今年で2回目となる箱根ランフェスに初めて参加しました。
箱根・桃源台の西にある芦ノ湖キャンプ村をメイン会場にして、芦ノ湖スカイラインを走るコースです。
富士ビューラン(ハーフ)と三国峠ラン約8kmの2つの種目があり、ショートの三国峠ランを走りました。
高低差は約300mとハードなコースでしたが、快晴の下、すばらしい富士の眺めを力にして、ファンランすることができました。

pro_fujiview
箱根ランフェスHPより

コース(三国峠ラン約8km)




メイン会場になる芦ノ湖キャンプ村は、桃源台駅から徒歩約15分。
宿泊した小田急箱根レイクホテルからは10分ほどで、ホテルの朝食を食べて、らくらく会場入り。

1804runfes1
芦ノ湖キャンプ村入口

キャンプ村はロケーションがよく、設備の整った広いエリアを持つキャンプ場です。
芦ノ湖を取り囲むように、外輪山が稜線を成し、景色の美しいところです。
風は幾分強いものの、気温は平年より高く、ファンランには絶好のコンディション。
手荷物の預かり所があり、安心です。

1804runfes2
湖畔にあるメイン会場、左の建物は手荷物預かり所

1804runfes4
湖側からメイン会場を見る

特設ステージでは、ゲストのカサリンチュさんが、ランナーにエールをおくっています。

1804runfes3
スタート前、カサリンチュさんから励ましのエール

会場には、主催者、協賛団体の店がたくさん並び、大会を盛り上げています。

1804runfes5
協賛団体のお店が並ぶ

1804runfes6
富士屋ホテルさんのお店は、パンを販売(後で購入)

スタート地点は、メイン会場から600mほど離れた箱根湖畔ゴルフ場の入口を少し上ったところ。
コースは、折り返しの三国峠まで、ひたすら上り、折り返し後は、メイン会場までひたすら下ります。

1804runfes8
スタート地点は、坂の途中、後方に大涌谷

1804runfes9
スタート地点、稜線に向かって走る

ハーフのランナーが出走して、その10分後に三国峠ランのスタート。
スターターは、箱根町長さん。
スタート前のカウントダウンもなく、いきなりピストルの音が鳴って走り出します。
ゆっくりとした足で、上っていきます。

1804runfes10
往路はスローペース

1804runfes11
この先、芦ノ湖スカイライン。大会のため一般車両は通行止め

1804runfes12
スカイライン手前で振り返る

スカイラインは、展望がきき、気持ちの良い道です。

1804runfes13
左に芦ノ湖スカイラインを上る、右は湖尻峠の方向

無理せず、きつくなってきたら、歩きを入れて、折り返しをめざします。

1804runfes14
歩いても、関門時間内には充分、余裕

距離表示は1km毎で、ボランティアさんが、カードを持って立ってくれています。

1804runfes15
ここで2km

1804runfes16
延々と続く上り

振り返ると、富士が輝いています。
快晴の下、今日はひと際、美しく見えます。

1804runfes17
後方に富士、ランナーを後押し

見守る富士をバックに、上っていきます。

1804runfes18
時折、富士を振り返り元気をもらう

3km地点まで行かないうちに、トップのランナーさんが、折り返してハイスピードで、駆け下っていきます。

1804runfes19
折り返しランナーとすれ違う

前方に見えていた山が、一面空となって、視界が開けてくると、折り返しの三国峠が近くなります。
「もうすぐ折り返し」という声が、聞こえてきます。

1804runfes20
折り返してくるランナーが多くなる

折り返し手前に、給水とお饅頭のエイドがあります。
折り返した後で、お饅頭をいただき、給水もして、気持ちよく下りに入ります。

1804runfes21
三国峠のエイド

1804runfes22
富士の眺めが格別

1804runfes23
富士は本当に美しい

1804runfes24
ここから、気持ちよい下り

1804runfes25
外輪山を見て下る

1804runfes26
御殿場市街地と富士の広い裾野

1804runfes28
復路になると、富士が正面に見える

1804runfes29
皆さん、快調な下り

往路の上りは、向かい風でした。
後半は、追い風、風も受けていい気分。

1804runfes30
右前方に芦ノ湖を見て下る

1804runfes31
立ち止まって芦ノ湖撮影

1804runfes33
コース上から桃源台港を見る、海賊船がとまっている

キャンプ沿いの道に入ると、ゴール手前が若干の上り。
快調に下った反動で、きつく感じられるところです。

1804runfes35
ゆるやかな上り、右へ曲がればゴール地点

太鼓の力強い演奏を受けて、フィニッシュしました。
ネットタイム1時間2分42秒。
足も身体も重かったのですが、楽しく走れました。

1804runfes36
太鼓の演奏を受けてフィニッシュ

1804runfes37
見事、フィニッシュ、バンザーイ

フィニッシュして、若いボランティアさんから、ドリンク(ペットボトル)や黒たまごをもらいました。
参加賞には、これにプラスして大会Tシャツがあります。

1804runfes40
ドリンクを配るボランティアさん

1804runfes42
名物黒たまごのサービス

1804runfes39
完走証と黒たまご、陰までまっくろ


ランフェスは、一日、イベントがありましたが、走り終えた後は、ロープウェイとケーブルを乗り継いで、箱根強羅公園へ行きました。
昨日は、霞んだような天気でしたが、今日はクリアな空がずっと広がり、ロープウェイからもくっきりとした富士を見ることができました。

