180404matas今朝の朝日新聞の朝刊奈良版に、宇陀市の又兵衛桜の記事が載っていました。
奈良にいながら、いまだ、この桜を見たことがありません。
ちょうど、見頃ということなので、独りで行ってみることにしました。

近鉄榛原駅で降りて、駅前で1時間に一本しかないバスを待ちます。
平日にも関わらず、すでにバス停には長蛇の列。
ざっと数えて60人くらいの人が、並んでいました。

11時09分発でしたが、バスが到着したのは、その4分後。
全員が乗車するのに5分余りかかりました。
バスの中は、ぎゅうぎゅう。
通常なら20分ほどで、最寄りバス停の大宇陀高校前に着くのですが、30分も要していました。

又兵衛桜があるのは、このバス停から1kmほど歩いた、のどかな田園風景が広がる小高い斜面にあります。
マイカーで行かれる人が多く、周辺には有料の駐車場が、いくつもできていました。
大型観光バス駐車場には、7台も泊まっていました。

又兵衛桜を間近に見るには、入口で維持管理料100円を支払い入場します。

1804matabe52
これが入場券

このシーズンだけで、7万人が訪れるそうです。
今が一番の見頃で、多くの人。
週末、休日ともなれば、大混雑必至です。
在職中、平日に行くことは、叶わなかったので、こうして一番いい時期に、見られることは、うれしい限りです。

周辺は、きれいに整備されて、又兵衛桜だけではなく、ソメイヨシノを始め他の品種の桜も植栽されています。
川沿いには、水仙や菜の花などがあり、それぞれ趣があって、楽しむことができました。

1804matabe1
又兵衛桜を主役に、他の花木も植樹されている

1804matabe2
川沿いのソメイヨシノ

1804matabe3
河川敷の菜の花

1804matabe10
又兵衛桜の後方に桃の花が咲き、双方が引き立っていました

1804matabe26
お休み処の白木蓮

1804matabe27
コブシの花も

1804matabe11
アセビ、後方に本郷地区の集落

1804matabe13
近くの山にも、満開の桜が

主役の又兵衛桜は、樹齢300年。
堂々の風格です。
一日、ずっと見ていても、飽きないほどの魅力があります。

1804matabe4
下手から又兵衛桜を見る

1804matabe5
又兵衛桜を取り囲むように遊歩道が通っている

1804matabe6
下から見る、後方の山は音羽三山?

1804matabe12
又兵衛桜を上手から見る

1804matabe14
又兵衛桜の後姿

1804matabe15
間近で見る、中島千波画伯の画を彷彿させる

1804matabe16
多くの見物者が絶えない

1804matabe19
スイセンが主役を引き立てる

1804matabe22
又兵衛桜を横から眺める

田んぼを利用した休憩所では、敷物を敷いて、ゆっくり花見をする人が、多く見られました。
柿の葉寿司やおでん、手作りこんにゃく、草餅などを売る臨時の店舗が設けられ、それらを買って、のんびり座って、食べながら花見というのも、乙なものです。
草餅とこんにゃくを、いただきました。

1804matabe30
臨時に設けられた地元物産、飲食品を売る店舗

1804matabe29
手前に手作りこんにゃく、奥に地元産の品々が並ぶ

1804matabe7
草餅、2個で250円

1804matabe28
お天気もよく、花見を楽しみながら、寛ぐ

写真は、たくさん撮りました。
見ると、シャッターを押したくなるところが、いっぱいでした。

1804matabe23
どこから見ても堂々とした姿

1804matabe24
間近で見入る人たち

1804matabe25
後方を彩るのは桃の花

1804matabe34
後方、又兵衛桜

1804matabe35
斜め前方から

1804matabe36
又兵衛桜の周りに、休憩できる広場がある

1804matabe38
どこから見ても、美しい

意外なことに、カタクリの花を見ることができました。
自分が見つけたのではなく、隣で「あれっ、カタクリ」という声に反応して、そちらをみると、たった一つだけ咲いていました。

1804matabe8
ひっそりと咲くカタクリの花

カタクリの花は、又兵衛桜を取り囲んでいる柵の片隅で、遠慮するかのように咲いていました。
その声を聞かなかったら、恐らく、目にすることはなかったでしょう。
又兵衛桜ばかりに、見とれていましたから。

その場所を去った後、カタクリで大騒ぎをする人は、ありませんでした。
じっくりと、周りを見る人がいなければ、ずっと気付かれずに咲いていることでしょう。

いつまでも見ていたい気持ちでしたが、後にして、バス停に向かいました。

1804matabe31
ソメイヨシノにも楽しませてもらいました

1804matabe45
川向かいから又兵衛桜

1804matabe46
スイセンを前景にして

1804matabe47
名残り惜しくも、帰途につく

帰りに、途中にある阿騎野・人麻呂公園に立ち寄りました。
田んぼ脇や、人麻呂公園では、黄色のタンポポの花が、輝くように咲いていました。
柿本人麻呂像や復元された竪穴住居もありました。

1804matabe48
タンポポを仲良く撮影する若いカップルさん(阿騎野・人麻呂公園にて)

1804matabe49
公園内にある柿本人麻呂像

1804matabe50
タンポポの中に、飛鳥時代の竪穴住居跡のプレート

1804matabe51
復元された竪穴住居

ぽかぽか陽気の暖かさ。
いい目の保養と、心の保養ができました。


(今日歩いたルート)
2018.04.04 / Top↑