昨夜は、とても涼しく窓を開けていると、ちょっと膚寒く感じられるくらいでした。
今朝も快適で、日中はクリアな青空が広がっていました。
絶好の行楽日和。

こんなに良い天気なら、どこか行けばよかったと思ったほど。
このまま、今日のような天気が続いてくれれば、山歩きをしたくなります。
山の本をとり出して、次に行く山をあれこれ思案しています。

夜は、FIFA W杯 アジア最終予選、オーストラリア戦をテレビ観戦。
前半41分、左サイドの長友選手が、ゴール前へクロスボール。
DFラインの裏に飛び出したFW浅野選手が、これを押し込み見事な先制ゴール。

後半37分には、途中交代した原口選手のパスを、井手口選手が巧みなドリブルでゴール中央へと持ち込み、素晴らしいミドルシュート。
結果は、この2つのゴールで、2対0のスコアで完封勝ち。
これで、日本は6大会連続W杯出場決定です。

久しぶりに興奮して、サッカーを見てしまいました。

2017.08.31 / Top↑
今日はNanaちゃんの1歳の誕生日。
誕生祝いを兼ねて、赤飯を持って行きました。

タッチも上手になり、数歩ならつかまらないで歩くことができます。
ついこの間は、伝い歩きがやっとでしたから、子どもの成長には、目を見張るものがあります。

170830a
MitukiちゃんとちょっとおすましのNanaちゃん

今夜は、我が家も栗入り赤飯でした。
2017.08.30 / Top↑
今朝、起きると、各テレビ局とも一斉で、北朝鮮が早朝に発射したミサイルのニュース。
最近の報道から、その兆候は予想されてはいましたが、ついに実行したかの印象。
弾道ミサイルは、日本を飛び越え、北海道・襟裳岬の東方約1180kmの海上に落下。

幸い、このミサイル発射によって、大きな被害はなかったようですが、ミサイルが落ちた海上は、サンマの漁業地。
船舶の多いところだけに、今後、動向が気になるところ。
何をするか分からないというのが、一番、不安です。

今日は一日、大阪市内の施設訪問。
在職中に、何度も寄せてもらった施設です。
昨年、改築された建物を見せてもらい、職員さんの話しもたくさん聞かせてもらいました。

建物がきれいになると、職員さんの意識も変わり、明るくなります。
いい勉強をさせてもらいました。
2017.08.29 / Top↑
宿のマイクロバスで駅まで送ってもらい、普通列車で金沢へ。
新幹線が金沢まで開通し、新しくなった駅舎を出るのは、初めてです。
すっかり様変わりした姿です。

1708kana1
新しくなってから初めて見る金沢駅

駅前の案内所で、バスの一日フリー乗車券(500円)を買って、市内の観光巡り。
何度も訪れている金沢ですが、最後に来てからもう10年くらいは経っています。
最初に金沢21世紀美術館に行きました。
もちろん、今回が初めて。

残念ながら、月曜日は休館日。
それでも、建物は公開されていて、自由に中へ入ることができました。
エレベーターも動いていました。
エアコンも効いていて快適。

1708kana7
東口側から美術館を見る

1708kana2
光庭

1708kana3
地階と1階をつなぐシースルーのエレベーター

1708kana5
1階フロア

1708kana4
1階フロアから外を見る

1708kana6
カフェレストラン(休館日でクローズ)

1708kana8
カラー・アクティビティ・ハウス

1708kana9
ラッピングと名付けられた遊具

美術館を出ると、歩いて兼六園へ。

1708kana10
21世紀美術館の北側にある金沢城公園

一般入場料は310円ですが、65歳以上は無料、ラッキーです。

1708kana11
真弓坂から入園

何度も来ている兼六園。
5,6回は来ています。
でも、今回、新しく目にするものもありました。

時間はたっぷりとあり、今日は、園内をくまなく歩くことができました。
今まで、こんなにも園内を歩くことはありませんでした。
でも、暑かった。

1708kana12
園内には、歳月の長さを感じさせる樹木がたくさん

1708kana13
翠滝と海石塔

1708kana14
瓢池(ひさごいけ)

1708kana15
霞ヶ池、北側を見る

1708kana17
唐崎の松

1708kana18
有名なことじ灯籠と内橋亭

1708kana22
根上がりの松

1708kana23
根上がりの松

1708kana25
これで樹齢何年経っているのでしょう

1708kana27
山崎山

暑さの中で、作業員の方が、清掃や草刈り作業をしていました。
広い園内ですから、日々の清掃、メンテナンスが大変です。


1708kana16
流れの中に入って、清掃する作業員さん

1708kana24
園内を流れる水路の風景

1708kana26
ギボウシが彩りを添える

1708kana20
樹林の苔がきれい

1708kana21
光に映える

浴衣姿の人もたくさん見かけました。
華があります。
思わず、シャッターを押してしまいます。

1708kana19
茶店の前で

1708kana28
庭園を眺めるお嬢さん

兼六園から石川門を通り、金沢城公園に。
整備された広い公園です。
こちらは、入園料はいりません。

1708kana30
石川橋を渡り、石川門へ

1708kana31
重文の石川門

1708kana32
河北門から見る

1708kana33
五十間長屋・橋爪門続櫓

金沢城公園を歩いた後は、兼六園下のバス停から近江市場に。
新鮮な海の幸を…と思っていたのですが、どこのお店も人の列。
結局、バス停近くの地下街で、サーロインステーキのランチにしました。

