FC2ブログ
以前勤務していた福祉施設に呼ばれて行ってきました。
施設開設当初から関わり、15年間在職していたこともあり、特別な思い入れのある施設です。
なつかしい思いが甦ってきて、のこのこと出かけました。

施設を離れて13年になります。
最寄り駅になる京阪香里園駅周辺の景色は、すっかり様変わりしていました。
3年ほど前にも一度訪れ、駅前の変化に驚いたものですが、それから以降も、大きく変化しています。

TUTAYAやLIFEの大型店舗は、3年前にはありませんでした。
個人的な思いとしては、店舗や住宅が建て込んだ路地裏通りの雰囲気が好きだったのですが、区画整理がすすみ、その面影はほんの一部を残すのみ。
そんな光景を眺めながら、どこかノスタルジックな気分に浸っていました。

180106a
京阪香里園駅北側の景色、左にTUTAYA、右にLIFEの大型店舗

施設の周辺も変わっています。
周りの民家は取り壊されたり、新たに建て替わって、風景が変わって見えました。
一緒に仕事をしていた職員さんも、今ではごくわずか。
話しを聞くなかで、世代交代をしつつ、新たな歴史をつくっていく職員さんの思いが伝わってきました。
2018.01.06 / Top↑