲いの中はガラス張りになっていて、石垣の一部を見ることができます(右の写真)

駅からそれほど離れていない福井城址にも行きました。
城の跡には、県庁や警察本部の建物があります。
お城の西側は、工事中。

1505fukui22
城址には県庁など官庁の建物

1505fukui16 1505fukui20
福井城址、整然と積み上げられた石垣

1505fukui21
天守台案内図

1505fukui18
天守閣跡、昭和23年の大震災で石垣の一部が崩壊しています

1505fukui17 1505fukui23
福井の地名の由来ともなった福の井、井戸の底部までの深さ5.7m、工事は平成29年度末まで

1505fukui19
天守閣跡から山里口御門復元工事現場を見る、堀の水をせき止めて行われています

1505fukui25
御廊下橋、工事のためここから天守台へは入れません 
1505fukui24
御廊下橋の案内板

お城の西には、中央公園。
工事のため、半分は囲いで覆われています。
13年前の福井マラソンでは、ここがメイン会場になっていました。
円形の芝生広場が、記憶に残っています。

1505fukui29 1505fukui26
公園には彫刻の作品も展示、右は中央公園

1505fukui27 一回りして、夕ご飯は、駅ナカで、ソースかけカツ丼と、盛りそばのセットにしました。

明朝は、福井6時29分発の越前大野行きに乗ります。
次便は9時台ですから、これに乗らないと大会に間に合いません。

早めに就寝します。
2015.05.23 / Top↑