1708kana34
和牛のランチで、肉がとても柔らか

お腹を満たした後は、ひがし茶屋街へ。
ここも、多くの観光客。
あまりの人で、お茶する予定が当てが外れ。
暑い中、ぶらぶらと歩くだけとなりました。

1708kana35
ひがし茶屋街

1708kana36
細い路地に入った方が雰囲気が感じられる

1708kana38
古い家並みが続く

1708kana39
メイン通りを外れると、観光客も少なめ

1708kana40
路地が縦横に

1708kana41
提灯にも味わいが…

1708kana42
路地の風景

1708kana43
小さなお店がたくさん並んでいます

お茶は金沢駅に戻って、駅ナカのお店でしました。

1708kana44
                                駅ナカであんみつをいただきました(780円)

東京、金沢間の新幹線が開通して、観光客は随分、増えました。
お茶するところを見つけるのも、なかなか大変です。

金沢は町並みが美しく、史跡、観光スポットが他にも多くあるのですが、いつも行くところは決まってしまいます。
今度、来ることがあれば、穴場を見つけて、散策したいものです。
暑い中を歩き回り、疲れました。
電車の中では、つい、ウトウト。
楽しい2日間でした。

2017.08.28 / Top↑
朝からとても良い天気でした。
Youさんと北陸へ一泊の旅。
今日は、山中温泉です。

遅めの出発で、京都11時40分発のサンダーバードに乗って、加賀温泉駅に13時30分到着。
駅から今夜宿泊の「お花見久兵衛」さんの送迎バスでチェックイン。

1708yamana32
山中温泉中心部の奥にある「お花見久兵衛」さん

荷物を部屋に置いて、温泉の名所地・鶴仙渓を散策しました。
山中温泉には、過去一度、20年以上も前に来ているのですが、すっかり記憶がとんでいます。
覚えているのは、菊の湯の広場あたりと、鶴仙渓の一部だけ。
こおろぎ橋を渡ったのは、覚えています。


  歩いたルート

パンフでは北陸随一の渓谷とありますが、それはさておいて、大聖寺川沿いの遊歩道を、のんびり歩きました。
片道約2km、往復して4km余りです。
きついアップダウンはなく、遊歩道も整備されているため、歩きやすい道です。
結構、観光客の人が多かったです。

1708yamana1
鶴仙渓の案内板

1708yamana2
大聖寺川沿いに遊歩道が延びている

1708yamana3
苔むした光景の遊歩道

1708yamana5
歩きやすい道が続いている

1708yamana7
石畳のところは、滑りそうなところも

昨日、雨が降ったようで、川の水は流れが速く、濁りもありました。
渓谷の美しいところなので、各所に休憩所やベンチ、それに、句碑もいくつか見かけました。

1708yamana6
雨の後で、流れが速い

1708yamana8
句碑と休憩用のベンチ

1708yamana9
雰囲気のいい散策道

この時期は、川床が設置されていて、お茶とスイーツを楽しむことができます。
6つほどの席が設けられていました。
お客さんに人気で、15分くらい待って、ようやく座ることができました。

1708yamana12
鶴仙渓の中程にある川床、奥に見えている橋は、あやとり橋

1708yamana13
浴衣姿が目を引く

1708yamana10
飛び石になっています

1708yamana11
川床のそばにある小さな滝

1708yamana15
滝のそばに小さな石像

1708yamana14
反対方向から川床を見る

1708yamana16
ロールケーキ、抹茶白玉汁粉、ほうじ茶のセット(3人前)

地蔵と慈母観音さまのある石の祠を過ぎると、あやとり橋に続く階段。
橋は、あやとりの模様をしています。
多分、その姿から、この名前がついたのでしょう。
ゆるやかな曲線を描いています。