1804runfes43
ロープウェイから見る大涌谷

1804runfes45
真下に見ると、一層迫力がある

1804runfes50
ロープウェイから大涌谷駅を見る

1804runfes44
ロープウェイから見る富士

1804runfes46
早雲山に向かう途中で富士を振り返る

1804runfes51
眼下に強羅の家並み

早雲山からケーブルカーに乗り換え、公園上で下車。
強羅公園は、傾斜地にある公園です。
階段やスロープが多いのですが、その分、広い視界が確保でき、見応えのある造りとなっています。

今回で2度目、前回は1月下旬で花の少ない時期に来ています。
入った瞬間から春爛漫、新緑と花たちが出迎えてくれます。
色違いのツツジと、シャクナゲの多様さには驚きました。

1804runfes74
数々の樹木、草花が園内を彩る

1804runfes73
階段脇に鮮やかなツツジ

1804runfes75
草花、樹木好きには、堪らない観光スポット

1804runfes72
案内板が洒落ている。現在地も分かる

1804runfes52
ボタン?シャクヤク?

1804runfes53
この時期でないと味わえない美しさ

1804runfes55
いろんな色彩が混ざり合う

1804runfes56
ピンクのシャクナゲと赤いモミジ

1804runfes71
純白のシャクナゲ

1804runfes64
開くに従い色が変化

1804runfes65
薄ピンクのシャクナゲ

1804runfes67
ピンクと白のシャクナゲ、同じ株に咲いている

多くの人が来ていましたが、園内は広く、混雑することはなく、ゆっくり見て回れます。
それぞれの人が、スマートフォンや、一眼レフを手にして、ベストショットを撮っていました。

1804runfes58
草花に魅入る人

園内の休憩スポットでは、外人さんの姿を多く見かけました。
ここは、誰でも感動すること間違いありません。

1804runfes66
外人さん休憩中(バラ園内で)

公園の中央には、噴水池があり、池に面するように、小綺麗なCafe Picさんの建物が立っています。
テラス席があって、池を眺めながら…、ここで休憩することにしました。

1804runfes70
噴水池とCafe Picさんの建物

1804runfes60
テラス席から眺める

オーダーしたのは、強羅園カレー。
相方さんは、パンシチュープレート。
どちらも一日40食限定です。
とても、贅沢な気分のひとときでした。

1804runfes61
美味しくいただきました。食後のコーヒーも格別

園内には、樹齢100年と言われる大きなヒマラヤスギもあります。
余りにも巨木すぎて、コンデジを広角にしても、カメラにおさまりきれません。

1804runfes68
ヒマラヤスギの巨木

1804runfes69
分けて撮っても入りきらない

きれいな樹木や草花に、癒やされました。
一番多く咲いていたのは、ツツジ。
ツツジで見納めして、園を出ました。

1804runfes59
ずっと見ていたい

1804runfes62
きれいの言葉しか浮かんでこない

1804runfes63
青空が一段と引きたてる

園を出て、急坂の道を強羅駅まで下りました。
駅前からバスで仙郷楼前まで乗り、桃源台行きに乗換。
南温泉荘前で降りて直ぐの「ホテル花月園」さんに、早めのチェックイン。
玄関先から大涌谷の山や、富士の姿が眺めることができます。

1804runfes76
強羅駅で、バスに乗車

1804runfes77
今夜は、ホテル花月園さん、バックに大涌谷の山が見える

1804runfes79
ホテル玄関前から見る富士

このホテルは、将棋の対局が何度も行われていて、そのときの写真や資料、棋士のグッズなど多くのものが展示されていました。

1804kagetu15
名棋士のグッズや写真などが展示されている

1804kagetu16 
知っているお名前もたくさんありました

今夜は、「湖畔に木々の芽吹く頃 和洋会席膳」の料理です。

1804kagetu11
これから食事です

1804kagetu4
先付(蛍烏賊、分葱、白木耳、刀豆の花、辛子酢味噌)

1804kagetu3
前菜(新ジャガとチキンのトルテ)

1804kagetu12
造り(鱒・鮃・鰆・季節の貝、妻いろいろ)

1804kagetu7
焼肴(鯛塩糀焼きと桜葉添え)

1804kagetu8
煮物(孫芋、蛸梅煮、花びら百合根、よもぎ麩、スナップエンドウ)

1804kagetu9
肉料理(ビーフフリット、ガーデンサラダ添え、二種のソース)

1804kagetu6
鍋(四元豚の豆乳鍋、有頭海老、蛤、春キャベツ、榎茸、しめじ茸、にら、人参、薄揚げ)

1804kagetu10
デザート(白ワインゼリー)
 
他に、お椀(若布豆腐、竹の子、木の芽、あられ)、ご飯、香の物(二種盛り)の内容でした。

美味しい料理を頂きました。
温泉に浸かって、ゆっくり休みます。

2018.04.21 / Top↑