1708yamana18
観音さまと地蔵さま

1708yamana19
あやとり橋を下から眺める

1708yamana20
橋から大聖寺川を見下ろす

1708yamana21
川床を見る

1708yamana22
あやとり橋は、ゆるやかな曲線形

1708yamana23
別方向から橋を見る

川沿いの遊歩道に戻って、芭蕉堂の前を過ぎると、黒谷橋。
橋を渡り、温泉街のメインストリートから宿へ戻りました。

1708yamana25
芭蕉堂

1708yamana26
石造りの黒谷橋

広い道路の両脇に、お土産屋さんや旅館が並んでいます。
メイン通りは、きれいに整備された町並みでした。

1708yamana27
電線は地下に敷設、整備された旅館街

1708yamana28
道路脇に置かれている子どもの像

こおろぎ橋を渡って、元の道へ。
橋の付近は、モミジの木が多く、紅葉の名所です。

1708yamana30
こおろぎ橋は、紅葉の絶景スポット

1708yamana29
こおろぎ橋から見る

4km余りのコースを、2時間近くかけて、ゆっくり歩いて宿に戻りました。

夕食は「桜ごよみ会席」でした。
宿の人が、料理の素材や調理方法など、一品ずつ丁寧に説明してくれましたが、記憶力が悪く、ほとんど覚えていません。
どれも、趣向をこらした創作料理で、美味しくいただきました。

1706mikata42 1706mikata44
前菜、お造りの盛り合わせ

1706mikata45 1706mikata46
和牛の治部煮、加賀野菜の冷製スープ

1706mikata47 1706mikata48
すずきのしゃぶしゃぶ、茶碗蒸し釈迦仕立てとブロッコリーのムース

1706mikata50 1706mikata49
生姜釜飯と赤だし、フルーツジュレとお汁粉

夕食の後は、山中座広場で開催の「やまなか温泉夏まつり」を見に行きました。
今夜で、最終日です。
子ども用にお遊びコーナーや、木製品のお店が出ていました。
地元の芸妓さんの踊りや太鼓の演奏など、ちょっぴり楽しんできました。

1706mikata41
舞台で踊る地元の芸妓さん

1706mikata40
  会場は山中座(右の建物)広場、温泉街の中心部にある

2017.08.27 / Top↑
昨夜、真夜中から、かなり強い雨が降りました。
その影響もあってか、今朝はとても涼しく、久しぶりに熱帯夜から解放されました。
猛暑日も、今日は一服。

5日ぶりに、いつものコースをジョグ。
幾分か涼しかった分、距離を少し延ばして、14.4kmをちょうど2時間で。

お昼過ぎに、Yukiくんファミリーが来てくれました。
夏休みを利用して、名古屋のあんパンマンミュージアムや南知多ビーチランドに行って来た話しを聞かせてもらいました。
今日の一枚は、お土産にもらった「えびせんべい」です。

170826a
2017.08.26 / Top↑
日中の暑さにかまけて、今日もノージョグ。
ほんの少しだけ、ぶらり歩き。

空き地や道路脇で、目に付くのが、白いユリの花。
道路脇のコンクリートの割れ目から、茎を伸ばして咲くほど、強い生命力のあるユリです。
球根で増えるのがユリですが、どう想像してみても、固いコンクリートの隙間の下に、球根があるように思えません。

170825a
空き地に咲くシンテッポウユリ

帰ってから調べてみました。
在来種のテッポウユリのように見えますが、種類は違い、シンテッポウユリ。
元は、外来種のタカサゴユリで、テッポウユリとこのタカサゴユリが自然交配して、できたのがシンテッポウユリ。

タカサゴユリもシンテッポウユリも、繁殖力が旺盛で、どこでも生育する強さを持っています。
種子が風に飛ばされたり、雨水などで流されて増えます。
コンクリートの間から、生え出ている理由がわかりました。

強い生命力のため、在来種にとって代わるのではないかと、懸念されているそうです。
清楚できれいな花ですが、いずれは駆除対象になるかも…。
2017.08.25 / Top↑
ノージョグ、ウォーキング3kmのみ。
35度を超えると、ジョグは回避してしまいます。

近くの森林公園で、栗の実を見つけました。
山や雑木林でよく見かける柴栗です。
今年は、たくさん実を付けていて、近場で栗拾いができそう。

170824a
近くの森林公園で

他にも、藤の実がたくさんぶら下がっていました。

170824b
たくさんのサヤの実をつけた藤

野山で実をつけ、食べられそうなものは、子どもの頃によく口にしましたが、藤の実(豆)は食べたことがありません。
少量であれば、食べられるようです。
どんな味がするか試したい気持ちもあります。
成分には、下剤にも使われるような毒があり、食べ過ぎると下痢、腹痛を起こすようです。
2017.08.24 / Top↑
毎日、暑い日が続いているのに、この間、ほとんど夕立なし。
と、思っていたら、夕方に雷と激しい雨。
1時間足らずで、雷は去って行きました。

雨が上がったのを見届けて歯医者さんへ行ったのですが、通院途中でまた雨。
少し濡れた状態で、歯科医院に着きました。
まさか、雨とは…。

雨上がり後は、涼しくなるどころか、蒸し暑さでムンムン。
今日は、日中からエアコンを入れています。
昨夜は、一晩中、エアコン入れて寝ました。

毎晩、熱帯夜が続いています。
寝付き悪く、夜に何度も目が覚め、睡眠不足状態。
熟睡できる人がうらやましくなります。
2017.08.23 / Top↑
山歩きの教室で、台高山系の明神岳に登ってきました。
スタート地点は、大又林道終点の駐車場。
明神谷を経由するこのコースは、いくつかの渡渉箇所と、すべりやすい急登もあって、注意が必要です。
曇り空ながら、視界は良好で、山歩きを楽しむことができました。

行程
橿原神宮前駅8:00〜(バス)〜9:33大又林道終点(駐車場)9:43ー9:54登山口ー11:07明神滝ー11:44水場ー11:56明神平(標高1323m・昼食)12:22ー12:47明神岳(標高1432m)12:53ー13:23明神平ー15:04大又林道終点駐車場15:15〜(バス)〜16:46橿原神宮前駅
距離約8.4km、所要時間(休憩含む)5時間21分 累計高度(+)約859m

ルート


橿原神宮前駅からバスで約1時間半で、大又林道終点に到着。
林道には車止めがあり、この手前が広い駐車スペースになっています。
他には車はなく、どうやら私たちだけのようです。
準備を整えて、大又川の渓谷に沿ってすすみます。

1708myojin1
ここから歩き開始

1708myojin2
大又川を左に見て、しばらくは舗装道をすすむ

10分余りで、室生・赤目・青山国定公園の案内板がある登山口です。

1708myojin3
登山口の案内板

きれいな渓谷を見ながらすすみますが、結構、勾配のある林道で、汗がどっと噴き出てきます。

1708myojin4
渓谷の流れに癒やされる

1708myojin81
荒れたところもあり、砂防堤が設置されている

林道が狭くなるところで、小休憩。
ここから明神谷の山道へと入っていきます。

1708myojin7
広い林道はここまで、ここから登山道

1708myojin6
小さな滝がいくつも見られる

橋を渡り、大又川を右に見て登っていきます。

1708myojin8
橋を渡り、大又川右岸(明神谷)をすすむ

荒れ気味の登山道です。
ワイルド感はありますが…。

1708myojin9
しばらく傾斜はゆるやか

1708myojin10
木の下をくぐり抜けたり、またぐところも

奥深く入って行くと、渓谷と深い緑の景色。

1708myojin11
木に苔が張りついている

されにすすむと、渡渉箇所に。
渡渉は数ヶ所あり、最初から4ヶ所目までは、特に注意を要するところです。

1708myojin12
最初の渡渉箇所

1708myojin13
安全のためにロープが張られている

1708myojin14
すべりやすい岩もあり、神経集中

1708myojin15
次々に渡渉箇所が現れる

1708myojin16
雨が大量に降った後は、難関だ

1708myojin17
傾斜が急になる

1708myojin18
集団では、安全面を考慮して、適度の間隔を空け、すすむ

難関の渡渉箇所を越え、小スペースのあるところで小休憩。
この上は、明神滝です。

1708myojin21
ミョウジン谷の標識、ここで小休憩

1708myojin22
小休憩してまだまだ続く急坂に備える

1708myojin20
この上方に明神滝

1708myojin79
これは何かな?

傾斜のある道を足元に注意しながら登っていくと、右前方に明神滝。
明神谷で、最も落差のある滝です。

1708myojin23
明神滝

滝を右にして、巻くように登っていきます。
苔むした雰囲気の良い景色が広がっています。

1708myojin24
苔むした良い雰囲気

1708myojin26
小さな蕾の花

ワイルド感満載な登山道ですが、この道は、トレイルランのコースになっているのだとか。
歩くだけでも大変なのに、この道を走るとは…。

1708myojin27
トレイルランコースにもなっている登山道をすすむ

滝を過ぎ、登っていくと、傾斜はゆるやかになり、右に左に折れながらの道になります。
ヒメシャラの木が目立ちます。

1708myojin29
自然林の歩きやすい道になってくる

1708myojin30
緑がきれい、赤褐色の木肌は、ヒメシャラ

ヤマジノホトトギスが出迎えてくれました。
名前の分からない苔や、キノコもあります。

1708myojin66
ヤマジノホトトギス

1708myojin31
いろんな種類の苔に出合う

1708myojin32
名前を知らないキノコ
 
小さな渡渉を終えてすすむと、水場。
パイプが通されていて、水を汲みやすいようになっています。

1708myojin77
水量は豊富

1708myojin33
水場で一息

水場まで来ると、明神平まで、もうすぐ。
勾配を増した道を登っていくと、右前方に薊岳、さらに右に視線をずらすと、金剛、葛城の山並みが見えてきます。
遠くまで、よく見える。

1708myojin34
薊岳

1708myojin36
中央奥に、金剛、葛城山が見えている

あしび山荘のある明神平に到着しました。
休憩時間を含めて、登山口から2時間10分ほど。
他にハイカーさんは、見当たりません。
とても、静かです。

1708myojin37
天理大学・あしび山荘(非公開)

ここで昼食休憩です。

1708myojin41
左に東屋、右にあしび山荘

1708myojin39
西側から東屋を見る

1708myojin43
東屋横の大きなカエデの木

1708myojin40
明神平から見る南側の景色、右は前山

1708myojin42
明神平から見る薊岳

1708myojin45
アザミの花、後方に天理大山小屋

明神平から明神岳へ向かいます。
食事の後なのに、足が重い。
でも、広々として良い景色。

1708myojin46
バイケイソウは終わり

1708myojin47
明神岳へ向かう途中で、前山を見る。下山は向こうに見える道を下る

1708myojin48
スギゴケの中に、こんなキノコも見かけました

1708myojin49
岩に根を張るたくましい樹木

1708myojin50
いい感じの樹林帯が続きます

1708myojin51
林の中をすすむ

右に大きな明神岩を見届けて、ゆるやかで歩きやすい道をすすみます。

1708myojin52
明神岩

1708myojin53
左手に、明神岳

1708myojin54
かってはスキー場だった道をすすむ

1708myojin55
桧塚奥峰方向へすすむ

1708myojin56
このキノコも撮ってしまいました

薊岳から前山、明神岳、桧塚奥峰へと続く縦走路へ入ってきます。
南側に解放的な景色が広がっています。
一番奥に大峰山系の山並み。

1708myojin58
縦走路から見る南側の景色

1708myojin57
大普賢岳が見えている

1708myojin59
大普賢岳アップ

1708myojin60
縦走路をすすむ

明神平から30分弱で、明神岳です。
昔は、祠があったようですが、今は、何の変哲もない山頂です。

1708myojin61
明神岳山頂、山頂標識がただ一つ立っているだけ

1708myojin63
山頂到達、小休憩

1708myojin62
東側に見える山は、桧塚奥峰?

山頂から、もと来た道を引き返し、前山手前の三ツ塚分岐へ向かいます。
歩きやすい軽快な道です。

1708myojin65
三ツ塚分岐

木にギッシリと生えているキノコが目に留まりました。
西の方には、薊岳から木ノ実矢塚へと続く稜線が見えています。

1708myojin64
枯れ木に生えるキノコ

1708myojin67
左に木ノ実矢塚、右に薊岳

三ツ塚分岐で右折し、前山の手前から明神平へと下ります。
北側を中心に、緑に染まる景色が広がっています。

1708myojin70
三ツ塚分岐から明神平へ下る

1708myojin68
北側に水無山

1708myojin72
明神岳(左)から三ツ塚に続く稜線

1708myojin73
明神平を見る、あしび山荘が小さく見える

1708myojin74
水無山の右稜線奥には、曾爾の山

1708myojin75
曾爾の方角をズームアップ

1708myojin76
前山を振り返る

明神平に戻り、往路と同じ道を辿ります。
下りは特に、すべりやすく、かなり神経を使いました。
難所の渡渉箇所も、無事、通過。
全員、事故もケガもなく、下山することができました。

1708myojin80
駐車場へ戻ってきても、バスが一台だけ

天候が心配されましたが、予想に反して、まずまずの天気でした。
このルートを歩くのは、4度目。
何度歩いても、渡渉箇所は神経を使います。

明神平、山頂は、快適だったのですが、下山してくると、さすがに暑く、汗がたっぷり。
久しぶりの山歩きで、足は重く感じました。

2017.08.22 / Top↑
毎日、暑い、暑いと嘆いています。
あまりの暑さで、近場の山歩きは避けていましたが、明日は久しぶりの山歩きの日。
でも、この天気、明日は下り坂。
暑くても、合羽だけは御免被りたいところ。

山行きの飲み物、行動食の買い物を兼ねて、散歩がてら近くのスーパーへ。
ついでに、スイカも一球買いました。
この夏、大好きなスイカを買ったのは、これで2度目。
スイカも、もうそろそろ終わりです。

5日前に初めて花を付けたキュウリが、5cmほどになりました。
次々に花をつけているので、いくつできるか楽しみ。
オクラは、毎日1本くらい採れています。

170821a
日毎に大きくなるキュウリ

170821b
オクラは、毎日ひとつずつ収穫

このところ、野菜が軒並み値上がりしているだけに貴重?です。

2017.08.21 / Top↑
暑いので、今日もトコトコジョグ。
それでも、ヘロヘロ。
12kmで止めました。

トレーニングをしているというより、体力消耗。
これでは、スタミナつきません。

今日も横を走り抜けてゆくジョガーさんが、軽快でかっこよく、うらやましく見えました。
2017.08.20 / Top↑
先月行われた夏祭りの打ち上げ会に参加。
会場は、近鉄奈良駅ビルにある百楽さん。
地区自治会の役員さん、祭りの実行委員会の皆さん、各団体の人たち60名ほどの集まりでした。

普段、他の団体とはあまり交流はなく、お酒も飲めないとあって、自分にとって長い時間は苦痛。
最初にコップ一杯のビールを頂いて、その後は、もっぱらウーロン茶と食べてばかり。
お陰でお腹は満たされました。

打ち上げが終わった後、今月16日から25日まで行われている「ならまち遊歩」に行ってみました。
奈良町の家並みに、提灯が吊り下げられていて、ちょっとロマンチックな雰囲気が味わえます。
猿沢池では、これに合わせて池床が設置されています。

170819b
軒下に「ならまち遊歩」の提灯が並ぶ

170819a
消灯時間の午後9時半に近く、人影はまばら

170819e
猿沢池・池床から興福寺五重塔を見る

明かりが消される時間に近かったので、猿沢池の周りや奈良町を歩く人は、まばらでした。
何枚かデジカメで撮って帰ってきました。
2017.08.19 / Top↑
久しぶりに、生駒にある生協のお店でお買い物。
生協のお店ができた頃は、産直の特色あるものや食の安全に考慮した品ぞろいが魅力だったのですが、最近は一般のスーパーと比べても、変わり映えがしなくなってしまいました。
ちょっとさびしい気持ちになります。

吉岡養蜂園さんでは、蜂蜜を購入。
これで当分、国産で地元産の蜂蜜が食べられます。
車の給油も済ませました。

毎日、暑いので、晩夏から初秋に咲く庭の花を載せました。
少しは涼しく感じられるかな。

170818a
トネリコの根元に咲く白いギボウシの花、清楚な感じがいいです

170818b
白いナデシコ、ピンクより白色の方が、涼しく感じられます

170818c
ホトトギス、この花が咲くと、秋近しです

2017.08.18 / Top↑
暑いので、山歩きをしばらく中断しています。
今月1日に愛宕山へ登ったきり、山行きはなし。

山へ行かない分、ジョグする回数は増えているのですが、3週間近くも山へ行っていないと、山が恋しくなってきます。
ただ、スカッと晴れる日は少なく、曇り空に、雨が混じるような空模様。
蒸し暑さだけは、一向に収まる気配無く、これが意気消沈させます。

連日、30度を軽く超える暑い日が続いていますが、これは西日本だけのようでで、東日本は最高気温が30度にも満たず冷夏。
しかも、東京は16日連続、仙台は26日連続の雨で、東北から北海道は、冷害も懸念されるほど。
おかしな天気が続いています。

凌ぎやすくなったら、あの山、この山へ登ろうと、あれこれ思案中。
あ〜ぁ、涼しくなるのが、待ち遠しい。
2017.08.17 / Top↑
庭に植えていたカボチャがダメになり、今では跡形もありません。
大きく伸びて、花もたくさん咲き、小さな実もついていたのですが、どういうわけか、その実が大きくならず、皆、腐ってしまいました。

四方に伸びたツルが、庭を占領するようになり、他の草花にも悪い影響が出てきたため、相方さんが諦めて、引っこ抜きました。
カボチャが植えられていてスペースには、今では花の苗が植えられています。

カボチャがダメになり、プラスチックの鉢に、きゅうりを植えています。
やっと、一つだけ花がつきました。
遅植えの苗なので、果たして、食べられるような実をつけてくれるか、気になります。

170816a
遅植えのキュウリに花がつきました

170816b
ちゃんとキュウリになってくれるかな

2017.08.16 / Top↑
一日、天気すぐれず。
梅雨のような感じでした。
全国高校野球大会も順延。

そのため、暑さも幾分、凌ぎやすく、熱帯夜からも解放されました。
でも、このまま、すんなりとは涼しくならず、天気が回復すれば、暑さがぶり返してくるようです。

ノージョグ、ノーウォークで、カロリー消費は、ほとんどない日でした。
2017.08.15 / Top↑
日が陰るのを待って奈良公園へ行ってきました。
今夜は、奈良公園一帯で開かれている奈良燈火会と、春日大社の中元万燈籠、東大寺大仏殿の無料拝観の3つのイベントが見られる日です。

午後6時半をちょっと回ったくらいに奈良駅に着きました。
さすがに、今夜は人でごった返しています。
商店街も活気に満ちていました。

春日大社の二ノ鳥居を過ぎると、参道に夜店がズラリと並び、いつもと違う参道の雰囲気。
ロウソクの火が付けられた石灯籠の灯りが遠くまで続き、幻想的な雰囲気を醸し出していました。

170814c
参道の石灯籠

170814b
春日大社の神の使い・鹿が彫られている

170814d
ロウソクの明かりが灯る

途中、浅茅ヶ原の竹のオブジェを見ながら、本殿へ。

170814g
浅茅ヶ原会場

170814f
竹のオブジェで記念撮影する人

170814k
いろいろな竹の造形

暗い人混みの中、なんとか本殿のそばまで、行きましたが、お参りをするには、迂回して長い行列に並ばなければなりません。
お参りは、さっさと諦めて、奈良春日野国際フォーラムの甍(いらか)会場、浮雲園地の燈火会へと回りました。
光の回廊は、電飾のトンネルでした。

170814h
明かりに照らされる本殿を見る

170814l
甍会場の光のトンネル

燈火会は、奈良公園全体で、約2万本のろうそくの明かりがボランティアさんの手で点けられています。
暗闇に浮かび上がる灯りは、光の花が咲いているようにも見え、ロマンチックな気分にさせられます。

170814e
浮雲園地にて、右後方は大仏殿

その後は、東大寺大仏殿へ向かいました。
こちらも人は多かったのですが、長い行列に並ぶことも無く、わりとスムーズに大仏殿に入ることができました。
いつ見ても、大仏様はどっしりとして、気持ちが落ち着きます。

170814a
鏡池から中門、大仏殿を見る

人はとても、多かったのですが、いつもとは違った奈良の雰囲気を味わって帰ってきました。
2017.08.14 / Top↑
この数年、腹筋、筋トレの類いのものから遠ざかり、お腹はブヨブヨ。
鏡を見て、自分ながら幻滅。
そこで今日から、毎日、腹筋トレを始めることにしました。

以前なら仰向けになって、膝を曲げ、起き上がる動作は、5〜60回は軽々とできたのですが、30回でやっと。
あまりの筋力の衰えを実感。
当面は、50回ができることを目標にします。
3日坊主にならないように…。

今日の一枚は、庭で咲くオシロイバナ。
赤と白の花が、毎日、楽しませてくれています。

170813a
今が見頃
2017.08.13 / Top↑
京田辺のお墓へお参り。
近くのお寺さんには寄らず、お墓にお花と線香を供えてきました。
暑いときなので、お花がすぐに萎れてしまうと思います。

170812a
もう少し、お花があればよかったなぁ

お墓参りの帰りに、久しぶりに回転寿司の「くら寿司」さんで食事。
今は、どこへ行っても、オーダーはタッチパネル。
食べ終わったお皿も、カウンターのところに入れ口があって、勝手にカウンターされるようになっています。
しばらく、行かないうちに、随分、省力化されていました。
初めて行った人は戸惑います。

今日も夕方にジョグ。
少しひんやりとした風があり、幾分か救われました。
14kmをゆっくりと走りました。
2017.08.12 / Top↑
今日からお盆休みのところが多いですね。
昨日はにぎやかだった我が家も、YukiくんやMitukiちゃんたちが帰り、元の静けさに。
Yukiくんファミリーは、綾部の方へ。
Mitukiちゃんファミリーは、プールにと、帰って行きました。

出かけても、どこも人や車でいっぱいで、お盆は我が家でのんびりです。
テレビでは、今日が「山の日」ということもあり、山に関するニュースや番組が目立ちました。
山へ行けない代わりに、テレビでそんな番組を見ていました。

なんか、ちょっと寂しい感じですが、もう少し、涼しくなったら、また、近場の山歩きをするつもり。
それまでは、鈍らない程度に身体を動かして、準備しておくことにします。
2017.08.11 / Top↑
甲状腺の予約診察日。
今日は、検査は無く、問診のみ。
3ヶ月分の薬の処方箋をもらって、帰ってきました。

帰ってくると、我が家が、託児所のように、にぎやかになっていました。
Mitukiちゃん、Yukiくん、Sotaくん、Nanaちゃんが、所狭しと動き回っています。

エアコンを入れていますが、子どもたちのパワーはすごいです。
見ているだけで、熱くなります。
とても、同じペースではついていけません。

夕方になって、ジョグに出ましたが、暑くてヘロヘロ。
12kmを2時間近くかかって、汗まみれで戻ってきました。
気持ち良いと言うより、我慢、我慢です。
2017.08.10 / Top↑
Mitukiちゃんが、大阪城ホールで行われているディズニー・オン・アイスの鑑賞で、今日もNanaちゃん我が家でお預かり。
いつもNanaちゃんがお留守番です。

夕方になって、お土産を持って、帰ってきました。
途端に、にぎやかです。

今夜は、泊まりです。


2017.08.09 / Top↑
ノロノロ台風の影響で、昼過ぎまで、強めの風が残っていました。
時折雨も降り、ようやく夕方近くになって、晴れ間が見えてきました。

この二日間、ほとんど外へ出てなく、運動らしきこともせず。
日の陰りを待って、ジョグ。

ゆっくりペースで、13km。
川沿いの遊歩道には、トンボが舞う姿がたくさん見られました。
日も少しずつ短くなってきています。
暑さは収まる気配を見せませんが、立秋を過ぎて、秋が着実に近づいているのを感じます。
2017.08.08 / Top↑
台風5号の影響で、一日中、荒れた天気でした。
この台風、先月21日に南鳥島辺りで発生し、17日経ったにも関わらず、未だに台風として、各地で被害を出しています。

これまでの台風の長寿記録は19日だそうです。
これに迫るような台風です。
すでに台風11号は消滅していますから、いかに長寿かが分かります。

夕方に紀伊半島に上陸して、近畿を北東方向に縦断中。
22時を過ぎても、雨も風も止みません。

こんな状態でしたから、今日は一日、我が家へ籠もっていました。
昨日あったMitukiちゃんのバレー発表会の打ち上げということもあり、今日も夕方近くまで、Nanaちゃんを預かっていました。
2017.08.07 / Top↑
Mitukiちゃんが習っているバレー教室の発表会。
プログラム開始は、18時からですが、準備、リハーサルなどがあり、午前中から会場(奈良県文化会館)入り。

妹のNanaちゃんは、一日、我が家で預かっていました。
我が家にいても、顔見知りするようなことは、あまりありません。

170806a
ご機嫌のNanaちゃん

もうすぐ、1歳。
伝い歩きが随分できるようになり、食べ物も、ほとんど好き嫌い無し。
たまにいたずらするのも、愛嬌ものです。

お迎え時間は、22時を回っていました。
これだけ、時間が長いと、演技を披露する子どもたち、お世話をする保護者の人も大変です。



2017.08.06 / Top↑
小布施見にマラソン以来、3週間ぶりのジョグ。
7月からずっと続く暑さのために、まったくジョグの意欲出ず、すっかり走ることから遠ざかっていました。

このまま、ずるずるしていては、ますます足は衰えるばかり。
かなりのブランクになってしまい、超スロージョグです。

距離は11km止まり。
途中から、雨も降り出し、終盤は歩きながら帰ってきました。
膝、体調とも万全でなく、間隔を置きながら、ぼちぼち身体を慣らしていくつもりです。
2017.08.05 / Top↑
相方さんのお伴で、メガネ屋さんへ。
目の疲れがひどく、紫外線を避けるため、サングラスを作ってもらうためです。
もともとドライアイなので、強い光は、かなり目に影響するようです。

いろいろメガネ屋さんとも相談して、調光レンズ付きの眼鏡になりました。
できあがりは、一週間後です。
ついでに、自分の眼鏡もフレームがゆるゆるだったので、直してもらいました。

髪もかなり伸び、散髪屋さんにも行きました。
真夏はやっぱり短い方が快適です。
切られて下に落ちた髪を見ると、白いものが増えてます。
これは、どうにもなりません。
2017.08.04 / Top↑
台風が近づいている影響なのでしょうか。
今朝は、気温低めで少し風もあり、凌ぎやすい朝でした。
日中になると、気温はぐんぐん上がり、暑くなってしまいましたが…。

夕方に、ツクツクボウシの声を聞きました。
ヒグラシも鳴いています。
ぶらり歩いていると、住宅の外れにある小池で、カワセミを見かけました。

以前からカワセミが棲んでいそうだと感じていて、近くを通る度に、覗いていたのですが、姿を見るのは今日が初めて。
惜しいことに人の気配を感じて、森の中へ飛んでいってしまいました。
しばらく待ってみるも、再び姿を捉えることはできず、その直後に飛んできたシオカラトンボをカメラに収めました。

170803a
池の端に飛んできたシオカラトンボ(雌・別名ムギワラトンボ)

住宅街をぐるっとひとまわりしてきました。
側溝沿いの空き地の雑草がきれいに刈り取られ、目新しい木札を見つけました。
何度も通っている道なので、少しでも変化があると、気付きます。
日本の山桜の原種「ヒマラヤ桜」と書いてありました。

170803b
雑草が刈り取られ、ヒマラヤ桜の苗木

近くの方が、手入れされ、名札も付けられたのでしょう。
まだ、苗木ですが、花を付けた姿を期待してしまいます。
2017.08.03 / Top↑
さぼりまくって愛宕山へ登ったので、足に筋肉痛。
暑さを理由にして、なんにもしないでいると、結果は歴然として現れます。

夕方、1時間ほどウォーキング。
畑の片隅に植えられたひまわりの傍で、コスモスの花が咲いていました。
心の隅には、早くコスモスの咲き誇る季節になってほしいと願っているのでしょう。
思わず、シャッターを押してしまいました。

70802a
ひまわりとコスモスのツーショット
2017.08.02 / Top↑